クレーマー量産ポイント!脱毛サロンの予約キャンセルでトラブらない方法

クレームを入れる女性イメージ

脱毛サロンや脱毛クリニックは1年~3年通う場所。

それだけにトラブルなしで通うのには、お客さん側もそれなりに注意が必要です。

クレームのつもりじゃなかったのに、店員さん側の対応が悪くクレーマーみたいになってしまい、自己嫌悪に陥ってしまう人も。

綺麗になるために通う場所ですから、心も綺麗なまま通えるよう、よくあるトラブルである「予約キャンセル」と、その対処法を知っておきましょう!

また、どういう風に質問すれば「クレーマー」にならないかもご紹介します。

脱毛サロンでの頻発トラブル第1位!予約キャンセル

1~3年も通えば1回くらいは突然都合が悪くなることもあるものです。

順調に通っていた人ほど、予約に関する説明を受けたのが何ヶ月も前で、実際に変更やキャンセルをする場面になったら内容を思い出せない…なんてことが起きやすいので、注意が必要です。

具体的にどこを注意するかといえば、「時間」と「キャンセル料」です。

いつまでに連絡すれば良いか?

例えばホームページに「当日キャンセルはNG」と書かれていて、「じゃあ前日までに連絡入れればいいのね」と安心してしまうのは危険!

サロンや病院によっては、電話受付時間と営業時間が異なっていたり、そもそも「予約変更は前日の夕方5時まで」と決まっていたり、実に細かく様々です。

必ず「前日」や「当日」というアバウトな認識ではなく、正確な時間を確認しましょう。

キャンセル料とペナルティ

やむを得ずキャンセルする場合、脱毛サロンやクリニックによってはキャンセル料やペナルティがかかります(というか、かかる所の方が圧倒的に多いです)。

その内容も十人十色で、一番多いのは2,000円~5,000円の程度の罰金が加算されるパターン。

その次に多いのは「1回分消化」と言って、キャンセルして実際には脱毛を受けていないのに、記録上は受けたことにされてしまうペナルティです。

例えば、10回セットで契約し、3回目までは順調に通ってたけど、4回目で当日キャンセルしたとします。

その後で、やっぱり解約したいので残数分を返金して欲しいとなった場合、客側としては「3回しか受けてないから、7回分返してもらえる」と思いますが、実際は「3回分と、当日キャンセル1回分で、残りは6回」というカウントになっています。

契約している部位数によっては現金で罰金が加算されるより損することもあるのが、1回消化方式の怖いところ。

罰金かペナルティかはきちんと把握しておきましょう。

クレーマーにならない為には

大前提として「前日/当日キャンセルには何かペナルティが発生する」と覚えておくことです。

その上で、「予約の変更に関して質問があるんですが」と電話しましょう。

「キャンセルしたいんですけど」だけだと、予約のペナルティに関しての説明がされないまま、手続きだけ済まされてしまう恐れがあります。

日にちに余裕があるならメールを挟む

1回メールでキャンセルのペナルティについて知りたい旨と、予約キャンセルもしたい旨を書いてメールしましょう。

それから1日ほど待って返事が来たらそれでOK。

もし、「予約キャンセルは電話じゃないと承ってない」といった返信が来たら電話しましょう。

そして、電話でキャンセルした場合、向こうから「キャンセルの確認メールを送る」と言い出さなかった時には、こっちからメールで「確かに、◯月×日のキャンセルを電話にて、担当ヤマダさんにお願いしました。」といった内容のメールを送っておきましょう。

ここで肝要なのは、メールでキャンセル出来るかどうかじゃなく、「言った、言わない」の水掛け論になるのを防ぐことです。

少なくともメールでのやり取りを1回挟めば、「こっちはしっかり依頼をした」と証明することが出来ます。

そもそもキャンセル料が発生しない場所を選ぶのも手

大手脱毛サロンでは「エピレ」、大手脱毛クリニックでは「アリシアクリニック」がキャンセル料かかりません。

またどちらも実績あるサロン・クリニックなので、予約システムもしっかりしている安心感があります。

ただし、仕事柄プライベートの予定がいつも定まらない等の事情があるなら「キャンセル料」を最優先で選んでも良いと思いますが、そうではないのなら最優先事項ではないと思います。

順調に通えるのであれば、さほど大きな問題ではないからです。

しかし、私はしょっちゅう二日酔いで、翌日動けなくなることも多々あり、予約キャンセル料がかからないか、「シースリー」のように予約の1分前までに連絡すればキャンセル料なしという所でないと怖くて通えません。

私の友人は、子供がまだ小さく、急に熱を出して幼稚園へ迎えに行かなきゃいけなかったり、出掛けにぐずって結局家から出られなかったり、「先のことがサッパリ分からない状態」が続くので、キャンセル料最優先で選んでいました。

仕事柄や生活環境、その他色んな要素を鑑みて、一番バランスの良いところを探してみてください。

ヒザ下脱毛の効果は?本当にもう生えてこない?

女性の足

ヒザ下脱毛はやりたい人の多い人気の部位です。

ヒザ下脱毛をやろうと思った時に気になるのはその効果ですよね。

そしてヒザ下脱毛をやったらもう生えてこないの?それともまた生えてくるの?と心配している人もいるかもしれません。

脱毛の効果って永久なのか、どうなのか。

これはヒザ下脱毛に限らず、脱毛の知識として是非知っておきたい事柄です。

このページでは、そんな疑問にお答えしていきたいと思います。

ヒザ下脱毛はサロンとクリニックで効果が違う?

ヒザ下脱毛は、サロンでやるかクリニックでやるかによって効果が出るまでの期間に差があります。

それぞれの脱毛方法を比較しながら説明していきます。

サロンとクリニックでは脱毛のパワーが違う

脱毛にはサロンで行われている光脱毛とクリニックで行われている医療レーザー脱毛があります。

どちらの方法も、肌に毛の黒い色素に反応して熱を発する特殊な光を照射し、毛根にある毛母細胞といった発毛組織にダメージを与えて毛を生えてこないようにする仕組みです。

この二つの脱毛方法の大きな違いはそのパワーです。

医療レーザー脱毛は、強いパワーの光を照射し、発毛組織を破壊して毛を生えてこないようにします。

この発毛組織を破壊する行為は医療行為とされており、医療機関でしか行うことができません。

パワーが強いため、毛を焼くような痛みを感じることもあります。

ヒザ下脱毛の場合は、スネなど骨に近い部分は強い痛みを感じることがありますが、ふくらはぎは平気だったという人も多くVIOなどに比べると比較的痛みを感じにくい場所だと言えます。

一方、サロンで行われている光脱毛は、医療レーザーよりもパワーが弱いですが、その分痛みは少なくて済みます。

ヒザ下脱毛の場合でも痛みを感じたという人はあまりいません。

パワーが弱くても発毛組織にダメージは与えるので、照射を続けるうちに毛は細く薄くなり、だんだん生えてこないようになります。

サロンでヒザ下脱毛の効果が出るまでの回数と期間

サロンの場合、5~6回で効果を感じ始めるとサイトに記載しているところが多くありますが、実際には効果を感じるまでに10回程度は照射が必要です(個人差があります)。

10回を超えてくるとだんだん生えてこないようになり、18回前後照射すると多くの人が満足しています。

2~3ヶ月に1度通って、完了するまで2年から3年は期間をみておいた方が良いでしょう。

クリニックでヒザ下脱毛の効果が出るまでの回数と期間

クリニックの場合は、3回ほどの照射で効果を感じ始め、5~6回の照射で毛が生えてこないようになったと、ほとんどの人が満足しています。

脱毛完了までの期間としては、2~3ヶ月に1度通って1年から1年半くらいです。

サロンもクリニックもヒザ下脱毛効果はある

サロンとクリニックでは脱毛のパワーが違うことから、ヒザ下脱毛にかかる回数や期間の違いはあっても、最終的にはどちらも効果を感じることができます。

ただしクリニックの場合は費用が高めで、サロンの場合は比較的安くて済みますし、痛みにも違いがあります。

そういったことを総合的に比較しながら、自分にあった脱毛方法を選ぶようにしましょう。

ヒザ下脱毛やったらもう生えてこない?それともまた生えてきちゃう?

ヒザ下脱毛をやったら本当にもう生えてこないのでしょうか。

ここからはそんな疑問にお答えしていきます。

永久脱毛とは?

日本で永久脱毛という表現をして良いのは、クリニックで医療行為として行う脱毛だけです。

しかも永久脱毛の定義で広く一般に認識されているのは、アメリカの電気脱毛協会による「脱毛が終了した後1ヶ月後の毛の再生率が20%以下である脱毛法」というものです。

ですから定義上は永久脱毛といっても脱毛したら生えてこないという訳ではないんですね。

そしてサロンで行われている光脱毛は、永久脱毛と呼ぶことはできないので、「不再生脱毛」と呼んだりして永久脱毛とは分けています。

脱毛の歴史は意外と浅い

光脱毛やレーザー脱毛の施術が行われるようになったのは1990年代と、その歴史は意外と浅いんです。

スタートしてから20年程しか経っていないため、数十年経っても生えてこないかどうかのデータもまだ揃っていないというのが現状です。

しかし、クリニックでの医療脱毛もサロンでの光脱毛も、的確な施術を行うことで長期間毛が生えてこないという状態を維持することは可能です。

実際に私も10年ほど前にワキを医療レーザーで処理しましたが、たまに2~3本細い毛が生えてくる他は今でも生えてこない状態が続いています。

クリニックじゃないのに永久脱毛と表現するのはダメ!

大手のサロンではまずそういうことはないと思いますが、医療機関でないのに永久脱毛という表現をしているサロンは、怪しいと考えた方が良いです。

そういったサロンには行かないようにしましょう。

過去、実際にエステでは使用してはいけない医療レーザー機器を使用したとして摘発されたサロンもあります。

エステティックTBCは、きちんと申請して、美容電気脱毛の資格取得者による永久脱毛を行っています。

医療機関でなく、脱毛サロン・エステサロンでも美容電気脱毛の施術を行うことが可能です。

禁じられているのは、医療機関以外のレーザー脱毛器、もしくは無資格・無申請での美容電気脱毛器の使用です。

ヒザ下脱毛したのに生えてきた!?その理由は?

適切な施術を行えばほぼ生えてこない状態を維持できるヒザ下脱毛ですが、稀にヒザ下脱毛を終えたのにまた生えてきた!という人がいます。

その理由について見ていきたいと思います。

照射しきれていない毛根があった。

毛には毛周期という生え替わりのサイクルがあり、その毛周期に合わせて何度か繰り返して照射することで、ほとんどの毛根から毛を生えてこないようにします。

ところがこの毛周期が乱れていたり、脱毛をしていた期間はなぜか休んでしまっていた毛根が、脱毛終了後にむくむくと活動を再開して毛が生えてくるということが考えられます。

ほとんどツルツルなのに数本生えてくるといった場合は、このことが理由ではないかと考えられます。

産毛が濃くなった。

医療レーザー脱毛も光脱毛も、毛の黒い色に反応しますので、産毛にはもともと効果が出にくいといった特徴があります。

脱毛していた時は産毛だったために残ってしまった毛が、その後濃い毛に変化してしまったということが稀にあります。

摩擦やホルモンバランスの変化などといった理由が考えられます。

ホルモンバランスの変化で新たに生えてきた。

妊娠・出産や、年齢によるホルモンバランスの変化で毛が濃くなったり新たな毛が生えてくることがあります。

脱毛を終えた後でも、こういったホルモンバランスの変化による影響というのは少なからずあります。

ただ脱毛を終えた部分が以前と同じようにぼうぼうの状態に戻ってしまうということは考えにくいです。

生えてこないと断言できないが、長期間生えて来ない状態をキープできる

ヒザ下脱毛を終えた後でまた生えてきた!という場合、上記のような理由が考えられますが、いずれの場合も脱毛する前と同じように生えてくるといったことは考えにくいです。

もし仮に数年後、こういったことが理由で毛が生えてきた場合にも、ほとんど気にならないか、少しの処理を行うだけで大丈夫ですのであまり不安に思う必要はないでしょう。

ただしこれは、適切な脱毛の施術を行っていたことが前提です。

まずは信頼できるクリニックやサロンで施術を行うということが大切です。

そして、永久脱毛の定義からいっても、ヒザ下脱毛をしたら全く生えてこないと断言することはできませんが、長期間生えてこない状態をキープすることは可能と言えます。

サロンでの光脱毛の場合は医療レーザーに比べると効果は弱いとはいえ、時間をかけて照射を続けることでやはり同じように長期間毛を生えてこないようにすることができます。

ひざ下脱毛の口コミ・体験談

女性の口コミイメージ3

これからひざ下脱毛をやりたいと考えてる人にとって、実際にひざ下脱毛を体験した人の口コミや体験談は気になりますよね。

今回はひざ下脱毛についての口コミや体験談を、口コミサイトやSNS から集めてまとめました。

「良かった」「満足した」というものから、「良くなかった」「不満に思った」というものまで、実際にひざ下脱毛を体験した人のリアルな声を集めています。

これを読めばひざ下脱毛の全貌が掴めるといったら大げさですが、なるべくそうなるよう、ひざ下脱毛についてのさまざまな役立つ口コミ・体験談を選りすぐりました。

具体的なサロンやクリニック名に言及している口コミや体験談はそのまま店舗名を記載しています。

ひざ下脱毛をやりたいと思っている人は、ぜひこれらの口コミや体験談を参考にしてみてくださいね。

脱毛サロンでひざ下脱毛をした人の口コミ・体験談

まずは脱毛サロンでひざ下脱毛をした人の口コミや体験談です。

脱毛サロンは店舗数も多く、脱毛をぐっと身近にした存在ですので、これからも利用者はどんどん増えていくことでしょう。

しかしほんの数年前まではサロンは勧誘がきついといった悪い評判があったりもしました。

また何回くらい通ったら効果が出るのかといったことも気になりますよね。

満足している口コミ・体験談

ひざ下のお手入れが面倒になったので脱毛に通いました。2年半ほどかけて8回施術を受け、かかった費用は5万円ほどです。脇は無料でついてきたので同時に行いました。カミソリでの処理はいらなくなり、肌の調子も良くなりました。
最初のカウンセリングの時に、私の場合最低でも12回くらいはやった方が良いと提案されたので、12回のコースにしました。2年と少しかかりましたが、ほとんど自己処理はいらなくなりました。最初の頃は少しチクっとした痛みがありましたが、回数を重ねるうちにあまり感じなくなりました。
私はひざ下が毛深いので、満足できるまで通いたいと思って回数無制限のコースにしました。現在13回を終えてほぼ満足できる状態ですが、もう少し通って完璧を目指すつもりです。
ミュゼでひざ下脱毛をしています。私の場合5回目くらいから効果を感じ始め、11回を終えた今では自己処理はたまにやるくらいで足を出しても平気な状態になりました。ひざ下だけだと施術時間も短いせいか、予約もスムーズに取れています。よくミュゼは予約が取りづらいと聞きますが、全身やって時間のかかる人とか土日しか行けない人はそういうことがあるのかもしれません。

不満に感じている口コミ・体験談

8回コースを2年ほどかけて通い、確かに毛は細くなりましたが脱毛効果としては半分減ったかなという感じです。妹は8回でかなり薄くなっているので、やはり個人差があるんだなとがっかりです。今後は思い切ってクリニックにしてみようかなとも思いますが、痛いのは嫌なのでまた同じサロンに通うか迷っているところです。
脇の脱毛は前にやったので、ひざ下も脱毛したいと思い通い始めました。最初の頃は良かったのですが、数回通っているうちに他の部位はどうですか?といった軽い勧誘がちょっと面倒です。しつこくはないのですが、毎回聞かれるのでちょっとうんざり。まあバシッと断るので平気なんですが。それと土日や平日夕方の予約はすぐに埋まってしまうので、日程調整は少し大変です。
ひざ下脱毛で12回照射しましたが、ツルツルにはまだまだ程遠い感じです。これまでに7万くらいはかかっています。何度も通うことになるので交通費もバカにならないなと感じています。毎回保湿クリームとかの案内があるのも煩わしいです。生理になって仕方なく当日キャンセルしたらキャンセル料がかかったのも、仕方がないとはいえ悔しかったです。
私の場合両腕と両足ですが、完璧にやりたいと思い24回コースにしたので約30万かかりました。4年以上かかりましたが、ほぼ完全にツルツルという状態になりました。効果には満足していますが、かかった時間と費用を考えると今だったらクリニックにすると思います。

まとめ

脱毛サロンでのひざ下脱毛の口コミや体験談を見てみると、効果を感じるのに個人差があることがわかります。

8回で満足する人や、15回でもまだまだな人。

施術の回数には個人差があり、また目指すツルツル具合によっても変わってきます。

脱毛サロンの場合、痛みに関してはほとんど気にする必要はなく、もし痛みがあったとしてもチクっとする程度で、強い痛みはないようなのでその点は安心です。

気になるなる勧誘も少しはあるところもあるようですが、以前ほどしつこいものではなくなっているという印象です。

予約の取りやすさやキャンセル料のことなどは、カウンセリング時によく確認した方が良い事柄ですね。

クリニックでひざ下脱毛をした人の口コミ・体験談

次にクリニックでひざ下脱毛をした人の口コミや体験談です。

クリニックでの医療脱毛も、最近ではかなり手頃な価格でできるようになってきています。

脱毛効果も高く、脱毛完了までの期間も短くて済むので、人気は高まる一方です。

ただし、医療脱毛には痛みが伴います。

最近ではマシンの性能が向上し、痛みも少なくなってきているとも言いますが、実際に体験した人たちはどう感じているのでしょうか。

満足している口コミ・体験談

リゼクリニックでひざ下脱毛をしました。リゼは「ひざ」がひざ下に含まれているのでお得です。5回の施術でほぼ満足です。脇も同時に行いましたが、脇は5回じゃ足りなくて1回追加しました。痛みはありますが、耐えられないほどじゃないし、何よりツルツル効果がすごいのでクリニックで脱毛して良かったです。
肌が敏感なので、医療機関の方が安心かなと思い、アリシアクリニックで足脱毛をしました。価格も安くて脱毛サロン並か、もしかしたら安いのではと思いました。予約が取りづらい面はありますが、キャンセル料がかからないせいか結構空きが出ます。私は自分の行きたい時期になったらアプリでこまめに空きをチェックして予約するようにしています。
以前ひざ下の脱毛でサロンに通っていましたが、効果が出るのに時間がかかったのでクリニックに乗り換えました。6回コースを1年半ほどかけて通い、費用は8万円程度。効果にも大満足で、勧誘などもないし最初からクリニックにすれば良かったなと思います。ただ我慢できないというほとではありませんが、バチンバチンとした痛みはありました。

不満に感じている口コミ・体験談

クリニックの医療脱毛でひざ下の脱毛をしました。6回のコースでしたが、私は6回終えた後も両足に数本ずつ生えてきて、完全とは言えませんでした。あと1、2回追加するか考えているところです。
渋クリにひざ下で通っています。痛みはあるものと思っていましたが、スネの部分は痛いですがそれ以外は大したことないです。効果はすごくて、脱毛して1週間くらいするとどんどん毛が抜けてツルツルになります。ただ毎回2000円程の処置料がかかるのが何気に痛いです。
ひざ下の脱毛に通っていますが、私が剛毛のせいなのか、涙が出ちゃいそうなっくらい痛いです。施術後は赤くなっていますが、もらった軟膏を塗ると2~3日で治ります。10日くらいで毛が抜けてツルツルになるのは嬉しいのですが、抜けるまでの間は職場がスカートということもあり、黒い毛が目立って困りました。そしてまたあの痛みを我慢しなくてはならないのかと思うと次回の施術がちょっと憂鬱です。出力を下げてもらった方が良いのでしょうか。

まとめ

クリニックでひざ下脱毛をした人の多くは、5回か6回の施術で満足できる脱毛効果を得ているようです。

気になる痛みについてもひざ下脱毛に関しては、我慢できないというほどの痛みを感じている人は少ないようです。

ただし、スネなど骨に近い部分は痛みを感じたり、中には涙が出そうなくらい痛くて次回の施術を躊躇してしまう人もいます。

痛みの感じ方も個人差がありますが、痛みに弱い人には脱毛サロンの方が向いているかもしれませんね。

そして予約のことやキャンセルのこと、診察料のことなどは、やはり最初にちゃんと確認するようにしましょう。

最初の部位は膝下脱毛がおすすめ

ムダ毛のない女性の足

膝下のムダ毛は人目につきやすく、自分でも簡単に手が届くので自己処理している人も多い場所です。

だけど膝下のムダ毛処理を続けていると、だんだん嫌になってきませんか?

頑張ってやってる割にはすぐにチクチクしたり、肌が荒れたり黒いぶつぶつができたり。

しかも長く自己処理を続けているうちに見た目も「自己処理してます感」が出まくりになってきます。

そんな時に脱毛に行ってみたいなと考える人も多いのではないでしょうか。

最近では脱毛サロンや脱毛クリニックの広告やCMもよく見かけます。

そういった脱毛サロンやクリニックでのアンケート調査によると、脱毛したい場所の人気部位には、脇、VIO、膝下があります。

そして、この中でも膝下脱毛は、最初に脱毛する部位としておすすめなんです。

初めての脱毛で膝下脱毛がおすすめの理由

脱毛したい部位の中でも人気の部位の一つである膝下脱毛。

そして、最初に脱毛する部位として膝下脱毛をおすすめするのには理由があります。

おすすめポイント①膝下は人目に触れやすい

膝下のムダ毛がぼうぼうだったり、自己処理の跡がぶつぶつとしていたら、足を出すファッションは楽しめません。

冬はタイツやレギンスで隠せたとしても、隠す行為って何だか疲れますよね。

膝下のムダ毛を気にしないでスカートやショートパンツを履けたら、もっとオシャレが楽しめると思いませんか?

それに職場の制服がスカートだったらストッキングを履くにしても最低限のムダ毛処理は欠かせないので、定期的に時間をかけてムダ毛を処理する必要がありますし、それを続けるうちに肌荒れなどのトラブルに見舞われたりすることもあります。

膝下脱毛をしてムダ毛がなくなると、足を出すオシャレも楽しめますし、自己処理の手間からも肌トラブルからも解放されます。

おすすめポイント②膝下は自己処理での悪影響が出やすい

膝下は自分で手が届く場所なので、自己処理の頻度もついつい多くなりがちです。

自己処理の方法としてはカミソリや電気シェーバー、毛抜き、脱毛クリームやワックスなど、いろいろとありますが、どの方法でもまた生えてきますし、継続して行なっているうちにさまざまな弊害も出てきます。

肌荒れや埋没毛によるぶつぶつなどはその最たる例です。

足のすねの部分は皮脂が出にくいため、体の中でも最も乾燥しやすい部位です。

膝下のムダ毛を自己処理することによって、もともと乾燥しがちな部位である膝下はより敏感になり、肌のバリア機能は失われ、肌荒れや埋没毛をさらに誘発してしまうという悪循環に陥りやすいんです。

膝下脱毛をすると、回数を重ねるごとに自己処理の頻度も減るので、そういった悪循環から抜け出すことができます。

おすすめポイント③膝下脱毛は比較的痛みを感じにくい

脱毛を躊躇してしまう理由として多いのが、脱毛って痛いんじゃないかという心配です。

脱毛に使用される光は、毛の黒い色に反応します。

比較的痛みが少ないとされているサロンでの光脱毛でも、毛が太くて濃い脇やVIOの部位ではチクっとした痛みを感じる人が多いのも事実です。

しかし膝下脱毛に関してはほとんど痛みを感じなかったという声が圧倒的です。

そしてクリニックでの医療レーザー脱毛は、照射する光のパワーが強力なため痛みが強いと言われています。

医療レーザー脱毛でのVIO脱毛は、人によっては脂汗が出るほと痛いと感じたり、痛みに耐えきれず麻酔を使用する人もいるくらいです。

そんな中でも膝下脱毛は、比較的痛みが少ないと言われています。

この点からも膝下脱毛は初めて脱毛にトライするのにおすすめの部位です。

(もちろん全ての人が痛みを感じにくいという訳ではなく、痛みの感じ方には個人差があります)

私が光脱毛で受けた時は、肌の上を、生暖かいスプーンの背で撫でられてるみたいな感覚しかありませんでした。

痛がりのくすぐったがりですが、どっちも特に感じず、「これもう始まってるのよね?」と思ってる間に終わりました。

おすすめポイント④まず膝下脱毛で慣れる

ムダ毛の生えている状態の肌を見られるのが恥ずかしくて脱毛を躊躇してしまっている人もいるかもしれませんね。

確かにワキとか最初はちょっと恥ずかしいかもしれません。

そんな方はまず膝下脱毛で恥ずかしさに慣れるというのも手です。

それに、ワキ脱毛は膝下脱毛をすると無料で付いてきたりするサロンもありますし、クリニックでも数千円~1万円台で提供しているところもあります。

そういう意味ではワキ脱毛はいつでも低価格で始められるし、なんなら膝下脱毛のついでにできちゃいます。

脱毛はある程度時間がかかる

サロンでの光脱毛にしろクリニックでの医療レーザー脱毛にしろ、毛周期という毛の生え替わりの周期に合わせて3~4ヶ月ごとに照射をします。

それを何度か繰り返すことでだんだん毛が少なくなっていきます。

完了するまでの期間としては、個人差はありますが脱毛サロンの場合は2年前後、クリニックの場合は1年から1年半はかかると考えていた方が良いです。

脱毛にはある程度時間がかかるということを理解しておきましょう。

ただし、照射を繰り返すうちに毛は少なくなり自己処理はどんどん楽になって行きます。

早く開始すればそれだけ早く完了するので、特に人目に触れやすい膝下脱毛は早く取り組むことをおすすめします。

初めての膝下脱毛におすすめのサロンとクリニック

初めての脱毛で膝下脱毛をすることを決めたのは良いけど、どこに行ったら良いのかわからないという人のために、おすすめのサロンとクリニックをご紹介します。

ミュゼプラチナム

高い人気を誇るミュゼでは、公式アプリダウンロードすると全てのコースの4回以上の申し込みが半額になるキャンペーンを実施しています。

膝下脱毛をする場合、「フリーセレクト美容脱毛コース」Lパーツ6回で18,000円(半額キャンペーンを利用)です。

回数と期間が無制限の両ワキとVラインの脱毛が無料で付いてきます。

<詳細はこちら>

ミュゼプラチナム

ジェイエステティック

部位ごとの脱毛を低価格で提供しているジェイエステティック。

店舗数も多く人気のサロンです。

ジェイエステティックでは、「脚2箇所プラン」両ひざ下(L)4回+両ひざ(S)4回が18,000円。

さらに両ワキ12回コースが無料プレゼントされます。

さらにしっかり脱毛したい人には、納得するまで何度でも通える「あし2箇所脱毛完了コース」70,000円のコースもあります。

こちらにも両ワキ脱毛のプレゼント付きです。

<詳細はこちら>

ジェイエステティック

アリシアクリニック

低価格での医療レーザー脱毛のけん引役と呼ぶにふさわしいアリシアクリニック。

アリシアクリニックの膝下脱毛は、両ヒザ下5回41,250円です。

ちなみに両ワキは5回13,750円と激安と言える料金設定です。

<詳細はこちら>

アリシアクリニック

リゼクリニック

予約キャンセル料やシェービング代が無料で、肌トラブルへの保証などのサービスも充実しているリゼクリニック。

リゼクリニックでの膝下脱毛は、「ひざ~足首の脱毛」5回コースが89,800円です。

リゼクリニックの膝下脱毛の範囲は、ひざを含んでいる点も魅力です。

<詳細はこちら>

リゼクリニック

最後に

膝下のムダ毛にはみんな悩んでいます。

脱毛を経験した人のうち最初の脱毛が膝下だったという人も多いんですよ。

最初の脱毛部位として膝下脱毛をおすすめする理由を色々と挙げてきましたが、最後にお伝えしたいのは、膝下脱毛をして後悔したという人は聞いたことがなく、脱毛が完了した時の満足度がとても高い部位だということです。

膝下脱毛に関しては、本当にやって良かった、なんでもっと早くやらなかったんだろうという声をたくさん耳にします。

膝下のムダ毛の自己処理に疲れちゃった人にも、脱毛したいけどどこから脱毛を始めたら良いのか悩んでいる人にも、最初に脱毛する部位として膝下脱毛はおすすめです。

生理中は足脱毛出来る?

ムダ毛のないキレイな足

生理中に足脱毛できるかどうかは、クリニックやサロンによって方針が違うことはご存知ですか?

そもそも生理中は全ての部位の施術を行わないクリニックやサロンもあります。

せっかく足脱毛の予約を入れていたのに生理になってしまったら、施術をできるかどうかはそのクリニックやサロンの方針次第なんです。

そして予約していた日に生理が来てしまったとしたら、キャンセルの問題も忘れてはいけない重要な事柄です。

今回は生理と足脱毛の関係についてまとめていますので、是非参考にしてくださいね。

クリニックやサロンによって異なる生理の時の対応

生理中、足脱毛の施術を受けられるかどうかは、各クリニックやサロンで対応が違います。

どのような違いがあるのでしょうか?

またなぜ生理中は施術を行わないのでしょうか?

全ての施術を行わないところとVIO以外はO.Kのところ

生理中の脱毛については、全ての施術を断っているクリニック・サロンと、VIO以外ならば施術可能としているクリニック・サロンに分かれます。

ごく一部のクリニックでは、生理中でもタンポンの使用を条件にVIOの施術を可能としているところもありますが、基本的にはどのクリニック・サロンでもVIO脱毛はできないと考えておいた方が良いでしょう。

ですから、足脱毛に関しては、VIO以外ならば施術が可能としているところであれば、生理中であっても施術を受けることができます。

だし、そういった施術可能なクリニックやサロンでも、生理中の脱毛はできれば避けるようおすすめしているところが多いのも事実です。

生理中の施術を避ける理由

生理中の脱毛を行わない、あるいはおすすめしないとしている理由としては、生理中はホルモンバランスが乱れるので、肌が敏感になったり、痛みを感じやすくなったり、施術で炎症や肌荒れを起こしやすいということを挙げているクリニックやサロンが多く見られます。

生理中だけではなく、生理前も同じような理由からできれば施術を避けた方が無難としているところもあります。

PMS(月経前症候群)は、最近ではかなり一般に知られるようになってきましたが、月経前はやはりホルモンバランスが安定していないので、肌も不安定な状態になってしまう人が多いんです。

足脱毛の予約日と生理が重なった場合で、体調に問題がないという人は別ですが、そうでない人は無理しない方が良いかもしれません。

また大っぴらに言っているわけではありませんが、もし経血が施術を行うベッドや機械に付いてしまったら不衛生だし、経血からの感染症のリスクもあります。

そういった衛生面での配慮から、生理中の脱毛は行わないとしているのもクリニックやサロンの本音だと思われます。

脱毛に適している時期は?

ホルモンバランスの乱れによって肌状態や体調が不安定になりやすいということもあり、月経前や月経中が脱毛には適していない時期だというのは事実です。

そこで、脱毛するのに適している時期はというと、生理が終わってから次の排卵が終わる頃までの期間です。

おおよそですが、生理が終わってから2週間くらいの間が肌状態も安定しやすく、脱毛をするのに適していると言えます。

生理中でも足脱毛できるクリニックやサロンに通っているとしても、可能であればこの期間に施術を受けるようにした方が、肌トラブルの可能性も低くなりますからおすすめす。

足脱毛と生理、気をつけることは?

生理中でも足脱毛出来るところと、出来ないところがあるということはお分かり頂けたかと思います。

そして、生理中でも足脱毛できるクリニックやサロンであっても、注意するべき点があります。

足脱毛でひざ上の施術を受ける人は要注意

生理中でも特に体調などに問題が無ければVIO以外ならば施術を行うというサロンでも、足脱毛でひざ上(太もも)の部分の施術を受ける人は、注意が必要です。

サロンやクリニックによっては、ひざ上に照射をする時は紙のショーツに履き替えるところがあります。

このショーツは、Vラインとの境目である太もものきわまで照射するためにかなりハイレグになっています。

生理中でこの紙ショーツを履いての施術はなかなか難しいものがあります。

もしひざ上(太もも)も足脱毛している人で、自分が通っているクリニックやサロンでこういった紙ショーツを使用する場合は、生理の時の対応について事前に確認しておいた方が良いでしょう。

キャンセルする時の注意点

足脱毛の予約日に生理になってしまった場合、VIO以外なら施術を行ってくれるところであればキャンセルする必要はないので、自分の体調次第ではありますが、そのまま足脱毛の施術を受けることが出来ます。

ところが自分が通っているところが、生理中は一切の施術を行わないというところであれば、その予約はキャンセルせざるを得ません。

ここで問題になるのがキャンセル料のことです。

キャンセル料がかからないクリニックやサロンもありますが、クリニックやサロンによっては、前日や当日のキャンセルにはキャンセル料を請求するところがあります。

なかにはキャンセル料がかかる上に、回数も1回消化したことになってしまうところも。

クリニックやサロンは予約に合わせてスタッフとスペースを確保していますので、それを直前にキャンセルされることは経営上の死活問題になることは想像に難くありませんし、理解もできます。

しかし、予定外に生理が始まって仕方なくキャンセルしなくてはならないという場合、キャンセルしたい訳ではないのにキャンセル料までかかるのか、と不満に思ってしまうかもしれません。

キャンセルしないためにできること

キャンセル料のことを考えると、急なキャンセルは避けたいものです。

また、たとえキャンセル料がかからないクリニックやサロンだとしても、キャンセルすることなく計画通りに足脱毛を進めて行きたいですよね。

そのためにはやはり、生理周期に合わせて予約をすることが大切です。

生理周期が安定している人は予定も立てやすいかと思いますが、そうでなく周期がバラバラな人は、まずは生理周期が安定するようバランスの良い食事や十分な睡眠など、日常生活から気をつけるべきかもしれませんね。

ちなみに、これを書いている私は、生理周期はバラバラでいつ生理が来るのか全くわからない状態で脱毛に通っていました。

私が通っていたクリニックはキャンセル料がかかるところだったので、絶対にキャンセルはしたくないと思い、いつも生理が終わるとすぐに予約の電話を入れていました。

比較的予約が取りやすいクリニックだったからできたことですが、どのクリニック・サロンでも意外と直前キャンセルが出たりするので生理が不順の人にはこういった方法もあると頭の隅に入れて頂けたらと思います。

まとめ

生理中でもVIO以外は施術を行うとしているクリニックやサロンでは足脱毛することはできます。

ただし、生理中でも体調に全く問題ない人は別ですが、そうでない人は自分の体調とよく相談して、体調が悪い場合は無理をしないようにした方が良いでしょう。

そして生理中の施術は全て行わないというクリニックやサロンの場合は、残念ながら足脱毛の施術だとしても受けることはできません。

すでに予約を取っていた場合は、キャンセルせざるを得ないことになります。

直前のキャンセルにはキャンセル料がかかるところもあるので、注意が必要です。

生理以外にもお仕事が忙しい方や小さなお子様がいる方などは、急な予定変更も多いのではないでしょうか。

そういった事前に予定が立てづらい方は、初めからキャンセル料のかからないクリニックやサロンを選んだ方が良いかもしれません。

いずれにしても自分が通おうとしているクリニックやサロンの、キャンセル時の対応についても事前によく確認し、納得してから決めるようにしましょう。

クリニックとサロンを足脱毛で比較してみた!

足脱毛を受ける女性イメージ

自己処理に限界を感じて、「もう足脱毛するっきゃない!」と思った時、どこで脱毛しようと考えますか?

やはり広告を目にする機会も多い脱毛サロン?

そんなあなたへ、「ちょっと待ったー!」

足脱毛するなら、クリニックとサロンをちゃんと比較してからの方が良いですよ!

今回は、クリニックとサロンを足脱毛で比較してみますので、これを読んでからクリニックとサロン、どちらが自分に合っているか、選ぶ際の参考にしてみて下さいね。

クリニックとサロンの足脱毛で比較

まずは、クリニックとサロンで足脱毛する時の違いについて比較していきます。

使用するマシンを比較

クリニックとサロンの一番の大きな違いは、使用するマシンのパワーの違いです。

脱毛は、肌に特殊な光を照射することで行います。

この光は黒い色に反応して熱を発する性質があり、毛の黒い色に反応して発生した熱で毛根周辺の発毛組織にダメージを与えて毛を生えてこなくするんです。

クリニックで使用される脱毛機は、出力が強く、発毛組織を破壊するパワーを持っています。

破壊された組織からは毛が生えてこなくなるという訳です。

この発毛組織を破壊するという行為は医療行為なので、クリニックでしか行うことができません。

一方、サロンで使われるマシンは、クリニックのマシンほどのパワーがありません。

1/2とも1/3とも言われています。

パワーは弱いながらも発毛組織にダメージは与えるので、照射を繰り返すことで毛の生える力が弱まり、だんだん毛が細く少なくなっていきます。

足脱毛にかかる回数と期間を比較

前述の通り、クリニックとサロンでは使用するマシンが違うので、脱毛の効果も違います。

クリニックで足脱毛を行うと、だいたい3回目くらいで効果を感じ始め、5~6回で満足できる状態まで脱毛が進みます。

多くのクリニックで5回や6回のコースを設定しているのはこのためです。

一方、サロンでは、足脱毛を完了するまでに早くて12回、長い人は20回くらい照射を受けなければなりません。

クリニックもサロンも毛周期という毛の生え変わりの周期に合わせて3ヶ月程度を目安に間隔を開けて照射をしますので、脱毛が完了するまでにクリニックの場合は1年から1年半、サロンの場合は2年からそれ以上かかります。

足脱毛の痛みを比較

脱毛は熱で毛根にダメージを与えるので、このダメージを与えている時に痛みを伴うことがあります。

クリニックの医療レーザーは、出力が高いので強い痛みを感じることがあるのは事実です。

特に黒くて太い毛にはよく反応するので、VIOラインなどは痛すぎて我慢できず、麻酔クリームを使用する人もいるくらいです。

しかし足脱毛の場合は、医療レーザーでも比較的痛みは少ないと言われています。

スネなど骨に近い部分は強い痛みを感じたという人もいるようですが、我慢できるという人が多く、足脱毛で麻酔を使ったという話はあまり聞きません。

サロンでの光脱毛の場合、元の出力が弱いため、痛みもほとんどないかあってもチクっとする程度です。

足脱毛の場合はほとんど痛みは感じないという人が多いです。

痛みがないというのは脱毛サロンの売りの一つでもあります。

ここまでのまとめ

足脱毛をクリニックとサロンで比較すると、効果も高くて早く終了するのは断然クリニックだし、痛みも足に関しては我慢できないレベルじゃなさそうだし、クリニックの方が良さそうに感じますね。

だけど、どうせその分クリニックは料金も高いんでしょ!というのが従来の認識ですね。

ここで今回2度目の「ちょっと待ったー!」です。

足脱毛にかかる費用は、クリニックとサロンの最も重要な比較ポイントなんです。

次の章で詳しく見ていきます。

クリニックとサロンの足脱毛にかかる費用は?

“効果が高いが費用も高いクリニック”、”時間はかかるがリーズナブルに脱毛できるサロン”、これが通常脱毛を考えた時にイメージすることですよね。

ところが足脱毛に関してはそうとも言えないんです。

どういうことか詳しく見ていきます。

足脱毛はパーツ分けされている

足脱毛はどのクリニック・サロンでも部位が3つか4つに分かれています。

比較的面積の大きい部位をLパーツ、小さい部位をSパーツとしているところがほとんどです。

パーツの分け方の具体例を上げてみると、

【足脱毛が4つのパーツに分かれている場合】
  • 両ひざ上(L)、両ひざ下(L)、両ひざ(S)、両足の甲と指(S)
【足脱毛が3つのパーツに分かれている場合の一例】
  • 両ひざ上(L)、ひざを含む両ひざ下(L)、両足の甲と指(S)

例えば、ひざ下だけをやりたい場合はLパーツを1カ所という考え方です。

足全体をやりたい場合は、3つに分かれているところでは、Lパーツ2カ所とSパーツ1カ所の計3カ所、4つに分かれている場合はLパーツ2カ所とSパーツ2カ所の計4カ所といった具合です。

足全体をやる場合はパーツが増えるので、費用も高額になる予感がプンプンしますね。

足脱毛の費用を比較①ひざ下の場合

ひざ下のみをサロンで脱毛する場合の費用を見てみましょう。

ミュゼは現在4回以上のコースは半額というキャンペーンをやっていて、サロンの中でも部位別の脱毛料金の安さが群を抜いていますので、ミュゼを例にとってみます。

ミュゼのひざ下(L)脱毛の費用 12回36,000円(50%offの価格)

では大手クリニックの場合のひざ下の費用はどうでしょうか。

アリシアクリニック 5回¥41,250
湘南美容外科 6回81,000円 ※ひざ下~足先
リゼクリニック 5回89,800円 ※ひざ~足首

アリシアクリニックは医療レーザー脱毛としては破格の安さですが、ひざ下だけで比較するとサロン(ミュゼ)の方が少ない費用で脱毛できますね。

照射回数が多く、期間も長くかかるといってもこの安さは魅力です。

※照射の回数は個人差が出てくる部分ですが、サロンで満足できる照射回数として12回を目安にしました。

<各クリニックの詳細はこちら>

アリシアクリニック

湘南美容外科

リゼクリニック

足脱毛の費用を比較②足全体の場合

足全体の場合は、キャンペーンで部位別の料金の安いミュゼと、足全体のコースのある銀座カラーの料金を見てみます。

  • ミュゼで足全体を脱毛する場合の費用(Lパーツ2カ所、Sパーツ2カ所):12回108,000円(50%offの価格)
  • 銀座カラー足全セットコース:月額5,200円、コース金額151,152円※4カ所脱毛し放題、1年間で最大6回

では大手クリニックでの足全体の脱毛費用はどうでしょうか。セット料金の安いところを選んでいます。

  • アリシアクリニック脚脱毛セット:5回92,900円※ひざ上、ひざ、ひざ下、足の甲・指の4カ所
  • リゼクリニック足全体セット:5回119,800円※太ももから足の指先までの足全体

どうですか!

