市販品の背中脱毛を自宅でやる方法

背中に手が届かない女性

背中のムダ毛は自分で処理するのが最も難しい場所です。

直接見ることもできないし、手も届きづらく、届いたとしても思う通りに手先を動かすことはなかなかできません。

しかし市販の脱毛グッズを使って色々と工夫しながら自宅で背中のムダ毛を処理している人もいます。

自分のムダ毛の処理を人には頼めないという人も多いですよね。

今回は、人に頼らず一人で背中脱毛をする方法について迫ります。

自宅で背中脱毛をやっている人は、どんな市販品を使ってどのようにやっているのかについて探りながら、それらのアイデアをまとめていきます。

もちろん背中のムダ毛処理を頼める人がいるって方はどんどん頼んじゃって下さいね。

※注 今回取り上げる背中脱毛グッズは、肌の表面に出ている毛を処理する、いわゆる除毛を行なうタイプのものです。

一人でも割とスムーズに背中脱毛ができるタイプ

市販されている背中脱毛グッズの中で、比較的一人でも簡単にできるものを集めました。

効果については微妙なものもありますが、自宅で一人で簡単に背中脱毛ができるという点では、気軽に試すことができるアイテム達です。

脱毛タオル(除毛タオル)

脱毛タオルは、お風呂で体を洗うボディー用のタオルの代わりに使えばよいという手軽さから、取り入れる人の多いアイテムです。

超極細の繊維や、特殊な編み方をした編み目で、背中を洗いながら毛を絡み取るという仕組みになっています。

市販されているものの中には、ポリエステルなどの化学繊維でできた数百円のものから、綿やシルクなどの天然素材でできた2000円から3000円ほどするものまであります。

脱毛効果だけでなく、古い角質や溜まった汚れを取り除くことができるので、背中のケアのために使っているという人もいます。

実際の脱毛効果については、あまり効果を感じないという声の方が圧倒的です。

だけど自宅で一人で背中脱毛をするという点では、最も簡単で手軽なので試してみても良いかもしれませんね。

ただし、ムダ毛を取りたいからといって、こすり過ぎは禁物です。

背中をケアするどころか、逆に肌を痛めてしまいますので気をつけてください。

背中用シェーバー カミソリタイプ

背中のムダ毛処理のために市販されているものの中に、背中用に柄の長くなったT字型のカミソリがあります。

国内の大手メーカーのものが数百円で購入できますが、肌のことを考えると正直オススメできません。

背中に限らずムダ毛の処理にカミソリを使うと、肌も一緒に傷つけてしまい、肌荒れや色素沈着などを起こしてしまう可能性があるからです。

利用している人の口コミも、いざという時便利という声もあったりしますが、背中は平らではないから綺麗に剃れないといった声や、そもそも剃り味もにぶいといった声の方が多数です。

背中用シェーバー 電動タイプ

T字型のカミソリではなく、背中用に柄の長い電動のシェーバーも市販されています。

価格は3000円台のものからあり、電動シェーバーだと刃が直接肌には触れないため、T字型のカミソリに比べるとお肌を傷つけません。

使っている人の口コミなどを見ると、剃れる剃れない賛否両論はありますが、もし剃るタイプで背中脱毛をするなら電動タイプの背中用シェーバーの方が良いですね。

ただし、剃るタイプの宿命ですが、効果は長続きしません。

すぐに毛が伸びてしまいますし、太い毛の場合はもしかするとチクチクするかもしれません。

工夫すれば背中脱毛もうまくいく!脱毛クリーム!

脱毛クリームは、毛を処理したい場所に塗ってしばらく放置した後洗い流すだけで、皮膚の表面に出ているムダ毛を溶かして処理することができます。

うまくいけば、より毛穴の奥から除毛することができるので見た目も綺麗な仕上がりになり、自宅でムダ毛処理をしている人の中でも使っている人の多い商品です。

広範囲を短時間で処理できるため、背中脱毛に使えたらとても便利なのですが、いかんせん背中は手が届かないところが多いのが難点です。

そこで、様々な工夫を凝らして、脱毛クリームで背中脱毛をしている人のアイデアを集めました。

スプーンの背を使って塗る

スプーンの裏側の丸くカーブしているところを使って背中の届かないところに脱毛クリームを塗っているという人がいます。

スプーンならば必ずといっていいほど自宅にありますよね。

脱毛クリームを買ってきたけど、背中に塗れない!でも今すぐやりたい!どうしよう!となった時に覚えておくと良いかもしれません。

ただし、スプーンを脱毛クリームを塗ることに使ってしまうと、もう食事用には戻せませんし、金属製だと冬はちょっと冷たそうです。

コンビニなどで貰ってきたプラスチックのスプーンなんて良いかもしれませんね。

軟膏や保湿クリームをを塗るためのアイテムを使う

背中に軟膏や保湿クリームなどを塗るためのアイテムが市販されています。

これを脱毛クリームを塗るのに利用している人がいます。

軟膏やクリームを背中に塗るために設計されたものだけあって、脱毛クリームを塗るのにも全く問題無いようです。

価格も2~300円のものから1000円程度と手頃です。

セヌール

有名なのは300円前後で買える「セヌール」。

背に塗るから、セヌール。

写真は「Ⅱ」ですが、現在では「Ⅲ」が販売されています。

どんどん改良されていく人気商品なのです、セヌール。

ゴムベラやスパチュラなど、キッチン用品を使って塗る

ゴムベラやスパチュラ、ケーキ用のパレットにしゃもじまで。

キッチン用品を使って背中に脱毛クリームを塗っている人の多さには驚きました。

今では100円ショップに行けばどれも売っていますし、使い捨てにしても惜しくないという声も多数ありました。

確かに軟膏やクリームを塗るためのアイテムと比べても、使い勝手もそんなに遜色無いかもしれませんね。

ただし脱毛クリームを塗るのに使った後は、決してお料理には使わないように気をつけなくてはなりません。

ヨガを始めたら手で塗れるようになった

体が固くて背中に脱毛クリームを塗るのに苦労していた人が、ヨガを始めたら体が柔らかくなって、背中にも楽々塗れるようになったそうです。

背中の後ろで、楽に手のひらを合わせることができるくらい柔らかくなったとのこと。

ヨガってすごいんですね。

背中に脱毛クリームを塗るためにヨガを始めるってのもアリでしょうか。

ラップに塗って寝転ぶ

この方法は今回最も衝撃を受けました!

床に置いたラップに脱毛クリームを塗り広げ、そこに寝転ぶという方法です。

そんなにうまくいくものかと心配しましたが、意外とうまく塗れるそうです。

その姿を想像しただけで、ちょっと可笑しいですが、誰も見てる人がいないんであれば気にすることもないですね。

ただし誤って髪の毛に脱毛クリームがついたりしないよう注意を払う必要はあります。

最後に

市販されているもので簡単にあるいは工夫を凝らすことで自宅でも背中脱毛できるアイテムやアイデアについてまとめてきました。

特に脱毛クリームを使って背中脱毛をしている人は様々な工夫をしているんですね。

確かに脱毛クリームは見た目も綺麗に処理できますが、毛を溶かすほどの強力な薬剤を用いますので、使用法を守ることが大切です。

使用法を守っても、肌に合わずに炎症を起こす人も多くいます。

それに今回ご紹介したアイテムは、どれも効果は一時的なものなので、ムダ毛のない状態を維持するためには継続的に処理を行なわなければならず、肌への負担は相当なものとなります。

本当に満足の行く背中脱毛をするためには、やはり脱毛サロンかクリニックに行くことが最も安全で確実な方法です。

SNSでもご購読できます。