足全体のコースのあるクリニックでの足脱毛の料金は、サロンの料金に負けません。

足全体を脱毛するにはクリニックの方が断然おすすめできるんです。

まとめ

クリニックとサロンを足脱毛で比較してきましたが、足全体を脱毛するならクリニックの方がおすすめだということがお分かりいただけたでしょうか。

もちろん、すべての人にクリニックがおすすめという訳ではありません。

まず痛みに対して敏感で医療レーザーの痛みに耐えられない人は、サロンでの光脱毛なら痛みも弱く大丈夫な場合があります。

店舗の数もサロンの方が多いでの、近くにクリニックがない方は通うだけで時間も交通費もかかるので現実的ではないですよね。

そしてこれは体質次第ですが、サロンでも少ない照射回数で脱毛が完了してしまう人がいます。

そういう人は脱毛サロンでの方が痛みもなく費用もかからずに済みます。

全ての人にに足脱毛するならクリニックがおすすめとは言えませんが、クリニックはどうせ高いと思って比較することすらしてなかった人は、是非足脱毛をする時はクリニックとサロンを比較して、自分に合った足脱毛の方法を見つけてくださいね

自己処理でぶつぶつが出来ちゃう人こそ足脱毛すべき

足のムダ毛がぶつぶつしている女性

足のムダ毛を自己処理していると、いつの間にか皮膚に黒いぶつぶつができて困っている人は案外多いものです。

この黒いぶつぶつは、ムダ毛の自己処理にはつきものと言っても過言ではありません。

そして自己処理を頑張れば頑張るほど、ぶつぶつの状態が悪化していくという負のループに入ってしまうことも多々あります。

今回は、「自己処理でぶつぶつが出来ちゃう人こそ足脱毛をすべき!」と最初に宣言しちゃいます。

というのも、このぶつぶつの悩みは足脱毛することで根本から解消することができるからなんです。

ぶつぶつの正体は

足のムダ毛の自己処理を続けることによってできてしまう、ぶつぶつの正体はいわゆる「埋没毛」や「埋もれ毛」と呼ばれるものです。

本来であれば皮膚の表面に出てくるはずの毛が、皮膚の内側で埋もれたまま成長してしまい、鳥肌の中に黒い点々があるような見た目になっている状態です。

残念ながらあまり美しいものではありません。

皮膚の内側で毛が伸びてしまうため、かゆみを感じる人もいます。

まずは埋没毛になってしまう原因について説明します。

埋没毛の原因① 毛抜きでの自己処理

毛抜きでのムダ毛の自己処理は、手軽だし次に生えてくるまでの時間を稼げるということで、多くの人が経験したことのある脱毛方法ではないでしょうか。

ムダ毛が根元からすうっと抜けた時にはちょっとした快感で、つい夢中になってしまうという人も多いかもしれません。

ところが毛の生えていた皮膚は、毛を抜いた時に傷ついてしまいます。

傷ついた皮膚は肌を守ろうと角質を厚くしてしまうんです。

転んで擦り傷が出来た時にかさぶたになりますよね。

これと似たような状態だと考えてもらうとわかりやすいと思います。

毛を抜いた後の毛穴は新しい皮膚でふさがってしまい、そこから生えてくる毛は皮膚の外に出ることができずに、皮膚の下に埋もれたまま成長を続けてしまい、埋もれ毛の状態になってしまいます。

埋没毛の原因② カミソリでの自己処理

カミソリでのムダ毛の自己処理も、手軽でてっとり早いことからほとんどの人がやったことのある処理方法ではないでしょうか。

しかしカミソリでムダ毛を自己処理すると、皮膚表面の角質層まで削り取ってしまいます。

角質層は肌の潤いを守ったり、肌を保護するバリア機能という大切な役目を持っていますが、これが削られてしまうと、肌は乾燥し肌荒れを起こしたりしてしまうんです。

そうなると皮膚はそれを保護しようと角質を厚くしていきます。

毛抜きで処理した時と同じように、厚くなった角質は毛穴をふさいでしまいますので、新しく育ってきた毛が皮膚の表面に出ることができずに埋没毛になってしまうんです。

また、カミソリでムダ毛を深剃りしたり逆剃りすることによって、毛の断面は鋭角に尖ってしまいます。

斜めに尖った毛先は毛穴以外の皮膚に刺さってしまい、そこから埋没毛になってしまうこともあります。

埋没毛を無理に自己処理するとさらに悪化する

埋没毛が出来てしまうと、その状態に耐えられずに自分で毛抜きや針を使って埋没毛をほじくり出す人がいますが、これは状況をさらに悪化させる可能性があるのでやるべきではありません。

ふさがった皮膚を無理に開くと、そこからばい菌が入って炎症を起こして毛嚢炎になることもあります。

また傷ついた皮膚はさらに角質を厚くしてしまいますので、再び埋没毛が出来てしまったり、皮膚の中で渦巻く程伸びてしまったり、ひどい時には皮膚の中に埋まって出られなくなった毛が色素沈着を起こしてしまうこともあります。

ぶつぶつ(埋没毛)が出来た時の対処法

埋没毛が出来た時、なんとか取り去りたいとはやる気持ちはわかりますが、実のところ何もしないで肌を休めてあげることが、最も肌の回復に役立ちます。

しばらくすると肌のターンオーバーに伴い表面の皮膚は剥がれ落ちるので、それとともに埋没毛も肌の表面に出てきます。

その間も肌の保湿は怠らず、その後のムダ毛の処理は電気シェーバーで行うようにしましょう。

電気シェーバーは、刃が直接肌に触れないので、毛抜きやカミソリに比べて肌への負担が少なくて済みます。

ただし、炎症がひどい場合や、さらに深刻なトラブルに発展しそうな場合は皮膚科に相談することをおすすめします。

足脱毛することで埋没毛(埋もれ毛)が解決できる理由と注意点

サロンやクリニックでの足脱毛は、埋没毛の解決策としては抜群の効果があります。

サロンの光脱毛やクリニックのレーザー脱毛で足脱毛を行うことによって、発毛組織にダメージを与えて毛穴から毛が生えにくくなったり、再び毛が生えてくることがなくなるからです。

毛が生えてこなくなれば、埋没毛になることはありません。

ただし、埋没毛に対する施術の方針は、サロンやクリニックによって違いがあるので、その点は注意が必要です。

埋没毛にも対応可能を謳うクリニックは多い

クリニックの場合は、埋没毛であってもレーザーの光がしっかり毛根にまで届くので、埋没毛に対しても照射を行うことを明確にしているところがたくさんあります。

しかも埋没毛の状態によっては、ピンセットなど医療器具を使用して埋没毛を皮膚の表面に出してから照射を行ってくれるクリニックもあります。

クリニックでのレーザー脱毛は、トータルでの照射回数も数回で済み、1回の照射でも高い効果を発揮するので、埋没毛の状態がひどい人や、早く埋没毛から脱したい人には特におすすめです。

ただし、クリニックによって対応の違いはありますので、カウンセリング時に埋没毛がある場合の施術についてよく確認するようにしましょう。

サロンでは埋没毛があると足脱毛できない?

サロンの場合は、埋没毛の状態によっては施術を行わないと明言しているところもあります。

皮膚の下に毛がある状態では、脱毛の光が毛根に届かないからといった理由や、光を当てる前に塗る抑毛効果のあるジェルが毛に浸透しないという理由からです。

そういったサロンでは、埋没毛の状態が改善してからでないと足脱毛の施術を受けることができません。

もちろん、埋没毛の状態によっても対応は違ってきますので、カウンセリングの時にきちんと確認するようにしましょう。

足脱毛すると自己処理の回数が減り、埋没毛になりにくくなる

サロンとクリニックでは足脱毛の効果の出るスピードに差はありますが、足脱毛の施術を受けるたびに、それまで生えていた毛は抜け落ち、次に生えてくる毛もだんだん少なくなっていきます。

そのおかげで自己処理の頻度は減らすことができるので、肌への負担も少なくなります。

自己処理でボロボロになっていた肌はだんだん回復して綺麗になっていきますし、埋没毛も出来にくくなります。

そして最終的に足脱毛が完了すれば、その後埋没毛に悩まされることはなくなります。

まとめ

足のぶつぶつの正体はいわゆる埋没毛で、その埋没毛が出来ないようにするためには、足脱毛を行って毛が生えてこないようにすることが、最も安全で確実な解決策です。

ぶつぶつ状態に悩み、どうにかしたいと考えている人には足脱毛はおすすめです。

ただし、埋没毛があっても施術を行ってくれる場所としては、クリニックの方がより明確に埋没毛にも対応するとしているところが多く、サロンの場合は埋没毛の状態が改善してからでないと施術を行ってくれないところもありますので、最初のカウンセリングでよく確認をすることが大切です。

口コミ・体験談から選ぶおすすめの足脱毛

女性の口コミイメージ

足脱毛をやりたいと思ったら、リーズナブルなサロン?それとも効果が高いクリニック?と考えますよね。

費用や効果、痛み、期間、などなど気になることはたくさんあります。

そんな時、役立つのはやはり口コミや体験談です。

ところが、口コミや体験談を読んでも内容はさまざまで良いものも悪いものもありますし、中には真偽のほどがわからないものまで!

そこで今回は、口コミサイトやSNSなどを調査し、これは役立つ!と思われる口コミや体験談をピックアップし、足脱毛におすすめのサロンとクリニックを選びました。

もちろん良い口コミばかりでなく、良くない口コミにも注目しています。

口コミ・体験談から選ぶオススメの足脱毛/サロン編

口コミ・体験談での評判の良い脱毛サロンとして、ミュゼと銀座カラーを選びました。

どちらも知名度は抜群で、高い人気を誇るサロンです。

それぞれのサロンの役に立つ口コミ・体験談と合わせて、足脱毛にかかる費用についてもご案内しますね。

<店鋪詳細はこちら>

ミュゼプラチナム

銀座カラー

ミュゼプラチナム

店舗数・売上ともにナンバーワンのミュゼは、口コミや体験談の数も圧倒的です。

現在4回コース以上の契約をすると半額になるキャンペーンをやっていますので、価格的にもかなりお得に足脱毛できます。

ミュゼで足脱毛する時の料金

  • 両ひざ下(Lパーツ) 1回6,000円 6回18,000円(50%オフの価格)
  • 両ひざ(Sパーツ) 2回6,000円 8回12,000円(50%オフの価格)

※両ひざ上(太もも)はLパーツ、両足の甲と指はSパーツ

ミュゼの口コミ・体験談

ミュゼでひざ下の足脱毛をやりました。最初は足全体を考えていましたが、足全体だとひざ上・ひざ・ひざ下・足の甲と指という4つのパーツに分かれていて、全てをやると私のお財布的に厳しかったので、一番悩んでいたひざ下だけをやることにしました。予約は取りやすい時期と取りにくい時期があるなと思いました。
ひざとひざ下の2箇所を脱毛しました。6回コースを2回やったので全部で12回の施術を2年半かけて受けました。途中引越しをしたので、サロンの移動ができたのは良かったです。薄い毛はまだ生えてきますが、自己処理はずいぶん楽になったので満足しています。
ミュゼは店内が綺麗だし、スタッフの方のオペレーションもしっかりしていると思います。ひざ下を6回やりましたが、脇とVラインは無料でできたので料金的にもお得だと思います。

銀座カラー

銀座カラーは月額払いでの全身脱毛で人気の脱毛サロンですが、脱毛サロンの中では珍しい、足全セットという足脱毛のコースがあります。

銀座カラーで足脱毛する時の料金

  • 足全セットコース 月額5,200円 コース金額151,152円

※足全セットコースには、両足の甲・指、両ひざ、両ひざ上、両ひざ下の足の全ての部位が含まれています。
※4カ所脱毛し放題、1年間で最大6回できるプランです。

銀座カラーの口コミ・体験談

足全体を脱毛したかったので、色々なサロンを比較して銀座カラーの足全セットコースに決めました。現在5回を終えたところですが、だんだんと薄くなってきました。剃り残しがあると施術してもらえないので、前日に丁寧にシェービングしていくことをお勧めします。
私の通っている銀座カラーは、お店も綺麗で、予約が取れないということも全然ないです。ワキとVラインの脱毛は他のサロンで済ませてあるので、足全体をお願いしています。施術は痛みもないし、全部で1時間もかからずに終わります。私はキャンセルをしたことはないのですが、キャンセルは前日の19時までで、それ以降のキャンセルにはキャンセル料がかかるみたいなので、そこは注意した方が良いと思います。

まとめ

ひざ下など1つのパーツをやりたい人はミュゼのようにパーツの料金設定が安いところを探した方が良いでしょう。

ジェイエステティックなども部位別の料金が安いので足脱毛するのに人気がありました。

また、足全体をやりたいと思うとパーツが増えて費用がかさむため、銀座カラーのような足全体のコースのあるサロンや、思い切って全身脱毛を考えてみるのも良いかもしれません。

口コミ・体験談から選ぶオススメの足脱毛/クリニック編

クリニックからは、リゼクリニックと渋谷美容外科を選びました。

どちらも口コミや体験談での評判が良く、しかも足脱毛するのにお得なセット料金が用意されています。

<クリニック詳細はこちら>

リゼクリニック

渋谷美容外科

渋谷美容外科

渋谷と新宿、池袋、横浜の4院を展開する渋谷美容外科。

渋谷院、新宿院、池袋院は曜日によって23時まで診療しています。

今回ご紹介するのは腕と脚すっきりセットですが、他にも人気の部位であるヒジ下とヒザ下を含むセットが豊富に用意されています。

渋谷美容外科の足脱毛の料金

  • 腕と脚すっきりセット脱毛 5回128,000円

※ヒジ上、ヒジ下、ヒザ上、ヒザ、ヒザ下が含まれています。
※平日昼料金(祝日を除く月~金の17時までに施術完了の時間帯)だと5回121,600円

渋谷美容外科の口コミ・体験談

クリニックでの医療レーザーで、足全体の5回セットの料金としては渋クリは安いと思います。ただし、初回に薬代1,080円と処置料が毎回2,160円かかります。それを含めてもトータルの費用は安いし、予約も希望の日に取れるので気に入っています。私はスネの部分はちょっと痛かったですけど、他は全然大丈夫でした。4回終わってかなりツルツルになって生足を出しても平気になりました。
新宿院に通っていますが、駅前のビルなので帰宅途中でも寄りやすくて便利です。私は仕事柄夜の9時頃しか行けないので、遅くまで診療している点も渋谷美容外科にした理由です。最初は足だけのつもりでしたが、腕も含まれているるお得なセットがあったので、そちらにしました。3回照射したあとくらいからぐっと毛の量が減り、やはり医療レーザーの効果はすごいと思います。キャンセル料があるので、予約は確実に行ける時にするよう気をつけています。

リゼクリニック

提携院も含めると全国に17院を展開しているリゼクリニックは、多くの患者が5回で脱毛を完了することが多いという理由から、すべてのコースを5回に設定しています。キャンセル料やシェービング代、初診料やトラブルへの保証もかからないので、とても人気のあるクリニックです。

リゼクリニックの足脱毛の料金

  • 足全体セット5回コース 119,800円

※太ももから足の指先までの、足全体。
※コース終了後の特別価格1回 23,680円

リゼクリニックの口コミ・体験談

リゼクリニックで足全体を脱毛しました。5回のコースで途中期間をあけたりしたこともあり、1年半くらいかかりました。最後の5回目の時は、毛も薄くなっていたので出力をあげての照射だったので、痛みもやや強めに感じました。あと1回照射したら完璧かなとも思いますが、ひとまず自己処理はほとんどいらなくなったので、満足しています。予約も概ね希望通りに取れたし、院内は綺麗でスタッフの方も感じがよく、リゼで脱毛して良かったです。
足のムダ毛が薄くなってきたのを実感したのは3回目の照射が終わった頃でした。5回でかなり薄くなりましたが、よりツルツルを求め1回追加しました。リゼはキャンセル料やシェービング代がかからないところも良いし、肌トラブルや硬毛化への保証とかも充実していて安心できるクリニックです。

まとめ

口コミ・体験談で評判の良いクリニックの中でも、比較的安い料金で足脱毛できる渋谷美容外科とリゼクリニックを選んでご紹介しました。

口コミや体験談は、良いものも悪いものも本当にたくさんあって、何が正しいのかわからなくなることもあります。

だけど、さまざまな口コミや体験談を読むことでサロンやクリニックを選ぶ時のポイントがわかるようになってくるんです。

そしてそういった口コミや体験談をインプットしておくと、実際にサロンやクリニックに行った時に役にたちますよ。

足脱毛なら医療レーザーの方が早いって本当?

自分の足を見る女性

クリニックでの医療レーザー脱毛とサロンでの光脱毛については、費用・効果・回数・期間・痛み・通いやすさなど、比較すべきポイントが多く、しかも人によってメリットデメリットが違います。

どちらが良いと簡単に決めるこのできない少々厄介な問題です。

しかし今回の、「足脱毛をするなら医療レーザーの方が早いというのは本当か?」という問いかけに対しては、まず「本当です!」と最初にお答えします。

ただし、「足脱毛を終了するまでの期間」ということについてはです。

というのも、施術時間ということであれば、サロンでの光脱毛の方が照射にかかる時間は短くて済むので早いからです(この後のミニ知識でこのことについては触れます)。

今回は、医療レーザー脱毛とサロンでの光脱毛の違いを比較検証しながら、医療レーザーの方が足脱毛の終了まで早いということについて解説していきます。

医療レーザー脱毛とサロンでの光脱毛の違い

“足脱毛なら医療レーザーの方が早い”ということを解説するために、まずは、クリニックでの医療レーザー脱毛とサロンでの光脱毛の違いについて比較検証していきます。

何が違うのかきちんと理解していれば、自分にはどちらの方が合っているかという判断をする時にも役立ちますよ。

使用する機械のパワーが違う

医療レーザー脱毛と光脱毛の一番の大きな違いは、使用する機械のパワーが違うということです。

医療レーザー脱毛や光脱毛で照射される特殊な光は、毛の黒い色(メラニン色素)に反応し、熱が発生します。

この熱で毛根周辺の細胞にダメージを与えることで脱毛ができるんです。

医療レーザー脱毛で使用される機械のパワーは、光脱毛で使用される機械の3倍のパワーがあると言われていて、発毛組織を破壊するので、毛が生えてこなくなるんです。

この発毛組織を破壊することは医療行為とされているので、レーザー脱毛は医療機関でしか行なえません。

一方、光脱毛で使用される機械は、パワーが弱く、発毛組織を破壊するのではなくダメージを与える程度です。

クリニックでの医療レーザー脱毛は永久脱毛と謳うことができますが、サロンでの光脱毛では減毛・抑毛・不再生脱毛といった表現になります。

照射のパワーが違うので、脱毛効果にももちろん違いがあります。

医療レーザーが一度の照射で多くの発毛組織を破壊するのに対し、光脱毛では、少しずつ少しずつ弱らせて行く感じです。

ですから足脱毛をする時も、医療レーザー脱毛と光脱毛では完了までの回数が違ってきます。

回数についてはこのあと改めて説明しますね。

痛みの違い

医療レーザー脱毛を語る上で痛みの話は外せません。

痛みの感じ方には個人差がありますが、強いパワーを照射して脱毛しますので、バチンバチンと毛穴が焼けるような感覚があります。

特に太くて黒い毛にはよく反応するので、VIO脱毛の痛みは強烈なものがあるようです。

ただし足脱毛においては、すねなど骨に近いところは多少痛いこともあるようですが、足脱毛全体としてはそこまで痛くないという声が多いのも事実です。

一方、光脱毛はもともと痛みが少ないので、足脱毛でもほとんど痛みを感じないで済む場合が多いようです。

実は光脱毛では冷たいジェルを施術する場所に塗るところも多いのですが、痛みよりもジェルの冷たさが辛いという声の方が多いくらいです。

光脱毛では痛みに関してはほとんど心配する必要はないと言えます。

料金の差

医療レーザーを躊躇する一番の理由は、料金が高いということかもしれませんね。

足脱毛の中でも例えばひざ下に限って見てみると、医療レーザー脱毛では1回15,000円から25,000円くらいが平均です。

5~6回のセットですと金額は高くなりますが、1回あたりの単価はもっと安くなります。

セット料金が5万円以下のところもありますが、平均では10万円前後でしょう。

ただし、これは大手の比較的安い料金で医療レーザー脱毛を実施しているクリニックの平均です。

医療レーザー脱毛全体の平均はもう少し高くなります。

光脱毛の場合は、1回5,000円前後からあり、何回やるかで総額はかなり違ってきます。

ただし、脱毛サロンの場合は、同一料金で全国展開しているところも多いので、大手サロンであれば費用の差も小さいです。

店舗の数の差

店舗の数はサロンの方が圧倒的に多いです。

日本全国に展開している脱毛サロンも多数あり、同じサロン内なら店舗の移動が自由というお店もあります。

脱毛は何回も通うことになるので、交通費も脱毛にかかる費用の一部として捉えることもできます。

店舗の数が多い脱毛サロンの方が通いやすいと考えがちですが、人気のサロンは予約がなかなか取れないといった問題も出てきます。

現在のところ、クリニックはサロンに比べると比較的予約は取りやすい状況のようです。

ミニ知識 施術時間はサロンでの光脱毛の方が早い!

足脱毛する時に照射にかかる時間は、サロンでの光脱毛の方が早いということは冒頭でもお伝えしました。

これは、光脱毛の脱毛方式は、一度の照射で広範囲に光を当てることができるからです。

医療レーザー脱毛では一度に照射できる範囲が狭いので、足脱毛の照射にかかる時間が光脱毛に比べると長くなります。

おおよそですが、両ひざ下の照射にかかる時間は光脱毛の場合で、20分から30分程度、医療レーザーの場合は30分から45分程度かかるようです。

効果が出るまでの回数と期間

ここからは、医療レーザーの方が早いということを検証するために、足脱毛にかかる回数と期間についてみていきます。

わかりやすいよう、足脱毛の中でも人気のひざ下を例にとります。

毛質や体質で効果や回数にも個人差がありますが、平均的な回数と期間ということで参考にしてみて下さい。

クリニックでの医療レーザー脱毛で足脱毛する場合

医療レーザー脱毛の場合、2~3回の照射で効果を感じ始めます。

2~3ケ月の間隔で照射をしますので、期間としては3ケ月から半年といったとことです。


4~5回の照射を終えると、自己処理が楽になります。

期間としては10ケ月から1年後といったとところです。

5回で満足して照射を終える人も多くいます。

そして6~7回照射をすると、ほぼ自己処理が必要なくなったと感じ、多くの人が足脱毛を完了します。

期間にしても1年から1年半です。

サロンでの光脱毛で足脱毛する場合

光脱毛の場合は、なかには3回くらいで効果を感じ始めたという人もいますが、ほとんどの人は効果を感じるまでに6回程度は通う必要があるようです。

期間にして1年前後です。

自己処理が楽になったと感じるまでには、7~12回の照射は必要です。

この時点で1年から2年かかります。

よりしっかりとした脱毛効果を得るためには2年以上かけて12回以上は通う必要があり、自己処理がほぼいらなくなるという状態までやるには15回前後通う人が多いです。

中には3~4年かけて20回近く通ったという人もいます。

足脱毛なら医療レーザーの方が早いというのは本当です

足脱毛をするなら医療レーザーの方が早いのは、回数と期間を見てみると明らかですね。

医療レーザー脱毛では1年後には脱毛が完了していることが多く、サロンの光脱毛ではその倍以上は期間を見ておいた方が良さそうです。

効果を感じ始めるのも医療レーザーは早いので、やはり早く結果を出したい人にはクリニックでの医療レーザーはおすすめです。

抜けないという声続出?足脱毛の効果を調査

女性のキレイな足

足脱毛を始めたのに、ムダ毛が抜けない!という声をあちこちで見かけます。

実際に足脱毛をしてツルツルの脚を手に入れている人もいるのに、これはどういうことでしょうか。

せっかく足脱毛を始めても効果がないとしたら、足脱毛にかけるお金も時間も無駄になってしまいます。

これから足脱毛を始めたいと思っている人は不安になりますよね。

今回は足脱毛で毛が抜けないというのはどういうことか検証し、足脱毛の効果について調査します。

抜けないってどういうこと?足脱毛の効果がないと感じている理由を検証

足脱毛をしたのに毛が抜けない、あるいは効果がないと感じている人の口コミやSNSを調査したところ、その 感じ方にはいくつかのケースがあることがわかりました。

どういったケースがあるのかピックアップし、抜けない、効果がないと感じる理由とその原因について検証していきます。

施術を受けたのに抜けない

施術を受けたらすぐに抜けると思っていたけど、1週間たっても抜けないし伸びてきてしまって効果が出ないと不安になっているケースがあります。

これは、実は脱毛初心者には多いことなんです。

脱毛が初めての人にとって、施術を受けてから毛が抜けるまでどんな段階をたどるのかよくわからなくても当然ですよね。

ですからこのような不安を持っても不思議ではないんです。

サロンの光脱毛でもクリニックのレーザー脱毛でも、照射をしてから1週間くらいすると毛がぽろぽろと抜け始めますが、個人差もあり照射後2~3週間たってからという場合もよくあります。

1週間で抜けないからといって効果がない!と慌てず、2~3週間は様子をみましょう。

この間、無理に引っ張って抜くのはやめましょうね。

照射をした後まばらにしか抜けない

施術を受けた後、毛がぽろぽろと抜けてきたけど、抜け方がまばらで効果が出てないと思ってしまうケースです。

毛には成長期(前期と後期)、退行期、休止期という毛周期があります。

毛は、このサイクルを繰り返しながら生え変わっているんです。肌

の表面に見えている毛は、成長期のものと退行期にあるものがあり、休止期にある毛根には毛がありません。

しかも表面に見えている毛は、全体の毛の1/3とも1/5とも言われていて、その中で成長期にある毛は半分程度と考えられます。

そして光脱毛やレーザー脱毛が有効なのは成長期にある毛だけなんです。

退行期の毛は、肌表面に見えてはいますが、毛根にダメージを与えることができないので脱毛の効果は出ません。

足脱毛を初めてから1~2回では、成長期にあった毛は抜け始めますが退行期の毛は抜けないので、抜け方がまばらになることもあります。

照射の回数を重ねていくうちに、肌に出てくるのは成長期だけの毛になっていくので、”照射の後次の毛が生えて来るまでしばらくツルツル”という状態がやってきますよ。

しばらくしたらまた生えてきた

足脱毛の施術を受けて減ったかなと思ったけど、またすぐに生えてきて元に戻ってしまい、脱毛しても効果がないのかな?と感じているケースです。

施術をした後、また生えてきて元に戻ったように感じるのもまた、前述の毛周期が原因です。

施術をした時に成長期にあった毛には脱毛の効果が出て抜け落ちますが、成長期以外の毛には脱毛効果はありません。

そして新たに成長期を迎えた毛が皮膚の表面に生えてきます。

これもやはり最初の頃は、新たに成長期を迎える毛も多いため、元に戻ったと感じるくらいに生え揃ってしまいます。

何度か照射を繰り返すことで、全体の毛量も減っていき、脱毛効果を感じることができるようになります。

数回照射したが効果が感じられない

足脱毛に半年、1年と通ったのになかなかムダ毛が減らず、いつになったら脱毛できるの?と効果に疑問を持っているケースです。

こう感じる人の多くは、サロンで足脱毛に通った人です。

クリニックでのレーザー脱毛はパワーが強力で、毛根を破壊し毛を生えなくします。

一方サロンでの光脱毛はパワーが弱く、脱毛の効果を感じるまでにクリニックよりも回数と期間を要することになります。

一般的にサロンでは6回程の照射で効果を感じ始めると言います。

毛周期に合わせて2~3ケ月おきに照射をするので、6回の照射には1年程かかります。

つまり、サロンでの足脱毛で効果を感じ始めるのに1年くらいは見ておいた方がいいんです。

ちなみにクリニックの場合は3回くらいの照射で効果を感じ、5~6回を終える頃には足脱毛が完了するという人も多いです。

サロンの脱毛でも、時間はかかりますが回数を重ねていけばムダ毛の量は減っていき、自己処理がほとんど必要ない状態まで脱毛することができます。

また、数回照射しても効果を感じられない理由については、別のケースもあります。

足脱毛といってもひざ下とひざ上がありますね。

そしてひざ下とひざ上では毛質が違っていて、ひざ下の毛は比較的太いですが、ひざ上の毛は色素が薄かったり細いうぶ毛だったりします。

光脱毛もレーザー脱毛も、黒い色素に反応しますので、うぶ毛のような毛には反応しづらいんです。

そのため、うぶ毛タイプの毛は濃い毛に比べて、照射の回数を多く必要とします。

うぶ毛に関しては照射を重ねても効果を感じるまでに時間がかかるということが、光脱毛の場合もレーザー脱毛の場合もあるということです。

特に光脱毛は照射のパワーが弱いため、うぶ毛にはほとんど効果が出ない場合さえあります。

それに比べるとレーザー脱毛は、照射回数は多くはなりますが、効果が出ない訳ではありません。

一部抜けないところがある

照射をした後、全体的には抜けているのに、一部抜けないところがあるけどどういうこと?と悩むケースです。

これはずばり照射漏れの可能性があります。

施術箇所の一部を照射しそこなうということですが、脱毛において照射漏れは少なからず起こりえることなんです。

周辺の場所と比べて一部分だけ毛が抜けてこない場合は照射漏れの疑いがあります。

照射漏れに対しては無料で再照射してくれるサロンやクリニックもありますが、対応の違いが出る要素でもありますので、最初にホームページやカウンセリングの時に確認しておいた方が良いですね。

効果的な足脱毛のために

足脱毛で抜けない、効果がないと感じるさまざまなケースについて検証してみましたが、その多くは毛の毛周期や脱毛の仕組み、光脱毛とレーザー脱毛の違いなどに起因していたことがわかります。

ポイントとしてまとめますので、是非理解しておいて下さいね。

理解しておきたい足脱毛のポイント

  • 足脱毛の施術を受けてもすぐには毛は抜けない。3週間程度は様子を見る。
  • 毛には毛周期があり、表面に出ている毛は全体の一部。そして脱毛の効果があるのは、その中でも成長期にあるものだけ。毛周期に合わせて、照射を何度か繰り返すことでだんだんとムダ毛の量が減っていく。
  • 脱毛の施術を受けて、ムダ毛が減ってきたと実感できるのは、サロンの光脱毛では6回以上照射してからのことが多い。期間にすると1年は見ていた方が良い。クリニックでは3回程で実感できことが多い。
  • うぶ毛のような毛は、脱毛の効果が出にくいので普通の毛よりも照射の回数が必要。
  • 周辺に比べて一部だけ毛が抜けない場合は照射漏れの可能性がある。照射漏れの疑いがあった場合は、施術を受けたサロンやクリニックに相談する。

最後に

足脱毛は、完了するととても満足度が高いんです。

面倒だった自己処理からも解放され、しかも自己処理で起きていた肌トラブルからも回復して肌状態も良くなります。

足脱毛のポイントをきちんと理解して足脱毛に臨むことで、「抜けない!」「効果がない!」と不安に思うこともなくなり、きっと満足のいく足脱毛ができますよ。

スカートだとパンツ見えそう…足脱毛してもらう時の服装は?

スカートを押さえる女性

足のムダ毛を自分で処理していると、ブツブツになったり肌が荒れたりとトラブルも多く発生します。

そうすると足を出すファッションができなくなったり、彼に「チクチクする!」なんて言われた日には、足脱毛したいなと考えちゃいますよね。

足脱毛したいと思ったら、費用や回数、終了までの期間、痛みのことなど、気になることはたくさんあります。

そして、施術を受ける時の格好ってどんな感じ?まさか下着姿?でもひざ下だけの脱毛ならスカート履いたままでいけるかな?だけどおパンツ見えちゃうかしら?などなど、考え始めると足脱毛の時の服装のことだって芋づる式に気になります。

場合によっては結構切実な問題ですよ、これは。

足脱毛における服装の実体

今回は、「地味だが結構切実な問題」かもしれない、足脱毛における服装の実体を浮き彫りにしちゃいます。

脱毛には着替えがつきものですが

顔の脱毛は言うまでもありませんが、ワキや腕の場合は施術する場所が露出している服装(タンクトップやキャミソール)をしていれば、脱ぐ必要はないと想像できますよね。

一方、全身脱毛の場合は着ているものを一旦全部脱いで、すっぽんぽんになる必要があります(ちゃんと専用のガウンなどが用意されていますので、ずっと素っ裸というワケではありません)。

お腹や背中の時も少なくとも上半身の服は脱ぎます。

そういう時はとにかく脱ぎ着のしやすい服装がマストですね。

ところが足脱毛の場合はどうでしょう。

ひざ上(太もも)の場合は脱がないとだめなような気がしますね。

だけどひざ下は、パンツ(ズボンの方です)でないならば、脱がなくても良いように思いませんか?

一体ひざ下脱毛の場合はどういう格好で施術を受けるんでしょうか。

気になります。

脱毛の施術を受ける時の格好について

多くのサロンやクリニックでは、脱毛の施術を受ける時に着用するラップタオルやタオルガウン、ボタンで着脱できる簡単なワンピースなどの施術着が用意されています。

大手のサロンやクリニックだと、まず大抵のところで用意がありますが、中には施術着の用意がなく、ただバスタオルをかけるだけといったところもあります。

足脱毛の場合でも、腰から下に巻く腰巻きというかラップスカートのような施術着に着替えるところと、着替えの用意がないところとがあります。

地味なことかもしれませんが、施術を受ける時の格好については最初のカウンセリングの時にちゃんと確認した方が良い事柄です。

心構えが違ってきます。

【ミニ情報】 着替える場所について

施術の前に着替える時、どこで着替えるかはサロンやクリニックによって違います。

更衣室が別にあり、そこで着替えて施術室に向かうところと、施術を受ける部屋で着替えるところがあります。

施術を受ける部屋と言っても、完全に個室のところもありますが、カーテンやパーテーションで仕切られただけの空間にベッドが置いてあるというだけのところもあります。

どちらにしても、着替えに時間がかかるような服装は避ける方がベターです。

足脱毛する時の格好

さあ、気になる足脱毛する時の格好について、具体的にひざ下とひざ上で見ていきます。

果たしておパンツは見えちゃうんでしょうか?

ひざ下のみ脱毛する時

ひざ下のみの脱毛の場合、ショートパンツやスカートを履いて行けば、そのまま施術してくれるサロンやクリニックも多いです(もちろんストッキングやタイツ、靴下は脱ぎます)。

これだと着替える手間がないので、すぐに施術に入れるし、施術が終わった後もさっと帰ることができますね。

しかしスカートの場合、施術の時にパンツが見えちゃうんじゃないかと心配する人もいるかもしれませんね。

この心配は、腰巻きのようなラップスカートの用意のあるサロンやクリニックだったとしても起こりえます。

結論から言うと、ひざ下の場合は大丈夫、そんなに心配する必要はありません。

基本的にスネなど表の面を施術する時は仰向けで、ふくらはぎなど裏の面を施術する時はうつ伏せになります。

ただし照射する場所によっては、ひざを少し立てた方が良いこともあるので、そういった時はおパンツが少々見えてしまうということはあるかもしれませんね。

だけどせいぜいチラッと程度です。

施術スタッフの方は施術に集中しているし、タオルをさりげなくかけながら気を使ってくれる方もいます。

パンツを見られるのは恥ずかしいですが、施術してくれるのはほぼ間違いなく女性ですし、脱毛のプロです。

もしどうしても恥ずかしいという人は、ショートパンツ姿で行くか、ボクサータイプの下着を履いて行けば見えちゃう恥ずかしさも軽減するのではないでしょうか。

とにかくヨレヨレのパンツは厳禁です。

女性として、いえ、人としてアウトです。見られちゃうかもしれないのにあんまりです。

ひざ上(太もも)を脱毛する時

ひざ上(太もも)を脱毛する時は、ひざ下の時とは趣きが違います。

どんなタイプにせよ施術着が用意されていたら着替えます。

もし施術着の用意がないサロンやクリニックだった場合は、さっさとパンツ姿になって施術用のベッドに寝転び、バスタオルがあれば自分でかけちゃいましょう。

あるいは施術スタッフの方がバスタオルをかけてくれます。

もしバスタオルさえなかったら、パンツ姿ですが観念して寝転ぶしかありません。

さて、施術着があった場合はそれに着替えて施術台に横たわり、施術を受けることになります。

そして太ももを施術する時は当然施術着をめくるなり開くなりしますので、おパンツは丸見えです。

こうなることを想像していないと、初めての施術の際、猛烈に恥ずかしい思いをしてしまいます。

そうならないためにも、やはりヨレヨレのパンツだけは避けましょう。

勝負パンツである必要はありません(きわどいパンツとか逆に困ります)

自分の恥ずかしさのためだけでなく、見るはめになる施術スタッフの人のことを考えて、シンプルで清潔感があるものにしましょう。

やはりボクサータイプのパンツは良いかもしれませんね。

ところで、施術着の用意がなくバスタオルをかけるだけの場合、施術はバスタオルを少しずつずらしながらやってもらえることが多く、意外と恥ずかしくはないですよ。

ただし、おパンツが見えてしまうのは避けられませんので、やはり見られても心が弱らないものを履いていくようにしましょう。

足脱毛する時のおすすめの服装スタイル

ひざ下を脱毛する場合、ショートパンツやスカートであればそのまま施術をしてもらえるところが多い、ということは前述しました。

それは本当なのですが、足脱毛に行くのに適した服装とは言えない面があります。

というのも、施術後の肌はとてもデリケートな状態になっています。

そして日焼けは避けなくてはなりません。

そのため脱毛の施術を受けたあとにショートパンツや短いスカートで肌を晒してしまうのはあまりおすすめできません(日が沈んでからなら日焼けについては大丈夫です)。

スキニーパンツも密着度が高く、肌をむやみに刺激してしまう可能性があるので、避けた方が無難です。

できればゆったりしたパンツ(ズボンの方です)やロングスカートのような、肌への密着が緩くて日焼けも防げるような服装の方がおすすめです。

最後に

脱毛サロンやクリニックの施術スタッフは、お客様の気持ちを理解し汲み取ってお客様がなるべく恥ずかしさを感じないように気を配ってくれます。

ですからあまり心配せず、足脱毛に行く日は見られても差し支えないおパンツと脱ぎ着のしやすい服装にするというポイントさえ抑えておけば大丈夫ですよ。

何回通うの?足脱毛にかかる平均回数

女性の足

足のムダ毛を自分で処理していると、黒いブツブツになったり埋没毛ができたりといった、さまざまなトラブルに見舞われがちです。

そのことから、足脱毛に通ってこのようなトラブルから解放されて、ツルツルの足になりたいと考える人も増えています。

足脱毛は多くの場合、脱毛サロンの光脱毛かクリニックのレーザー脱毛に通って施術を受けることになりますよね。

どちらにしても一度の施術で終わりではなく、何回か通う必要があります。

だけど、足脱毛を完了させるためにはどのくらいの回数通えば良いのかということについては、ちょっとよくわからないという人も多いのではないでしょうか。

サロンとクリニックでは足脱毛が完了するまでの回数も違いますし、足の中でも場所によって完了までの回数が違ってくる場合があるんです。

今回はそういった足脱毛に通う回数に関する疑問についてまとめていきます。

足脱毛のきほん

脱毛では、毛の黒いメラニン色素に反応する光を照射することで、毛根にダメージを与えます。

ダメージを受けた毛根からは、その後生えてくる毛が細くなったり、あるいは毛が生えてこなくなります。

これがおおまかな脱毛の仕組みです。

サロンでの光脱毛もクリニックでのレーザー脱毛もパワーの違いはありますが、脱毛の仕組みとしては同じです。

このことを踏まえて、足脱毛の基本についておさらいします。

足脱毛はパーツ毎に分かれている

足脱毛は面積が広いため、たいていのサロン・クリニックでは3つか4つのパーツに分かれています。

面積の大きなパーツをLパーツ、比較的面積の小さいパーツをSパーツとしているところが多く、分け方としては、「ひざ上(L)・ひざ(S)・ひざ下(L)・足の甲と指(S)」となっています。

3つのパーツのところは、ひざがひざ下に含まれていることが多いです。

人気なのはひざ下ですが、ひざやひざ上との境目が気になるから足全体を選ぶという人も少なくありません。

自分の足のムダ毛の状態をよく確認して、パーツを選んで脱毛するのか、足全体を脱毛するのかまず決める必要があります。

部位によってムダ毛のタイプに違いがある

足のムダ毛と一口にいっても、ひざ下とひざ上(太もも)ではムダ毛のタイプに違いがあります。

ひざ下や足の指などは比較的濃くてしっかりした毛が生えていますが、ひざ上(太もも)の部分はうぶ毛のような細い毛であることの方が多いです。

このようなムダ毛のタイプの違いによって脱毛の効果にも違いが出てきます。

うぶ毛や色素の薄い毛には回数が必要になる

脱毛で照射される光は、黒くて太い毛には良く反応するので脱毛の効果も出やすいのですが、うぶ毛のような色素の薄い毛には反応が鈍いため、脱毛の効果を得るまでにより多くの照射を必要とする場合があります。

この脱毛の特性により、ひざ下とひざ上でムダ毛のタイプが違う場合、通う回数に違いが出てしまうことがあるんです。

照射回数を何回か重ねた後は、次回の照射まで少し長めに間隔をあけて、より多くの毛が生え揃ってから照射をするなど工夫をすることで、より効率的な脱毛ができる場合もあります。

カウンセラーや施術スタッフの方とよく相談して進めることが大切です。

いずれにしても、一般的にひざ上(太もも)の部分は、ひざ下よりも照射の回数が多くなってしまう傾向があります。

ひざ上(太もも)には硬毛化・増毛化のリスク

うぶ毛の多い場所で起こりやすいと言われているのが、毛の硬毛化と増毛化です。

脱毛の光を照射することによって、もともと生えたいた毛よりも濃い毛が生えてきたり、毛の数が増えたりする現象です。

原因はよくわかっていませんが、脱毛の光が毛根を刺激してしまい、毛が濃くなったり増えたりするのではないかとも考えられています。

ひざ上(太もも)もまた、うぶ毛のような細くて薄い毛の多い場所なので、硬毛化・増毛化のリスクが比較的高い場所だと言われています。

高いといっても1%から多くて10%程の発生率で、照射を続けることできれいに脱毛することができます。

心配な方はサロンやクリニック選びをする時に、硬毛化・増毛化が起きた場合の保証をしているクリニックなどを選ぶと良いでしょう。

足脱毛にかかる平均回数は?

では、ここからは足脱毛にかかる平均回数についてまとめていきます。

毛が比較的太くて濃い「ひざ下」と、薄い毛が多く回数がよりかかると考えられる「ひざ上」の2つのパーツについて見ていきます。

脱毛は、毛周期に合わせて2~3ケ月に1回通うことになりますが、回数を重ねるとより毛が生え揃うまでそれ以上の間隔をあける場合もあります。

※毛量には個人差があり、効果が出るまでの回数は人によって違いますので、一つの目安として参考にしてみて下さい。

サロンでひざ下を脱毛する場合

サロンでの光脱毛でひざ下を脱毛する場合、2~6回(3ケ月から1年)で効果を実感し始め、6~12回(1年から2年)で自己処理が楽になります。

よりしっかりと脱毛するなら12回以上(2年から3年程度)は必要です。

サロンでひざ上を脱毛する場合

サロンでの光脱毛でひざ上を脱毛する場合は、ひざ下よりも効果が出るまでに回数が多くかかると感じている人が多く、効果を実感するまでに10回近く(1年から1年半)かかる人もいます。

10回~15回(1年半から2年以上)照射するとかなり自己処理も楽になってきますので、その時点で満足して終了する人も多いです。

さらにしっかりと脱毛したい人は20回前後(2年半から4年程度)考えた方がよいでしょう。

その場合は追加の料金なしで何回も通うことのできる通い放題のプランがあるサロンを選ぶという方法もあります。

クリニックでひざ下を脱毛する場合

クリニックでのレーザー脱毛でひざ下を脱毛する場合、2~3回(3ケ月から半年)で効果を実感し始め、3~4回(半年から10ケ月)で自己処理が楽になり、5~7回(1年から1年半)でほぼ自己処理の必要がなくなったと感じる人が多いようです。

レーザー脱毛はパワーが強力なので、脱毛の効果も早くから感じることができます。

クリニックでひざ上を脱毛する場合

クリニックでのレーザー脱毛でひざ上を脱毛する場合は、やはりひざ下よりは回数が多くかかると感じている人が多いようですが、レーザー脱毛機はうぶ毛にも効果を発揮しやすいので、サロンでの光脱毛に比べると回数はかなり少なくて済みます。

2~3回(3ケ月から半年)の照射で効果を実感し始め、3~5回(半年から1年)で自己処理が楽になったと感じ、6~9回(1年から2年)照射するとほぼ自己処理の必要がなくなったと満足する人が多いようです。

まとめ

足脱毛は何回くらい通えば完了するのか、おおよその平均回数についてまとめてみました。

通い放題のプランのあるサロンもたくさんあるということは、それだけ回数がかかる部位があるということだと考えられます。

特にひざ上(太もも)など回数がかかりそうでも徹底的に脱毛したいという人は、そういったプランを選択されることをおすすめします。

クリニックの場合は5~6回の回数をセットにしているところが多く、その回数で満足して脱毛を完了する人も多いそうです。

もちろん、個人差があるのでクリニックでもそれ以上の回数通う人もいます。

それでもクリニックの場合は基本的に通う期間も短くて済みます。

サロン脱毛に比べると価格は高くはなりますが、早く確実に足脱毛したい人にはやはりクリニックでの脱毛がおすすめです。

足脱毛の金額っていくら?料金が安いとこは安全?

財布持って悩む女性

足脱毛をしたいけど、金額ってどれくらい?とお悩みの方は多いかもしれませんね。

足脱毛は面積が大きいため、ワキなどの小さな面積の部位に比べると金額がある程度かかることになるので、なるべく安い料金で足脱毛できるに越したことはないですよね。

今回は足脱毛のおおよその金額の相場と、安い料金で足脱毛できるサロンやクリニックについてご紹介します。

足脱毛についてお悩みの方は是非参考にしてみて下さいね。

足脱毛のいろは

足脱毛にかかる金額の前に、まずは足脱毛の基礎知識と注意点についてご説明します。

足脱毛の範囲

ひとえに足脱毛といっても、面積が広いため各サロンやクリニックによって3つか4つのパーツに分かれています。

また、毛の生え方や毛質が場所によって違う人が多いということも、パーツが分かれている理由の一つと考えられます。

【足脱毛が4つのパーツに分かれている場合】
  • 両ひざ上(L)、両ひざ下(L)、両ひざ(S)、両足の甲と指(S)
【足脱毛が3つのパーツに分かれている場合の一例】
  • 両ひざ上(L)、ひざを含む両ひざ下(L)、両足の甲と指(S)

※(L)とは範囲の大きいLパーツのことで、(S)は比較的範囲の小さいSパーツのことです。LパーツとSパーツで違う料金設定をしているサロンやクリニックがほとんどです。

ここに取り上げたのは一例ですが、サロンの多くは4つのパーツに分かれているところが多く、クリニックは4つのパーツに分けているところと、ひざをひざ下に含めているところの両方がある印象です。

足全体を脱毛するか、ひざ下だけなどパーツを限定して脱毛するかによって料金が大きく違ってきます。

足脱毛の回数について

施術を受ける回数については、毛量など個人差もありますが、自己処理が不要もしくはほとんど必要ない状態まで脱毛する場合、サロンだと12~18回、クリニックでは5回~6回は考えておいた方がよいでしょう。

足脱毛の痛み

足脱毛は、比較的痛みが少ないと言われています。

サロンでの光脱毛の場合はパワーも弱いためほとんどの人が痛みを感じることはなく、感じたとしても弱い痛みであることの方が多いです。

一方、クリニックのレーザー脱毛の場合はパワーが強いため痛みも強いと言われています。

しかし足脱毛に関しては比較的痛みを感じることが少ない部位のようです。

ただし、すねや足の甲や指など、骨に近い場所は強い痛みを感じる場合もあるので、もし我慢できない痛みの場合はスタッフの方に伝えましょう。

安い料金で足脱毛できるサロン・クリニック

では実際に足脱毛にかかる料金を、膝下だけを脱毛する場合と足全体を脱毛する場合で見てみましょう。

平均的な相場の料金と、料金の安いおすすめのサロンとクリニックをご紹介します。

サロンでの足脱毛

サロンで膝下だけを脱毛する場合の料金の相場は、1回あたり4,500円~6,000円ほどです。

回数が増えるとセット料金や割引などが適用されることもありますが、脱毛完了までには30,000円~70,000円かかると考えてよいでしょう。

サロンで足全体を脱毛する場合の料金の相場は、1回あたり15,000円~18,000円ほどです。

脱毛完了までに8回で済んだとしても10万円以上かかってしまいます。

足全体を脱毛したい場合は、お得な足のセットプランのあるところを選んだり、他の部位の脱毛にも興味のある人は思い切って全身脱毛にすることを検討しても良いかもしれません。

安い料金で足脱毛できるおすすめのサロン

ミュゼプラチナム

ミュゼは現在4回以上の回数を申し込むと50%オフになるキャンペーンをやっています。

膝下だけならLパーツ1回6,000円ですが、6回だと18,000円(1回あたり3,000円!)です。

50%オフはかなり強力な割引率です。

12回通ったとしても3万円台で済みます。

さらに回数無制限の両ワキとVラインの脱毛が無料特典としてついてきますので、初めて脱毛をする方には本当におすすめのサロンです。

<詳細はこちら>

ミュゼプラチナム

その他おすすめのサロン

安い料金で足脱毛できるおすすめのサロンとしては、ミュゼの他にもジェイエステティックもおすすめです。

派手な広告はしていませんが、全国に展開していて店舗数も100店舗以上。

通常価格も比較的安い料金設定で、回数が増えるごとに料金の割引率もアップします。

部位別の脱毛をするならおすすめのサロンです。

また脚、全体を脱毛するなら銀座カラーもおすすめです。

銀座カラーには足の指と甲、ひざ下、ひざ、ひざ上の全てが脱毛できる足全セットコースがあります。

金額も月額制で5,200円なので通いやすい脱毛サロンです。

<詳細はこちら>

ジェイエステティック

銀座カラー

クリニックでの足脱毛

クリニックで膝下だけを脱毛する場合の料金相場は、1回あたり17,000円~25,000円です。

多くのクリニックでは5回や6回のセット料金になっていて、安いところでは5回で4万円台というところもありますが、7万円から10万円というのがおおよその料金の相場です。

ひざ下にひざが含まれているところなどは、その分お得とも言えますね。

クリニックで足全体を脱毛する場合は、パーツ毎に契約していてはかなり高額になってしまいますので、足全体がセットになったプランのあるクリニックを選ぶと安い料金で足脱毛することができます。

5~6回のセットで9万から13万くらいが相場の料金です。

ひざ下だけの料金と大きくは違わないので、お財布事情が許すならば足全体のプランがあるクリニックを検討されることをおすすめします。

安い料金で足脱毛できるおすすめのクリニック

アリシアクリニック

アリシアクリニックのひざ下脱毛は5回セットで41,250円と、クリニックの中でも最安値圏を誇っています。

1回あたりに換算すると8,000円台前半と、1万円を切る料金です。

両ひざ上、ひざ、両ひざ下、両足の甲と指がセットになった脚脱毛セットも5回で92,900円と10万円を切っていますので、クリニックでの足脱毛を考えている人はまず検討すべきクリニックだと言えます。

<詳細はこちら>

アリシアクリニック

リゼクリニック

リゼクリニックのひざ下にはひざが含まれていて、ひざ下脱毛は5回コースで89,800円です。

ひざ上と足の甲と指がセットになった脚全体セットは5回コースで118,800円で、医療レーザー脱毛としてはリーズナブルな料金になっています。

リゼクリニックは全国に展開をしている点も魅力です。

<詳細はこちら>

リゼクリニック

料金が安いサロンやクリニックは安全?

足脱毛は範囲が広く、金額もある程度かかる部位だということは冒頭でも述べました。

それでも最近では脱毛サロンだけではなくクリニックでも脱毛の料金は安くなっていて、以前に比べると通いやすくなっています。

そして比較的安い料金での脱毛を提供しているところは、やはり大手だったり実績のあるサロンやクリニックであることが多いです。

そういったサロンやクリニックは多くの施術を行なっていて経験も豊富です。

より安全性の高い最新の脱毛機を導入できる資本力の面でも大手の方が有利です。

このようなことから、料金の安さと安全性は比較して考えるものではなく、逆に大手の方が安い料金での脱毛を提供しつつ、アフターケアまでしっかりしている場合が多いと考えることができます。

ですから料金が安いからといって安全かどうか心配するよりも、自分が通おうとしているサロンやクリニックが、脱毛におけるリスクをきちんと説明してくれるかどうか、アフターケアはどうなっているかなどをきちんと確認することの方が大切です。

背中脱毛するならクリニックとサロンを比較してから!

選択に迷う女性イメージ

背中は手が届かない場所も多く、自分で処理するのは難しい部位です。

しかし、背中の見える服を着たときにはかなり目立つ場所なので、背中脱毛を考える人も増えています。

普段自分では見えない場所だからこそ、きちんと手入れをしておきたい場所とも言えますね。

背中のムダ毛を綺麗に処理するとしたら、クリニックでの医療レーザー脱毛かサロンでの光脱毛を受けるのが最も確実でおすすめの方法です。

そしてクリニックを選ぶかサロンを選ぶかは悩ましい問題ですが、こと背中脱毛に関しては、クリニックにするかサロンにするか、よく比較をすることが大切になってきます。

背中脱毛には、毛質による効果の問題や範囲の問題など、比較検討するべきことがあるんです。

背中脱毛の注意点

クリニックとサロンでの背中脱毛の比較の前に、まず背中脱毛について知っておきたいことを注意点としてまとめます。

注意点① 脱毛の仕組みと背中のムダ毛の関係

クリニックやサロンでの脱毛は、特殊な光を照射して毛穴周辺にダメージを与えることで毛が生えてこないようにします。

クリニックでの脱毛は医療行為としての脱毛なので、毛根周辺の組織を破壊するようなパワーの強い光を照射します。

サロンの場合はそこまで強い光を照射することはできませんが、クリニック・サロンともに脱毛の仕組みとしては大まかには同じです。

そして照射される光というのは、黒や茶などの毛の色素に反応するようになっていますので、毛が細く、色素が薄い産毛には効果が出るのに時間がかかるといった特徴があります。

背中のムダ毛は産毛であることが多いので、光に反応しづらく、脱毛効果が出るまでに他の濃い毛に比べると時間がかかりやすいんです。

注意点② 背中脱毛の範囲

多くのサロンでは、背中脱毛と一言に言っても、背中上と背中下というように背中をパーツごとに分けているところがほとんどです。

そして料金はパーツ毎に設定されているので、背中全体を脱毛したい場合は背中上と背中下という2つのパーツを選ぶことになります。

一方クリニックでは、背中全体を一つのパーツとしているところも多いです。

他にも腰が背中に含まれるかどうや、サロンやクリニックによって背中脱毛の範囲は様々ですので、注意する必要があります。

注意点③ 硬毛化・増毛化のリスク

脱毛を行なう上でのリスクとして、硬毛化・増毛化があります。

詳しい原因はわかっていませんが、照射された光によって逆に毛根が活性化しているのではないかとも考えられています。

硬毛化・増毛化は、以前より太くて濃い毛が生えてきたり、毛の量が増えたりする症状で、背中など、もともと生えている毛が産毛だったところに起こりやすいそうです。

発生する確率は1%前後とも10%程度とも言われていますが、さらに照射を続けることで脱毛できるので過度に心配する必要はありません。

ただし、発生した場合の対応や保証のことは各クリニックやサロンに確認しておいた方が良いでしょう。

背中脱毛をクリニックとサロンで比較する

ここからは、クリニックとサロンで背中脱毛を行なうとしたらどんな違いがあるのか、比較していきます。

脱毛効果は毛量や毛質などで個人差があり、場合によっては人によって大きな違いが出ることがありますので、一つの目安として参考にしてみて下さい。

比較ポイント① 効果と回数の違い

クリニックで使用されるレーザー脱毛機は、照射するパワーが強く背中脱毛においても高い脱毛効果が期待できますが、太い毛に比べると産毛には効果が出にくいこともあり、照射回数は多くなる傾向にあります。

他の部位だと5、6回の照射で満足できることが多いですが、背中脱毛の場合はさらに数回照射を重ねる必要があると感じる人が多いようです。

一方サロンで使用される脱毛機は、クリニックよりも照射のパワーが弱く、効果も穏やかなので、回数と期間は当然長くかかることになります。

背中脱毛については多くの人が効果を感じ始めるのが6回程度照射をした頃からで、自己処理が不要になるまでしっかりと脱毛するには10回以上の照射が必要になる人が多いようです。

2~3年かけて15回以上の照射をしたという人もいます。

比較ポイント② 背中の脱毛範囲

クリニックとサロンでの背中脱毛の範囲の違いを比較してみます。

わかりやすいよう、大手のクリニックとサロンを例に出してみましょう。

【背中脱毛の範囲クリニック編】
リゼクリニック 背中(肩の出っ張っている左右の骨を結んだ線から腰骨まで※リゼクリニックのHPより)
アリシアクリニック 背中(腰は含まない)
湘南美容外科 背中上、背中下
【背中脱毛の範囲サロン編】
ミュゼ 背中上、背中下、腰
銀座カラー 背中上、背中下、腰
キレイモ 全身脱毛専門サロンのため部位別の施術は行なっていない

一口に背中脱毛と言っても、クリニックやサロンによって脱毛範囲の設定には違いがあります。

パーツが分かれていると自分のやりたいところだけ選べるというメリットもありますが、背中全体をやりたい場合はパーツの数が増えることになり、費用もその分多くかかってしまいます。

比較ポイント③ 費用の違い

一般に、サロン脱毛は安く医療脱毛は高いというイメージがありますが、背中脱毛に関しては回数と範囲のこともあり、一概にサロンが安いということにはならない場合があります。

例えばミュゼで背中全体を脱毛したいと考えた場合、背中上(Lパーツ)・背中下(Lパーツ)・腰(Sパーツ)と3箇所の部位を選ぶことになります。

一方リゼクリニックの場合は背中全体で1箇所です。

<詳細はこちら>

リゼクリニック

おおよそですが、サロンで背中脱毛を6回やる場合の費用は5万円前後~、クリニックの場合は7万前後~(背中が上下にパーツ分けされているクリニックだとこの倍)となります。

しかしサロンの場合は回数がさらにかかる場合も多いので、トータルではサロンの方が高くなってしまうということも十分考えられます。

ただし、サロンによってはお得なキャンペーンを実施していたり、3パーツ以上を脱毛するなら全身コースなどの方が安くなる場合もありますので、そういったプランも検討してみる価値はあるかもしれません。

クリニックでもキャンペーンや回数のセットプランなどお得なプランを実施していたりするので、そういったものを利用するともっと安く背中脱毛ができる場合があります。

比較ポイント④ 痛みの違い

脱毛は痛いのでは?と心配している人も多いかもしれません。

確かに、クリニックでの医療レーザー脱毛は痛みを伴います。

毛が太くて濃い場合はレーザーの光によく反応するため、特に強い痛みを感じることがあります。

しかし背中脱毛に関しては産毛が多いため、痛みも弱いと言われています。

痛みが原因で背中脱毛を諦めたという声はほとんど聞いたことがありませんので、あまり心配する必要はないでしょう。

しかし痛みの感じ方にも個人差があり、背中脱毛は範囲が広いため照射時間もかかります。

もしレーザー脱毛の痛みに耐えられないという人にはサロンでの脱毛の方が向いているかもしれません。

サロンでの脱毛は、光のパワーが弱いためもともと痛みが少ないこともあり、背中脱毛に関してはほとんど痛みはないと考えて差し支えないと言えます。

自分にあったクリニック・サロン選びをするために

クリニックとサロンでの背中脱毛について比較をしてきました。

どちらの方が良いかというのは簡単には決められませんが、自分にとってぴったりのクリニック・サロン選びをしたいものです。

どのクリニックやサロンでも、初回は必ずと言っていいほどカウンセリングがあります。

カウンセリングの時に、背中の状態を見てもらい、疑問点や不安点については納得いくまで質問しましょう。

そして、脱毛の前にはシェービングをしておく必要がありますが、背中は自分では処理できないので、行こうとしているサロンやクリニックでのシェービングはどうなっているのか、無料なのか別料金なのかということも確認した方が良いポイントです。

是非自分にあったクリニック・サロン選びをする時の参考にしてみて下さいね。

背中脱毛のメリットとデメリット

メリットとデメリットを比べる女性

背中のムダ毛って自分で処理するのが難しいですよね。

色々と試行錯誤したけどやっぱり無理!と挫折して、背中脱毛を考える人も多いのではないでしょうか。

背中まで美しくいられたら素敵です。

だけど、背中脱毛はやってみたいけど、何かデメリットやリスクはあるのかな?と色々と不安に思ってためらうこともあるかもしれません。

今回の記事では、背中脱毛を考え始めた方に向けて、背中脱毛のメリットとデメリットについて説明していきます。

背中脱毛のメリット

背中脱毛をしたら、基本的なことからおまけ的なことまで、いろいろメリットありますよ!

ムダ毛のない美しい背中が手に入る

背中脱毛をして、背中の毛がなくなると、つるんとした綺麗な背中を手に入れることができます。

これは背中脱毛の最大のメリットであり、多くの人にとって背中脱毛の一番の目的です。

背中の大きく開いた服やパーティードレス、そして水着など、背中のムダ毛を気にすることなく着ることができるようになります。

それに、普段の生活で襟ぐりの広い服やオフショルダーを着ても、人目を気にする必要がなくなるので、ファッションの幅も広がります。

さらに加えるなら、憧れのウエディングドレスを綺麗な背中で着たい思ったがことが、背中脱毛にトライするきっかけだったという人もとても多いようです。

また、背中のムダ毛が原因でくすんだように見えていた肌のトーンが明るくなったり、毛穴から毛がなくなることで毛穴が締まり、キメの整った綺麗な肌になる効果も期待できます。

自己処理から解放される

背中のムダ毛は自分ではなかなか処理できない場所です。

手の届く範囲は限られるし、カミソリなどは危険さえ伴います。

様々な脱毛グッズを使って工夫をして自己処理していた人も、そもそも自分での処理は無理だと諦めていた人も、背中脱毛をすることで自分で処理する面倒臭さや危険から解放されます。

これも背中脱毛の大きなメリットのひとつです。

ニキビの予防効果も

背中脱毛をして毛穴から毛がなくなると、毛穴が引き締まり汚れも溜まりにくくなるため、雑菌が繁殖しにくくなります。

これによってニキビが改善したり、ニキビができにくくなる効果が期待できます。

ただし、何度も炎症を繰り返して色素沈着を起こしているニキビに関しては、脱毛の光を当てることができない場合があります。

この後のコラムでも説明しますね。

コラム:背中のニキビと脱毛との関係

多くのサロンやクリニックでは、背中脱毛をする時にニキビができていても、広範囲に炎症を起こしていなければその部分を避けたり、シールで保護したりして施術を行なっているようです。

ただし、炎症のひどいニキビが広範囲に広がっていたり、何度も炎症を繰り返して色素沈着を起こしているニキビには、照射することができません。

クリニックのレーザー脱毛もサロンの光脱毛も、毛の色素に反応する特殊な光を使用しますので、炎症のひどいニキビや色素沈着を起こしているニキビだと光が反応してしまい、症状を悪化させたり、やけどを起こすリスクがあるからです。

脱毛によって毛穴が引き締まることでニキビが出来にくくなる効果も期待できることから、ニキビの予防効果を謳っているサロンやクリニックもあります。

しかしそれはあくまでも背中脱毛の思わぬメリットということであって、目的ではないことを認識しておいたた方が良いですね。

今は敏感肌やアトピー肌にも対応したクリニックやサロンもありますので、背中ニキビの気になる方は自分の肌の状態について相談してみましょう。

クリニックによっては、脱毛の前にまずニキビの治療を行なってくれるところもありますので、背中のニキビで悩んでいる方も背中脱毛を諦める必要はないですよ。

背中脱毛のデメリット

ちゃんと背中脱毛のデメリットについても把握しておきましょう。

背中脱毛で考えられるリスクも含めてデメリットとして考えてみます。

範囲も広く費用と時間がかかる

背中脱毛のデメリットといえば、費用と時間がかかるということがあります。

1回の施術時間で考えても、背中は範囲が広いため、照射時間は例えばワキのように数分という訳にはいきません(それでも最近の脱毛機は性能が上がり、以前に比べて照射時間が短くて済むようになってきています)。

また、背中は産毛が多く、濃くて太い毛に比べて脱毛の効果が出にくいため、照射回数が多めに必要となる傾向があります。

クリニックのレーザー脱毛もサロンの光脱毛も、毛のメラニン色素に反応する光を使用しますので、濃くて太い毛には良く反応し脱毛効果も高いのですが、産毛のような薄い毛には効果が出にくいからです。

そして、照射は毛周期に合わせてある程度期間を開けて行ないますので、照射回数が増えるということは、それだけ脱毛に通う期間も長くなるということになります。

各クリニックやサロンでは回数がセットになったお得なプランやコースなどが用意されていることもありますので、そういったものをうまく利用できると良いですね。

硬毛化・増毛化のリスクがある

硬毛化・増毛化というのは、施術をした後に逆に毛が濃くなったり増えたりする症状です。

特に産毛などの多い部位で起こる可能性が高く、クリニックでのレーザー脱毛の場合、おそよ10%の人に現れるそうです。

原因はまだ解明されていないそうですが、硬毛化・増毛化しても毛ですので、継続して照射を続けることで脱毛できるそうです。

サロンでの光脱毛よりはクリニックでのレーザー脱毛での方が起こるリスクは高いようですが、硬毛化・増毛化した場合の追加の照射を保証しているクリニックもありますので、カウンセリングの際などに確認することをおすすめします。

頻繁に起こるものではないのであまり心配し過ぎず、こういったリスクがあるということを認識しておくことが大切です。

毛囊炎ができるリスク

背中脱毛の施術後に、毛穴が白いブツブツとした炎症を起こすことがあります。

これは毛囊炎または毛包炎といい、脱毛で肌のバリア機能が弱ったところに、雑菌が入ってしまって炎症をおこしている状態とのことです。

見た目はニキビに似ているので、勘違いする人も多いとか。

皮脂の分泌の多い場所で多く見られるということで、背中も比較的起こりやすい場所のようですが、しばらくすれば自然に治ることも多く、それほど心配する必要はないようです。

ただしひどく炎症を起こしたり、痛みがある場合は施術したサロンやクリニック、または皮膚科に相談しましょう。

うなじもセットでやった方が良い

ほとんどのサロンやクリニックでは施術の範囲が部位ごとに分かれていて、背中とうなじは別の部位になっています。

背中脱毛だけやってしまうと、うなじとの境目ができてしまい、うなじの産毛が悪目立ちしてしまうといった事態になりかねません。

背中脱毛をやる時はうなじもセットで考えてみても良いかもしれません。

最後に

ここまで背中脱毛のメリットとデメリットについて考えてきました。

デメリットに関しては、背中脱毛だけに限ったことではなく、脱毛を考えた時に想定されるリスクという面が大きいです。

リスクがないとは言えませんが、きちんとリスクについても説明してくれるかどうかもサロンやクリニックを選ぶ時の判断基準になりますし、過度に心配する必要はないでしょう。

そう考えると最大のデメリットは費用と時間ということかもしれません。

だけど、自己処理の手間から解放されて綺麗な背中を手に入れることを考えると、そのメリットは計り知れません。

背中のレーザー脱毛って痛い?痛くない?

迷っている女性

背中のムダ毛を脱毛をするなら、クリニックでのレーザー脱毛の方が効果が高いという話はよく耳にしますよね。

だけどレーザー脱毛と言えば、気になるのがその痛み。

実際のところ背中のレーザー脱毛って痛いんでしょうか?それとも痛くないんでしょうか?

今回は、クリニックでのレーザー脱毛で、背中のムダ毛を脱毛する時の痛みについて、レーザー脱毛の仕組みや経験者の口コミを参考にしながら探っていきつつ、脱毛の痛みを軽減するために出来ることについても触れていきます。

レーザー脱毛の痛みにまつわるエトセトラ

レーザー脱毛をする時痛いと感じてしまう理由は、レーザー脱毛の仕組みと関係があります。

そして特に痛いとと言われる場所、そんなに痛くないと言われる場所があるんです。

レーザー脱毛の仕組みと痛みの関係

レーザー脱毛では、毛の黒い色に反応する特殊な光を肌に照射して脱毛を行ないます。

脱毛の仕組みをおおまかに説明すると以下の通りになります。

  1. レーザーの光を照射すると、毛根のメラニン色素が光を吸収し熱を発するという反応が起こる
  2. 発生した熱が、毛乳頭などの毛を作り出している組織を破壊する。
  3. 破壊された組織に生えたいた毛は、しばらくすると(1週間くらい)自然にスルッと抜け落ちる。
  4. 毛を成長させる組織が破壊されると、そこからは毛が生えなくなる。

つまり、レーザーの光に毛の黒い部分(メラニン色素)が反応し熱を発することで、毛の製造部にダメージを与えてるんですね。

この時、痛みを感じてしまうということです。

レーザー脱毛には痛みが伴ってしまうというのは、このようなレーザー脱毛の仕組みにあるんですね。

この痛みの感じ方には個人差があって、全く平気だと言う人もいれば、我慢できる痛みのレベルと言う人、脂汗が出る程痛いという人、我慢できない!二度と無理!と言う人など、さまざまです。

そしてレーザーを当てる場所や、毛の色・太さなどの毛質によっても痛みの感じ方は違ってきます。

レーザー脱毛の痛いと言われる場所は?

①VIOライン

レーザー脱毛で、最も痛いと言われているのはVIOラインです。

デリケートな部分ですが、毛質が黒くて太く、毛量も多いため強い痛みを感じてしまう人が多いんです。

ここも個人差があるのですが、Iラインの部分が一番痛いという人がいる一方で、Vの部分の方が痛みが強かったという人もいて、人によって違いはあります。

どちらにしても、歯を食いしばって耐えたとか、涙が滲んだとか、思わず声が出たなどなど、痛みに耐えて頑張った声が多数です。

ただし、エリアが狭いため、実際の照射時間は短時間で済みますし、そういった毛が太くて濃い場所は、レーザー脱毛がよく反応し、効果を実感しやすい場所なので、痛みにも耐えがいがあるってものです。

ちなみにVラインとIラインに比べると、毛質も細く量も少ないOの部分は比較的楽に感じるようです。

そして嬉しいことに、照射の回数が進むと毛がたんだん少なく細くなっていくため、痛いと感じる頻度も少なくなっていくようですよ。

②顔

意外と人気の顔脱毛も、痛いと言われることが多い場所です。

毛質としては薄くて細い産毛が多い場所なので、レーザーに反応して発生する熱による痛みは少ないとされています。

ただ、皮膚が薄く、繊細で敏感な場所でもあり、骨に近い場所は響くような痛みがあるそうです。

頬や顎のあたりは比較的痛みも少ないようですが、鼻の下や額などは人によってはすごく痛いと感じるようです。

ちなみに私の経験から言うと、鼻の下は確かに痛くてちょっと涙が滲みました。

骨というか歯に響くような痛みと言いますか。

でもレーザーを当てるのは、ほんのちょっとの時間なので耐えられました。

③脇

脇も毛質が濃くて太いため、痛みを感じやすい場所の一つです。

バチンバチンと輪ゴムではじかれるような痛みという表現をよく目にしますが、この表現は脇の脱毛の時のことをよく表しています。

ただし、痛みに我慢できずに脇の脱毛を諦めたという人の話はほとんど聞きませんので、そんなに怖がる必要はないでしょう。

黒くて太い毛は、レーザー脱毛の効果も出やすく、照射の度にスルスルと抜けていく効果を思うと、耐えられない程の痛みではないといった声が多数です。

照射時間も数分ずつで済みます。

背中は比較的痛くない場所

レーザー脱毛の仕組みや、その痛みを感じる特徴から言えば、背中はレーザー脱毛する時に比較的痛くない場所のようです。

もちろん施術範囲が広く照射時間が長くなりがちで、濃い毛が生えていたり、背骨沿いや腰の骨のあたりなどは痛いと感じる場合があるようですが、おおむね痛みを感じにくいと言ってもよいでしょう。

レーザー脱毛の痛みについての体験談や口コミを見てみても、背中のレーザー脱毛が痛くて我慢ができないといった話はほとんど見かけません。

逆に背中は痛くない、大丈夫といった声の方が多く見られます。

ただし、ここはどうしても個人差がある部分なので、一概に痛くないとは言えないです。

痛いと感じないためにできること

レーザー脱毛を受ける際に、なるべく痛いと感じないために自分でできることがあります。

そしてクリニックだからこそ、痛みを軽減するため用意されているものもあるんです。

保湿をして肌の状態を整える

保湿をして肌の状態を整えておくことは、レーザー脱毛の痛みを軽減するのに大切です。

乾燥した肌や、荒れた肌は刺激にも敏感なため、レーザーを当てた時に痛みを感じたり炎症を起こしやすくなります。

それを防ぐためにも、レーザーの照射を受ける前は、しっかりと保湿をして肌の状態を整えておくことが大切です。

不規則な生活習慣も肌の調子を悪くする可能性があるので、食事や睡眠、運動など、普段から気をつけて体調とお肌を整えておくようにしましょう。

月経中または月経前後の施術は避ける

生理中、そして生理前や生理後もホルモンバランスの関係で肌がいつもより敏感になってしまうことがあります。

レーザー脱毛を受けるときは、そういった時期をずらすようにするのも一つの方法です。

麻酔を使う

レーザー脱毛を実施するのはクリニック。

つまり医療機関です。

クリニックによっては、どうしても痛みに耐えられない場合に備えて、痛みを軽減するための麻酔クリームや麻酔テープ、笑気ガスなどの用意があります。

これらを使用することで、全く痛みがなくなる訳ではないようですが、かなり痛みを抑えることができるようです。

こういった麻酔は、VIOの施術の時に使用するという人が多いようですが、もし背中をやる時にどうしても痛い!となった場合は、麻酔を使用するという方法があるというのは覚えておいてもよいですね。

ただし、麻酔テープや麻酔クリームは施術の30分から60分前に使用しておかないと麻酔の効果が出ないようなので、事前に準備をしておく時間が必要です。

またクリニックによっては使用できる麻酔の種類が限られていたり、そもそも麻酔の用意がないところもありますので、事前に確認しましょう。

最後に

レーザー脱毛の痛みの感じ方には個人差があって、VIOの部分でさえ、チクッとする程度だったという人もいるほどです。

しかし、多くのクリニックでは、レーザー脱毛は多少は痛いものだということはカウンセリングの際などにも告げられます。

そして麻酔の用意を始め、より痛みの少ない新しい脱毛機を導入したり、施術する場所を冷却したりと、痛みを軽減するために努力も行なっています。

背中のレーザー脱毛が痛いのか痛くないのかと問えば、おそらく他の部位に比べたらそれほど痛くないと言えます。

そんなに怖がる必要はなさそうです。

是非ツルツルの背中を目指しましょう。

これはムダ毛?それとも産毛?私って背中脱毛やるべきなの?

考えごとしている女性

もともと体毛が濃くて背中の毛深さに悩んでいたという人は、脱毛を考えた時に背中脱毛のことを真っ先に思い付くかもしれませんね。

そして、そんなに悩んでいた訳ではないけれど、美意識から完全無欠のツルツルのボディを手に入れたいと考える人は、背中に生えている毛が産毛だろうが何だろうが、「生えている毛はぜーんぶムダ毛!」として背中脱毛にも積極的に取り組むのかもしれません。

だけど悩んでしまうはその境界線にいる人達(これを書いている私も含めて)ですよね。

いったい自分の背中の毛はムダ毛なのか?それとも産毛なのか?背中脱毛やるべきなのか?

今回は、自分で見ることができないからこそ、いまひとつ基準がわからない背中脱毛について考えていきます。

まずはしっかり現状把握!自分の背中の状態をチェックしよう!

自分の背中、じっくり見たことがありますか?

何と言っても、自分じゃ見ることのできない場所ですよね。

鏡を使って何とか見ようとしても、至近距離から見るのは至難の業です。

だけど、ここはまず現状を把握しないことには始まりません。

いくつか方法を提案しますので、まずは自分の背中の状態をチェックしてみましょう。

自分で写真を撮る

スマホのカメラでもデジカメでも良いので、自分の背中の写真を撮ってみましょう。

接写(距離の近いものを写す)というのは意外と難しく、背中の自撮りは難度が高いですが、フラッシュをオンにしたりオフにしたり、色んなモードで何度か試してみて下さい(iPhoneのカメラならHDRをオンにすると良いかもです)。

接写のコツについてはAEロックとか色々あるみたいなので、ネットで検索してみると良いと思います。

実際に私もトライしてみましたが、多少ブレているけどちゃんと毛を確認できるくらいの画像は撮れました(そしてかなりショックを受けました)

誰かに見てもらう

撮影が無理なら、ご家族やお友達など、信頼のおける人に見てもらってもいいかもしれませんね。

背中脱毛するかしないかの判断は自分でするしかありませんが、ひとまず遠慮なく事実を言ってくれる人に見てもらうのは参考になると思います。

パートナーでも構いませんが、「凄い濃い」とか言われたらショックなのであまりオススメできません。

誰かに写真を撮ってもらう

見てもらえる人がいる場合は、ついでに写真を撮ってもらうと良いですね。

自分で撮るよりもくっきりとした写真が撮れると思います。

範囲もできればうなじのあたりから腰までまんべんなく撮ってもらいたいですね。

あまり注文を出し過ぎると面倒臭がられるかもしれませんが、ここはしっかりお願いしましょう。

しかしやはりパートナーにお願いするのは、避けたいところですね(これは個人的な意見かもしれませんが)。

自分の背中の毛はどうでしたか?

どうでしたか?自分の背中の状態の確認はできましたか?

普段自分で確認しにくい場所だけに、新たな発見があったりしますよね。

生えている毛の具合もそうですが、ニキビや吹き出物、赤みなどの肌トラブルも合わせてチェックしましょう。

ちなみに私の場合、結構産毛が生えていて、産毛とはいえ完全にムダ毛という感じでした(泣)。

そして全体的に赤みが多く、乾燥しているように見えました。

自分の背中を確認してみて、「全然綺麗、背中脱毛なんて必要ない」と思った方は羨ましいです。

だけど、私のように「これはムダ毛だ」とわかった方、あるいはまだ判断がつかないという方はもう少し一緒に考えてみましょう。

背中脱毛について考える

背中脱毛をやった方が良いのかもしれない、あるいは背中脱毛をやるべきかどうかまだ判断がつかないとお悩みの方のために、背中脱毛について様々な観点から考えてみます。

背中脱毛をした人の背中をみる

ネットの画像でも雑誌でもテレビでも構いません。

つるんとした背中を見つけたら、じっと眺めてみましょう。

温泉番組とかもチャンスですね。

私は通っているヨガ教室の先生の背中がツルツルだということに気がつきました。

毛穴レスで本当に綺麗で驚きです。

脱毛したのかお尋ねしたところ、クリニックのレーザー脱毛で、全身完全にツルツルというお返事でした。

やっぱり!と納得です。

お友達で背中脱毛を済ませたという人がいるなら、是非見せてもらいましょう。

実際に背中脱毛を済ませた方の肌を見るのは、本当に参考になります。

背中脱毛の脱毛以外のメリット

多くのサロンやクリニックのサイトで、背中脱毛について調べたところ、ムダ毛がなくなる以外にもどうやらメリットがあるようです。

毛穴が締まり、キメが細かくなる

脱毛することで、毛穴がしまり、キメの細かいつるんとしたすべすべの肌になることが期待できるそうです。

産毛がなくなると、肌のトーンも明るくなるみたいですよ。

ちなみにヨガの先生は完全にコレでした。

もともとお美しいのかもしれませんが、40代後半なのに、毛穴レスでツルピカです。

ニキビの改善効果

背中は意外とニキビが出来やすい場所なんですよね。

だけど、背中を脱毛することで毛穴が引き締まり、汚れが溜まりにくくなるため、ニキビが出来にくくなったり、ニキビが改善する効果もあるみたいです。

サロンやクリニックのカウンセリングにいってみる

背中脱毛をやった方が良いのかどうなのか、迷って決められない時は、思い切ってサロンやクリニックのカウンセリングに行ってみるのも一つの手です。

ほとんどのサロンやクリニックでは、最初のカウンセリングは無料で行なっています。

カウンセラーの方に、自分の背中の状態を見てもらって、背中脱毛について相談してみましょう。

カウンセラーの方が親身になって考えてくれているかどうかは、実際に話してみるとわかります。

費用や回数、リスクなどの確認も忘れずにしましょう。

ちょっとでも納得が行かなかったら、話だけして帰ればいいんです。

契約の話しかしなかったり、こちらが不愉快な気持ちになるようなことを言われたら、それはそのサロンなりクリニックのお断りを入れる理由を見つけたのと同じことですよ。

実際にカウンセリングにいってみました

先日、自分の背中の写真を撮ってショックを受けた私。

とりあえずクリニックのカウンセリングに行ってきました。

私は以前そのクリニックでワキと顔の口周りの脱毛を受けたことがあるんです。

そこで今回は、背中脱毛をやった方が良いのか迷っていると相談してきました。

カウンセラーの方は、私の背中を見て、「そんなに濃い訳ではないから、絶対やった方が良いとは言いません。背中は産毛が多いので時間もかかるし、硬毛化のリスクもあります。それでももちろん背中脱毛すれば、かなり綺麗な背中になると思いますので、よく考えてからまた来て下さい。」と、とても優しかったです。

懇切丁寧という言葉がピッタリでした。

とりあえず費用のことを確認して、帰りました。

最後に

背中の産毛はムダ毛なのか、背中脱毛の基準が今ひとつわからずに、ここまで色々と考えてきました。

人の目線が気になるのはもちろんですが、大切なのは、自分自身がどうありたいかということではないでしょうか。

背中脱毛やった方が良いのかどうかは、自分が判断するしかないという、ある意味当たり前の結論です。

だけど、それが一番大切なことなのかもしれません。

他でもない自分が自分に満足するということはどういうことなのか、背中脱毛を通して考えさせられました。

ちなみに、私は背中脱毛について、現在超前のめりになって絶賛考え中です!

背中脱毛を考える皆さんの、一助になれますように。

背中脱毛の効果のほどは?

「?」の札を持つ女性

背中脱毛を考えた時に気になるのがその効果。

実は背中脱毛は、効果が出るのに時間のかかる部位のひとつなんです。

その理由はズバリ、背中は産毛の多い場所だから。

なぜ産毛の多い場所だと脱毛効果が出るのに時間がかかるのでしょうか。

今回は、背中脱毛の効果について焦点をあてながら、効果的な背中脱毛のために知っておきたいことをまとめます。

産毛だと脱毛効果が出にくい理由

一般的な脱毛の方法は、毛の黒い色に反応して熱を発する特殊な光をあてることで発生した熱により、毛根やその周りにダメージを与え、脱毛効果を得るという仕組みになっています。

※よく「脱毛は痛い」とか「熱い」と言いますが、それは熱が毛根にダメージを与えている証拠。脱毛効果を得られていると思うと少し我慢できますね。

サロンでの光脱毛もクリニックでの医療レーザー脱毛も黒い色に反応する光なので、太くて黒い毛にはよく反応し、高い脱毛効果があります。

一方で、産毛などの細くて色素の薄い毛には、反応が弱くなります。

そのため、産毛の脱毛の効果が出るまでには、太くて黒い毛に比べると照射の回数が多くなり、通う期間も長くなる傾向があります。

また光脱毛や医療レーザー脱毛の他にも、大手脱毛サロンのミュゼなどで採用されているS.S.C.脱毛や、電気脱毛といった脱毛法もありますので、それぞれの背中脱毛の効果についてみていきます。

医療レーザー脱毛での背中脱毛の効果

高出力で脱毛効果の高いとされる医療レーザー脱毛。

しかしやはり背中などの産毛に対しては、効果が出にくいという面があります。

そんな中でも、ダイオードレーザーと呼ばれるタイプの脱毛機は、日本人(黄色人種)の肌に最も適していて産毛にも効果があるとされています。

クリニックによっては数種類のレーザー脱毛機を完備し、体質や毛質に合わせて最も効果的な施術を行なっています。

黒くて太い毛に比べると効果は出にくいけれど、産毛でも効果を得られるような高度な技術を伴った施術が行なえるのが、クリニックでの医療レーザー脱毛だと言えます。

サロンでの光脱毛での背中脱毛の効果

サロンで行なわれている光脱毛(フラッシュ脱毛、IPL脱毛、ライト脱毛など呼び方はさまざまです)は、医療レーザー脱毛に比べると出力が低く、もともとの脱毛効果も医療レーザー脱毛に比べるとあまり高くありません。

サロンでの脱毛は医療機関と違って永久脱毛と謳うことはできず、抑毛や減毛、不再生脱毛といった言い方をするのはそういった理由があります。

背中などの産毛に関してはさらに効果が弱くなり、人によっては何回照射しても効果が感じられないといったこともあるようです。

S.S.C方式の背中脱毛の効果

ミュゼや脱毛ラボで採用されているS.S.C方式と呼ばれる脱毛法は、光脱毛とは脱毛の仕組みが違います。

S.S.C.方式は、専用のジェルの上から光をあてる脱毛方式で、ジェルに含まれる有効成分によって脱毛を促す方法です。

他のサロンでの光脱毛と比べると、産毛でもある程度の効果が期待できますが、そもそもの脱毛効果自体が医療レーザー脱毛に比べると劣るので、やはり照射回数を多く必要とする傾向があります。

ただ、光脱毛と違って毛根に直接ダメージを与える訳ではないため、痛みはほとんどないと言われています。

ニードル脱毛の背中脱毛の効果

電気脱毛や絶縁針脱毛と呼ばれる、最も長い歴史を持つ脱毛方法です。

毛を1本1本処理して行くため、産毛でも脱毛でき、また光脱毛や医療レーザー脱毛では処理のできないデリケートな部位や白髪も処理することができます。

ある意味最強の脱毛法ですが、痛みが強く、またかかる時間とコストは膨大です。

背中脱毛だと範囲が広いので、どれくらいの時間と費用がかかるのか、具体的に明記しているところは見当たりませんでした。

実施している医療機関も少なく、サロンの場合は大手だとTBCくらいです。

背中脱毛の効果を重視するならクリニックでの医療脱毛

もともと効果が出るまでに時間がかかりがちな背中脱毛ですが、どの脱毛方法を選ぶかによってもさらに差が出てきます。

サロンの光脱毛では、全く効果が出ないという訳ではないでしょうが、あまり期待できないと考えてよいでしょう。

S.S.C.方式による脱毛も、もともと効果が穏やかなため、背中脱毛についてはやはり回数を重ねることは覚悟した方がよいかもしれません。

背中脱毛の効果を重視するならば、クリニックでの医療レーザー脱毛が最もおすすめです。

ニードル脱毛は、効果は絶大ですが、かかる費用と手間を考えると現実的にはあまりおすすめできません。

いくらでもお金と時間はかけても良い、痛みも我慢するから確実に処理したい!という方向けですね。

<併せて読みたい記事>

料金の安い背中脱毛

背中脱毛についての具体例(リゼクリニックで背中脱毛するとしたら)

ここでは、具体例に背中脱毛をイメージするために、背中脱毛をする場合の効果やリスクなどについてリゼクリニックを例にとって見ていきます。

使用する脱毛機

リゼクリニックでは、肌質・毛質に合わせて3種類のレーザー脱毛機を使い分けることで、最大の効果を最小のリスクで引き出すようにしています。

使用されている脱毛機はダイオードレーザータイプがライトシェア・デュエットとメディオスターNeXT、ヤグレーザータイプがジェントルYAGです。

患者側から脱毛機の種類を指定することはできませんが、ドクターが一人一人の診察を行なった上で、その場所に合わせて最適なものを選択してもらえます。

背中脱毛のプラン

リゼクリニックでは、5回の照射で脱毛結果に満足し、完了する人が多いということで、コースの回数を5回に設定しています。

個人差があるので5回以上の施術が必要な場合、コース終了後は1回の料金が半額以下になる特別価格が用意されています。

また万が一硬毛化や増毛化がおきてしまった場合は、5回コース終了後も1年間無料で照射してくれるという保証があるので安心です。

*硬毛化や増毛化は産毛が多い場所でレーザー照射後にまれに起こる、太くて濃い毛が生えてくるようになる症状です。

原因は分かっていませんが、リゼクリニックでは10%程の人で現れているそうです。

硬毛化や増毛化が起こった場合でも、さらに照射することで硬毛化増毛化した毛を脱毛することができます。

<詳細はこちら>

リゼクリニック

産毛への効果について

リゼクリニックでは、ホームページ内で、背中などの産毛へのレーザー脱毛の効果や硬毛化・増毛化やその他のリスク、背中脱毛の範囲などについても詳しく解説しています。

効果の出にくい場所であることを明確に記載した上で、より満足のいく効果を得るための施術を行なっていることが伺えます。

最後に

リゼクリニックを例にとって見てみましたが、背中脱毛についてはどこのクリニックで行なうにしろ、最初のカウンセリングの時に、自分の肌質や毛質を見てもらった上でどんな施術をしてもらえるか、何回くらい照射が必要か、よく確認した方が良いでしょう。

それはサロンでの脱毛の場合でも同じです。背中脱毛をするとして、自分の場合は何回くらい照射が必要か、ずばり聞いてみても良いと思います。

サロンやクリニックの方はたくさんの症例を見ているでしょうから、おおよそのプランは提示してもらえるはずです。

ただし、やってみなければわからない部分があるのも事実でしょうから、提示されたプランより少し多く考えておくと自分の望む背中脱毛の効果が得られるのではないでしょうか。

頑張った先にはつるんとした背中が待っているはずですよ。

口コミで人気の背中脱毛

女友達の話を聞く女性

ワキや腕、足などの脱毛は身だしなみの一つとして定着しつつあり、脱毛専門のサロンやクリニックに通った、あるいは現在通っている、という人も多いですよね。

そんな脱毛経験者が次に脱毛したいと考える場所のひとつに、背中脱毛があります。

そして、専門のサロンやクリニックに行かずに自己処理で頑張っている人にとっても、背中のムダ毛に悩んでいる人の悩みは深いのです。

何故なら、背中は自己処理のハードルがめちゃくちゃ高いのに、人からは案外簡単に見られてしまう場所だから。

水着やパーティードレスは言うまでもなく、暑い季節、ちょっと襟ぐりの開いた服を着ただけで、背骨の上から2つ3つの位置くらいまでは簡単に見えてしまいます。

自分では気がつかないうちに、「あら、あの人以外と毛深いのね」とか、「背中に産毛がいっぱいね」なんて思われてるかもしれません。

背中のムダ毛の処理は、自分で上手にできないからこそ、プロにお願いしがいのある場所なんです。

というより、本気で背中のムダ毛をなくそうと思ったら、誰かにお願いしないと自分ではある意味お手上げ状態ですよね。

今回は、現在人気急上昇中の背中脱毛について、さまざまな口コミを通して迫るとともに、実際に背中脱毛をサロンやクリニックで経験した人の口コミをまとめてお届けします。

口コミからみる背中脱毛をやりたい理由

他の人達はどんなふうに背中のムダ毛に悩み、どんな理由で背中脱毛をやりたいと思ったのか、口コミを通して探ってみましょう。

体質的に悩んでいたという口コミ

  • 子供の頃からサルやゴリラというあだ名で呼ばれるほど、もともと毛深い体質だった。
  • 女子校時代、「せな毛の凄い女」と呼ばれていました。「せな毛」とは「背中の毛」のことです。人より濃いんだということは当時から気がついていました。
  • うなじから背中にかけて、産毛とは呼べない程の剛毛が生えていてものすごく目立ちます。無理して剃ったりてして、肌が荒れたこともあります。
  • 肌は色白なのですが、毛の色は産毛でもかなり黒くてとても目立つのが嫌でした。
  • 妊娠出産後、体質が変わったのか、背中に濃く太くて長い毛が生えるようになりました。

まず取り上げたのは、もともと毛深いことに悩んでいたという人の口コミです。

体質的に毛深いことを幼い頃から悩んでいたり、大人になってから体質が変わって背中のムダ毛が気になるようになった人など、色んな口コミがありますね。

おしゃれや見た目を意識したことが理由の口コミ

  • 普段は気にしていなかったけど、水着になった時に背中の細い毛が目立つことに気がつきました。
  • 来年結婚式を挙げることになり、綺麗な背中でウエディングドレスを着たいと思い脱毛を決意しました。
  • いつでも自信を持って浴衣やパーティードレスを着ることができるように、背中まで脱毛しておきたい。
  • 通っているヨガ教室で、脱毛を済ませたという人の綺麗な背中を見て、自分もやりたいと思いました。
  • 背中の開いた服や、オフショルダーの服も、背中のムダ毛を気にせず楽しんで、ファッションの幅を広げたい。
  • ワキ・腕・足の脱毛をしたらすべすべの肌になったので、背中もやりたいと思うようになった。

人目が気になるからこそ背中脱毛したいと思う訳ですが、結果的には自分に自信が持てるようになるし、自分への肯定感・満足感につながりますね。

ムダ毛のない綺麗な背中は、ドレスや水着を引き立たせてくれると同時に、ドレスや水着もまた、綺麗な背中をそしてそういう背中をした自分自身を引き立たせてくれるのではないでしょうか。

ムダ毛の悩みは十人十色。

いくつかの口コミをピックアップして見てきました。

もともと毛深いという悩みも、やりたいと思ったきっかけも、背中脱毛に興味のある人にとって、「うん、うん、わかる。」と頷けるものばかりではないでしょうか。

毛深いという悩みは、人によっては本当に深刻な問題です。

だけど、だからこそ、綺麗な背中に憧れるという高い美意識を持つことができるとも言えます。

背中脱毛経験者の口コミ

では実際に背中脱毛をやった人、現在やっている人の口コミを見てみましょう。

回数や効果なども参考になりますよ。

サロンで背中脱毛をした(している)人の口コミ

  • ミュゼで背中脱毛を受けています。施術は、痛いというより少しだけ熱いと感じる程度です。脱毛は産毛には効果が出にくいと聞いていましたが、私は毛深いせいか一度の施術でかなり効果がありました。満足する状態になるまで、通い続けます。
  • 背中のムダ毛に手こずっていたので、ミュゼさんで脱毛することにしました。背中なので時間がかかるかなと思っていましたが、6回でかなり綺麗になりました。施術の時間も、最新式のマシンのおかげで短いし、通うのも楽でした。
  • 結婚式までに背中を綺麗にしたくて、脱毛ラボの単発プランで背中脱毛をしました。合計で4回の施術を受けましたが、1回1回効果を感じることができたので良かったです。
  • 私は何故か背中の毛だけが濃くて、昔からそれが悩みでした。母や妹に手伝ってもらって処理していましたが、家族もさすがに面倒に感じているみたいでした。そこでTBCに予約をいれ、エステティシャンの方に相談に乗ってもらいました。現在数回の施術を終えたところで、効果はまだ少ないですが、少しずつ変化がみえて嬉しいです。痛みもないし、赤みが出るといったこともありません。根気よく続けたいと思っています。

ここに取り上げたのはほんの一部ですが、ミュゼの口コミが圧倒的に多いです。

やはり店舗数N0.1だけに背中脱毛で通っている人も多いんでしょうね。

脱毛ラボも、基本的には全身脱毛専門のサロンですが、部位ごとの単発コースもあるため背中脱毛だけで通うという人もいるようです。

老舗のTBCは、1本1本脱毛するスーパー脱毛と一般的なサロン脱毛であるライト脱毛という2つの脱毛法から選んだり、組み合わせたりすることできます。

<口コミに登場した脱毛サロンの詳細はこちら>

ミュゼプラチナム

脱毛ラボ

エステティックTBC

クリニックで背中脱毛をした(している)人の口コミ

  • フェミークリニックで背中脱毛に通い始めました。1回目の施術を行なってから1ケ月程たちましたが、かなり毛が少なくなってきました。施術中の痛みはほとんどなかったです。来年の夏にはツルツルになっているかと思うと嬉しいです。
  • 背中に太い毛があることを彼氏に指摘され(泣)、以前他の部位の脱毛で通ったことのあった湘南美容外科に背中脱毛で通っています。数回照射して、回を重ねるごとに毛量が減ってきていますが、まだ太い毛が出てくることがあります。毛周期の関係だと思いますので、あと数回通ってツルツルを目指します。
  • 部位ごとに施術ができて費用も比較的安かったので、クレアクリニックで背中脱毛をすることにしました。私は痛みに強い方なので、施術自体は平気でした。赤みも出ず、翌日には毛が抜け始めました。まだ1回目ですが、順調な滑り出しです。

クリニックは、サロンに比べると数が少ないためか、どこかひとつのクリニックの口コミが突出して多いということはありませんでした。

ひとつ言えるのは、1回で効果を感じている人が多いということでしょうか。

部位ごとの脱毛を実施しているクリニックが多いので、背中脱毛だけで通っているという人も多い印象でした。

<口コミに登場した脱毛クリニックの詳細はこちら>

フェミークリニック

湘南美容外科

クレアクリニック

背中脱毛にトライする人急増中

今回背中脱毛に関する口コミをまとめてみて、今、背中脱毛への注目度は高まっているように感じました。

実際に背中脱毛に取り組む人の数は確実に増えています。

背中脱毛をやろうかどうか悩んでいる人は、今回取り上げた背中脱毛についての口コミも、是非参考にしてみて下さいね。

料金の安い背中脱毛

電卓で計算する女性

背中脱毛をやりたいと思ったら、料金や効果のことなどいろいろと気になりますよね。

だけど脇や足に比べると、背中の脱毛って周囲にも受けたという人は少ないのではないでしょうか。

実際背中脱毛については、ネット上の体験談や口コミもそんなに多くはない印象です。

まだまだその効果や料金についてもあまり知られていないのかもしれません。

そこで今回は、背中脱毛の料金について、出来る限り調査し、安い料金で背中脱毛ができる脱毛サロンや脱毛クリニックについてご紹介していきます。

背中脱毛の注意点

料金の話の前に、まずは背中脱毛についての知っておきたいことや注意点について説明します。

脱毛の仕組みのおさらい

まずそもそもの脱毛の仕組みについて簡単にご説明します。

脱毛サロンで実施されている光(フラッシュ)脱毛も、クリニックで実施されている医療レーザー脱毛も、毛の黒いメラニン色素に反応する特殊な光をあてることで毛根にダメージを与え、毛が生えてこないようにする脱毛法です。

クリニックでの施術の方が、よりパワーの強力なマシンを使って、医療行為としての脱毛を行なっていますので、効果はサロンよりもずっと高いと言われています。

しかしパワーの違いはあっても、脱毛の仕組みとしてはだいたい同じです。

そしてサロン脱毛にしろ、医療レーザー脱毛にしろ、脇やVIOラインのように黒くて太い毛の方が脱毛効果が出やすく、産毛や白髪には効果が出にくいと言われています。

背中脱毛の回数と期間は他の部位より長めに考える

 
背中のムダ毛の場合、細くて色素も薄い産毛が多いですよね。

毛深い体質の方は、わりと太めの毛が生えていることもあるかもしれませんが(女性でも背中に濃い毛が生えている人は意外と多いです)、たいていはモサッとした感じの産毛がほとんどでしょう。

ですから、脇などの太い毛に比べると、脱毛の効果が出にくいんです。

もちろん全く効果が出ないという訳ではなく、効果が出るまでに他の部位に比べて照射の回数が増えてしまう場合があるということです。

照射の回数が増えるということは、終了までの期間も長くなります。

これは、背中脱毛に限らず産毛の多い場所どこにでも当てはまります。

背中脱毛の範囲

 
多くのサロンやクリニックでは、脱毛する箇所を面積の大きいLパーツと小さいSパーツに分けています。

そして、背中は体の中でも面積の大きな部位なので、「背中上」と「背中下」という2つのパーツに分けているところが多く、しかもどちらもLパーツです。

「背中下」に「腰」の部分が入っているところと、「腰」はまた別のパーツとして扱っているところもあります。

一方で、クリニックの中には、パーツ分けせず、背中全体を一つのパーツとしているところもあります。

自分が通いたいと思うところがどういった分け方をしているか、最初のカウンセリングの時に確認しましょう。

ただし、首の後ろの部分(うなじ)に関しては、どこのサロン・クリニックでも背中とは別のパーツとしているところがほとんどです。

背中脱毛の思わぬ効果

効果が出るまでに照射の回数が多めに必要で、期間も長くなりがちな背中脱毛ですが、背中ニキビが出きにくくなるという嬉しい効果もあります。

実は背中はニキビのできやすい部位。

背中脱毛をすることで、毛穴が引き締まり皮脂や汗などの汚れも溜まりにくくなるため、ニキビの改善の効果が期待できるんです。

背中脱毛の料金

さて、ここからは実際の背中脱毛の料金について見ていきます。

今回は背中脱毛への効果を考えて、設備やサービスの充実している大手のサロンやクリニックを取り上げています。

やはりそういったところの方が最新のマシンを導入していて、ノウハウもあり、さらに料金設定も安いものになっています。

そしてサイトに掲載されている料金設定がわかりやすいといということ、無理な勧誘がないということも考慮しました。

安い料金で背中脱毛ができるサロン

低価格で脱毛ができるサロンからは、ミュゼとエピレとジェイエステティックを取り上げます。

比較しやすいよう、パーツ毎の料金を1回と6回、背中全体で考えた時の6回の料金で見ていきます。

ミュゼプラチナムの場合

ミュゼの場合は、背中(上)・背中(下)がそれぞれLパーツです。Lパーツは1回6,000円。

6回コースだと18,000円。

背中全体(背中上と背中下)では6回コース36,000円です。

※6回コースは半額のキャンペーンを適用した価格です。

<詳細はこちら>

ミュゼプラチナム

エピレの場合

エピレの場合は、背中(上)・背中(下)がそれぞれLパーツです。Lパーツは1回6,000円。

6回コースだと26,400円。

背中全体(背中上と背中下)では6回52,800円です。

※エピレは回数をセットにするとまとめ買い価格で1回あたりの単価が安くなります。

<詳細はこちら>

エピレ

ジェイエステティックの場合

ジェイエステティックの場合も背中上・背中下がそれぞれLパーツです。

Lパーツは1回5,000円。6回だと27,000円です。

背中全体(背中上と背中下)では6回54,000円です。

※ジェイエステでは回数が増えると1回の単価が安くなっていく料金設定です。

<詳細はこちら>

ジェイエステティック

サロンでの背中脱毛のまとめ

低価格で脱毛できるサロン脱毛ですが、6回では背中脱毛の効果を感じ始める程度という人が多いのも事実。

満足のいく結果を求めるには、倍の12回は通うことを想定した方が良いかもしれません。

そうすると、半額キャンペーンをやっているミュゼの安さは魅力的ですね。

安い料金で背中脱毛ができるクリニック

クリニックは湘南美容外科とアリシアクリニックとリゼクリニックを取り上げます。

やはりパーツ1回毎の料金と、湘南美容外科は6回コースの料金、アリシアクリニックとリゼクリニックは5回セットの料金で見ていきます。

湘南美容外科の場合

湘南美容外科の場合は背中上・背中下がそれぞれLパーツです。

Lパーツは1回17,410円。

6回コース81,000円。

背中全体(背中上と背中下)では6回162,000円です。

※6回コースにすると1回あたりの単価は安くなります。

<詳細はこちら>

湘南美容外科

アリシアクリニックの場合

アリシアクリニックの場合は、背中は上下に分かれておらず、背中全体で5回が1セット55,000円です。

アリシアクリニックのホームページには1回毎の料金は記載されていませんが、クリニックで聞いたら教えてもらえるようですよ。

<詳細はこちら>

アリシアクリニック

リゼクリニックの場合

リゼクリニックも背中は上下に分かれていません。

背中1回26,600円、5回コースが79,800円です。

5回コース終了後も照射したい人には特別価格が用意されており、背中1回12,768円です。

<詳細はこちら>

リゼクリニック

クリニックでの背中脱毛まとめ

脱毛効果は高いけれども、費用もかかってしまうという印象のクリニックでの背中脱毛ですが、アリシアクリニックの5回55,000円は背中全体が対象ということを考えるとかなり安いですね。

しかも医療レーザー脱毛なので、5回の施術で満足のいく結果を得られる可能性があります。

リゼクリニックの5回コース79,800円も背中全体が対象で、医療レーザー脱毛だということを考えると決して高くはないと言えます。

サロンで同じくらいの満足度を求めると、10回以上は通うことになり、費用の面でも差はなくなってくるのではないでしょうか。 

最後に

今回は背中脱毛のみに絞って、安い料金ということでまとめてみましたが、背中脱毛を含めたお得なコースの設定のあるサロンやクリニックもあります。

また、ここに取り上げた以外のサロンやクリニックでも、安い料金で背中脱毛ができるところあります。

何を選ぶ基準にするかは人それぞれですが、安い料金でできるというのは重要なポイントですよね。

ただし、安い料金にばかりとらわれて脱毛効果が得られなかったりしては本末転倒です。

どこのサロン・クリニックでも無料のカウンセリングをやっていますので、料金設定を始め、気になることは尋ねるようにしましょう。

カウンセリングの時点で、そのサロンやクリニックの雰囲気ってかなりつかめると思います。

背中脱毛完了まで何回通う?回数と期間の目安

女性の背中

ムダ毛のないツルツルの背中って、綺麗で本当に素敵ですよね。

背中は普段自分ではなかなかじっくり見ることができない場所ゆえ、どういう状態なのか確認しづらいし、そもそも背中って自分一人では処理が難しい場所です。

背中脱毛をした人からは、「オフショルダーや背中の開いたドレスも堂々と着れるようになった!」とか、「苦労していた背中のムダ毛処理をしなくて済むから本当に楽!」といった羨ましい声をたくさん聞きます。

一方で、「背中脱毛を始めたけど、効果がなかなか出ない」、「効果がわかりづらくて通うのをやめてしまった」という声があるのも事実。

こういった声を聞くと、背中脱毛完了までに何回通えば良いのか、回数と期間はどれくらいなのかといったことが気になります。 

今回は、サロンやクリニックのデータや口コミも参考にしながら、背中脱毛の回数と期間の目安にについてみていきたいと思います。 

ムダ毛には脱毛効果の出やすいものと出にくいものがある

 
背中脱毛をやっても、効果がわかりづらいという声があるのには理由があります。

それは、ムダ毛には脱毛効果の出やすい毛とそうでない毛があるからです。

一体どういうことでしょうか。 

背中脱毛は効果が出にくい?

 
サロンで行なわれる光(フラッシュ)脱毛も、クリニックで行なわれる医療レーザー脱毛も、基本的な脱毛の仕組みは同じです。

特殊な光をムダ毛の黒いメラニン色素に反応させることによって毛根にダメージを与え、脱毛を促します。

クリニックでの医療レーザー脱毛の方が出力が高く脱毛効果も高いのですが、仕組みとしてはだいたい同じです。

そして黒いメラニン色素に反応するため、色素の薄い産毛では反応が弱く、脱毛効果が出にくいということがあるんです。

背中のムダ毛は細くて色も薄い産毛が多いこともあり、脱毛効果が出にくいと感じる方がいるのも仕方がないのかもしれません。 

産毛にも効果的な脱毛方法も

 
しかし、実際にクリニックで使用されている医療用のレーザー脱毛機は、ダイオードレーザーなど産毛にも効果があるものが多く、もちろんサロンでの光脱毛も産毛に全く効果が出ないという訳ではありません。

ミュゼなどで行なわれているS.S.C.方式(Smooth Skin Control方式)と呼ばれる脱毛方法は、まず肌に専用のジェルを塗って、そのジェルの上から光をあてます。

そしてジェルに含まれている成分によって脱毛を促しますので、産毛にもある程度の効果が期待できると言われています。

ただし、そういった産毛にも効果があると言われる脱毛方法でも、脇や足のような濃くて太い毛に比べるとどうしても反応は弱くなります。

そのため満足のいく脱毛効果を感じるまでには、必然的に照射回数も多くなり、期間が長くなるといった傾向があるのは事実のようです。 

<ミュゼの詳細はこちら>

ミュゼプラチナム

産毛に効果的な脱毛方法、番外編

 
エステティックTBCで行われているTBCスーパー脱毛は、美容電気脱毛と呼ばれるタイプの脱毛方法です。

これは、毛を1本1本処理していくため、毛の太さや色の濃さに関係なく脱毛効果を得ることができます。

処理した毛は、その場でなくなるそうです。

ただし、この方法で背中脱毛をやるとなると、広範囲の背中のムダ毛を1本1本処理することとなり、時間も費用もかなりかかることが予想されます。

他のサロンやクリニックと同じように、一概に何回通えば良いのかとか、回数や期間は?といった考え方で捉えることは難しいため、番外編としてお届けしました。

ちなみに、この脱毛方法を実施しているのは大手のサロンではエステティックTBCくらいです。 

<TBCの詳細はこちら>

エステティックTBC

背中脱毛完了までの回数と期間の目安

 
では、実際に背中脱毛を完了するまでに、どれくらいの回数と期間が必要なのでしょう。

いくつかのサロンとクリニックではおおよその回数などをホームページに記載しているところもあります。

そういったお店やクリニックからの情報や、口コミも参考にみていきましょう。 

サロンでの背中脱毛の回数と期間は?

 
ある大手サロンでは、個人差があるという前提の上で、脱毛効果を感じるまでに4回から6回、自己処理がほとんど必要なくなるまで8回から12回と記載してありました。

これは2~3ケ月に1度通うとして、完了するまでには大体1年半から3年かかると考えてよさそうです。

さらに産毛の箇所については、これよりも回数を必要とする場合があるとの記載もありました。 

サロンで背中脱毛した人の口コミでは

 
実際に脱毛サロンで背中脱毛をした人の口コミを見てみると、「4回で効果を感じた」、「10回じゃ全然足りなくて18回通った」、中には「5年かけて20回以上通った」など実に様々です。

やはり、もともとの毛の量によって個人差があるのでしょうし、求めるツルツル度合いによっても違うのかもしれませんね。

しかし一番多かったのは、10回前後通ったという人でした。

ある意味サロンのホームページに記載されている通りの結果ですね。

完了までの期間としては、2年から長い時には3年はかかると思っていた方が良さそうです。 

クリニックでの背中脱毛の回数と期間は?

 
クリニックでの医療レーザー脱毛は、3回目の照射で効果を感じ始め、5~6回の照射でかなり満足のいく脱毛結果を得られることが多いと言われています。

多くのクリニックで5回から6回のプランを実施しているのも、それが十分効果を得られる回数だからでしょうね(もちろんそれ以上の回数のプランもありますが)。

通うペースは、最初の数回はサロンと同じように2~3ケ月に1回ですが、回数が進むにつれて間隔をより開けるように勧めるクリニックが多いようです。

より毛が生えそろってから照射した方が効果が高いという理由からです。

ですので完了までの期間としては、1年半から2年といったところでしょうか。

そしてやはりサロン脱毛と同じように、産毛に対しては効果が出にくいので、太い毛に比べると回数を重ねる必要があると記載しているクリニックも多く見られました。

そうすると背中脱毛に関しては期間も2年くらいはみておいても良いかもしれません。 

クリニックで背中脱毛した人の口コミでは

 
クリニックで背中脱毛をした人の口コミを読んでみると、「3回で満足できた」、「4回で完了した」、「全身脱毛で2年かけて5回通って満足しているけど、背中はもう少しやりたい」、「8回通って大満足」といった声がありました。

クリニックの場合でもやはり個人差がありますね。しかしサロンに比べると回数が少ないのは明らかです。

6回前後で完了したという声が最も多く見られました。

期間は1年半から2年というのが多かったです。 

まとめ

 

さて、ここまで背中脱毛について一体何回通ったら完了するのか、サロンとクリニックそれぞれの場合の回数と期間を見てきました。

背中脱毛完了までの回数と期間をまとめてみると、サロン脱毛の場合は回数は10回前後、期間は2年から3年、クリニックでの医療レーザー脱毛の場合は回数は6回前後、期間は1年半から2年というのがだいたいの平均です。

もともとの毛深さや目指すツルツル度合いによって個人差はあるものの、おおよそ平均でこれくらいはかかるという目安にはなるかと思います。

背中脱毛に限らず、脱毛は1度で終わりではありません。

完了するまでには何回か通う必要があり、期間もある程度かかります。

脱毛したいと思ったら、なるべく早く始めるに越したことはないですよ。

背中脱毛の範囲ってどこまで?料金設定にご注意

お財布を見てびっくりする女性

背中のムダ毛が気になるという人は案外多いものです。

横断歩道の信号待ちや電車の中で、つい目の前の人のうなじを凝視してしまった経験はありませんか?

これはつまり、自分のうなじも見られている可能性がアリということですよね。

背中やうなじって普段自分では見ることができませんが、人の目には触れてしまう場所です。

襟ぐりの広い服や背中の開いたパーティードレスなどを着ると、思いの外目立ってしまいます。

水着なんて背中丸出しです!背中って面積も広いし、そして自分で処理するのはとても難しい。

背中のムダ毛は、脇や足を脱毛した人が、次に脱毛したくなる場所のひとつなんです。

だけど、なんと言っても背中は広い!体の背面ということで考えると、うなじから腰のあたりまでありますからね。

ですから背中脱毛といっても、実は範囲はさまざまです。

今回は、背中脱毛の範囲と、その料金設定について詳しく見ていきます。

背中脱毛は上下に分かれていることが多い

背中は面積が広いため、多くのサロンやクリニックでは背中をいくつかのパーツに分けています。

ここでは代表的なサロンやクリニックを例にとって見ていきましょう。

ミュゼの背中脱毛の範囲

低価格脱毛の代表格!

店舗数・売上ともにNo.1のミュゼプラチナムの場合を見ていきましょう。

ミュゼでは、腕や脚など比較的面積の大きな箇所をLパーツ、手足や襟足など比較的小さい箇所をSパーツという2つに分けています。

体の背面で考えた場合、上から、襟足がSパーツ、背中(上)・背中(下)がLパーツ、さらに腰がSパーツという分け方になっています。

なんと、襟足から腰までで4つのパーツに分かれているんです。

その他のサロンでの背中脱毛の範囲

その他のサロンでも、多少の分け方の違いはあっても、基本的には面積の大きなLパーツと小さなSパーツに分かれています。

背中脱毛については、襟足と背中上、背中下、腰といった分け方をしているところがほとんどです。

また、全身脱毛がメインのサロンでも、脱毛ラボは単発プランも扱っているので、背中上のみや背中下のみの施術も可能な一方、同じく全身脱毛専門サロンのキレイモの場合は、パーツ毎のプランはありません。

湘南美容外科の背中脱毛の範囲

全国に57院展開している湘南美容外科。

湘南美容外科でも部位の大きさに合わせてLパーツとSパーツに分かれています。

背中脱毛の範囲で考えた場合、上から、うなじがSパーツ、背中(肩甲骨より上)、背中(肩甲骨より下)がそれぞれLパーツです。

背中(肩甲骨の下)の範囲は、ちょうどウエストのくびれのあたりまでで、そこから下は臀部となります。

つまり、湘南美容外科の場合は、襟足から腰までが3つのパートに分かれています。

<詳細はこちら>

湘南美容外科

その他のクリニックでの背中脱毛の範囲

アリシアクリニックでは、えりあし、背中、腰といった分け方、フェミークリニックでもうなじ、背中(上部全体)、背中(下部全体)と、分け方に多少の違いはあっても、3つのパーツに分かれています。

リゼクリニックやドクター松井クリニックなどは、うなじと背中となっており、背中全体が「背中」というひとつのパーツとして扱われています。

首の後ろは背中には含まれない

代表的なサロンやクリニックの背中脱毛の範囲について焦点を当ててみました。

一言で「背中脱毛」と言っても、いくつかのパーツに分かれているんですね。

サロンは比較的細かくパーツ分けされていて、クリニックは分け方が大きいという印象です。

そしてサロンにしろ、クリニックにしろ、首の後ろはうなじや襟足としてひとつのパーツになっていて、背中とはくっきり分けてあります。

つまり首の後ろは背中の範囲には入っていないんですね。

すでに首の後ろの脱毛を済ませてしまった人ならともかく、背中だけ脱毛しても、うなじのところに毛の境目ができてしまうなんてことになりかねません。

背中脱毛をやりたい!と思ったら、自分の背中のムダ毛の状態を確認して、うなじを含めるのか含めないのかということをまず考えてみる必要がありそうですね。

背中脱毛の料金設定

では背中脱毛の料金設定はどうなっているのでしょう。

ほとんどのサロンやクリニックでは、パーツ毎の料金と数カ所または全身のセット料金が用意されています。

どんな料金設定になっているのか、今回も代表的なサロンやクリニックを例にとってみましょう。

ミュゼの背中脱毛の料金

ミュゼでパーツ毎の施術を受ける場合、箇所・回数を自由に選べる「フリーセレクト美容脱毛コース」になります。

このコースでは、Lパーツは1箇所1回6,000円です。

そしてSパーツの場合は1箇所2回6,000円(Sパーツ2回がLパーツ1回分、Sパーツは2回からの契約)です。

もし襟足から腰までお手入れをするとなると、単純計算でLパーツ(6,000円)×3(襟足と腰の2つをLパーツと考える)で、18,000円です。

ではセット料金はどうでしょう。

背中脱毛ができるプランとしては、「全身脱毛コースライト」、「全身脱毛コース」が用意されています。

こちらは色々な箇所を施術するため1回あたりの金額は大きくなりますが、パーツ毎に施術を行なう場合よりはお得な料金設定になっています。

例えば「全身脱毛コースライト」の背中やうなじの入ったBプランでは、1回の料金は31,500円です。

すべての部位が入った「全身脱毛コース」は1回42,000円です。

以上3つのコースでは、ミュゼがはじめてで、アプリをダウンロードした人限定のキャンペーンをやっています。

4回以上の契約が必須にはなりますが、実際の1回あたりの金額は通常価格の半額となります。

しかも「フリーセレクト美容脱毛コース」と「全身脱毛コースライト」には両ワキとVラインの美容脱毛完了コースが無料でついてきます。

ミュゼについては別のページで詳しく解説していますので、そちらも是非参考にしてみて下さい。

<詳細はこちら>

ミュゼプラチナム

湘南美容外科の料金設定

湘南美容外科ではSパーツは1回6,070円、3回コース17,410円、6回コース28,750円と、回数が増えるにつれ割安の料金設定になっています。

Lパーツの場合1回17,410円、3回コース50,220円、6回コース81,000円です。

背中脱毛が含まれるセット料金はパーフェクト全身コースのみで、1回(初回限定トライアル)59,800円、3回コース234,900円、6回コース435,370円です。

やはり医療脱毛での全身脱毛は高額ですね。

だけど、もしパーツ毎の料金で、うなじから腰までやるとします。

するとSコースのうなじとLコースの背中(肩甲骨より上)、背中(肩甲骨より下)を同時に行なうこととなり、1回あたりSコース6,070円+Lコース2箇所34,820円=40,890円です。

回数を増やせば割安になるとはいえ、結構な金額となってしまいますね。

お得な背中脱毛を探してみました

背中脱毛といっても、首のうしろと背中は別々のパーツになるため、それぞれパーツ毎に料金が設定されています。

割高にはなりますが、背中脱毛だけやりたい場合は、パーツ毎に施術する方がトータルで支払う金額は少なくて済むでしょう。

他にもやりたい部位がある人は、支払い金額は多くてもセット料金のコースの方がお得かもしれません。

自分の行こうとしているサロンやクリニックで背中脱毛する場合、どういう料金設定になっているのか、事前によく調べた方が良いでしょう。

ちなみに、私なりにお得な背中脱毛のプランを探してみたところ、アリシアクリニックの「背中+えりあし脱毛セット」を見つけました。

これは襟足・背中・腰の3箇所がセットになっていて5回で103,200円です。

1回あたりに換算すると20,640円です。それなりの金額ではありますが、効果の高い医療レーザー脱毛で襟足・背中・腰のすべての範囲の施術ができます。

とにかく背中脱毛だけやりたい!結果も求めたい!という方にはお得なプランではないでしょうか。

脇脱毛って痛いの?

自分の脇に困ってる女性イメージ

脱毛は痛いのか、痛くないのか、どっちなのか本当のところを教えて!

と言われたら、「私は痛いと感じました」と答えます。

脱毛って、特殊な機器を使って毛根にダメージを与える仕組みになっています。

もちろん毛そのものを狙って照射するわけですが、毛と肌は切り離せない関係性。

肌がノーダメージというわけにはいかないんです。

ただし痛みの感じ方には個人差があります。

同じ施術を受けたとしても「すごく痛い」と言う人もいれば「ほとんど何も感じなかった」と言う人もいるでしょう。

また脱毛部位や肌の状態によっても、痛みは変わってきます。

脇脱毛は痛い?痛くない?

部位による違い

わたし達の体には色々な毛が生えていて、毛によって太さや濃さがまったく違っているのはご存知の通り。

顔からはうぶ毛に近いような薄い毛が生えますが、Vラインからはかなりしっかりとした太い毛が生えていますよね。

レーザー脱毛や光(フラッシュ)脱毛は黒い色素に反応する性質を持っているので、太く・濃い毛により強く反応します。

脱毛効果も出やすいですが、その半面で痛みを伴うケースが多いです。

脇の毛は太い部類に入りますから、比較的痛みを感じやすい部位だと言えるでしょう。

肌質、肌色による違い

レーザーの性質上、黒っぽい肌色に強く反応します。

もともと肌の色が黒っぽい場合や日焼けをしている場合は、通常よりも痛みを感じやすくなるんですね。

た乾燥肌や敏感肌といったデリケートな肌状態では、刺激を感じやすくなります。

お肌のうるおいが足りていない人は、入念に保湿を行うようにしましょう。

毛量による違い

「わたしは他の子より毛が多いから、激痛に耐えられそうもない……」

とあきらめかけたあなた、ちょっと待ってください!

たとえ一度目の脱毛が痛くても、その痛みがずっと続くわけではありません。

脱毛回数を重ねれば毛はどんどん少なく、薄くなっていきます。

それに伴って痛みもどんどん減っていくんです。

痛いのはほんの短い間だけ……と思えば、頑張れる気がしませんか?

脱毛の種類別痛み一覧表

脱毛の痛みについては、どこでどんな施術を受けたのか?がポイントになります。

なぜなら脱毛の種類によって痛みの度合いがまったく違うから!

これをよく知らずにプラン契約して、後悔している人も多いんですよ。

今回は代表的な三つの脱毛方法について見ていきます!

光(フラッシュ)脱毛の場合

痛みレベル★★

エステサロンが採用しているのが光(フラッシュ)脱毛と呼ばれるものです。

とてもポピュラーな手法なので、脇脱毛を検討したことのある方なら耳にしたことがあるでしょう。

基本的な仕組みは、クリニックで受けられるレーザー脱毛と同じ。

ただエステでは、医療レーザーほど強力な脱毛機器を使用することは認められていません。

フラッシュ脱毛は照射エネルギーがマイルドな分、肌に優しいという特長があります。

脱毛効果が表れるのもゆっくりですが、その分痛みが少なくて済むんですね。

光(フラッシュ)脱毛の場合は、まったく痛みを感じなかった!という口コミもあるくらいなんですよ。

通う期間が長くなっても構わない、とにかく痛みの少ない脱毛がしたい!という人には、光(フラッシュ)脱毛をおすすめします。

<併せて読みたい記事>

痛みが少ないVIOの光脱毛サロンならここ!

レーザー脱毛の場合

痛みレベル★★★

医療レーザー脱毛はクリニックでのみ受けられます。

フラッシュ脱毛に比べて照射パワーが強く、より効率的に脱毛が可能になるのが特長です。

ただしパワーが強い分、肌に与える刺激も大きくなるのがデメリット。

よく「輪ゴムをはじいたような痛み」と例えられますが、それを痛いと感じるかどうかは人それぞれですよね。

一撃なら耐えられても、ビシッビシッと何度も当てられればちょっとつらくなってくることも……。

ただ一度の脱毛でかなり脱毛効果が期待できるので、痛みの軽減が早く感じられるとも言えます。

ニードル(針)脱毛の場合

痛みレベル★★★★★

ニードル脱毛は肌に針を刺して、毛根に直接電気を流す手法です。

現代ではフラッシュ脱毛を使うサロンがほとんどですが、ひと昔前はニードル脱毛が一般的でした。

ニードル脱毛のメリットは、レーザーやフラッシュの当てにくい、狭い部位の脱毛にも対応できる点や、施術が終わった瞬間から毛が生えてこなくなる点ですね。

しかし毛を一本ずつ処理していくため、とんでもなく時間がかかります。

さらに本数や時間によって料金設定されていることがほとんどなので、脇を全部処理しようとするとなかなかのお値段に……。

そしてなんといってもニードル脱毛、すごく痛いんです!!

肌に針を刺して、そこから電気を流すわけですから、想像しただけで痛いですよね。

担当するスタッフの技量によっても、かなりバラつきが出るようです。

筆者は昔、一度だけニードル脱毛を体験したことがあります。

正直言って、あんなにもつらい15分間は生まれて初めてでした。

今はもう少し改善しているかもしれませんが、脇脱毛の場合はあえてニードルを選ぶ必要はないと思います。

脱毛時の痛みを軽減するには

脱毛方法によって、かなり痛みの度合いが変わってくるんですね。

できるだけ痛くない方法でと考えるなら、ニードル脱毛は真っ先に除外しましょう。

レーザーにしろフラッシュにしろ、技術の進歩により痛みを感じにくい機器がどんどん増えているので、それほど心配はいりません。

それでも「痛かったら?」と不安な方のために、脱毛時の痛みを軽減するための対策をご紹介しますので、参考にしてみてください!

出力を下げる

どうしても痛みが強く耐えられない場合は、照射出力を下げてもらうことができます。

パワーを落とすのでその分脱毛効果も落ちてしまいますが、痛い思いをし続けるよりはマシでしょう。

冷やす

脱毛直後の肌は軽いヤケドを起こしているのと同じ状態ですから、冷やすことで痛みの軽減に役立ちます。

エステサロンの場合はほとんどが冷却ジェルなどを使って肌を冷やしてくれますが、クリニックではそこまでのケアを望めないこともあります。

「痛い!」と感じたら無理をせず、声を上げましょう。

痛いことが伝われば、それなりの対応をしてもらえるはずですよ。

麻酔をする

クリニックのレーザー脱毛に限りますが、痛みが強い場合は追加料金を払って麻酔を使用できます。

リゼクリニックによると約4割の人が脱毛時に麻酔を使用するとのことですが、大半は顔脱毛の場合です。

脇脱毛のみで麻酔を使用する人は少ないのかもしれませんね。

日焼けをしない

レーザーやフラッシュは黒い色素に反応するので、日焼けによって肌が黒くなっていると強く反応し、痛みが増します。

過度の日焼けをすると脱毛自体を断られることもあるため、脱毛中は日焼けをしないようにしましょう。

生理前後や体調の悪い日は避ける

生理中やその前後は、自分が思っている以上に肌がデリケートな状態になっています。

普段なら感じない痛みを感じやすくなるため、できるだけ生理日前後の施術は避けましょう。

またその日の体調によっても痛みの感じ方は違ってくるので、体調と相談しながら無理のない範囲で進めましょう。

おわりに

脇脱毛は痛い!けれど、どこでどんな脱毛をするかによって、その痛み度合いは大きく変わってきます。

絶対に痛いのは無理!という方はエステサロンの光(フラッシュ)脱毛を。

多少の痛みなら我慢して、早く結果を出したい方は医療レーザー脱毛を、それぞれおすすめします。

できるだけ痛みを和らげる方法もご紹介しましたので、脱毛の痛みがつらい!と悩んでいる方はぜひ実践してみてくださいね。

ワキ脱毛するとわきが・脇汗が改善されるって本当?

わきが臭う女性イメージ

まずは「ワキ脱毛するとわきがが治るの?」という点について、結論をズバリ申しましょう。

ワキ脱毛によって、においが改善することはあり得ます!

脱毛でワキのにおいが改善する可能性はあり!

どういうことなのか、説明しますね。

ワキは体全体の中でも特に汗をかきやすい部位なので、通気性が悪く湿気がこもりがちになります。

ワキの毛と汗・皮脂が混ざることによって雑菌が繁殖し、嫌なにおいを発するようになるんですね。

そこで脱毛です。

脱毛すると、ワキのムダな毛がキレイにすっきりなくなります。

するとどうなるでしょうか?

今まで毛の存在によってムレやすかったワキの環境は一変します。

かなり通気性が良くなりますし、雑菌の繁殖も抑えられますよね。

そのため、脱毛がワキの匂いの改善につながるとされています。

わきがは改善する!?クリニックの見解は?

脱毛によってワキの匂いが改善できる、というのは女性にとって嬉しい情報ですね!

でも、「においの改善=わきがの改善」とは限らないんです。

ここは注意するポイントですよ。

「脱毛によってワキのにおいが和らぐのはわかった。じゃあわきがは改善するの?」

次からは、その件について詳しく見ていきましょう。

そもそも、わきがとは?

わきがって、単にワキがにおう……というだけではないんです。

もっと細かなメカニズムが隠されており、「不潔にしているからにおう」という単純な問題ではありません。

わたし達は暑ければ汗をかきます。

汗は体にある汗腺から分泌されていますが、じつはこの汗腺には大きく分けて二種類が存在します。

これをエクリン腺とアポクリン腺といいます。

エクリン腺はてのひらや足の裏を中心に全身に存在し、透明でサラサラとした汗を出します。

放っておくと「汗臭い」においがしますが、分泌直後はほとんどにおいません。

対して、わきがと深く関わりを持つのは、アポクリン腺から分泌される汗です。

ワキの下、乳首、陰部付近など特定の部位にしか存在せず、どのくらいの量あるのかは、個人によってかなり差があります。

遺伝による影響が強く、親がわきがだと子どももわきがになる確率が高いのが特長です。

アポクリン腺から分泌される汗はやや粘り気があるため雑菌が繁殖しやすく、独特のにおいがあります。

これこそがわきがの正体です。

このように、わきがというのはあくまでも体の中にある汗腺の影響を受けるものです。

決して不潔にしているから、におうわけではありません。

では、アポクリン腺と脱毛にどんな関係があるんだろう?ということを見ていきましょう。

クリニックの見解その一、脱毛とわきがに関連なし

リゼクリニックでは、脱毛とわきがには一切関連がないとしています。

レーザー脱毛の仕組みとして、「黒い色素に反応する」というものがあります。

毛の持つ黒い色素に向かってエネルギーを照射するんですね。

しかしエクリン腺もアポクリン腺も黒い色素を持ちません。

ですから、レーザーが汗腺に影響を及ぼすことはなく、わきがの症状に変化が出ることもないというのです。

リゼでは「脱毛はわきが治療にならない」としながらも、ワキのにおいが軽減することに役立つと言っています。

脱毛によってワキの下が清潔に保たれ、そのおかげでにおいが改善することが期待できるんですね。

クリニックの見解その二、脱毛によってわきがが改善するかも

一方、渋谷区のビューティースキンクリニックではまた違った見解を述べています。

「レーザー脱毛は汗腺に影響することもありえる」

リゼとはまったく逆の意見ともいえますが、どういうことでしょうか?

わきがの原因となるアポクリン腺は毛穴とつながっているのだそう。

レーザー脱毛の際に毛根にダメージを与えますが、つながっているアポクリン腺に影響する可能性がゼロとは言い切れない、とのことなんですね。

これはわきがに悩む人にとって、光明とも呼べる見解ですね!

いずれにしても、脱毛とわきがの関係性については医学的にもはっきりとしたことがわかっていない段階のようです。

ただ、においの改善については一定の効果が見込めそう。

ワキのにおいが気になっている方は、脱毛を検討してみると思わぬ嬉しい効果があるかもしれませんよ。

わきが対策、どうしたらいい?

わきがの原因は遺伝によるものが多く、脱毛によるアポクリン腺への影響も詳しくはわかっていません。

「じゃああきらめないといけないの……?」

いえいえ、そうとは限りません。

たしかにアポクリン腺の数を自力で減らすことはできませんが、そのにおいの大きな原因の一つがムレによる雑菌の繁殖。

そのため、ワキを常に清潔に保ち、通気性を良くすることでにおいの軽減をはかることも可能なのです。

雑菌の温床とも呼べるムダ毛はこまめに処理をして、極力生やさないようにしておきましょう。

自己処理は面倒だし、肌も傷つけるからイヤって人は、脱毛を検討してみてくださいね。

そのうえで、なるべく汗はこまめに拭き取り、汗を抑えるデオドラントをうまく活用しましょう。

実際にワキのにおいにお悩みの方の口コミでは、スプレータイプよりも塗るタイプがおすすめだとのことですよ。

ワキ脱毛をすると脇汗はどうなる?

ワキ脱毛をしたら、脇汗が増えた!という声が多数上がっていますが、これについてはどうなのでしょうか?

クリニックの見解は「関連なし」

「レーザーは汗腺に影響を及ぼさない」としているリゼクリニックでは、当然脱毛と脇汗との関連性を否定しています。

汗腺に影響がないのですから、汗の量が増えることも減ることもないということですよね。

ただし、毛がなくなったことによって汗が流れやすくなり、汗をかいたと感じやすくなることはあるようです。

もともと毛は汗や皮脂、汚れなどが敏感な器官に入り込まないようにブロックする役割を果たしています。

そのストッパーがなくなれば、汗を感じやすくなるのも当然のことなんですね。

また、ビューティースキンクリニックでも脱毛によって脇汗が増えることはほとんどないと回答していますよ。

「におっていないかな?」と気にしすぎてしまうことによって、かえって汗をかきやすくなることもあります。

だから、気にしすぎないようにするのが一番です。

そうは言っても、そう簡単に気持を切り替えられたら苦労しないですよね?

そんなあなたは、気づいたときにサッと対応できる制汗グッズを常に携帯しておきましょう。

心のお守り的な存在にもなってくれるので、精神的な緊張が軽減できるハズです。

服がにおっているのかも?

また、意外なところで服自体がにおっているということもあります。

毎日洗濯してキレイになっていると思っても、実は洗剤で落としきれない皮脂汚れが染み付いている場合も多いんです。

いくら洗っても、なんだか服が生乾き臭い……そんな経験ありませんか?

それを着用することによって体温で温まり、ますますにおいが増してしまうという悪循環に陥ってしまいます。

こういった染み付いた生乾き臭には、煮洗いが有効です。

ふきんのニオイが取れない場合にお母さんがよくやっている、アレですね。

臭くなってしまった服、どうせ着れないのであれば思いきって煮洗いしてみても良いかもしれません!

おわりに

ワキ脱毛するとわきがが改善するのかどうなのか?

については、医学的にははっきりしたことが言えない状況にあります。

実際、レーザー脱毛を行っているクリニックの間でも意見が分かれていましたね。

ただ、ワキの通気性が良くなり清潔になることで、においが改善する可能性は十分にありますよ。

ワキのにおいにお悩みの方は、一度脱毛を試してみてはいかがでしょうか?

「ワキがくさいから申し訳ない……」なんて遠慮する必要はありません。

クリニックにしろサロンにしろ、担当者はこれまでに大勢のワキを見てきていますからね。

なにより「キレイになりたい」「悩みをなくしたい」という思いを抱えてきた人に全力で応えたい!という気持ちで臨んでくれるはずです。

「脱毛後、脇汗が増えた」と感じる場合は、毛がなくなって汗が流れやすくなったということ、過剰にワキに意識が向いてしまい、緊張から汗をかいているケースが考えられます。

深く考えすぎず、ドーンと構えていれば気にならなくなるはずですよ。

ワキ脱毛にかかる総額費用

お財布を持っている女性2

ワキ脱毛を始めてみようかな?と考える女性がまず検討するのは、脱毛サロンではないでしょうか?

人気モデルやタレントをCMに起用していたりと、認知度が高く通いやすいイメージがありますよね。

脱毛サロンの中でも、特によく知られている大手サロンごとにワキ脱毛にかかる費用を比べてみました!

ワキ脱毛にかかる費用はどのくらい?エステサロン編

ミュゼプラチナム

ワキ脱毛といえばミュゼプラチナム!というくらい、知っている人の多い脱毛専門のエステサロンです。

ミュゼでは常にお得なキャンペーンを行っており、特に初めてミュゼを利用する人は破格の値段で脱毛を受けることができます。

2017年4月現在、ワキ脱毛にかかる費用はこのようになっていますよ。

  • ミュゼがはじめての方限定で、4箇所セット・・・300円(両ワキ、Vラインは通い放題)
  • 両ワキ、Vライン通い放題コース・・・2,400円

つまり、これまでにミュゼを利用したことのない方であれば300円で両ワキと、おまけにVラインの脱毛までできちゃいます!

限定コースが利用できない方の場合でも、2,400円で通い放題です。

脱毛が完了するまでの期間には個人差があるので、回数制限が設けられていないミュゼはとっても安心ですね。

<詳細はこちら>

ミュゼプラチナム

ジェイエステティック

脱毛だけでなく、トータルエステを手がけるジェイエステも人気が高いエステサロンです。

38年もの歴史があるので、安心してお任せできるエステティシャンが多く揃っていますよ。

ジェイエステでもミュゼと同様に、定期的にキャンペーンを実施しています。

ワキ脱毛に関するキャンペーンも多いので、検討している方はぜひチェックしてみてくださいね。

2017年4月現在、ワキ脱毛にかかる費用はこのようになっています。

  • ジェイエステがはじめての方限定で、両ワキ・Vライン12回セット・・・300円
  • 再契約の場合、両ワキ12回セット・・・700円

このように、かなりリーズナブルな価格でワキ脱毛ができちゃいます。

ワキの脱毛が完了するまでには、サロン脱毛の場合は平均して10回~12回程度の施術が必要だとされています。

12回セットならほとんどの人が、自己処理の必要ないレベルにまで毛量が減りますよ。

でも中には「ほかの子より毛が濃いから心配……」という人もいるでしょう。そんな方でも安心なんです。

この両ワキ12回コースには、5年間の無料アフターケアがもれなくついてきます。

12回を終えて、脱毛効果に満足できない場合はさらに5年間、無料で施術を受けられるという太っ腹なサービス!これなら安心してワキ脱毛に通えますね。

<詳細はこちら>

ジェイエステティック

エピレ

エピレはTBCグループの脱毛エステサロンです。

TBCエステはやや高級なトータルエステサロンというイメージをお持ちの方が多いかと思いますが、「もっと通いやすいサロンがほしい」というお客様の意見をもとに作られたのがこちらのエピレです。

そのためTBCエステに比べると、かなりリーズナブルな料金設定になっています。

2017年4月現在、ワキ脱毛にかかる費用はこのようになっています。

  • エピレ・TBCがはじめての方限定で、両ワキ6回セット・・・250円
  • エピレ・TBCがはじめての方限定で、両ワキ・Vライン6回セット・・・700円
  • 両ワキ(Sパーツ)12回セット・・・26,400円

エピレの場合、はじめての方限定プランを利用すればかなりお得にワキ脱毛ができますね。

ただワキ脱毛専用のプランは他にありません。

ワキはSパーツという狭い範囲になるので、その12回のまとめ買い価格が26,400円になります。

決して高額ではないのですが、ミュゼやジェイエステが安すぎるので、比べると高く見えてしまいますね。

<詳細はこちら>

エピレ

ワキ脱毛にかかる費用はどのくらい?クリニック編

「しっかりワキ脱毛したいなら、エステサロンよりクリニックがいいよ!」

なんて言われて、クリニックでの脱毛を検討している方もいるでしょう。

でもサロンと比べて、さらに費用がかかっっちゃうんじゃないの?という不安が拭えませんよね。

そんな気になる脱毛クリニックの費用もチェックしましょう!

アリシアクリニック

脱毛のできるクリニックの中でも特に人気の高いアリシアクリニック。

魅力はやっぱり、クリニックにはめずらしい「脱毛し放題」プランがあることでしょう。

サロンに比べるとどうしても、一回あたりの単価が高くなってしまうクリニック脱毛。

ですが脱毛し放題プランのおかげで「追加料金がかかってしまうかも……」という心配がありません。これは嬉しいですよね!

2017年4月現在、ワキ脱毛にかかる費用はこのようになっています。

  • 両ワキ8回・・・19,800円
  • 両ワキ脱毛し放題・・・26,400円

クリニックの医療レーザーはサロンで使われる光脱毛よりも照射パワーが強力なため、完了までの回数は6~8回程度だと言われています。

ですので8回で十分だとする考え方もアリですし、完了までの期間には個人差があるので、保険として最初から通い放題コースを契約する方もいます。

いずれにしても、施術前のカウンセリングでよく相談して決めることをおすすめしますよ。

<詳細はこちら>

アリシアクリニック

クレアクリニック

クレアクリニックは新宿と渋谷でしか展開していません。

そのため通える方はかなり限定されてしまいます。

ですが予約の取りやすさや、アーユルヴェーダを使った美肌サービスなど「また行きたい!」と思わせてくれるポイントがぎっしり詰まったクリニックなんです。

2017年4月現在、ワキ脱毛にかかる費用はこのようになっています。

・両ワキ8回・・・24,300円

これ以外にも1回、3回、5回、6回と細かく料金設定されているのが特徴です。

「一から脱毛を始めるわけじゃないから、少しだけできればいい」という方でも気軽に通えますよ。

<詳細はこちら>

クレアクリニック

リゼクリニック

通いやすい脱毛クリニックといえば関東圏に多いなか、リゼクリニックは全国展開しており、地方在住の女性の星とも呼べる位置付けです。

2017年4月には青森といわきに2院開院し、全国に17院になります。

それだけ患者さんからのニーズが高いということが伺えますね。

リゼでは「今月のおすすめプラン」として、定期的にキャンペーンを行っています。

エステサロンでこそおなじみのキャンペーンですが、クリニックで採用しているところは珍しいですよね。

こんなところにも、「通いやすさ」のポイントが隠れているように思えます。

2017年4月現在、ワキ脱毛にかかる費用はこのようになっています。

・両ワキ5回コース・・・19,800円

5回で足りないという場合は追加することになりますが、コース終了後は割引価格の2,160円が適用されます。

リゼの公式サイトによると、5回の照射でほとんどの方が満足できるレベルまで脱毛できるということですよ。

<詳細はこちら>

リゼクリニック

まとめ

エステサロンごと、クリニックごとのワキ脱毛にかかる費用を比べてみました。まとめてみますね。

エステサロンの場合は、

  • ミュゼ・・・2,400円程度(通い放題)
  • ジェイエステ・・・700円程度(12回+5年間無料)
  • エピレ・・・26,400円程度(12回)

クリニックの場合は、

  • アリシアクリニック・・・19,800円(8回)
  • クレアクリニック・・・24,300円(8回)
  • リゼクリニック・・・21,960円(5回コース+1回)

契約する料金コースによって変わってきますが、ひとまずはこのような結果になりました!

金額だけ見ればクリニックが高くなりますが、通う回数や予約の取りやすさなど条件は異なりますので、一概にどちらが良い!とは言えません。

ご自身によって一番良い方法はなにか、じっくりと検討してみてくださいね!

脇脱毛のメリットとデメリット

自分の脇に困ってる女性

脱毛について詳しくなればなるほど、「脇脱毛しない人なんて、もういないんじゃないの?」と思うほど一般的なケアの一つになっているように感じます。

実際、筆者自身も脇脱毛経験者ですしね。(施術を受けたのは、もうかなり前ですが)

でもふと周りを見回してみると、意外とエステやクリニックでの脇脱毛経験のある人って少なかったりします。

ということは、みんな今でも大変な思いをして自己処理を続けているってことなんでしょうね。

夏なんかの露出が増える季節は特に、脇処理には常に気をつかいます。

腕や脚の剃り残しはギリギリ許されても、脇だけは絶対にNG! と思いませんか?

あのプレッシャーに押しつぶされそうな日々、大変でした……。

そんな大変な思いをしてまで、みんなどうして頑なに脇脱毛デビューしないんだろう? 

と思って調べてみると、どうやら脇脱毛にまつわる色々な「悪いイメージ」が関係しているようなんです。

というわけで今回は、脇脱毛のメリットとデメリットについてお伝えしていきます!

脇脱毛のデメリット

まず、デメリットから見ていきましょうか。

どうしてみんな、脇脱毛に踏み切れないんだろう?と疑問に思ったので徹底的に調査してみると、こんな問題が見えてきましたよ。

お金がかかる

まずはやっぱりお金、費用がかかるってことですね。

脇の自己処理の場合はカミソリや毛抜きを使う人が多いですが、どちらもドラッグストアやコンビニで手軽に購入できます。

値段にすると、数百円。

ちょっと良いカミソリを買っても、せいぜい千円から少し足が出る程度です。

それに比べて、エステやクリニックで脱毛をするとウン万円がいっぺんに吹っ飛んじゃう!

それなら自己処理続ければいいや……

と考えている人が多いようです。

けど実際のところ、いま脇脱毛ってすごく安くなっているんですよね。

エステだと特にその傾向が顕著で、はじめての人はワンコインで脇脱毛できちゃったり! なんてところもあります。

クリニックにすると少し高くなりますが、それでもずっとカミソリで処理し続けることを思えば、検討してみる価値は十分にありますよ。

脇脱毛の施術で痛みを感じる

「痛みに耐えられる気がしない……」という声もよく聞きます。

これも完全にイメージが先行してしまってるパターンですね。

脇脱毛には施術方法がいくつかありますが、エステで主流になっている光脱毛ならほとんど痛みを感じないレベルだと言われています。

クリニックで受けるレーザーだと、人によっては痛みを感じることもありますが、技術の進歩によってかなり痛みを和らげる機器も登場しているんです。

だから痛みについても、それほど心配しなくて大丈夫なんですよ!

そもそもそんなに痛かったら、これほどたくさんの女性に受け入れられているはずがありませんよね。

ワキ汗かきやすくなったと感じる

まれに「脱毛後、汗かきになった」という口コミを見かけますが、あれは厳密には違います。

脱毛によって汗をかきやすくなることはないと、エステやクリニックでもきちんと説明されているんです。

ただし毛がなくなることで、汗をかきやすくなったと感じやすくなる可能性はあります。

それまでは毛が汗を吸収してくれていたのが、ツルツルの脇になったことでそのまま流れ落ちてしまうわけですからね。

もともと汗をかきやすい体質の人にとっては、困るポイントと言えるかもしれません。

ただ、脇脱毛していなくても夏場に脇毛を生やしっぱなしという女性は少ないでしょうけどね。

皮膚を守るものがなくなり乾燥肌になる

本来、毛は肌や器官を守るための役割を持っていますので、それがなくなることによって外的な刺激を受けやすくなることは考えられます。

特に脱毛直後の場合は、強いエネルギーを肌に当てるので乾燥しがちです。

ちゃんとしたケアをせずに放っておくと、乾燥肌になったり、色素沈着が起こったりと肌トラブルを起こす危険性があります。

このようなことを防ぐために大切なのは、保湿です。脱毛後のお肌は非常にデリケートな状態なので、たっぷりと水分を補給してあげるのを忘れずに。

<併せて読みたい記事>

光脱毛の仕組みとメリットとデメリット

脇脱毛のメリット

一通りのデメリットを見たところで、お次は脇脱毛のメリットについて見ていきましょう!

肌がなめらかに、キレイになる

カミソリでも毛抜きでもそうですが、自己処理って肌にとても大きな負担をかけてしまいます。

筆者も脇脱毛をする前はカミソリや毛抜きで定期的に処理をしていましたが、続けていくうちに肌はすっかりボロボロに。

ブツブツと鳥肌のようになってしまったり、埋没毛が黒っぽく見えてしまったりと散々な状態でした。

脇脱毛をすることによって、自己処理で肌を痛めることがなくなります。

すると肌は自然にもとの健康な状態を取り戻していくので、どんどんキレイな状態になるんです。

肌に負荷をかけた期間が長いほど、もとに戻るのも時間がかかります。

脇脱毛を決意するなら、早い方が絶対におすすめです。

脇毛の心配をしなくて済むようになる

どんなにキレイに剃ったり抜いたりしても、またしばらくすると毛が生えてきますよね。

あれをいちいち気にするのって、すごくストレスになりませんか?

脇脱毛をすれば、ほとんど自己処理が必要ないレベルにまで毛の量が減ります。

そうすると、「脇の毛、だいじょうぶかな?」と気にする必要がなくなるんです。

ムダ毛に悩まされなくなるって、すごくストレスフリーで快適ですよ!

自信が持てるようになる

「もしかしたら、ちょっと毛が伸びてきてるかも……」

そう思うと、オシャレもレジャーも思いっきり楽しめませんよね。

見られたくないから隠そうとして、体と一緒に心まで縮こまってしまいます。

脇脱毛後のお肌ならいつだってツルツルをキープできるから、そんなふうに不安になることもありません。

だから自分に自信が持てるようになるんです。

自己処理の手間がなくなる

キレイになることも大事だけど、現実問題「手間が減る」これがとても大きいメリットです!

自己処理って永遠に続きます。

脇毛が許されないのは、10代・20代の若い世代だけじゃありません

40代や50代、もっと上の世代になっても、脇の毛を生やしっぱなしというわけにはいかないです。

それだけの長い期間、ずっと自己処理を続けるのかと思うと、気が遠くなりそうになりませんか? 

面倒を一つなくしたいという理由だけでも、脇脱毛をおすすめしたいです。

おわりに

脇脱毛についてメリットとデメリットをまとめてお伝えしましたが、気になるポイントは解消できましたか?

脇脱毛をおすすめしたいのは、

  • 自己処理のし過ぎて荒れてしまった肌をキレイにしたい
  • いちいちムダ毛の心配をしたくない
  • もっと自分に自信を持ちたい
  • 自己処理の手間を減らして、ラクになりたい

こういう人です!

どれか一つでも当てはまるなら、脇脱毛にチャレンジしてみると良いと思いますよ。

一方、脇脱毛にはデメリットも存在します。

特殊な施術を行うわけですし、ヤケドなどのトラブルの危険性がゼロとも言い切れません。

必要なのは、自分に合った方法やエステ・クリニックを見極めること。

アフターケアまできちんとしてくれる大手なら安心感が違いますから、一度相談に行ってみてはいかがでしょうか?

ワキ脱毛って効果あるの?本当に生えなくなる?

脇を見てビックリする女性

ムダ毛の処理について、身近にじっくり話し合える友達はいますか?

エステやクリニックでの脱毛が一般的になったとは言え、まわりに脱毛経験者がいないと「ネットの口コミなんて、嘘なんじゃないの?」と疑いの眼差しを向けてしまうのも仕方のないことです。

中には、女性同士であっても、ムダ毛については話しにくい……という人もいるかもしれません。

エステ脱毛というと勧誘が激しい・余計な商品まで買わされるなど良くないイメージも強いですから、身近に脱毛経験者がいないと近寄りにくいと感じてしまいますよね。

本来なら、脱毛のことは脱毛サロンに聞くのが一番。

しかし一度足を踏み入れたら最後、契約するまで帰してもらえないかも……なんて恐怖心があると、電話するのさえ怖くなってしまいます。

ということで、ワキ脱毛に興味があるけど、本当のところはどうなの?と悩んでいる女性に向けて、ワキ脱毛の効果についてご紹介します。

自己処理を卒業したい! というそこのアナタ。じっくり読んでいってくださいね!

まずは結論!ワキ脱毛はしておくべき!

さくっと結論からいきましょう。

筆者はワキ脱毛経験者ですが、「ワキ脱毛はしておいて損はない!」と自信を持っておすすめしたいと思います。

脱毛って高い?

まずは気になる値段について。

ワキ脱毛は今、エステ・クリニックを問わずどこでも、かなりリーズナブルな価格で施術を受けることができるんです。

本契約前のお試しプランなどを行っているところもあります。

はじめての利用ならワンコインで利用できたり、他の脱毛プランを申し込めばワキは無料でついてくるなんてものまであるんですよ。

これだけ手軽な料金でワキ脱毛ができるようになったというのに、いまだに自己処理を続けているという人は本当にもったいないです!

勧誘がひどいって噂が気になる

エステの強引な勧誘についてはどうでしょう。

筆者がエステ通いをしていたのは数年前のことですが、たしかに当時はかなり強引な勧誘が多かったです。

断っても断っても「キレイになりたくないのですか?」「これくらいなら自分に投資できるのでは?」などと、かなり強く契約をすすめられました。

しかしここ数年、勧誘無しを謳うエステが増えてきました。

これに伴って、それまで強引な勧誘を行っていたエステも経営体質を見直し、お客の望まない商品を強くすすめることはしなくなってきたようです。

インターネット上でおすすめされることの多い大手エステサロンやクリニックでは、ほぼ不快な勧誘はないと見て良いのではないでしょうか。

今はなんでもSNSで拡散されてしまう時代ですから、お客が嫌な思いをすればすぐに広まってしまいます。

だからこそ、ユーザー目線に立ったサービスが重要視されているんです。

というわけで、お金と勧誘についてはあまり心配しなくても大丈夫!

では、次に気になるのが「効果」について。実際のところ、ココが一番大事ですよね。

ワキ脱毛をすると、本当に生えてこなくなるの?

いわゆる「永久脱毛」と呼ばれる脱毛は、クリニックでのみ受けることができます。

エステの場合は不再生脱毛なんて呼び方をするようです。

クリニックとエステでは、そもそも扱っている脱毛機器が異なるんですね。

クリニックで行われることの多い一般的な方法は「医療レーザー脱毛」で、医者にしか扱うことができません。

一度に強いエネルギーを照射することができるため、高い脱毛効果を得ることができます。

一方エステで行われるのが「光(フラッシュ)脱毛」です。

こちらは医師免許を持たないエステティシャンでも扱うことができますが、その分医療レーザーよりも照射エネルギーが落ちます。

機器のパワーが異なるので、効果があらわれるまでの早さや施術が完了するまでの期間に差が出ます。

しかし、いずれにしても徐々に自己処理が楽になり、脱毛を完了する頃にはほとんど自己処理が必要ないレベルにまで毛がなくなりますよ。

どれくらい通えば脱毛効果を実感できるの?

これについては個人差が大きいので一概には言えませんが、一般的には

  • クリニックの医療レーザーの場合で1回~
  • エステの光(フラッシュ)脱毛の場合で3回~

この程度が目安とされています。

1~3回の脱毛ですべての毛がなくなるわけではなく、毛周期に合わせた施術を繰り返し行うことによって徐々に毛量が少なくなっていきます。

あくまでも「毛が少なくなったみたい!」と感じるポイントがこれくらいということですね。

少しの勇気を出してワキ脱毛を始めてみれば早ければ1回の脱毛で、遅くても3回程度で脱毛効果を実感できるんです。

終わりのない自己処理を延々と続けることと比べれば、なんてすばらしい! と感じませんか?

ちなみに、ほとんど自己処理が必要ないレベルになるのは、

  • クリニックの場合で6~8回程度
  • エステの場合で10回~

このくらいが目安とされています。

ここはやはり、照射エネルギーの強いクリニックの方が圧倒的に早く効果が出るようです。

脱毛効果だけを見ればクリニックがおすすめですが、店舗数が多くて通いやすい・初期費用が安く抑えられるなどエステの良いところもあります。

ご自身にとって合った方を選ぶと良いでしょう。

毛が濃い、剛毛だと効果がないって本当?

ワキの毛はほかの体毛と比べても太いのが特徴ですが、特に毛が濃い人の場合「脱毛しても効果がないのでは?」と不安に思われるようです。

まず脱毛の仕組みからお話しますと、レーザーやフラッシュは肌の黒い部分に反応するようにできています。

ですから、毛が濃ければ濃いほど脱毛効果を感じるのが早い傾向があるんですよ。

逆に、毛の薄い人やうぶ毛しか生えないような部位の脱毛は難しく、時間もかかると言われています。

しかしやはり毛が濃い分、脱毛完了までにかかる時間も長くかかります。

またエステの光脱毛では思うような効果を得られず、クリニックへ移っていく人もいるようです。

そのようなケースがあるのは事実ですが、だからといって毛の濃い人に脱毛が効果がないというわけではありません。

また剛毛だと「見られるのがはずかしい……」という人もいますが、相手はこれまでに大勢のワキを目にしてきています。

もはやちょっとくらい毛の濃いワキを見たところで、なんとも思わないので気にしなくて大丈夫。

それよりも、ほんの一瞬の恥ずかしさのためにずっと自己処理をし続けなくてはならないより、少しの勇気を出してツルツルのワキになれば方が良いと思いませんか?

剛毛だって大丈夫!思いきって脱毛の一歩を踏み出してみてください♪

せっかく脱毛が完了しても、また生えてきてしまうのでは?

エステの不再生脱毛だけでなく、クリニックの永久脱毛でさえ「永久に生えてこなくなるとは限りません」という注意事項を掲げているのを見たことがあるかもしれませんね。

そうなんです。女性の場合はホルモンバランスが変わりやすく、それによってまた毛が生えてくることも、ないとは言い切れません。

「えっ、じゃあ、せっかくワキ脱毛しても意味がないってことじゃない!」

いいえ、そうではありません。

たしかに、脱毛完了した当初は毛の一本すら見当たらないツルツルのワキだったはずが、数年後に見てみるとチョロリと一本生えている……? という事態はありえます。

しかしだからといって、脱毛をする前の状態に戻ってしまうわけではありません。

脱毛しない状態のワキって、どれだけ完璧に毛を剃っても次の日にはちょっぴり生えてる……なんてことだってありますよね?

一度エステやクリニックでの脱毛を経験すれば、そんなことにはなりません。

これだけでも、かなりのストレス軽減になります。

「ワキ脱毛によって、自己処理が格段にラクになった」という状態は、ほぼ一生モノといって良いでしょう。

おわりに

この記事が「ワキ脱毛、本当に効果があるの?」と疑問に思っている人のお役に立てれば幸いです。

もう一度まとめると、

  • ワキ脱毛は今かなりお安くなっている。やっていない人は損してる!
  • エステの激しい勧誘は、最近ではかなり少なくなっている
  • 個人差はあるが、1~3回ほどで「毛が少なくなった」ことを実感している人が多い
  • クリニックで6~8回程度、エステで10回~でほぼ脱毛完了!
  • 剛毛でも大丈夫!むしろ脱毛効果を感じるのが早いかも?
  • 永久脱毛でもまた生えてくることはある。でも自己処理は格段にラクに!

いかがですか?
ワキ脱毛、良さそうじゃない? と思ってもらえれば嬉しいです。

筆者もワキ脱毛を完了してから数年になりますが、本当にやって良かった! と思っています。

自己処理の手間が省けるのと、カミソリで肌を痛める心配がないのでとってもストレスフリーですよ。

あなたもぜひ、検討してみてくださいね。

色んな脇脱毛方法を比較してみた

脇毛を処理する女性

脇の脱毛って、女性としては必須ですよね。

脱毛の方法はたくさんありますが、だからこそ気になるのが「どんな方法が一番いいの?」ということではないでしょうか。

そこで今回は、色んな脱毛方法をズラッと比較してみました!

光脱毛の場合

主にエステサロンでの脱毛に使われるのが、光脱毛やフラッシュ脱毛と呼ばれる方法です。

脱毛といえば、真っ先にこれを思い浮かべる人も多いかもしれませんね。

値段

光脱毛とひと言でいっても、エステや部位によって値段はさまざまです。

一概に「高い」「安い」とは言えません。

しかし脇脱毛に限って言えば、どこのエステでもかなり格安料金で施術を受けることが可能になっています。

たとえば脱毛専用のエステとして有名なミュゼプラチナムでは、脇脱毛単体の料金で3,600円。

他の部位とのセットプランであれば、無料で脱毛し放題になることもあります。

<詳細はこちら>

ミュゼプラチナム

脱毛期間

毛の生え変わるサイクルを毛周期を呼びます。

これには個人差がありますが、一般的には2ヶ月~3ヶ月程度と言われています。

そのためエステで光脱毛を受ける場合には、2ヶ月~3ヶ月ごとに通う必要があります。

脇脱毛が完了するまでに平均でも10回以上通う必要があると言われているため、脇脱毛をスタートしてから完了までには2~3年程度かかります。

「そんなにかかるの?」と思われるかもしれませんが、それだけ通えばあとはほとんど自己処理が必要ないくらいのレベルまで毛がなくなるということ。

長い目で考えたいところですね。

簡単かどうか

施術自体はエステティシャンが行うので、特に難しさはありません。

ただ定期的に店舗に通うのが難しい場合や、予約を取りにくいエステだと、通い続けるのに難しさを感じることはあるでしょう。

通いやすいところに店舗があるか、予約が取りやすいか、などを考慮して選ぶ必要があります。

痛み

光(フラッシュ)脱毛は肌への負担をなるべく抑えたマイルドな脱毛方法です。

そのため、痛みを感じることはほとんどないと言われています。

肌の状態によっては若干の痛みを感じるともされていますが、かなり個人差が有るようです。

人によっては「いつの間にか終わっていた」というほど痛みを感じなかったという場合もあります。

総合的に見たメリット

  • 脱毛が完了すれば自己処理がほとんど必要なくなるくらいに毛が薄くなる
  • 脇脱毛に関してはどこのエステもかなり安い
  • 痛みを感じることが少ない

総合的に見たデメリット

  • 脱毛完了までに通い続けなくてはならず、期間も2~3年ほどと結構長い
  • 住んでいる場所によってはちょうどいい店舗が見つからず、通うのが大変、予約が取りにくいということが予想される

医療レーザー脱毛の場合

美容クリニックで受けることができるのが医療レーザー脱毛です。

医師にしか扱えない高エネルギーの機器を使用するため、高い効果を短期間で実感できます。

値段

脱毛といえば「エステかクリニックか?」と言われるほど、比べられることの多い二つですが、エステの光脱毛と比べると一回あたりの料金はかなり高額になります。

たとえば脱毛クリニックとして有名なリゼクリニックでは、脇脱毛5回に対して19,800円がかかります。

しかしアリシアクリニックでは脱毛し放題26,400円プランを用意しているように、最近ではお得なプランを用意しているクリニックも増えています。

<詳細はこちら>

リゼクリニック

アリシアクリニック

脱毛期間

光脱毛と比べて照射エネルギーが強いため、その分短期間で脱毛を完了することができます。

医療レーザーで脇脱毛完了までに要する回数は、平均して6~8回ほどと言われています。

こちらもエステ同様、毛周期に合わせた施術が必要になるため、早くツルツルになりたいからといってひと月の間に何度も施術を受けることはできません。

簡単かどうか

こちらも施術自体は医師による手で行われるので、操作自体の難しさ、簡単さは関係ありません。

ただ、施術を受けられるクリニックが少ないのが現状です。

ネット上で口コミの集まるような大手クリニックでも、関東圏に集中していることが多く、地方に住んでいる場合はなかなか利用できないという問題に直面するでしょう。

痛み

エネルギーが強いということは、その分肌が感じる痛みも大きくなるということです。

光脱毛と比べて、痛みは大きいと感じるでしょう。

この痛みは「輪ゴムをはじいた程度の痛み」と表現されることが多いですが、耐えられないほどではないと言う人がほとんどです。

ちなみに最近ではより肌に優しくなった脱毛機器も登場しています。

それを使うと痛みの軽減だけでなく、施術後の肌トラブルの危険性も少なくなるのでおすすめです。

総合的に見たメリット

  • 照射エネルギーが強く、早く脱毛効果を実感できる
  • 通う期間が短くて済む
  • 医師が担当するので安心感があり、何かあった時でも安心

総合的に見たデメリット

  • 施術中の痛みが強いことがある
  • 通い放題などの、お得なプランを用意しているクリニックは少ない
  • クリニックの数が少なく、通うのが難しい場合がある

家庭用脱毛器の場合

家庭用脱毛器の進化はめざましく、エステ通いが難しい主婦などに人気が高まっています。

最近では、エステで使われるのと同様のフラッシュ脱毛器が主流です。

値段

家庭用脱毛器として人気のあるケノンの本体価格は69,990円、同じく人気の高いラヴィでは39,800円となっています。

エステに近い脱毛効果を得られますが、通えば通うほどお金がかかるエステとは違い、使えば使うほどこちらの方が安くなるのがメリットです。

注意したい点としては、カートリッジの有無や値段です。

カートリッジが交換できないと、本体が壊れていなくても照射しきったら廃棄するしかありません。

また、本体が安くてもカートリッジ代が高いものはランニングコストがかかってしまいます。

<併せて読みたい記事>

家庭用脱毛器比較【トリア・ケノン】

脱毛期間

脱毛期間としてはエステと同じくらいか、エステよりもやや時間がかかるようです。

平均して3年半~くらいでしょうか。

しかし自宅で好きなときに施術できるので、負担が少なく続けやすいです。

簡単かどうか

店舗やクリニックに通う必要がなく、予約を取る必要もないのでその点においては楽でしょう。

ただ施術については自分で行うため、慣れないうちは操作が難しく照射漏れなどが起こることもあります。

また手や目の届きにくい範囲への施術は難しいので、コツをつかむまでは大変かもしれません。

痛み

家庭用脱毛器の照射エネルギーはだいぶマイルドなので、痛みを感じることはほとんどないとされています。

あっても少し「チリッ」とする程度です。

総合的に見たメリット

  • 自宅で好きなときに脱毛できるので手軽で続けやすい
  • トータルコストで考えればエステより安い

総合的に見たデメリット

  • 慣れるまで操作が難しい場合がある
  • 万が一トラブルが起こった場合、すべて自己責任で対処しなければならない

毛抜きの場合

値段

一つ数百円程度で購入可能。一度買えばなかなか壊れるものでもないので、コストという意味ではかなり良いと言えます。

ドラッグストア、コンビニなどどこでも購入できます。

脱毛期間

すべての毛が同じ毛周期で生えているわけではないので、その時生えている毛を抜いても3日~7日程度するとまた隠れていた毛が生えてきます。

しかもあくまでも表面の毛を抜くだけなので、「抜き続けたら生えてこなくなる」ということもありません。

抜いている限り、ずっと自己処理が必要になります。

簡単かどうか

ピンポイントで毛を狙って抜くので、脇は見にくく抜き残しが出やすいです。

また途中で毛が切れて埋没毛になってしまったり、赤くなったりとトラブルも起こりやすいという特徴もあります。

痛み

部位によってはかなり痛いです。脇の毛は太くてしっかりしているので、痛みを感じやすいでしょう。

また抜いたあとも痛みが続いたり、炎症を起こしたりもします。

総合的に見たメリット

  • 毛抜き単体の値段はとにかく安い
  • 剃り残した毛をピンポイントで抜くなら手軽

総合的に見たデメリット

  • 痛いし、肌トラブルを起こしやすい
  • 脇全体を処理するには不向き

脱毛クリームの場合

値段

数千円円程度で、ドラッグストアなどで手軽に買うことができます。

脱毛期間

クリームは表面の毛を溶かす方法なので、毛抜き同様にこちらも一時的な処理にすぎません。

個人差がありますが、一週間程度でまた毛が生えてきます。

簡単かどうか

クリームを塗布して数分放置しておくだけなので、楽だと感じる人も多いようです。

毛の質や量によってどの程度のクリームを塗れば良いのかなどは、何度か使ってみてコツをつかむ必要があるかも。

痛み

肌の弱い人は、クリームを塗布したことによってそれが刺激になってピリピリとした痛みを感じることもあるようです。

肌に優しいマイルドなタイプも売られているので、敏感肌の人はそちらを検討するのがおすすめですよ。

総合的に見たメリット

  • 値段が安く、手軽に買える
  • クリームを塗って放置しておけばいいだけなので、楽

総合的に見たデメリット

  • クリーム独特のニオイがある
  • 肌が弱いとかぶれることもある
  • 毛の状態によっては思うような脱毛効果を得られないことも

まとめ

色んな脇脱毛方法を比較してみましたが、この中で筆者がもっともおすすめしたいのは「医療レーザー」です。

やはり脱毛するからには効果が感じられなければ意味がありませんが、医療脱毛の場合は医師の指導のもとで確かな施術を受けることができます。

値段の高さがネックになる人もいるでしょうが、通う期間が短くて済むことから、トータルコストで考えればエステと大差ないと言われていますよ。

お得な通い放題プランを扱っているクリニックもありますので、自宅近くのクリニックをまずはチェックしてみてください。

もし通える範囲に美容クリニックがないという場合は、エステや家庭用脱毛器を検討してみると良いと思います。

逆にもっともおすすめできないのは「毛抜き」による自己処理です。

痛みが強く、肌を傷つけるおそれがあるからです。毛がなくなっても、ポツポツと鳥肌みたいな状態になってしまったのでは、キレイな脇とは言えませんよね。

ムダ毛のない、キレイな脇を目指すあなたの参考になれば幸いです。

脇脱毛は医療脱毛でやるべき!その理由4つ

女性のキレイな脇イメージ

筆者はサロンの光脱毛・クリニックの医療脱毛と両方の経験がありますが、以前はそれほど医療脱毛ってポピュラーじゃなかったんですよね。

サロンの脱毛も今ほど多くの人がやっているわけではなかったのですが、まだサロンの方が一般向きで、通いやすいイメージが強かったように思います。

でも最近ではクリニックもかなり良い意味で「サロンっぽく」なってきて、脱毛しようと考えたときに「サロンかクリニックか?」と悩む人が増えているようです。

そこでまず、サロン脱毛とクリニック脱毛の違いについておさらいしておきましょう。

エステの脱毛とクリニックの脱毛の違い

クリニックの脱毛とは

クリニックで受けられるのは「医療脱毛」と呼ばれます。対してエステサロンで受けられるのは「美容脱毛」です。

医療脱毛はもともと治療目的で行われた脱毛で、今のように「美しくなりたい」という目的で脱毛する人が増える以前からずっと行われてきたものです。

もちろん医療脱毛ができるのは、医者だけだと決められています。

だから歴史が古く、信頼性も高いのです。

エステの脱毛とは

一方、エステの美容脱毛は医療行為ではありませんから、医師免許を持たないエステティシャンによる施術が認められています。

ただしその分、医療脱毛に比べて機器のパワーが弱く、効果を感じるまでに時間がかかるというデメリットがありますよ。

美容脱毛は治療のための脱毛ではありません。

「美しくなりたい。だから脱毛したい」というニーズの高まりとともに盛り上がってきた文化です。

ですのでまだ歴史が浅く、「永久脱毛」とは謳えません。

……と、ここまで聞くと圧倒的に「医療脱毛の方がいいんじゃない?」と思いますよね?

そうなんです。

でも、エステ脱毛を選ぶ人は後を絶ちません。

医療脱毛がかなりポピュラーになってきたとは言え、まだまだエステ脱毛を希望する人が多いのが現状です。

それはなぜなのでしょうか?

大きな理由としては「医療脱毛は高いから」というイメージが強いことが挙げられます。

たしかに、最近のエステ脱毛の安さはものすごいですよね。

特に脇脱毛はどこのエステでも価格破壊を起こしているといっても過言ではないくらいの低料金です。

「じゃあやっぱり、エステの方がいいのでは……?」

と安易に飛びついてしまうのは、ちょっと待って!

決してエステ脱毛が悪いというわけではありませんが、医療脱毛にはそれを上回るほどのメリットがあるんですよ。

脇脱毛は医療脱毛でやるべき!な理由を4つ挙げてみた

治療目的の行為なので信頼性が高い

「脱毛なんてみんながやっているから安心でしょ」

という気持ち、みんな持っていますよね。

でも、脱毛って本来リスクを伴う行為なんです。

毛の細胞を破壊するくらい強いパワーを当てるわけですからね。

もちろん、肌にダメージを与えないように細心の注意を払って行われるわけですが……やっぱりトラブルは0ではありません。

ヤケドや肌の炎症など、大小さまざまなアクシデントの口コミを見かけることも少なくありません。

これは脱毛をしている限り、他人事ではないんです。

そう考えると、やっぱりより安心できるところで施術をしてもらいたい!と思いませんか?

個人経営のエステよりも大手のエステが安心ですし、エステよりもクリニックの方がもっと安心です。

だって、他でもないケガや病気を治してくれるお医者さんの診察を受けながら脱毛ができるんですからね。

先ほども述べたように、エステ脱毛はまだ始まって歴史の浅いもの。

医療脱毛と比べると信頼性という面では若干落ちるのは否めません。

いくらエステが安くても、肌にダメージを与えてしまっては本末転倒ですよね?

それなら少し費用がかかっても、クリニックの方が安心感がありますよ。

永久脱毛なので処理が完了したらずっと自己処理いらず

脱毛をする目的といえば、大きく分けて2つ。

  • ツルツルでキレイな肌になりたい!
  • 面倒な自己処理の手間を省きたい!

ではないでしょうか?

筆者はエステで脱毛してから数年経ちますが、なくなった毛が再び生えてきたようには感じていません。

なので「永久脱毛」とは言えないまでも、かなり長い期間自己処理が必要ないレベルはキープできるものだと思っています。

しかしどのエステでも注意書きとして、「妊娠・出産によるホルモンバランスの影響によって元の毛質に戻る場合があります」といった文言が書かれています。

せっかく脱毛に通って手に入れたツルツルのお肌が元通りに……なんて、考えただけでも悲しすぎますよね。

そういったリスクがより少なくて済むのは、やはり「永久脱毛」を謳える医療脱毛だと言えます。

肌が弱い人でも安心

敏感肌、乾燥肌、アトピーやニキビなど、肌の状態は人それぞれです。

肌の状態によっては、事前のカウンセリングで施術をお断りされる場合もあり、これはエステもクリニックも一緒です。

ただあまりひどい状態でなければ、肌の様子を見ながら施術は可能です。

この場合、より安心してお任せできるのは間違いなくクリニックですよね。

エステティシャンも多くの人の肌を見てきていますし、しっかりとした研修を積んでいるはずです。

しかしそれでも、医者に診察してもらうのとでは安心感がまるで違います。

肌が弱い、肌トラブルを起こしやすいという人は、医療脱毛を選ぶことを強くおすすめしますよ。

思っているより安い

誰もが「医療脱毛は高い」と思い込んでいるようですが、じつは案外そうでもないんですよ。

たしかに全身脱毛をしようと思えばかなり高額になってしまいますが、脇脱毛くらいなら、エステの料金とそう変わりません。

通い放題プランを用意しているクリニックもありますから、そういうところの場合はエステより安く済むことだってあります!

効果が早く出て、安心で、そのうえ安い!なんて、もう医療脱毛を選ばない理由がないのではないでしょうか?

脇脱毛でおすすめのクリニックならここ!

湘南美容外科クリニック

クリニックで脇脱毛をするなら、湘南美容外科クリニックがとにかく安いです!この価格なら、エステに行くメリットはないのでは……?というほど。

両脇5回で1,000円、無期限&無制限でも3,400円です!すごい……。

これから脇脱毛にチャレンジする人には、5回では物足りないと思います。ですので、無制限コースを検討してみると良いですよ♪

クリニック数は全国に57院ほど。

美容クリニックの中ではかなり多い方なので、通える範囲に湘南美容外科クリニックがある方はラッキーですね!

<詳細はこちら>

湘南美容外科クリニック

有楽町美容外科クリニック

有楽町駅・銀座駅すぐそばにあるので、アクセスはバッチリですね!ホームページから無料のメール相談もできるようになっています。

両脇トライアルが497円、無期限&無制限でも2,808円と、こちらも驚くほど安い!

こんな価格で一生モノの脇が手に入るなんて、本当に良い時代になったものです。

アリシアクリニック

脱毛クリニックといえばアリシアクリニックが人気ですよ。

脇脱毛の料金は5回で13,750円、8回で19,800円、無期限&無制限で26,400円と、毛質や毛量によって選ぶことができます。

またアリシアクリニックでは脇以外にも全身や顔、VIOなどに通い放題プランがあります。

脇がキレイになると、高確率で他の部位も脱毛したくなるはずなので、トータルで考えてアリシアクリニックを選択するのも良いと思いますよ!

関東に12院ほど展開しています。

いまとても勢いのあるクリニックなので、今後は全国展開してもらえるのを期待したいですね!

<詳細はこちら>

アリシアクリニック

おわりに

「脇脱毛を医療脱毛でやるべき理由4つ」をご紹介しました。最後にもう一度まとめておきますね。

  • 治療目的の行為なので信頼性が高い
  • 永久脱毛なので処理が完了したらずっと自己処理いらず
  • 肌が弱い人でも安心
  • 思っているより安い

エステ脱毛を選ぶ人の多くが「安くて、手軽な感じ」に引かれるのだと思います。

しかし、脱毛はリスクのある行為だということを再認識して、そのうえでしっかりと選んでもらいたいですね。

もちろん、エステ脱毛がダメだというわけではありません!

ただパッと見の値段だけを判断材料にせず、もっと広い視野を持つと選択肢が広がると思いますよ♪

脇脱毛を安い料金でできるサロン特集

笑顔でお財布を持つ女性

脇からムダ毛が生えている!なんて、絶対に許されない状況です。

だからこそ、脱毛の中でも最初にスタートする人がもっとも多い部位だというのも頷けます。

「脇の毛なんてなくなってしまえばいい」……ほとんどの女性はそう思っているはずです。

しかし以前まで脱毛は非常に高額で、なかなか手軽に始められるものではありませんでした。

ですから脇脱毛に興味はあっても、仕方なく自己処理で済ましている……という人が多かったのです。

脇脱毛ならエステサロンが安い!

しかし時代は変わりました!今、エステサロンでは非常にリーズナブルな価格で脇脱毛が可能になっています。

もはや「女性ならみんなやっておいた方がいいのでは!?」と言いたくなるくらいです。

そこで、今回は特に料金の安い脱毛サロンをまとめてみました!

もちろん、安いだけではありません。口コミなども総合的に判断して、自信をもっておすすめできるサロンだけを集めていますので、安心して見ていってくださいね!

ミュゼプラチナム

まずは知名度&人気の高いミュゼプラチナムからご紹介します。

今でこそ「強引な勧誘のないサロン」というのは一般的になりましたが、管理人が脱毛難民と化していた頃はまだ「エステ=とにかく勧誘がキツイ」というイメージが強かったです。

実際、かなりゴリゴリの営業トークで迫ってくるサロンばかりでした。

そんな中さっそうと現れたのがミュゼでした。

脱毛専門のサロン、そして「勧誘は一切しません」という言葉につられて訪れてみると、たしかにその通りだったのです。

その信頼を積み重ねてきたからこそ、ミュゼはここまで人気が出たのだと思います。

脇脱毛のプラン

  • 両脇・Vライン美容脱毛完了コース・・・2,400円
  • 両脇美容脱毛完了コース・・・3,600円

一瞬「はて?」と考え込んでしまうような料金設定ですが……。

脇を単体で処理するよりも、Vラインと一緒に契約した方がお得なようです。

その他の契約プランにも、脇脱毛はオプションとしてついてくることがあります。

また期間限定のキャンペーンもよく行っているので、公式サイトをチェックしてみてくださいね。

<詳細はこちら>

ミュゼプラチナム

脱毛完了までの期間と、追加料金がかかるか?

ミュゼの脇脱毛は「期間、回数無制限」です。

つまり脱毛し放題ですね。ですので、追加料金が発生することはありません。

一般的な脱毛回数の目安としては、

  • 4~6回・・・自己処理がとてもラクに
  • 8~12回・・・ムダ毛の心配がいらないお肌に

とされていますが、脱毛効果を実感するのにはかなり個人差があるのも事実です。

ミュゼならどれだけ通っても追加料金がかからないので、安心して脱毛できますよ。

店舗数はどれくらい?

全国展開しており、180店舗以上あります。

これはエステの中でナンバーワンです。

北は北海道、南は沖縄まであり、サロンの移動は自由。

もし転勤や引っ越しでもとの店舗に通えなくなっても安心です。

このサロンのイチオシポイント!

  • 脇脱毛がとにかく安い&通い放題だから安心
  • 店舗数が多いので通いやすい
  • 脱毛専門サロンで、「勧誘なし」を掲げているので安心

ジェイエステティック

老舗で歴史のあるエステサロンのジェイエステ。

たしかな実績と低価格の美肌脱毛が人気を集めています。

脱毛以外のビューティメニューも取り揃えており、ここだけで全身を美しくできちゃいますね。

脇脱毛以外にもお得なプランがたくさん用意されているので、「脇以外の脱毛もしてみたい」「フェイシャルエステにも興味があるな……」なんてニーズにも応えてくれます。

脇脱毛のプラン

両脇12回&お好きな1部位2回の美肌脱毛コース・・・300円
※脇は5年間の無料保証付き

こちらは通い放題でこそありませんが、たっぷり12回まで脱毛を受けられるプランです。

さらに他の部位の脱毛もついて300円!破格ですね……。

ジェイエステがはじめての方限定のコースとなりますので、「まだ行ったことがなかった!」という人はラッキーですよ♪

脱毛完了までの期間と、追加料金がかかるか?

毛周期に合わせて12回通えば、ほとんど自己処理が必要ないくらいの状態になるはずです。

ただし脱毛効果には個人差があるため、もし12回が終了した時点で納得いかなければ、さらに5年間は無料で通うことができますよ。

ですのでこのプランを使った場合、実質追加料金はかからないと思って良いでしょう。

店舗数はどれくらい?

全国100店舗以上で、北は青森県、南は沖縄県まであります。

もちろんサロン間の移動も可能ですので、転勤や引っ越しにも対応しています。

このサロンのイチオシポイント!

  • 脇脱毛だけでなく、全身の脱毛が低価格で受けられる
  • 老舗のサロンのため、突然つぶれるなどのリスクが少なく安心
  • お客の声を反映して経営方針を改善したため、強引な勧誘はなし
<詳細はこちら>

ジェイエステティック

エピレ

老舗のエステサロンであるTBCの系列店となります。よりリーズナブルに、気軽に通える脱毛サロンを!というお客のニーズに応えて誕生しました。

TBCの脱毛は他のエステと比べて高額なイメージがありますが、エピレはとても低価格なのが特徴。「脱毛ってどんな感じなのかな?」という初心者の方でも、チャレンジしやすい環境が整っています。

脇脱毛のプラン

両脇脱毛6回プラン・・・500円

エピレの両脇プランはワンコインで6回の脱毛が可能です。

これははじめての方限定のプランとなっています。

はじめての脱毛には心配がつきものですが、このプランには「全額返金保証」「期限なし保証」がついています。

一度やってみて、もし「合わない」と感じたら返金してもらえるので、より気軽にチャレンジしやすいですね。

脱毛完了までの期間と、追加料金がかかるか?

上記は6回まで施術してもらえるプランです。

一般的に、エステの脇脱毛に要する回数は8~12回程度と言われているので、少し足りないですね。

追加で契約する場合、

  • プラス4回で9,000円
  • プラス6回で13,500円
  • プラス8回で17,600円

となっています。

6回の施術が完了した後の状態によって、どれくらいの回数を増やした方が良いかが変わってくるはずです。

再度カウンセリングで相談してみましょう。

店舗数はどれくらい?

エピレは全国展開していますが、公式サイトで確認できたのは22店舗でした。

北は北海道、南は福岡県まであります。

サロン間の移動はできますが、TBCとエピレ間での移動はできませんので注意が必要です。

このサロンのイチオシポイント!

  • エステの老舗TBC系列だから確かな実績と信頼がある
  • 「リーズナブルに脱毛したい」というお客の声から生まれた
  • キッズ脱毛も可能
<詳細はこちら>

エピレ

おわりに

  • ミュゼプラチナム
  • ジェイエステティック
  • エピレ

以上3つのエステサロンについてご紹介しました。

どのサロンも安いだけでなく、それぞれの特色がありますので、ご自分にぴったりあったところを選んでくださいね。

無料カウンセリングや体験コースを設けているサロンがほとんどですので、まずは行ってみて「ここならお任せできる!」と直感で感じたところで脱毛を始めましょう。

口コミで評判のおすすめ脇脱毛ランキング

女性の口コミイメージ3

暖かくなってくると肌の露出が増え、気になるのがムダ毛です。

特に脇のムダ毛は「処理しておいてあたりまえ」と考えている人が多いので、万が一にも剃り残しなんて許されません!

そこで「脇脱毛したい」と考えるわけですが、いま、脇脱毛ができるエステやクリニックなんてたーくさんあります!

脇脱毛は口コミで選ぶ!

「いったいどこを選んだらいいの?」

と、あなたが迷ってしまうのも無理はありません……。

脱毛とは本来危険を伴う行為です。

「どこでも一緒でしょ!」なんて安易に選んで、思わぬ失敗をしてしまった!なんてことにはなりたくありませんよね。

そんな残念なことにならないためにも、きちんとしたエステやクリニックを選んで脱毛してもらいましょう♪

「そうは言っても、たくさんあって選べないよ~」

という方、大丈夫です!

今回は、口コミをベースにおすすめの脇脱毛をランキング形式でご紹介していきます。脇脱毛難民になっていたあなた、ぜひ参考にしてみてください!

脇脱毛おすすめその1【ミュゼプラチナム】

脇脱毛といえばミュゼ!と言っても過言ではないくらい、有名&人気の高いエステサロンです。

なんといっても脇脱毛の値段が安いのが特徴です。随時いろいろなキャンペーンを行っているのでその時々で値段が違ってくるのですが、脇以外のプランを契約するとオプションとして脇脱毛がついてくる!ということもよくあります。

ちなみに2017年3月現在の脇脱毛の料金はこんな感じですよ。

  • 両脇+Vライン通い放題で2,400円
  • ミュゼはじめての方限定キャンペーンでは、うで+あし+背中の脱毛に両脇+Vライン通い放題がついて500円

ほかにも、ミュゼの特徴には以下のようなものがあります。

  • 店舗数が多いので通いやすい
  • 返金制度あり
  • ミュゼエクスプレスという高速マシンを全店に導入

ミュゼはエステの中で店舗数ナンバーワン!180以上の店舗を全国展開しています。

複数回継続して通う必要のある脇脱毛の場合、「通いやすさ」は非常に重要なポイントになりますよ。

また人気の高いミュゼはなかなか予約が取りにくいと言われていましたが、ミュゼエクスプレスという高速マシンを全店に導入したことによって、大幅に施術時間を短縮することに成功しました。

一人ひとりにかかる時間が短くなったため、以前よりもかなり予約が取りやすくなったようですよ。

安心の返金制度もしっかり完備。

ミュゼではどんな理由でも、いつでも中途解約が可能です。しかも解約手数料も発生しません。

「気に入らなければいつでもやめられる」と思えば契約しやすくなりますね。

それだけミュゼは脱毛に関して自信があるということでしょう。

ミュゼは脱毛専用サロンのため、施術を担当するスタッフはみんな脱毛のプロフェッショナルです。

そこも安心してお任せできるポイントになっています。

<詳細はこちら>

ミュゼプラチナム

ミュゼプラチナムの口コミ

「とにかく安いし、勧誘がまったくないのがとても良いです!効果もちゃんと実感できるので、夏に水着を着るのが楽しみです(20代女性)」

「いろいろなところに店舗があるのが嬉しいです。ショッピングモール内にあるところに通っているので、買い物の途中に寄っています。便利です。(30代女性)」

脇脱毛おすすめその2【ジェイエステティック】

脱毛だけに限らず、トータルビューティを追求し続けて38年という歴史を持つジェイエステも人気があります。

ジェイエステでは脇脱毛だけでなく、顔やVIO、全身など広い部位の脱毛にも対応しており、それぞれお得なプランが用意されていますよ。

脇脱毛を始めるほとんどの人が、「脇がキレイになったら次は他のところも……」と希望すると言われています。

ですので、あらかじめ脇以外の脱毛についても考慮したうえでエステを選ぶのもひとつの手ですね。

ジェイエステで脇脱毛をする場合の料金はこんな感じです。

・両脇12回+選べる部位2回で300円
※脇は12回が終わっても、5年間の無料保証付

ジェイエステの脇脱毛は通い放題ではなく、12回までとなっています。

脇脱毛の完了には個人差がありますが、一般的には10回ほどでほぼムダ毛がなくなると言われています。

12回も施術を受ければ、ほとんど自己処理が必要ないレベルになるのではないでしょうか。

もし12回コースが完了した時点で納得がいかなければ、さらに5年間の無料保証もついてくるので安心ですよ。

その他の特徴については以下のようになっています。

  • 全国に店舗があるので通いやすい
  • 返金制度あり
  • 脱毛以外にもフェイシャル、痩身などトータルビューティをお任せできる

ジェイエステは全国に100を超える店舗が存在します。

アクセスの良い場所にあることがほとんどですので、通いやすいというメリットがあります。

また、契約締結から8日以内であればクーリングオフの対象となりますし、その後であってもいつでも中途解約が可能です。

ジェイエステは脱毛専用サロンではありませんので、ほかにも美容について気になることがあれば気軽に相談できるというメリットがあります。

脱毛専用でないエステでは、余計なスキンケア商品などを買うように促されることがある……という良くない口コミも見られますが、ジェイエステでは「しつこい勧誘はしない」と明言しています。

なぜなら、数年前までジェイエステでは「勧誘がひどい」という悪い口コミが多かったんですね。

しかしそれではお客の心が離れていってしまう!と考え方を改め、今ではそういった勧誘を行っていないようです。

その取り組みの結果、以前多かった「強引な勧誘」にまつわる口コミは激減しました。

かなり通いやすくなったため、管理人もおすすめしたいと思います。

ジェイエステティックの口コミ

「勧誘についての口コミが多いようで心配していましたが、私は一度も嫌な思いをしたことがありません。新商品の紹介をされることはありますが、いらなければきっぱり断って、それっきりです。お店の中もキレイだし、スタッフの感じも良いですよ。(20代女性)」

「1年くらい通っていますが、だいぶムダ毛が目立たなくなってきたと感じています。担当してくれるスタッフさんは毎回違いますが、どの人も感じいいですよ。ただ、やっぱりちょこちょこ商品のおすすめはされます。断ればいいんでしょうけど、つい断りきれずに買ってしまったこともあります……。(20代女性」

脇脱毛おすすめその3【エステティックTBC】

TBCには「スーパー脱毛」と「ライト脱毛」の二種類が存在します。

ライト脱毛は他のエステで行われているのと同様、痛みが少なく気軽に始められる脱毛です。

一方のスーパー脱毛はTBC独自のもので、通称「終わりのある脱毛」です。

スーパー脱毛は毛の一本一本にアプローチしていく方法で、処理した瞬間にその毛はなくなります。

そして、その後生えてくることはありません。

通常の脱毛では難しいとされる肌の黒い人やうぶ毛にも対応できる、画期的な方法ですよ。

スーパー脱毛とライト脱毛では料金設定が異なりますので、以下を参考にしてください。

  • スーパー脱毛は1本あたり130円(入会金なしのビジター価格)
  • ライト脱毛は8回で17,600円、12回で26,400円(脇はSパーツ)

スーパー脱毛についてはライト(フラッシュ)脱毛と比べてかなり痛みがあるのがデメリットですが、処理が完了すればもう生えてこなくなるというのはとにかく嬉しいですよね。

TBCのサイトでは、処理完了後30年経ってもツルツルをキープしており、自己処理は一切していません!と断言されています。

エステティックTBCの口コミ

「料金は他よりお高めですが、その分光よりも効果が高いところが気に入っています。電気脱毛はうぶ毛にも効果があるようなので、脇以外にもやってみようかと思っています。(30代女性)」

「施術をするスタッフによって上手い下手にバラツキがあるように感じます。あと、どれくらいの範囲をするのかというのも結構違いがありますね。契約しているプランが終了したら、次は様子を見ようかと思います。(30代女性)」

おわりに

いざ脇脱毛を始めてみて「失敗した!」とならないように、事前に口コミなどでよく情報収集しておくことをおすすめします。

そのうえで、口コミばかりを当てにせず、実際の店舗やスタッフの対応なども見て自分に合ったところを選んでくださいね。

クリニックVSサロン【脇脱毛で比較】

脇脱毛を受ける女性のイメージ

脇脱毛といえばクリニックかエステで決まり!

カミソリで自己処理するなんてもう古い!

なんて言ったら大げさでしょうか?

いえいえ、そんなことはないんですよ。

脇脱毛は脱毛の基本のき!

全身のうち、もっとも初めに意識するムダ毛って「脇」の毛ではないでしょうか?

かくいう管理人も、最初に自己処理を行ったのも脇、そして脱毛サロンで脱毛をしてもらったのも脇でした。

女性たるもの、脇の毛を生やしておくことなんて許されません!

でも、意外と自己処理が難しい部位なんですよね。

濃い毛が生えてくるし、カーブしているので剃り残しも出やすいです。

しかも何度も繰り返して剃ることで、肌が汚く見えてしまうのも困りもの。

そこでおすすめしたいのが、プロの手による脱毛です!

今は以前よりもずっと手軽に脇脱毛ができるようになったので、女性なら迷わず脱毛へ行ってください!と叫びたいくらいです。

しかし、プロといってもクリニックもサロンもありますよね。

どちらがいいのかしら?と迷ってしまう人もいるでしょう。

そこで今回は脇脱毛でクリニックとサロンを比較してみました。

クリニックとエステを比較してみた!脇脱毛するならどっち?

脱毛に必要な期間

脇だけに限らず、脱毛は一度では完了しません。

何度か繰り返し施術を受けなければならないのは、クリニックもエステも同様です。

しかも脇の毛は他の部位の毛と比べて濃くて太いので、比較的時間のかかる部位だと言われています。

しかしクリニックとエステとでは使用している脱毛機器に違いがあるため、脱毛完了までに要する期間も異なります。

クリニックでは医療レーザー脱毛、サロンではフラッシュ脱毛が使われることがほとんどです。

この二つ、大きな違いはパワーの差です。

医療レーザーは医者にしか扱えない強力なレーザーなので、その分脱毛効果があらわれるのが早いという特長があります。

一方エステで受けるフラッシュ脱毛の場合、レーザーほどの威力はありません。

ですので、クリニックで脱毛するよりも長い期間通わなくては効果を感じられないというデメリットがあります。

脱毛効果の感じ方には個人差がありますが、平均して以下のような口コミが多かったですね。

【脱毛完了までにかかった期間】
  • エステ:2~3年間ほど。10回以上通った
  • クリニック:1~2年間ほど。6~8回程度通った

何度も通うのは面倒ですから、なるべくなら早く終えたいですよね。

そういう意味では、クリニックの方が早くておすすめできます。

脱毛時の痛み

「脱毛すると、輪ゴムではじかれたような痛みを感じる」

と、聞いたことがありませんか?

それを痛いと感じるかどうかは人それぞれですが、管理人は経験上、けっこう痛いと思いました……。

一般的には、「エステ脱毛はほとんど痛みがなく、医療脱毛はかなり痛い」と言われることが多いです。

とは言え、医療レーザーも日々進歩を遂げており、昨今では痛みを抑えた機種も登場しているようです。

ですので以前までと比べると、かなり医療脱毛に挑戦するハードルが下がっているのでは?と感じますね。

しかしエステ脱毛に関しては、
「ほとんど痛くなかった」
「何も感じなかったので、えっ、もう終わったの?という感じだった」
なんて口コミもあるくらいです。

それと比べると、医療レーザーは痛いと言わざるをえないでしょう。

痛いということはそれだけ効果が高いとも言えるのですが、「痛いのは嫌だ」、「少し時間がかかっても痛みの少ない方が良い」という人はエステの方が向いているでしょうね。

脱毛効果はずっと続く?

「永久脱毛」をうたえるのは、じつは医療脱毛だけだというのをご存知でしょうか?

エステの脱毛でできるのは毛を薄く、生えにくくするというだけで、厳密には永久脱毛とは言えません。

ただ繰り返しエステの脱毛に通うことによって、ほとんど自己処理が必要ないくらいに毛が生えてこなくなったという声が多数聞かれます。

ですから、せっかくツルツルにした毛がまたボーボーに生えてきた!ということは、おそらくないでしょう。

しかし女性の場合は、妊娠・出産などのホルモンバランスの変化が原因で、毛が再び生えてくることも考えられます。

「もしかしたらまた生えてきちゃうかもしれないの?」

という不安がないのは、「永久脱毛」が可能なクリニックの方になりますね。

脱毛にかかる値段

最近では、非常に低価格で脇脱毛することができるようになりました。

特にエステにおける脇脱毛の安さは、尋常ではないレベルです。

人気の脱毛サロン「ミュゼプラチナム」では、両脇脱毛完了コースが2,400円(2017年3月現在)となっています。

また、他の部位の契約をすれば脇は無料オプションとしてついてくる……なんてキャンペーンも珍しくありません。

一方、クリニックではそこまで安くなっていません。

脱毛クリニックとして人気の高い「アリシアクリニック」を見てみると、両脇5回で13,750円、8回で19,800円、脱毛し放題では26,400円(2017年3月現在)となっています。

まさかの、0が一つ違うという結果です。

もちろん通う回数や一度に感じられる効果など、条件面に違いはありますが、単純に値段で比較した場合はエステの圧勝だと言ってよいでしょう。

<5回で1,000円、無制限で3,400円の脇脱毛が出来るクリニックもあります!>

湘南美容外科クリニック

予約の取りやすさ

何度も通わなければならない脱毛だからこそ、予約の取りやすさも重要なポイントになります。

ミュゼなどの人気エステでは、かなり予約の取りにくい状況になっているという口コミも聞かれます。

たとえば「夏までにはツルツルにしたい!」という目標がある場合、思うように予約が取れないのはストレスになりますよね。

エステに比べると医療脱毛を利用する人は多くないので、比較的予約を取りやすいのはクリニックの方だと言えるでしょう。

自宅or職場などからの通いやすさ

大手エステサロンでは全国展開しているところも珍しくありません。

店舗も駅前やショッピングモール内など、非常にアクセスの良い場所にあることがほとんどです。

そのため自宅や職場の近くも店舗があることも多いですし、休日の買い物途中にふらりと立ち寄るなんてことも可能ですね。

一方クリニックの場合、そうはいきません。

脱毛クリニックとして人気のあるところはほとんど関東圏に集中しています。

運良くその近辺に住んでいる人しか利用できないのは大きなデメリットと言えるでしょう。

通いやすさという意味では、多くの店舗を持つ大手エステに軍配が上がります。

サロンで店鋪数NO.1なのはミュゼプラチナムです。

<地方にも支院が多い女性専用クリニックならこちら>

リゼクリニック

自己処理はどうしてダメなの?

クリニックとエステの比較ということでお話をしてきましたが、
「そもそも自己処理はどうしてダメなの?」
というところについて触れておきましょう。

まずはメリットから。

自己処理のメリット

  • 自宅で手軽にできる
  • 費用があまりかからない

このあたりが自己処理のメリットですね。

費用に関しては、どのような道具を使って処理するか?にもよってかなり変わってきますが、一般的なカミソリや毛抜き、電気シェーバーだと仮定しておきましょう。

ムダ毛に気づいたとき、サッと自宅で剃ったり抜いたりすれば処理が完了してしまうのは、自己処理最大の利点といえます。

エステやクリニックでの脱毛ではこうはいきません。

予約を取って、その場所まで行って、また数カ月後の予約を取って……の繰り返しです。

手間がかかると言えばそうですね。

またカミソリや毛抜きは非常に安価で、ドラッグストアやコンビニエンスストアなどで簡単に購入できます。

電気シェーバーや家庭用脱毛器などを購入するともう少し費用がかかりますが、それでもエステやクリニックに通うコストと比べれば、安く抑えることができるでしょう。

自己処理のデメリット

  • いつまでも処理し続けなくてはならない
  • 肌を痛める危険性がある
  • 毛が濃く見えたり、肌がボツボツになったりする

気づいたときにいつでも手軽に処理できるのが自己処理のメリットだと言いましたが、自己処理を続けているうちはずっと処理し続けなくてはなりません。

そう、自己処理に終わりはないのです!

クリニックやエステでの脱毛なら、短くて1年、長くても3年も通えば、かなりのムダ毛がなくなります。

でも自己処理はあくまでも表面の毛をカットするだけなので、いつまで続けても毛量は減りませんよね。

またカミソリや毛抜きを使うと肌を痛めますし、それを続けることによって毛が濃く見えたり、毛穴が目立って肌がボコボコになってしまいます。

管理人も、長らく続けた脇の自己処理で埋没毛や色素沈着に悩まされていました。

プロの脱毛を受けた今では、そんな悩みからも開放されて、ストレスフリーですよ。

おわりに

クリニックとエステ、どちらで脇脱毛すればいいの?

という人に向けて、それぞれのメリット・デメリットについてご紹介しました。

どちらがより優れているというわけではありませんので、ご自身の住んでいる地域や通う頻度、また予算などによって上手に選んでみてくださいね。

顔脱毛のメリットとデメリット

OKサインを出すエステティシャン

「顔脱毛してみたい!」

と思った人なら、インターネットを使ったり友達に体験談を聞いたり、いろいろと情報を集めてみようと思うはず。

そんな中で、良い話も良くない話も耳にすることになるでしょう。

顔脱毛にまつわる色々な噂

  • 顔脱毛したらヤケドの跡が残ってしまった
  • アザのようなものができた

などなど、インターネットにはそのような口コミも見られます。

「メリットがあるのは確かなんだろうけれど、怖い話も聞くし、どうしよう……」

悪い口コミを聞くと、ためらってしまいますよね。

顔はまわりから目につきやすいですし、自分の体の中でも特別なところです。

顔脱毛をして、万が一傷や跡が残ってしまったら?他にも危険はないの?と不安は尽きませんよね。

そこで、今回は顔脱毛に関するメリットとデメリットについてご説明していきます。

顔脱毛をしてみたい、でも不安……という方の参考になれば嬉しいです!

顔脱毛のメリット

まずは顔脱毛のメリットからご紹介しますね。

多くの女性が顔脱毛を希望するのには、それなりの理由があるんです。

どれも女性にとっては嬉しいことばかりなんですよ。

顔の色が明るくなる

普段はあまり意識しないかもしれませんが、うぶ毛が集まっていると顔色のトーンが暗く見えてしまいます。

うぶ毛の一本一本はうっすらとしていて、それほど目立つ存在でもないのに、なんだか不思議にも思えますよね。

いくらパッチリとした目でも、スッと通った鼻筋でも、肌がくすんでいれば魅力は半減してしまいます。

うぶ毛は女性の美しさにとって障害になる存在といえるのです。

顔脱毛をすることで、顔のうぶ毛がなくなりすっきりとした印象になります。

顔色のトーンが明るくなると、もっともっと魅力がアップしますよ。

<併せて読みたい記事>

家庭用脱毛器なら自宅で顔脱毛出来る?

化粧ノリが良くなる

化粧崩れしやすい、という悩みを抱える女性は多いものです。

じつはそれには顔のうぶ毛が関係しているのかも?

化粧をできるだけ崩れにくくするには、ファンデーションをぴったりと肌に密着させることが大切です。

しかしうぶ毛が生えていると、その密着度が下がってしまいます。

そのためうぶ毛が生えていると化粧ノリが悪くなり、化粧崩れしやすくなるんです。

顔脱毛によって余計な毛がなくなると、ファンデーションと肌の間に邪魔するものがなくなりますよね。

だからファンデーションがぴったりと肌に吸い付くようにフィットして、化粧崩れを起こしにくくなります。

メイク映えする顔になりますし、化粧直しの手間も減って一石二鳥です。

お化粧がもっと楽しくなるはずですよ。

毛穴が引き締まる

あたりまえのことですが、毛は毛穴から生えています。しっかりした毛が生えていればいるほど、毛穴が目立ってしまいますよね。

たとえばワキの毛。自己処理をしてもポツポツとした毛穴が目立ってしまい、完璧にツルツルにするのはとても難しいものです。

ですがエステやクリニックで脱毛したあとのワキは、徐々に毛穴が目立たなくなっていきます。あんなにポツポツが目立っていたのに、毛穴が引き締まると自然にキレイな状態に戻っていくのです。

顔脱毛にも、これと同じことが言えます。顔脱毛をすることで、これまでうぶ毛が生えていた毛穴が引き締まり、肌のキメが整います。

ムダ毛処理することで同時に美肌効果も得られるなんて、とても嬉しいですよね!

ニキビができにくくなる

ニキビの原因は毛穴の詰まりであることがほとんどです。

先ほども述べた通り、顔脱毛することによって毛穴が小さく、引き締まる効果があります。

すると毛穴に皮脂や汚れが入り込みにくくなるので、ニキビなどの肌荒れが起こりにくくなります。

自己処理の手間が省ける

ここまでは主に「美しく見えるようになる」メリットばかりでしたが、もっと現実的なメリットもあります。

それは、自己処理の必要がなくなることです。

いくらうぶ毛といえど、放置しておけばそのうち目立つようになってきます。

眉毛がつながって見えたり、ヒゲが生えてきたり……女性としては由々しき事態です!

これは化粧で隠しきれるものでもありませんから、カミソリやシェーバー、毛抜きなどを使って自己処理することになりますね。

しかし頻繁に毛の処理をしなければならないのは手間です。

それに忘れたり、処理漏れがあったりなんてことだってあり得ます。

キレイにしてきたつもりが、抜ききれなかった毛が一本ピョンと伸びている……なんて恥ずかしい経験をしたことのある女性もいるのでは?

また、自己処理は肌に与えるダメージも大きいです。

カミソリは肌を傷つける危険性がありますし、毛抜きで抜いたところが赤くなってしまうこともありますよね。

顔脱毛をすれば、そういった心配や手間ともサヨナラできますよ。

顔脱毛のデメリット

女性にとって嬉しいことだらけの顔脱毛ですが、デメリットもあります。

良いところだけを見て判断せず、デメリットもあわせてチェックしていきましょう。

ヤケドの危険性がある

非常に低い確率だとは言われていますが、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛は肌に熱を与える以上、ヤケドの危険性が0とは言えません。

医療レーザーの場合はパワーが強く、脱毛後は軽いヤケドを起こした状態になっていますから、特にケアが大切になってきます。

エステ脱毛の場合はそこまで強いパワーはありませんが、知識の乏しいエステでは出力を上げすぎてトラブルが起こったり……といったこともあるようです。

キレイになるための脱毛で、ヤケドなんてことになったら悲しすぎますよね。

そのようなことにならないよう、脱毛は信頼できるクリニックか脱毛サロンで行いましょう。

値段が安いから、という理由だけで選ぶと思いがけないトラブルに巻き込まれる危険がありますよ。

クリニックや大手のエステなら、脱毛後のケアについてもきちんと説明があるはずです。

ヤケドなどのトラブルになってしまった事例の多くは、粗悪なエステの対応や脱毛後のケアを疎かにした結果だとも言われています。

「相手はプロだから、任せていれば安心」と安易に考えず、自分自身でリスクを減らすための対策を行うのも大切なことです。

色素沈着が起こることがある

特に医療レーザーの場合が顕著ですが、脱毛後は肌に赤みが出たりピリピリとした痛みがあったりします。

これは肌が軽い炎症を起こしている状態だからです。きちんと保湿などのケアを行っていれば数日で治まるので、通常は心配いりません。

しかしその炎症によるダメージが原因で、赤みが引かずにそのまま色素沈着として肌に残ってしまう場合があるようです。

肌が弱い人や、もともと肌の色が黒い人、また日焼けをしている人などが起こりやすいようですので、心配がある場合は必ず事前に相談するようにしてください。

費用や、通う手間がかかる

こちらも現実的なデメリットを一つ挙げておきましょう。

脱毛が完了するまでは継続してエステなりクリニックなりに通う必要がありますので、自宅で自己処理を行うのに比べて通う手間がかかります。

また、カミソリや毛抜きで処理するのに比べて、費用が高額になるというのも見逃せませんね。

しかし脱毛が終わるまでは大変でも、終わってしまえばあとは楽になります。

一方、自己処理の場合はずっと続けていかねばなりません。

どちらがよりコストや手間がかかるのか、ある程度長期的な視野で判断する必要があるでしょう。

おわりに

顔脱毛のメリット、デメリットについてご紹介しました。

顔脱毛に興味のある方の、ご参考になれば幸いです。

どんなことにも良い面と悪い面は存在します。

どちらか片方だけを見て判断すると、いざトラブルが起こった際にどうしたらいいのかわからない!ということになりますので、事前の情報収集はしっかりと行なっておきたいところ。

  • 肌がキレイになりたい
  • なるべく処理にかかる手間を省きたい

こんな女性に顔脱毛は非常におすすめできます。

ですが稀に顔に跡が残ってしまう危険性もありますから、そのあたりまで考慮したうえで信頼できるエステ・クリニックを探しましょう。

顔脱毛するならクリニックかサロンか比較してみた

女性の顔アップ

自己処理ではなく、きちんとプロに脱毛をしてもらおう!と決意すると、最初に選ばなくてはならないのがクリニックかエステサロンか?ということです。

脱毛クリニックにも脱毛サロンにも、どちらにもメリット・デメリットが存在します。

ですから、一概に「こちらを選ぶのが正解!」とは言えません。

ですが、どちらかと言えばクリニックをおすすめします。

その理由をこれから詳しくご説明していきますね!

顔脱毛するならクリニックとサロンどっち?

すっかりおなじみの脱毛サロン

「脱毛といえばサロンで!」と考えている人は多いのではないでしょうか?

それくらい、今やサロンの脱毛は男性・女性を問わずポピュラーなものになりました。

男性であっても通いやすいように、男性専門の脱毛サロンも増えましたよね。

「男はムダ毛のことなんか気にしないもの!」

というのはもはや過去のこと。

現代の男性はヒゲやワキ毛、スネ毛の濃いことを気にして、エチケットとしてムダ毛処理をしています。

たしかに、あまりにボーボーの剛毛を生やしっぱなしの男性を見ると、少々「うっ」と感じることもありますからね。

男性にツルツルを求められることは少ないでしょうが、エチケットとして多少の処理は必要なのかもしれません。

というわけで、今や男性であってもムダ毛処理に気を遣う時代です。

それもこれも、サロンが通いやすい場所として認知されるようになったことが大きいのではないでしょうか。

脱毛サロンのメリット

価格が安い

サロンで脱毛するメリットは、なんといってもリーズナブルな価格です。

初回限定のコースなんかは、ワンコインで体験できるものもありますからね!

通常コースもどんどん価格が下がっていて、ワキくらいならタダ同然の料金でサポートが受けられるところも少なくありません。

「ワキ脱毛はずっと0円!」

なんてキャッチフレーズを、あなたも目にしたこともあるのではないでしょうか?

店舗数が多い

大手脱毛サロンであれば店舗数が多いので、通いやすいというのも見逃せません。

もし引っ越しなどでそのお店に通えなくなったとしても、引越し先に系列店があればそちらで通い続けることができますからね。

これは、全国区に店舗展開をしているサロンならではのメリットだと思います。

脱毛サロンのデメリット

もちろん、良いところだけではありません。

クリニック脱毛と比較した場合、サロンにはデメリットも存在します。

何度も通う必要がある

クリニックで使う医療レーザーと違い、サロンで使っているフラッシュ脱毛はパワーが弱いです。

医療機関でないエステサロンでは、クリニックほど高出力の機器を使用することは認められていないからです。

パワーが弱いということは、脱毛効果もその分弱いということになりますよね。

するとその分、脱毛効果が感じられるまで長く通う必要が出てきます。

特に顔脱毛の場合、その傾向がよりいっそう強くなるんです。

顔の毛を鏡で見てみればわかりますが、それほど太い毛ではありませんよね?

レーザーでもフラッシュでも、黒い色に反応して効果を発揮します。

濃くて太い毛の方が効果が出やすいのはそのためなんです。

しかし顔から生えている毛は、うぶ毛ですのでそれほど濃くも太くもありません。

ですから、他のムダ毛と比べると格段に脱毛効果の出にくい箇所なんです。

効果が感じられるまで長く通う必要がありますし、場合によっては効果を感じられないことだってあります。

万一のトラブルに対応できるスタッフがいない

クリニックは病院ですから、必ず医師がいます。

施術に入る前にも医師の診察があり、施術後何かあればすぐに医師に相談することができます。

しかしサロンの場合、それが期待できません。

たしかにサロンで行われるフラッシュ脱毛はパワーが弱いので、肌トラブルは起こりにくくなっています。

大抵の場合、心配はいらないでしょう。

でも、女性の肌はとてもデリケートです。

ホルモンバランスの乱れも起こりやすく、ちょっとした刺激がトラブルをまねかないとは言い切れませんよね。

それが顔に関するトラブルだったら、女性にとっては一大事です!

肌の弱い人は特に、より安心できるクリニックでの施術をおすすめしますよ。

クリニックの顔脱毛について

通いやすくなったクリニック脱毛

サロンと同様に、以前からクリニックでも脱毛を行うところはありました。

ただ今よりもずっと「病院」っぽさの強いところが多く、リーズナブルな料金や通いやすさなどにおいてサロンの方が上回っていたんですね。

「クリニックの方が良いのかもしれないけど、何と言っても高いし……」
という理由で、サロンに通う人も少なくありませんでした。

しかし最近では脱毛専門のクリニックや、定額コースを備えたクリニックなども増えてきており、良い意味で「クリニックのサロン化」が進んでいるように感じられます。

そのためクリニックの敷居が低くなり、通いやすくなりました。

クリニック脱毛のメリット

通う期間が短くて済む

顔脱毛に限らず、脱毛は何回か継続して通う必要があります。

それにしたって、できるだけ通う回数は少なくしたいものですよね。

クリニックで使用するのは医療機関でのみ使える医療レーザーで、その分脱毛効果が強いのが特徴です。

パワーが強い分、サロンと比べて短い期間で脱毛を完了することができます。

また、効果の出にくい顔のうぶ毛にも効きやすいのが大きなメリットの一つです。

いくら一回あたりの料金が安くても、いくら通いやすいところに店舗があっても、効果の感じられない脱毛を続ける意味はありません。

「しっかり効果が出る」ということは、何ものにも変えられないメリットになります。

施術可能部位が多い

顔脱毛と聞くと、顔のすべてを脱毛できるように感じられるかもしれませんが、じつはそうではありません。

顔は目や粘膜など脱毛に適さない部位が多く、クリニックやサロンによって施術できる部位が細かく決められています。

大体どこでも対応してくれるのが鼻下とアゴで、ここはもっとも顔脱毛のニーズが高い部位になります。

しかし意外と気になるのが眉毛。

眉毛は目に近い場所なので、施術できるところはかなり限られてきます。

自分がどこまで脱毛したいのか?ということを明確にしておき、それに対応できるクリニック・サロンを選ぶ必要がありますよ。

医師による診察で安心

クリニックで脱毛を受ける前には必ず医師による診察、カウンセリングがあります。

日本人女性の7割以上が「肌について悩みがある」と答えたとも言われるほど、現代の女性は肌に何らかのトラブルを抱えています。

特に顔ともなれば、いっそう気にかかるところです。

脱毛で大きな事故につながったというニュースを見かけたことはありませんが、やはり心配になりますよね?

そういった相談もしっかり聞いてもらえますし、何かあった場合でもすぐに診察してもらえるのは心強いです。

クリニック脱毛のデメリット

クリニックの数が少ない

脱毛専門のクリニックや、お得な料金プランを用意しているクリニックはたしかに存在しますが、大手サロンと比べると圧倒的に院の数が少ないというのが現状です。

しかも人気の高いクリニックはほとんど関東圏の都市部に集中しており、地方に住んでいる人や引っ越さなければならない人などが通うのは難しいでしょう。

物理的に通えないという場合、クリニックを選択することはできません。

この点においては店舗数が多いサロンに軍配が上がります。

<地方にも支院が多いクリニックはこちら>

共立美容外科の脱毛の料金・口コミ

料金が高い

たとえば脱毛で人気の高いアリシアクリニックでは、「通い放題コース」などお得な料金プランが存在します。

しかしどのクリニックにもあるかと言えばそうではありません。

やはりサロンと比べるとクリニックの料金設定は高い傾向にあります。

しかし脱毛効果が高いので、若干割高であってもトータルで見ればサロンよりもお得だということもあります。

パッと見の安さに惑わされず、本当の価値を見定めるようにしてください。

おわりに

顔脱毛をするならクリニックかサロンか?ということで比較してみました。

おすすめはクリニックですが、近くに顔脱毛ができるクリニックはない!という人もいるでしょう。

その場合はサロンでのデメリットを考慮しつつ、上手に選ぶようにしてください。

見た目の安さや広告の派手さに惑わされずに、自分に合ったクリニック・サロンを選んでくださいね。

もみあげ・おでこ・眉毛の顔脱毛やってみた人の声まとめ

女性の眉毛アップ

顔脱毛の中でも、できる施設が限られているのがもみあげ・おでこ・眉毛。

それだけ施術の難易度が高いとも言えるので、トラブルや値段などが気になるところですよね。

というわけで、実際にやってみた人の体験談を集めてみました。

もみあげの脱毛をやってみた人の声は?

10代の頃からずっともみあげがコンプレックスになっていました。

友人に言うと「もみあげがコンプレックスなんて聞いたことないよ!」と笑われるのですが……。

わたしのもみあげは他人と少し違った形をしているし、毛も濃いんです。

それがすごく気になってしまって、髪型にもずっと気を遣ってきました。

ショートヘアや髪を結ぶのはもちろんダメ。

ロングでおろしておけば?とも思ったけれど、つい耳にかけてしまい、もみあげがもろに出てしまうのでやはりダメ。

最終的に、いつもショートボブにしていました。これならもみあげが目立たないので。

まわりの女の子達のようにいろいろな髪型を楽しみたいと思うこともありましたが、どうしても、もみあげを見られるのが嫌で踏み切れなかったのです。

最近になって、もみあげも脱毛できるということを知り、すごく驚きました。

エステサロンへ行くのは初めての経験でしたが、藁にもすがる思いというのはまさにこのことを言うんだと思いましたね。

単純に毛の量を減らすだけでなく、好きな形に整えることもできると聞いてまたビックリ!

毛の量だけでなく、形にもコンプレックスがあったわたしには、何より嬉しい事実でした。

全部で5回ほど施術を受けてみて今思うのは、もっと早くに知りたかったということです。

あれほど見せるのが苦痛だったもみあげですが、今ではもうすっかり気にならなくなりました!

どんな髪型もできるようになり、おしゃれが楽しいと感じます。

脱毛との出会いがわたしの人生を変えたと言っても、過言ではありません。

同じような悩みを抱えている人がもしいれば、ぜひ脱毛にチャレンジしてみてほしいと思います!

おでこの脱毛をやってみた人の声は?

顔全体にうぶ毛がたくさん生えていて、顔色がくすんで見えてしまうのが気になっていました。

鼻下やあご、眉毛あたりを気にする人は多いでしょうが、わたしの場合はおでこも悩みのタネ。

髪の毛が生えているあたりにうぶ毛が多く、おでこが狭く見えてしまうんです。

そのせいでアップスタイルが似合わなくて……。友達に「おでこせまくない?」なんて笑われるのも、すごくイヤでした。

かと言ってワキの毛のように自己処理するのも難しくて、ずっとそのままに。

ずっとこのままなんだろうなって思っていたのですが、芸能人の方がおでこの脱毛をしたという話をネットで見て、これだ!って思ったんです。

その人は余計なうぶ毛を脱毛でなくして、理想的なおでこを手に入れたと話していました。

それならわたしの狭いおでこも、誰に見られてもおかしくないキレイなおでこに生まれ変われるかもしれないと思い、おでこ脱毛をしてくれるところを探したんです。

デザインが大事なので、じっくりバランスを見ながら脱毛を進めたいと思いクリニックではなくエステに決めました。

回数は12回くらいだったかな。これくらいが平均的な回数だと、エステティシャンの方から聞きました。

期間にすると2~3年くらいかかってしまうのでかなり時間を必要としますが、それで長年のおでこコンプレックスを解消できるなら、なんてことはありません。

3年間エステに通う手間よりも、自分のおでこを他人に見られたくないと思いながら生きていく方がよほどツライですからね(笑)。

おでこ脱毛のおかげで、今は自分の顔にも自信が持てるようになりました。

すると不思議なことに、友達に「なんか性格明るくなったよね」と声をかけられることが増えたんです。

自分では気づかないうちに、コンプレックスを気にして気持ちが塞いでしまっていたのかもしれないですね。外見だけでなく、内面まで変えてくれた脱毛には感謝しかないです!

眉毛の脱毛をやってみた人の声は?

ナチュラルな太眉がブームになってしばらく経ちますね。

でもあくまでもお手入れされたナチュラルさがオシャレなのであって、生えっぱなしのボーボー眉毛はオシャレじゃないんですよね。

わたし、昔から眉毛が太くてゲジゲジなのが悩みでした。

女なのに、油断すると眉毛がつながってしまうんですよ。

子どもの頃はそれで男の子にからかわれたりもしましたしね。

大人になったら絶対に脱毛する!と決めていたんですが、意外にも眉毛の脱毛ができるところって限られているんです。

特に眉下にいたっては、ほとんどのサロン、クリニックで対応していません。

やっぱり目の近くだから、リスクが大きいんでしょうね~。

フラッシュやレーザーを照射するヘッドが大きいので、ピンポイントに眉下に当てるのは難しいんだそうです。

憎い毛はなくしてしまいたいけれど、さすがに失明なんてことになっては困るので、施術を受けるところはかなり厳選しました。

そんなわたしが選んだのはアリシアクリニック。

<アリシアクリニックの詳細はこちら>

アリシアクリニック

脱毛し放題コースがあるのが決め手になりましたが、眉毛の場合は4~6回程度で大体完了できるということだったので、結局は5回コースを選択しました。

眉毛まわりが22,000円、眉間が16,500円です。

今3回終わったところですが、かなり効果を感じています!

濃くて太くてゲジゲジだった眉毛が、少しずつナチュラルな太眉になっていって、オシャレ感が増してきました。

レーザーで完全になくしきれなかった場合は、一本一本処理する電気脱毛を検討しています。

電気脱毛なら眉下の脱毛にも問題なく対応できますからね。

気になる痛みですが、かなり痛い!というのが正直な感想です。

追加料金はかかりますが、痛みに弱い人は麻酔を使った方がいいかもしれません。

クリニックで相談してみてください。

もみあげ・おでこ・眉毛の顔脱毛の声からわかること

顔はワキに次いで「やってよかった」と思う人の多い脱毛部位だと言われています。

人から一番よく見られるところなので「ムダ毛が生えていないかしら?」とすごく気になるところですし、メイクのりも良くなるので化粧直しの手間も省けます。

毛穴が小さくなって、肌がキレイになるという嬉しい効果もあるんですよ。

実際に脱毛した人の声をもとに、もみあげ・おでこ・眉毛の顔脱毛についてまとめてみましょう。

  • 目に近い部分は施術できる施設が限定されている
  • 難易度が高く、リスクもあるため、信頼できるクリニック・大手エステで施術を受けるべき
  • けっこう痛い!
  • 「やってよかった」という高い満足感が得られる
  • キレイになることで自信がつく

顔は特にデリケートな部分のため、何と言ってもトラブルが心配ですよね。

キレイになるための脱毛で、色素沈着やヤケドなどのアクシデントは避けたいものです。

そのようなリスクを回避するためにも、信頼できるエステサロンやクリニックを選ぶことを強くおすすめします。

また痛みが強いというデメリットがありますが、クリニックなら麻酔が使えますので活用しましょう。

麻酔は追加料金がかかるので、あらかじめその分も予算として考えておくと、思わぬ予算オーバーも防げますよ。

費用がかかったり痛みが強かったりと、何かと大変な顔脱毛ですが、得られるメリットは非常に大きいです。

毛の自己処理が必要なくなるのはもちろんのことですが、肌がキレイになる、自分に自信がつくなどプラスアルファの効果も見逃せません。

長年のコンプレックスが解消されたという声も多く聞かれます。

毛について悩みを抱えている人は一度顔脱毛を検討してみると良いですね。

顔脱毛は何回やればいい?期間はどれくらい?

女性の口元アップ2

いざ顔脱毛を始めよう!と思っても、どれくらい通えばいいのか?何回くらい行けば効果が実感できるのか?気になりますよね。

通えばそれだけお金がかかるので、始める前にあらかじめ知っておきたいもの。

そこで今回は顔脱毛にかかる回数や期間について説明していきます。

脱毛は一回だけで終わりじゃない?

ムダ毛って剃っても剃っても、抜いても抜いてもいつの間にか生えてきて、もう自己処理はイヤ!って思いますよね。

そこでエステやクリニックへ脱毛しに行こうと決意して、いざホームページを見てみると……「◯回コース」なんて料金表を見て「エッ?」と思った経験はありませんか?

「脱毛って一回じゃ終わらないの?」

「じゃあどれくらい通えば効果が出るの?」

そんな疑問が生まれるのもあたりまえですよね。

脱毛に限らず、終わりが見えないって不安なものです。

それに、いくら昔よりも脱毛が安くなったとはいえ、お金を払って施術してもらうんです。

通えば通うほどお金がかかるわけですし、エステやクリニックごとの料金を比べるうえでも、一体何回くらい通えば良いものなのか?ということは把握しておきたいですよね。

ただ毛の抜け方には個人差があるため、エステやクリニックでもはっきりとしたことは提示していないことが多いです。

そこで、どれくらいの期間通えば脱毛できるのか?について調べてみましたよ!

脱毛には毛周期が深く関わっている!

まず、どうして脱毛には何度か通う必要があるのかを知っておきましょう。

わたし達がムダ毛として意識しているのは、じつは毛の一部なんです。

というのも、毛は一定のサイクルで生え変わりを繰り返しています。

毛には「休止期」「成長期」「退行期」という三種類の期間が存在します。

休止期は毛が抜けて、何もない状態。

成長期は毛が生え、成長している状態。

そして退行期は、毛の成長が止まり、抜けていく状態をさしています。

この三つをまとめて毛周期と呼んでいます。

一度生えてきた毛は処理をしなければずっと生えっぱなしのように感じられますが、じつは抜けて、新しく生えてを繰り返しているんです。

エステで使用される主な脱毛方法は光(フラッシュ)脱毛、クリニックではレーザー脱毛ですが、いずれにしても生えている状態の毛に反応して脱毛効果を出します。

三つのサイクルの中で言えば、成長期にあたる毛にアプローチする方法なのです。

個人差がありますが、毛周期はおよそ2ヶ月半くらいのサイクルで繰り返しています。

脱毛のタイミングを2~3ヶ月ごとと指定されることが多いのはこのためです。

毛周期に合わせて通う必要があるため、一度の脱毛ではすべての毛をなくすことはできないのです。

<併せて読みたい記事>

顔脱毛の料金相場

もちろん毛の濃さや量には個人差がありますので、通う回数は人によって違います。

でも、毛周期は誰にでも存在するので、一度でツルツルになることはほぼ不可能でしょう。

一回脱毛しただけではツルツルにはなれないということをご理解いただいたうえで、次はエステとクリニックごとの通う目安についてご説明していきます。

【顔脱毛の回数・期間】エステサロンの場合

エステサロンでの脱毛は、今やとてもポピュラーなものになりました。

ひと昔前は、「エステは高いし、お金持ちだけが行ける場所」というイメージがありましたが、今やすっかりそんなイメージは払拭されました。

非常にリーズナブルな料金設定がされており、「脱毛は一般女性のスタンダード」となりつつありますよね。

エステで使われる脱毛方法は、主に光(フラッシュ)脱毛と呼ばれるものです。

クリニックで使われるレーザーと違ってゆるやかな出力で、パワーが弱いかわりに肌に優しく、痛みやトラブルが起こりにくいという特徴があります。

エステで脱毛を行った場合、効果を実感~脱毛完了までの目安は以下の通りです。

  • 脱毛効果を実感できるようになる:3回くらい
  • 自己処理が楽になったと感じる:6回くらい
  • 脱毛完了:12~18回くらい

個人の毛量や毛の濃さ、また肌質などによって異なりますが、平均するとこのようになっています。

部位にもよりますが、エステで用意している脱毛プランには10回未満のものが多いため、ある程度回数を重ねたら追加で施術が必要かどうかについても考えていかねばならないと思います。

出力が弱いので、医療レーザーよりも長く通う必要があるのがデメリットですね。

値段が安いと思っても結局追加料金が発生して高くついてしまった……ということもありますので、追加照射の割引があるかなど、事前によく調べておくことをおすすめします。

【顔脱毛の回数・期間】クリニックの場合

クリニックで使用する医療レーザーは、エステのフラッシュ脱毛に比べて出力が高く、パワーが強いのが特徴です。

施術後すぐは肌の赤みやヒリヒリとした痛みを感じることがあり、施術中もやや痛いというデメリットがあります。

しかし、トラブルがあってもすぐ医者に相談できる環境が整っているのは安心できるポイントです。

医療レーザー脱毛の場合は、エステ脱毛よりも効果を実感できるのが早い傾向にあります。

通う回数の目安は以下の通りです。

  • 脱毛効果を実感できるようになる:1~3回くらい
  • 自己処理が楽になったと感じる:3~6回くらい
  • 脱毛完了:8~10回

総じてエステのフラッシュ脱毛と比べて早い段階で効果を感じられるはずです。

もとの値段についてはエステよりも若干高めのことが多いですが、通う回数が抑えられる分、トータルコストとしてはクリニックの方が安くつく場合もあります。

どちらがより自分にとってメリットがあるか、よく調べてから決めるのが良いでしょう。

うぶ毛は脱毛しにくい?顔脱毛だけの注意点

一般的な脱毛も顔脱毛も、基本的な考え方は同じです。

しかし顔脱毛の場合、他の部位よりももっと通う期間が伸びる可能性があります。

それは顔の毛がうぶ毛だからなんです。

ワキの毛はしっかりとした太い毛ですが、顔から生えるのは薄くてやわらかいうぶ毛。

フラッシュにしてもレーザーにしても、黒い色に反応を起こす仕組みになっているので、しっかりした毛であればあるほど脱毛しやすいんです。

その意味では、顔の脱毛というのは非常に効果が出にくい脱毛箇所です。

特にエステで使われるフラッシュ脱毛の場合、顔脱毛の効果がほとんど感じられなかったという口コミもあるくらいなんですよ。

エステではダメだったけれど、クリニックで医療レーザーを受けてから顔の毛が薄くなってきた!という人も多いようです。

しかしいずれの場合においても、予想よりも脱毛完了までに期間がかかることが十分あり得ます。

せっかく長い期間通っても、肝心の脱毛効果が感じられなければお金がムダになってしまいますよね。

そのようなことのないように、最初のカウンセリングの段階で納得いくまで話を聞きましょう。

誠意のある回答が得られない、なんとなくモヤモヤする……という気持ちがあれば、そこでは契約しない勇気も必要です。

おわりに

顔脱毛の回数・期間について、もう一度まとめておきましょう。

  • 脱毛は一度では完了しない
  • 毛周期に合ったスパンで通う必要がある
  • 完了まで10回くらい通うことを予想して、契約コースや追加照射の料金などを調べておくと良い
  • 顔の毛は薄いため、ワキやウデアシなどの脱毛と比べて時間がかかることがある

エステとクリニックにおける回数・期間の違いは以下の通りです。

【効果が実感できるようになる目安】
  • エステ:3回くらい
  • クリニック:1~3回くらい
【自己処理が楽になる目安】
  • エステ:6回くらい
  • クリニック:3~6回くらい
【脱毛完了目安】
  • エステ:12~18回くらい
  • クリニック:8~10回くらい

エステでもクリニックでも、何度か通うことを考慮した契約プランが用意されています。

しかし、それだけでは足りない場合、もしくは人によっては多すぎる場合もあります。

足りなかった場合は追加照射する必要が出てくるので、その場合にお得な料金を選べるかどうかなども事前にしっかりと確認しておきましょう。

また、必要以上に高いプランを契約することのないよう、お客目線でアドバイスしてくれるエステやクリニックを選ぶことも大切です。

鼻下・口周り・産毛の顔脱毛やってみた人の声まとめ

女性の口元アップ

ワキや腕、足などの脱毛はやっている人が多い印象ですが、顔の脱毛はどうでしょうか?

気にはなるものの、まだそこまで……という人も多いですよね。

そこで実際に鼻下・口周り・産毛の顔脱毛をやってみた人からの口コミをまとめてみました!

鼻下の脱毛をやってみた人の声は?

Aさん(30代前半女性)の場合

もともと体毛が濃いのがコンプレックスになっていて、脱毛して毛がなくなれば自分に自信を持てるようになるかと思い、手始めにスタートしたのがワキ脱毛。

毛が濃いため最初は少し痛みがありましたが、耐えられないほどのものではありませんでした。

なんといっても、これで長年のコンプレックスが解消できるのなら!という思いで必死でしたね。

その甲斐あって、ワキはつるつる、すべすべに。

こうなるとどんどんキレイになりたくなっていきます。

そこで気になりだしたのが顔脱毛です。

特に鼻下は、処理をしないとヒゲが生えてしまうんです。

もちろんうぶ毛なので、男性ようなヒゲにはなりませんが、女性としてはものすごく恥ずかしい!

「顔脱毛は効果が出にくく、痛い」という噂があったので不安でしたが、思いきってやってみました。

まず最初に説明を受けたのが、ほかの脱毛よりも時間がかかるということ。

ワキやVラインなんかと比べると毛が薄いので、すぐに完了するのでは?と思っていたんですが違うんですね。

脱毛のエネルギーは黒い部分に反応するから、濃くて太い毛であればあるほど、脱毛しやすいんですって。

つまりうぶ毛の場合、なかなか脱毛できないってことなんです。意外……。

完了までには10回以上かかる場合がほとんどで、納得できるまで20回近くしたなんて話も聞きました。

とにかく長いおつき合いになるので、料金はもちろん、通いやすさやスタッフさんとの相性も大切だと痛感しました。

通っていたサロンのスタッフさんは良い方でしたが、私の毛が濃いせいかあまり効果が出なかったんです。

クリニックのレーザー脱毛ならばどうか?ということで、途中で移りました。

レーザーに変えてからは効果が見え始め、すごく嬉しいです。

フラッシュと比べると痛みが強いですが、我慢できないほどではありませんし、いざとなれば麻酔もありますから安心でした。

エステサロンで効果が出ない方には、クリニック脱毛もおすすめです。

Bさん(20代後半女性)の場合

彼氏から「ヒゲ生えてる!」と言われたのがとてもショックで、それ以来ずっと自己処理を欠かすことはありませんでした。

でも、自己処理って面倒だし、あまり肌に良くないんですよね。

生理前になると、肌荒れしてしまうことも多かったです。

そんなときに友人から「顔脱毛してみたら?」と提案されて。

それで気になって調べてみたんですね。

エステやクリニックごとに施術できる部位に違いがあるようでしたが、わたしが特に気になっている鼻の下ならどこでもやってくれるみたいでした。

気になるのは値段や回数ですよね。ネットでは「3回の脱毛でかなり気にならなくなってきた!」なんて口コミも見かけましたが、そんなに早く?という疑問が大きかったです。

気になったことはとことん追求しないと気がすまないタチで(笑)、さっそくカウンセリングの予約を取って近所の某エステへ。

すると言われたのが「個人差がありますが、6回程度で効果を実感できる人が多い。完了までには12回前後かかることが多く、人によってはそれ以上も」ということだったんです。

やっぱり3回というのはよほどその人が特別だったか、もしくはデタラメか……。

いずれにせよ、期待のし過ぎは禁物ということです。

ちなみに料金ですが、そのエステでは、8回通って14,070円でした。

高いな~というのが真っ先に浮かんだ感想でしたが、この先ずっと自己処理を続けていくのも嫌だったので、思いきってそのまま契約することに。

予約が取りにくいと言われるサロンでしたが、タイミングが良かったのかな?それほどでもなく、すんなりと希望日で予約を入れることができました。

寒い時期だったのも良かったのかも。

やっぱり、薄着の季節が近づいてくると脱毛サロンは混み合うらしいです。

駆け込み施術希望者が増えるんでしょうね。

脱毛効果が出るのには時間がかかるので、暑くなってから焦って始めても意味がないような気がするけど。

鼻下の脱毛を始めてまだ数回ですが、明らかに薄くなった!と思えるような効果はまだないです。

ただ若干生えてくるのが遅くなったかな?と思うことは増えてきました。

それだけでも、自己処理がぐっと楽になるので助かりますね~。

これからもっと毛が少なくなっていくのかと思うと、やっぱり楽しみですね!

私のように顔の毛に悩んでいる人は、一度検討してみるといいかもしれません。

口周りの脱毛をやってみた人の声は?

Cさn(30代前半女性)の場合

鼻下やあごのあたりなど、うっすらとうぶ毛が生えているのがずっと気になっていました。

そんなときに「顔脱毛をすると毛がなくなって、且つ肌がきれいになるのでいい事ずくめ!」と聞いてチャレンジすることにしたんです。

すでに脱毛は完了したのでレポートします。

本当に楽になりました!うぶ毛って目立たないですけど、思った以上に存在感のあるヤツだったんですね~。

肌にファンデーションが密着して化粧ノリがよく、化粧崩れも起こしにくくなったんです。

わたしはどちらかといえばオイリー肌で、化粧直しの回数が多いのですが、それでも回数が格段に減って嬉しい悲鳴です。

それに、これはサロンの方に言われたことなのですが「脱毛をすると毛穴が小さくなりますよ」と。

これも、すごく実感しています。

もちろん毛穴は目には見えませんが、全体的に肌色が明るくなって、つるつる肌になりました。

オイリー肌なのもあってニキビや吹き出物ができやすく、特に口周りの肌トラブルにはずっと悩まされていたんですね。

毛穴が小さくなったことで、肌全体がキュッと引き締まったようになり、肌トラブルがぐんと少なくなりました。

長年ニキビに悩まされてきたわたしにとって、これは毛がなくなった以上に嬉しいかもしれません。

痛みについては、正直ありました。

個人差が大きいそうで、ケロッとしている人もいるらしいですが、わたしはけっこう痛かったです……。

最初の何回かはビシッビシッと輪ゴムではじかれたような痛みが続いて、苦痛でした(笑)。

回数を重ねるごとに毛が薄くなるので、徐々にその痛みも減っていきましたけどね。

慣れもあったのかな?

でも耐えられないほどの痛みではありませんでしたよ。

その痛みの先にストレスフリーの生活が待っていると思ったから耐えられました。

鼻下・口周りの顔脱毛の声からわかること

実際に鼻下・口周りのうぶ毛の脱毛をした人の体験談から、わかることをまとめてみましょう。

必要な回数は?

12回前後をひとつの目安として考えておけば良さそうです。

ただしどの部位にも言えることですが、脱毛の効果の表れ方は非常に個人差が大きく、ある人はたった1回で効果を実感できたけれど別の人は3回やってやっとわかってきた……ということは珍しくありません。

毛の生え方、量などは人によってさまざま違いますから、仕方のないことだと言えるでしょう。

さらに鼻下、口周りといった顔の毛の場合、うぶ毛であることが大きな注意点になります。

脱毛機器の仕様上、薄い毛というのは脱毛するのが難しいんですね。

光やレーザーのエネルギーが伝わりにくいためです。

そのため中には20回以上施術を受けたという口コミも見られるほどです。

予想以上に多く通う必要も考慮して、あらかじめ予算を組んでおくことが必要です。

また、通いやすいエステやクリニックを選ぶことも大切ですよ。

かかる費用は?

ワキやアシウデなどに比べて高額になることがほとんどです。

参考までにミュゼでは、鼻下とあごがSパーツになり、それぞれ12回で36,000円ずつかかります。

費用面だけ見ると迷ってしまいますが、顔脱毛を終えた人の意見としては「やってよかった!」というものが大半です。

処理が楽になる、肌がきれいに見えるようになるなど、女性に嬉しい効果がたくさんあるからですね。

本契約を決める前に、担当者と費用面についてもきちんと相談しましょう。

ここで焦って契約させようとする態度を見せるエステはやめておいたほうが無難かも。

長くおつき合いのできる相性の良いところを探すことをおすすめしますよ。

痛みは?

個人差がありますが、「すごく痛かった」という人もいれば「まったく痛みを感じなかった」という人も。

毛が密集している部分であったり、もともと毛が濃い人は強く痛みを感じる傾向にあるようです。

あまりに痛みが強い場合は担当者に伝えることで、何らかの対処をしてもらえることもありますよ。

クリニックの場合は麻酔も使えますので、検討してみてはいかがでしょうか。

顔脱毛の料金相場

お財布を持っている女性

自分の体のなかで、もっとも人から目につき、もっともケアに気を遣うところといえば、やっぱり顔ですよね。

女性の場合は特に、日々のスキンケアやメイクはもちろん、より魅力的に見える表情作りの研究まで欠かさない!という人だっているでしょう。

ですがそんなふうにがんばっても、どうもパッとしない……そんなときは、一度「顔の毛」をチェックしてみましょう。

顔の毛ってあまり気に留めないかもしれませんが、よく見るとうぶ毛がたくさん生えています。

化粧ノリに影響していたり、肌がくすんで見える原因になっていたり……。

それではせっかくメイクや笑顔でキレイにしていても、魅力が半減してしまいます!

そこでおすすめしたいのが顔脱毛です。

顔脱毛の料金って、いったいどれくらいなの?

自己処理よりも確実で、安全。そしてなんといっても肌がキレイになる!と、美容への関心が高い女性の間で人気が高まっています。

「でも、エステやクリニックの脱毛ってなんだか高そう……」

そんなイメージがありますよね?

行くだけで高い商品を買わされたり、超高額なプランを契約させられたり、なんだか怖いのでは?と、ちょっと躊躇してしまうかもしれません。

そこで、今回は気になる顔脱毛の料金について調べてみました!

「顔脱毛してみようかな?」という方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

顔脱毛のできるおすすめエステ

ジェイエステティック

ジェイエステは1979年創業、美を追求し続けて38年!というベテランのエステサロンです。

ジェイエステは脱毛のほか、フェイシャルエステや痩身エステなども扱うトータルエステですが、ホームページを見るともっとも推しているのが脱毛のようです。

やっぱり、女性を中心に脱毛の需要はますます高まっているのでしょうね。

顔脱毛可能部位

  • おでこ
  • 目元
  • 両ほほ
  • 口まわり
  • フェイスライン
  • あご

ジェイエステでは6箇所の脱毛が可能です。お手入れ後にはヒアルロン酸によるトリートメントが受けられます。

料金設定

フェイス6プラン・・・おでこ、目元、両ほほ、口まわり、フェイスライン、あごの6箇所×4回に両ワキ12回コースをプレゼントで36,000円

顔脱毛を契約すると、ファーストフェイシャル無料体験もついてくるのでお得ですね。

このほか、6回、8回、12回、18回のお得なプランも別途用意されています。

さらに追加で脱毛を希望する場合、パーツごとの契約も可能です。

おでこ、目元、両ほほ、口まわり、フェイスライン、あごの6箇所はすべて「Sパーツ」になり、料金は以下のようになっています。

  • 1~3回:2,500円/回
  • 4~7回:2,000円/回
  • 8~100回:1,800円/回

また、はじめてジェイエステを利用の方限定のフェイス6プランも用意されており、その場合は6箇所を2回ずつ、5,000円で体験できます。

脱毛に必要な回数は平均で8~12回!

ジェイエステでは脱毛の効果が出るまでの期間を「2~3ヶ月に1回ペースで通った場合、平均で8~12回」としています。

顔のうぶ毛は脱毛の効果が出にくいと言われているので、個人差はありますがフェイス6プランのみでは完全にツルツルとまではいかないでしょう。

はじめから回数の多いプランを契約するか、必要に応じてパーツごとの契約が必要になるのでは、と思います。

毛量や毛質によって変わってくるので、事前のカウンセリングの際にしっかり相談しておきましょう!

ジェイエステの店舗数

ジェイエステは全国に100以上の店舗があります。比較的アクセスの良い場所にあることがほとんどですので、通いやすいのはメリットの一つです。

<併せて読みたい記事>

ジェイエステ

ミュゼプラチナム

多くの女の子から選ばれています!とホームページ内でPRしている通り、脱毛サロンといえばミュゼプラチナムほど認知度の高いエステサロンはないかもしれませんね。

店舗数・売上では5年連続ナンバーワンを記録。顧客満足度も3連続でナンバーワンです。

すごいですね!

そんなミュゼですが、顔脱毛に関してはちょっぴり注意が必要ですよ。

顔脱毛可能部位

  • 鼻下
  • あご

ミュゼで脱毛ができるのは、鼻下とあごの2箇所のみです。

先に紹介したジェイエステや、その他のエステと比べても、かなり限られた部位のみしか施術ができません。

顔脱毛のなかでもっとも人気のあるところが鼻下なので、とりあえずそこだけ脱毛できればいい……という場合は問題ないでしょうが、「どうせなら気になるところは全部脱毛したい!」という際には他のサロンを選んだ方が良いかもしれませんね。

料金設定

脱毛可能部位が鼻下とあごのみということで、顔脱毛用のプランは特に用意されていません。

鼻下とあごはどちらも「Sパーツ」に属するので、脱毛する場合はSパーツの料金プランを契約します。

  • Sパーツ8回セット:12,000円

脱毛の仕上げにはプラセンタエキスを配合したミルクローションで、脱毛後のお肌をしっとりとケアしてくれますよ。

ちなみにこのローションは無料なので、追加料金などは一切かかりません。ご安心くださいね。

「エステといえばゴリゴリの営業がとにかくヒドイ」
「契約するまで帰してもらえない」

実際にそんなエステが多かった頃から、ミュゼは「お客様の望まない押し売りは一切しません!」という理念を掲げていました。

実際にミュゼではそれが徹底されていたからこそ、ここまで多くの女性から支持されるエステサロンになったのでしょうね。

顔脱毛の種類は少なめですが、ほかにもお得なプランがたくさん用意されています。

店舗数は全国180以上と、さすが業界ナンバーワン!という多さ。

あなたの自宅、職場から通いやすい場所にもきっと見つかるはずです。

<併せて読みたい記事>

ミュゼプラチナム

顔脱毛のできるおすすめクリニック

アリシアクリニック

アリシアクリニックは「笑顔をつくるクリニック」というコンセプトの美容クリニック。

中でももっとも人気のあるメニューが医療脱毛です。

病院とはいえ美容に特化しているのでエステサロンのように入りやすく、それでいて清潔感のある院内に安心感があります。

アリシアクリニックは医療レーザー脱毛を受けられるクリニックとしては非常に人気が高く、エステの光脱毛で満足できなかった人も多く通っていますよ。

顔脱毛可能部位

  • 鼻下
  • 口下
  • あご
  • 両ほほ
  • おでこ
  • 眉毛
  • 眉間

照射可能な部位がかなり多いのが特徴の一つです。とくに眉間の施術OKなのが高ポイント!

眉間はわりと濃いめの毛が生えてくるのでコンプレックスに感じている人が多い部分ですが、対応しているエステ・クリニックともに少ないのが現状です。

アリシアクリニックでは他ではあまり見かけない眉間、首などもしっかりカバーしてくれるのが嬉しいですよ。

料金設定

  • 5回コース:144,300円(月額4,700円)
  • 8回コース:204,240円(月額6,700円)
  • 脱毛し放題コース:276,960円(月額9,100円)

アリシアクリニックには脱毛し放題コースがあります。脱毛し放題コースと謳っていても、顔だけは除くというエステサロンもあるなかで、これはとても嬉しいですよね!

顔脱毛は効果の出にくいところなので、定額料金で通えるというのはかなりの強みだと言えます。

<併せて読みたい記事>

アリシアクリニック

リゼクリニック

リゼは全国に15院ある美容皮膚科クリニックです。

基本的には脱毛を専門としているため、リゼのスタッフは脱毛のプロフェッショナルばかり。

だからこそ安心しておまかせできるんですね。

脱毛の良さも伝えつつ、脱毛の仕組みやリスクについてもしっかりと伝えてくれる、その真摯な姿勢に好感が持てます。

顔脱毛可能部位

  • おでこ
  • 両ほほ
  • 鼻下
  • あご
  • あご下

アリシアクリニックほどではありませんが、リゼクリニックでも主要なところは脱毛可能です。

しかし眉毛には対応していないため、眉毛の脱毛を考えている方は慎重に選びましょう。

料金設定

顔全体5回プラン(あご下を除く)・・・98,800円

また、パーツごとのプランは以下の通りです。

  • 額脱毛5回・・・29,800円
  • 頬脱毛5回・・・39,800円
  • 鼻下脱毛5回・・・29,800円
  • あご脱毛5回・・・39,800円
  • あご裏脱毛5回・・・29,800円
  • 鼻下+あご5回・・・59,800円
<併せて読みたい記事>

リゼクリニック

おわりに

顔脱毛について、特に人気のあるエステサロンとクリニックの料金をまとめてご紹介しました。

この中で、もっともおすすめなのが「アリシアクリニック」です。

なんといっても施術部位が多く、また通い放題コースが契約できるのも大きいですね!

アリシアクリニックは関東圏を中心にいくつかの院がありますので、お近くにお住まいの方はぜひご検討ください。”

家庭用脱毛器なら自宅で顔脱毛出来る?

顔に脱毛器を当てている女性

「顔脱毛を考えているけど、エステは高くて通えない……」
「子どもがいるから、エステやクリニックに通う時間を取るのもひと苦労」

そのような悩みを抱えている方はたくさんいらっしゃいます。

もう自己処理の時代ではない、ムダ毛処理はエステやクリニックで済ませるもの!

なんて声高に言われていますが、そう簡単にできないよ!という人だって少なくありません。

そうは言っても、ムダ毛を放置しておくわけにはいきませんよね。

顔のムダ毛処理、どうしていますか?

ワキやアシ、ウデならば、ひとまずは露出の増える季節だけ気にしていればいいかもしれません。

しかし顔の場合、オールシーズンで人目についてしまいます。

ムダ毛が生えていれば、人から指摘されて恥ずかしい思いをすることもあるでしょう。

それに何と言っても鏡で見るたびに「わたしって毛深い……」とため息をつきたくなる気持ち、想像しただけで切なくなります……。

今はエステやクリニックで顔脱毛を行う人も増えているので、処理が行き届いていないことを恥ずかしく感じる場面が特に多くなりました。

そうは言っても脱毛は費用も時間もかかりますし、頻繁に通うことが難しい人もたくさんいます。

そこで顔の脱毛をなんとかして自宅で簡単に、しかもキレイにできないか?と考えました。

大丈夫、自宅でも顔脱毛はできるんですよ!

どんな方法があるか、一つずつ考えていきましょう。

自宅で顔の脱毛する場合の方法は……

顔のムダ毛処理方法といえば、以下のようなものがあります。

  • カミソリ
  • 電気シェーバー
  • 毛抜き
  • ワックスシート
  • 家庭用脱毛器

一つひとつの特徴について見ていきましょう。

カミソリ

ムダ毛の自己処理といえばおなじみのカミソリ。

顔用の小さめサイズが売られていますよね。

値段が安く手軽に使えるのがメリットですが、皮膚にはかなり大きなダメージを与えてしまいます。

それにウデやアシなどと違って顔はパーツが小さく、カーブしている部分も多いので、誤って傷をつけてしまう危険もありますよね。

時おり、ヒゲ剃りの最中に手元を滑らせて痛々しい顔になっている男性を見かけますが、女性であれをやってしまってはシャレになりません。

またカミソリの場合は表面の毛をカットするだけなので、すぐ生えてきてしまいます。

加えて剃った毛の断面が大きくなるので、伸びてくると毛が濃くなったように見えるのもデメリットの一つです。

電気シェーバー

カミソリと同様に毛を剃る方法です。

しかし肌に直接刃が当たらないように作られているので、カミソリと比べると肌に優しいのが特徴です。

使い捨てカミソリより値段は高くなりますが、継続して使えることを考えればコストパフォーマンスは悪くないでしょう。

何より、カミソリで肌を痛めつけるよりはずっと良い方法と言えます。

しかし電気シェーバーもまたカミソリと同じように、毛の表面をカットするだけのもの。

剃ってすぐはツルツルになっても、またすぐ生えてきてしまうので、こまめな処理が必要になります。

毛抜き

顔の脱毛で活躍するのが毛抜きです。

特に眉毛処理には毛抜きが欠かせない!という方もいるのでは?

スッと抜けた瞬間は、なんとも言えない気持ちよさがありますよね。

ただ抜いたところが赤くなってしまったり、ポツポツと毛穴が目立ってしまったり、トラブルの起こりやすい処理方法です。

埋没毛の原因にもなりますし、なんといっても痛い!痛みは肌からのSOS。

決してお肌に優しい方法とは言えません。

顔は特にデリケートですから、優しく扱いたいですよね。

そのため、毛抜きでの処理もおすすめできません。

ワックスシート

一度に広い範囲をごっそり脱毛できるのが魅力のワックスシート。

簡単で時間がかからないというメリットがありますが、シートをはがす瞬間の痛みはなかなかのもの……。

こちらもデリケートな顔への使用は避けた方が良いでしょうね。

家庭用脱毛器

家庭用脱毛器は日々進歩しています。

今ではほとんど痛みを感じないもの、エステと同じような性能のもの、美顔器としても使えるものなど、様々な種類が売られています。

肌自体にはダメージを与えず毛だけにアプローチするので、お肌に優しいのが特徴の一つ。

かつ効果も高いので、脱毛の新しいスタンダードになりつつあるようです。

デメリットといえばやはり、他の方法に比べて段違いに値段が高いことでしょう。

しかしエステやクリニックで長い期間をかけて脱毛するのに比べれば、かなりリーズナブルであることは間違いありません。

家庭用脱毛器で顔脱毛はできるの?

自宅で顔のムダ毛処理をするなら?ということで、5つの方法をご紹介しました。

その中でもっともおすすめなのが、家庭用脱毛器を使う方法です。

しかし、どの脱毛器でも良いというわけではありません。

顔は特にデリケートな部分だからこそ、脱毛が難しいところでもあります。

人目につきますし、女性としてはもっとも気をつかうところですよね。

そのため「顔には使えない」としている脱毛器も少なくないのです。

顔脱毛する場合は、顔への使用を認めている脱毛器を選ぶようにしてくださいね。

さらに「顔に使用可能」と謳っている脱毛器の中でも、特に重視したいポイントについてお伝えします。

家庭用脱毛器を選ぶ際のポイント

「顔脱毛したいけど、脱毛器がたくさんあって何を選べばいいのかわからない」
という方のために、家庭用脱毛器を選ぶ際のポイントをまとめました。

家庭用脱毛器を選ぶ際のポイント
  • 顔に使えます」と明記されているか
  • 照射回数はどれくらいか
  • カートリッジ交換はできるか
  • 眉毛、鼻下など小さい部分にも対応できるヘッドがついているか
  • 肌に優しい作りになっているか
  • 美顔機能はついているか

このあたりを重点的にチェックしましょう。

すべての脱毛器が顔に対応しているとは限りません。

また、顔の中でもどの部位に使えるかというのは機種によってまちまちです。

眉毛もOK!というものもあれば、鼻より下なら可というものもあります。

自分が顔のどの部分を脱毛したいのかによって選択しましょう。

また、脱毛器の中にはカートリッジの交換に対応していないものもあります。

つまり本体が壊れていなくても、決められた回数の照射が終わったらもう使えない!ということなんです。

脱毛器は決して安くありませんので、長く使えるものを選びたいですね。

本体価格だけではなく、ランニングコスト面もよくチェックしましょう。

美顔機能は必須ではありませんが、どうせならついているものがおすすめです。

顔脱毛をすると毛穴が目立たなくなり、肌がキレイになると言われています。

さらに美顔機能を使えばその効果がますますアップ!

ムダ毛の処理をしながら美しい肌を手に入れられるなんて、一石二鳥ですよね。

顔脱毛におすすめの脱毛器ならこれ!

上記【家庭用脱毛器を選ぶ際のポイント】を踏まえたうえで、おすすめの家庭用脱毛器を2機種ご紹介します。

どちらもネット上での評価が大変高く、甲乙つけがたい脱毛器です。

ケノン

顔にも使える家庭用脱毛器で、圧倒的な人気を誇るのが「ケノン」。

使用できる箇所は目のまわりとIOラインを除く全身で、エステで使用されるのと同じフラッシュ脱毛式です。

業界最高水準の照射範囲、高出力。

そして20万照射が可能というハイスペックは群を抜いています。

また「10段階のパワー調節機能」、「お肌に優しい6連射モード」を搭載しているので、顔などのデリケートな部位にもぴったりなんです。

本体重量は約120gほどと、携帯電話と変わらない程度の軽さもポイントの一つ。

従来の脱毛器はかなり重く、長い時間持っているのが大変でした。

しかしケノンならそんなストレスとも無縁です。

軽いので、何かをしながらの「ながら脱毛」も楽チンですよ。

もちろんカートリッジは交換対応で、美顔専用カートリッジもあります。

エステ並の効果を実感できる美顔器としても使用可能です。

脱毛器には海外製のものも多いですが、ケノンは日本人の肌に合わせて作られた日本製。

だから確かな安全性と、肌への優しさを実感できるのです。

本体価格はお高めですが、照射回数が多くカートリッジの交換にも対応しているため、長期的に見ればコストパフォーマンスにも優れています。

【ケノン本体価格】※2017年3月現在の価格です
69,990円(税込)

<併せて読みたい記事>

家庭用脱毛器比較【トリア・ケノン】

ラヴィ

ラヴィはエステでも使われているのと同じIPL方式を採用したフラッシュ脱毛器です。

目・まぶたを除く顔をはじめ、全身の脱毛に使用できます。

パワー調節機能は7段階、5連射モードを搭載し、高いパワーでも分散して照射できるのでお肌に優しいのが特徴です。

照射回数は10万発で、もちろんカートリッジは交換可能。

コストパフォーマンスにも優れている良品です。

安心の国産性、美顔器にも早変わり……という点はケノンと同じ。

ケノンと比べると数値などにおいてやや見劣りしますが、それでも申し分のないパワー・使いやすさがネットで高評価を得ています。

それになんといっても、ケノンと比べてかなりリーズナブルなのが嬉しい!

また、ラヴィの場合30日間の返金保証がついています。

一旦使ってみて、もし合わなければ返品することもできるので、「使ってみようかな?」というハードルが一気に下がりますよね。

【ラヴィ基本セット価格】※2017年3月現在の価格です
39,800円(税込)

おわりに

顔にも使える家庭用脱毛器を2機種ご紹介しました。

自宅で顔のムダ毛処理をするなら、家庭用脱毛器をおすすめします。

デリケートな部分でも他人に見られず済みますし、エステに通うお金や時間が捻出できない人でも自宅でササッと簡単に脱毛ができますよ。

家庭用脱毛器といえば「痛い」というイメージが強かったのも今は昔。

最近の脱毛器は肌への優しさにこだわって作られており、ほとんど痛みを感じないそうですよ。

顔のムダ毛に悩む方、自宅でなんとかケアできないかな?と考えている方のご参考になれば幸いです。

【ニキビ・ホクロ】顔のレーザー脱毛の噂まとめ【シミ・皮膚がん】

鏡を見て驚く女性

「レーザー脱毛をすると、シミが増える・皮膚がんの原因になる」といった話を聞いたことがありませんか?

顔のうぶ毛が気になるので顔脱毛にチャレンジしたいけれど、そんな怖~い噂が気になって一歩踏み出せない……という方、いらっしゃるかもしれません。

顔脱毛には多くのメリットがあるので、顔の毛について悩んでいる方にはぜひチャレンジしてもらいたいんです!

でも「怖い、不安」という気持ちを抱えたままでは、なかなか難しいですよね。

そこで今回は、顔のレーザー脱毛にまつわる黒い噂と、それがはたして本当なのか?というところにスポットライトを当ててみましょう。

レーザー脱毛にまつわる黒い噂?

あなたはこんな噂を耳にしたことがありませんか?

  • ニキビができていると、レーザー脱毛はできない
  • ホクロのあるところは脱毛できない
  • レーザー脱毛をしたらシミが増えてしまった
  • レーザー脱毛の光は強いから、皮膚がんの原因になる

どれもそれらしく聞こえますね。でもはたして、真相はどうなのでしょうか?一つひとつ、項目ごとにチェックしていきましょう!

ニキビができていても脱毛できる?

ムダ毛も気になりますが、ニキビも同じくらい気になりますよね。

「ニキビは青春のシンボル」なんて言われた時代もありましたが、現代では「大人ニキビ」に悩む人も増え、もはや青春時代だけの問題ではなくなってしまいました。

デリケートな肌質だったり、ストレスを抱えていたり、現代の女性は常に肌トラブルを戦っています。しょっちゅうニキビや吹き出物が顔に出て、悩んでいる方もいるでしょう。

少しでもニキビがあると脱毛できないのでは困ってしまう……。でももし無理にレーザーを当てて、ニキビが悪化してしまうのも避けたいですよね。

でも大丈夫!ニキビがあっても、レーザー脱毛を行うことは可能です。もちろん炎症がひどいときなど、状況によっては脱毛を見送ることもあります。しかし「ニキビがあったらもう顔脱毛できません!」というわけではないので、ニキビに悩んでいる方も、まずは一度相談へ行ってみては?

一般的に、エステでの光脱毛はレーザーより出力が低いので、トラブルは起こりにくいと言われています。しかしそれでも100%トラブルが起こらないとは限りません。

しかもエステティシャンは医師でも看護師でもありませんから、「少しくらいお肌にトラブルがあっても大丈夫ですよ」と言われても不安が残りますよね。

その点クリニックのレーザー脱毛であれば、事前に医師がきちんと診察を行ったうえで施術に入るので、安心感があります。

ホクロがある部分の脱毛はどうなるの?

脱毛するからにはツルツルを目指したいですよね。もちろん、ホクロの部分だって例外ではありません。

ホクロから毛がぴょこんと生えている……なんてこともありますし、自己処理も難しい場所です。

しかし、ホクロがあると脱毛は無理だという噂もあります。

本当のところはどうなのでしょう?

結論から言うと、ホクロ部分の脱毛は難しいです。

それはレーザー脱毛の仕組みに理由があるんですね。

レーザーが黒い部分に反応するということは、ご存知の方も多いでしょう。

ホクロはかなり色が濃いので、レーザーの光をよく吸収してしまいます。

するとレーザーの影響でホクロが薄くなったり、消えてしまったりする場合があるのです。

またそれだけでなく、ひどいケースでは炎症を起こす、ヤケドになるといった危険まで考えられます。

薄くなるだけならまだしも、そんなの怖いですよね!

そのためホクロのある部分には、通常の場合、レーザー照射は行いません。白いテープなどでホクロを隠しておくことがほとんどです。

稀に小さなホクロであり、かつ消えてしまっても問題ないということであれば、そのまま脱毛することもあるようですよ。

もしすべてキレイに脱毛したいのであれば、まずはホクロから対処する必要があります。

ホクロの美白や、場合によっては除去が必要です。

そういった希望がある場合も、事前に医師に相談しましょう。

気になることがあれば、とことん聞いておく!

これが納得のいく脱毛のコツです。

レーザー脱毛によってシミができたって本当?

ここで「レーザー脱毛をしたらシミができてしまった!」という口コミをご紹介します。

こういった話を耳にされた方も多いかもしれませんが、実際のところはどうなのでしょうか?

レーザー脱毛でシミができた?とある女性の体験談

「以前から顔の毛が濃く、気になっていました。特に鼻の下なんかは、うっすらとヒゲが生えているように見えるのがコンプレックスで。

自己処理をしても、よけいに濃くなるようで不安でした。

そんなとき友人から「顔脱毛」の話を聞いて、わたしもやってみよう!と自宅近くの美容クリニックへ行くことにしたんです。事前の説明もとても丁寧で、安心して施術に臨んだのですが……施術後、頬の部分にうっすらとシミのようなものができていました。

脱毛前までそんなものはなかったし、明らかにレーザーが原因だと思いました。キレイになるためのレーザー脱毛でシミができるなんて……かなりショックでした」

さて、いかがでしょうか。

こんな話を聞いたら、「レーザー脱毛なんて怖くて無理!」と思ってしまうかもしれませんね。

でも、じつはこの話には続きがあるんです。

青い顔でクリニックに駆け込んだ女性でしたが、事情を話すと医師は落ち着いた様子で「医療レーザー後、一時的に色素沈着が起こりやすくなる」という話を聞かせてくれたそうです。

言われてみれば事前のカウンセリングでも説明を受けていたのですが、正直なところ女性はそこまで細かく話を聞いていなかったんですね。

結局クリニックでもらった保湿剤を塗り、自宅でのセルフケアを続けた結果、肌はもとのキレイな色に戻ったそうです。

レーザーによる色素沈着はほとんどが一過性のもの

このようにレーザーの影響で、一時的に色素沈着が起こる場合があります。

医療レーザーの力は非常に強いため、色素沈着の他にも「皮膚の赤み」や「ヒリヒリとした痛み」といった副作用があるのです。

しかしほとんどの場合、症状は数日で治まります。

ですのでそれほど神経質になる必要はありません。

ただし注意も必要です。

というのも脱毛後の肌は軽いヤケドを負った状態で、非常にデリケートになっています。

そこで保湿を怠ると肌のダメージが進行し、ターンオーバーが乱れ色素沈着が残ってしまうこともあるのです。

そんなことになっては大変ですから、脱毛後のケアは特に念入りに行なってくださいね。

レーザーが皮膚がんの原因に?

レーザー脱毛が皮膚がんの原因になるのでは?という話を聞いたことのある方もいらっしゃるかもしれません。

が、これこそ根拠のない都市伝説です。

日本医学脱毛協会によると、

「レーザーの光は皮膚表面から3~4ミリ程度の場所、つまり毛包に達する程度の深さまでしか届かないようになっています。ですから、血管や内蔵などに影響を与える事はありません。また、皮膚ガンの心配をされる方もいますが、皮膚ガンの原因となるのは紫外線で、レーザーの光は赤外線に近いものですから、これも心配はありません。」
引用:http://www.epi.gr.jp/qa/qa_ind.html

とのことです。

皮膚がんが心配でレーザー脱毛を躊躇していた方は、安心してくださいね!

結論!クリニックのレーザー脱毛なら安心

レーザー脱毛にまつわる都市伝説について調査してみましたが、いかがでしたか?

顔脱毛に行こうかどうしようか迷っている……そんなあなたのご参考になれば幸いです。

ちまたで言われているような根拠のない噂を気にする必要はありませんが、脱毛自体はリスクを伴う立派な医療行為です。

100%安心・安全とは言い切れないのもまた事実。

だからこそ、できるだけ不安を事前に取り除いて、医師に相談しながら行ってくださいね。

顔脱毛は皮膚科クリニックが安心!

女性医師と女性看護師

毎日のメイクや洗顔の際、鏡をのぞきこんで「あれっ?」と思うことはありませんか?

眉間や鼻の下、なんだかうっすらと黒い……これってもしかして?

そう、それは顔のムダ毛です!体のムダ毛ほどではありませんが、顔全体にもうっすらとうぶ毛が生えています。

毛の濃さや量には個人差がありますが、人によってはかなり目立ってしまうこともありますよね。

自己処理を繰り返すと肌荒れをまねいたり、余計に毛が濃くなってしまったりすることも。

化粧で隠すのにも限界がありますし、時間が経つにつれて目立ってしまうのもイヤですよね。

このように、なかなかケアが難しいのが顔のうぶ毛なんです。

そこで最近人気なのが顔脱毛!

エステサロンや美容皮膚科クリニックなどで施術を受けることで、ツルツルお肌を手に入れることができるんですって。

顔の脱毛、なんとなく心配……

ワキやウデ、またビキニラインなど、いまは全身の脱毛が可能です。

顔脱毛がこれからのスタンダードになっても、特に不思議ではありません。

ただ他の部位と比べると、顔の脱毛にはどうしても慎重になります。

脱毛後にヤケドやニキビなどの肌トラブルが起こったらどうするの?ワキなどに比べて痛みが強いのでは?という不安は尽きないでしょう。

そのような理由から、なかなか顔脱毛には踏み切れないという方も多いようです。

ですが顔脱毛には、女性に嬉しいメリットがたくさんあるんですよ。と言われれば、どんなものがあるのか知りたいですよね。

では次では、顔脱毛のメリットについて紹介します。

顔脱毛のメリット

肌がキレイになる

顔脱毛をすることによってうぶ毛の量が減り、毛穴が目立たなくなります。

そうすると自然と肌がキレイに、美しく見えるようになるのです。

またニキビなどの肌トラブルの原因は主に毛穴にありますが、これも顔脱毛によって軽減できます。

「顔脱毛で肌がキレイになる!」と言われれば、女性としては気にならずにはいられないでしょう。

自己処理をしなくて済む

「顔のうぶ毛が気になって、しょっちゅうカミソリで剃っている」なんて方がいらっしゃるかもしれません。

が、当然ながらそれは肌にとって大きな負担になります。

自己処理を続けることで肌を痛め、毛が濃くなったように見えたり、色素沈着が進んでしまったり。

デメリットしかありませんよね。そして何より、定期的に自己処理をしなくてはならないというのは面倒です。

顔脱毛をすることで、こういった煩わしさから解放されます。

またエステや皮膚科クリニックでの施術は、自分で剃るよりもよほど肌に優しい仕組みになっているんですよ。

自信が持てるようになる

顔脱毛とは直接関係ありませんが「キレイになることによって芽生える自信」も忘れてはいけないメリットの一つ。

ファッションやメイクなどの見た目は、メンタル面まで左右することがあります。

女性の場合は特にその傾向が強いといえます。

「肌がキレイになった」

「今まで似合わなかったオシャレができるようになった」

そういった気持ちは自信につながり、内面からにじみ出る自信はその人の魅力となるのです。

顔脱毛ができるのはどこ?

さて、たくさんのメリットがある顔脱毛ですが、具体的にやりたい!と思った際はどこへ行けば良いのでしょう?

先ほども少し述べた通り、顔脱毛を受けられるのは「エステサロン」もしくは「美容皮膚科クリニック」になります。

また「美容外科」であっても、美容皮膚科が併設されていて施術を受けられる場合もありますよ。

一般的にエステサロンの方が知名度は高く、行きやすいイメージがあるかもしれません。

広告もたくさん出していますし、ワンコインから体験できるお得なコースなど、料金設定もリーズナブルに見えるからです。

しかし顔脱毛を受けるなら、ぜひクリニックを選択していただきたいのです。それはなぜか?理由を事項からお話していきます。

皮膚科クリニックで施術を受けるメリットとは

今や脱毛は、女性にとってたしなみの一つ。

出かけるときにメイクをする、お食事のときにちょっぴりオシャレをする、それと同じような感覚で脱毛をしています。

だからつい忘れがちですが、脱毛というのは本来リスクを伴う「危険な行為」なのです。

医師に治療を受けなければならない場合、「安いから」という理由で病院を選んだりはしませんよね?脱毛もそれと同じです。

特に顔の場合、他の部位と比べて脱毛が難しいと言われています。

それもそのはず。ウデと見比べても、顔の方が複雑な構造をしていますし、照射する範囲も小さいです。

また同じ顔といっても、額と頬では肌質も異なります。

そのように、肌状態や形状に応じたきめ細やかな対応が必要になるので、顔脱毛は他の部位と比べて非常に高度な技術が求められます。

またトラブルの起こりやすいデリケートな部位でもあることから、よりリスクに対して慎重になるべきです。

エステサロンで脱毛を担当するスタッフは、たしかに脱毛スキルは高いかもしれません。

しかし万が一トラブルが起こった場合、何の対応もできないのです(提携クリニックを紹介してくれる等の対応はしてくれますが)。

そういったリスクを考慮すれば、あらかじめクリニックで脱毛を受けた方が良いと思いませんか?

大切な顔をリスクにさらす行為だからこそ、できる限り安心を重視して選んでもらいたいのです。

皮膚科クリニックの選び方

顔脱毛を受けられる皮膚科クリニックにも色々なところがあります。

脱毛を専門にしているクリニックもあれば、美肌など幅広いメニューを取り扱っているクリニックも。

ここでは、どのような基準でクリニックを選べば良いのかをご紹介します。

料金設定が明確か

エステと比べると、比較的料金が高いのがクリニックの特徴です。

以前は一回につき何万円という料金設定がほとんどでした。

しかし今ではより患者が通いやすいよう、お得なコース料金を設定しているクリニックも少なくありません。

たとえば顔脱毛の中でも特に多くの部位に対応しているアリシアクリニックでは、「5回・8回・脱毛し放題」など様々なセット料金を用意しています。

また脱毛を専門に行うリゼクリニックでは「5回セット料金」さらに「5回を超過する場合は定価の1/2」という料金設定になっています。

クリニックはあくまで病院であり、サービスの面ではエステに劣ると言われていましたが、現在ではそのような傾向も薄まってきているのです。

<クリニックの詳細はこちらから>

アリシアクリニック

リゼクリニック

お薬代が無料かどうか

医療レーザーの施術後は、肌に赤みやヒリヒリとした痛みを感じる場合があります。

症状は数日で収まることがほとんどなのであまり心配はいらないのですが、クリニックでは鎮静剤としてお薬を処方してもらえます。

追加料金は発生しないところがほとんどです。

エステの場合は脱毛後にケア用品の購入をすすめられることがありますが、そういったストレスを感じなくて済むのも嬉しいです。

医師によるカウンセリングが受けられる

「ニキビができているけど大丈夫?」

「乾燥しやすいから不安……」

このように、脱毛にあたっていろいろな悩みがあるでしょう。

事前に気になることはしっかりと確認しておき、不安を取り除いてから施術に入りたいものです。

皮膚科クリニックで脱毛をする場合、まず医師による診察・カウンセリングを受けることになります。

心配なことがあればこのときに相談すれば、医師の見解にもとづく回答が得られるので安心です。

アフターケアも充実

脱毛に際しては細心の注意を払って行われますが、100%トラブルを回避することは不可能です。

  • 赤みや痛み
  • 腫れ、炎症
  • ヤケド
  • 毛嚢炎

こういった症状が起こらないとは言いきれません。

しかしクリニックなら、トラブルが起こった場合でも責任をもって対応してもらえる安心感がありますよね。

また増毛化や硬毛化といって、レーザーの影響で毛が増えたり硬くなったりすることもあります。

このような場合の保障制度を用意しているクリニックを選ぶことをおすすめします。

リゼクリニックの場合、無料で一年間の追加照射を受けられますよ。

おわりに

皮膚科クリニックで顔脱毛を行うメリットについてご紹介しました!

顔脱毛をしたいけれど、エステがいいの?クリニックがいいの?と迷っている方の参考になれば幸いです。

目立つ場所だからこそキレイにしたい、でもトラブルが怖いのが顔です。だからこそ、より安心できる医療機関での脱毛を検討してみてください。

脇の医療レーザー脱毛は何回で終わる?

キレイな脇のイメージ

初めて脱毛をしようと思ったとき、あなたならどの部位を選びますか?

医療レーザー脱毛に限らずエステ脱毛でも、部位別で常に圧倒的な人気を誇っているのが脇脱毛です。

街中や電車内の広告でも、脇脱毛のキャンペーンを目にする機会がとても多いようなイメージがあります。

しかも脇脱毛は他の部位と比べて料金設定がお手頃なので、脱毛を経験したことのない方でも気軽に始められるという特徴もあります。

では実際に何回の施術で完了するのか、どれくらいの脱毛効果を実感できるのか、とてもリーズナブルでとっつきやすい医療レーザーによる脇脱毛についてご紹介していきます。

脇の医療レーザー脱毛の回数は?

結論から申し上げましょう。

医療レーザー脱毛で脇脱毛を行った場合、大半の方は5回ほどの施術で半永久的な脱毛、いわゆる永久脱毛が完了します。

エステ脱毛では12〜20回程度の施術が必要とされていますので、医療レーザー脱毛の効果がよくおわかりになるかと思います。

脇脱毛の回数と脱毛効果

施術の回数による脱毛効果の程度を簡単にご説明します。

あくまでも通常の毛量・毛質・肌質の場合の目安であり、必ずしもこの通りに進むとは限りませんのでご注意ください。

施術1、2回目

施術後にムダ毛が抜けてきます。

早い方だと1回目からはっきりとした実感があるようです。

回数を重ねるごとに脱毛効果の実感は高くなっていきます。

施術3〜5回目

産毛以外のしっかりとした毛は再生しなくなります。

見た目も触った感じもつるつるで、ほぼ無毛の状態になります。

脇の医療レーザー脱毛の特徴

他の部位ではあまり見られない、脇脱毛ならではの特徴がいくつかあります。

5回コースが多い

これは全身脱毛や他部位にも当てはまることですが、医療脱毛には5回コースが多くみられますね。

毛周期に合わせて施術を行った場合、(顔やVIOを除いて)標準的な毛量・毛質・肌質の方だと、だいたい1部位あたり5回の照射で脱毛効果が完了するためです。

5回より少ないと完全な脱毛効果は得られませんし、5回より多くの施術が必要ない方もいらっしゃるため、妥当な設定だと考えられます。

追加照射が必要な場合でも、よほど脱毛効果が現れていないケースを除いては、再度コースを契約せず、1回ずつ追加していって様子をみることをおすすめします。

料金設定がとにかく安い

お得感やコスパからみると、脇脱毛の料金設定は破格の安さです。

安さの理由は次項で詳しくご説明しますが、施術範囲が狭く、短時間で終わるので回転率が良いことも影響しているのではないかと思われます。

湘南美容外科クリニックの医療レーザー脇脱毛は5回1000円という信じられないような低価格で、無期限無制限でも3400円という驚きの設定です。

<湘南美容外科クリニックの口コミはこちらでチェック!>

医療レーザー脱毛の口コミ・評判

医療レーザー脱毛専門クリニックとして人気のアリシアクリニックやリゼクリニックも5回20000円以下で脇脱毛が受けられます。

キャンペーンが多くてお得

通常の料金設定もかなり安くなっていますが、脇脱毛のキャンペーンを行っているクリニックが非常に多くみられます。

特に夏前、ノースリーブの服や水着を着る機会が多くなる季節になるとさらに倍増する傾向があります。

通常価格でも十分お得に医療レーザー脱毛を受けられるのですが、さらにお得に脇脱毛をしたいという方は各クリニックのキャンペーン情報をチェックしてみましょう。

意外と痛い

脇というのは、大半の女性がこれまで一番自己処理を行ってきた部位なのではないでしょうか。

それだけに刺激にも強く、医療レーザー脱毛を受けてもあまり痛くないようなイメージがあるかもしれません。

しかし、意外なことに脇脱毛は(おそらく)想像よりは痛みを感じるはずです。

何故かというと、度重なる自己処理で毛が太く硬く濃くなっていること、服などの摩擦により色素沈着が起こりやすいこと、毛根が深い部分にあるので高めの出力でレーザー照射すること、保湿などのスキンケアを行っていないのでお肌の状態が良くない傾向があること、などの理由が挙げられます。

乾燥して色素沈着している肌に高出力のレーザー照射を行うと、痛みは強くなる可能性が高いのです。

かといって耐えられないほどの痛みでもなく、脇脱毛で麻酔を使用する方はほとんどいないようですので、そこまでの心配はいらないでしょう。

色素沈着がひどい場合、脱毛効果が得られにくいことがあり、医療レーザー脱毛に使用できる機種が限定される可能性もあります。

医療レーザーの脇脱毛が安い理由

脇脱毛が安いからといって医療レーザーの質や脱毛効果が劣っているわけではありません。

以下のような理由から安く設定されているだけですので、心配しなくても大丈夫です。

部位的にも初めての方がトライしやすいところですし、ニーズも高いため、クリニックの看板メニューになっている場合が多いのです。

脱毛専門クリニックの増加

昔と比べて今は医療レーザー脱毛を専門にしていたり、美容クリニックの中でも脱毛に力を入れているところが多く存在します。

それに伴い、競争が激しくなり、クリニック側としては店舗(分院)数を増やしてより多くの方にご来院していただくよう効率化を図っています。

その結果として脇だけでなく医療レーザー脱毛全体の低価格化が進んでいるのです。

医療レーザー機器の進歩

医療レーザー脱毛そのものの歴史がまだ約20年しかありません。

日進月歩でレーザー機器は進歩していき、次々と新しい機種が開発されています。

最新機種であるほど、照射範囲が広く1回あたり、1人あたりの施術時間を短縮できるので、より多くの方の施術を効率良く行えるようになってきています。

初めての方に医療レーザー脱毛の良さを知ってもらう

エステ脱毛と比較して、「料金が高い」「痛みが強い」というネガティブなイメージをお持ちの方に、低価格かつ高い脱毛効果のある施術を提供して医療レーザー脱毛の良さを知っていただこう、というクリニック側の意図があるのです。

医療レーザー脱毛のメリットを認識して気に入ってもらえれば、他の部位もやってみようと思う可能性が少なからずあるからです。

もちろん、医療機関では無理な勧誘を行っていないのでご安心ください。

口コミやサイトの影響力

これは現代特有の現象かもしれませんね。

口コミサイトなどの評判がクリニックのイメージに直結してしまうことが往々にしてあります。

「安いのに丁寧だった」「ちゃんと効果があったし勧誘もされなかった」という、実際に施術を受けた方の口コミや書き込みによって新しい方を紹介してもらう、ライト層を取り込むという、広告ではない形の一種の宣伝です。

利用者の増加により単価を下げることが可能

低価格で高技術の脱毛を提供し、それが口コミなどで広がっていくことにより、従来のように高額の宣伝費をかけなくても利用者を増やすことが可能になりました。

宣伝という経費があまりいらなくなった分、脱毛料金に余分な利益を上乗せする必要がなくなったこと、利用者が増加傾向にあるため薄利多売でも経営していくことが可能になった、という理由が考えられます。

まとめ

医療脱毛、特に脇に関しては医療レーザー脱毛以外の選択肢はないでしょう。

低価格で高い脱毛効果が得られ、施術完了後の自己処理の必要がない永久脱毛です。

コース設定されている5回ほどで、多くの方が脇脱毛を完了しており、その効果に満足されているようです。

医療レーザーによる脇脱毛は期間として1年ほど、料金も安くお財布に優しい施術ですし、永久脱毛なのですから、なるべく早く脱毛した方が生涯を通して考えたときのコスパもより高くなるわけです。

料金設定が安く、施術そのものの時間も短いため、時間的な余裕があれば、近くにお目当てがなくても少し遠めのクリニックまで交通費をかけてでも通う価値はありそうですね。

費用や回数に抵抗・疑問があって医療レーザー脱毛を避けてきた方がいらっしゃれば、この機会にぜひ脇脱毛から始めてみてはいかがでしょうか?”

VIOラインも医療レーザー脱毛できるの?

青いビキニの水着を着ている女性

最近では女性の美意識が高まり、VIO(ハイジニーナ)の脱毛をする方が増えてきています。

欧米における考え方が浸透してきたことも理由のひとつかもしれません。

VIOを処理しておけば好きな水着や下着をつけたときにムダ毛を気にする必要もないですし、衛生面を気にしてVIO脱毛をする方もいらっしゃいます。

でも、デリケートで痛みも感じやすそうなVIOラインを医療レーザー脱毛するのは少し不安ですよね。

そこで、VIOラインに関する医療レーザー脱毛の様々な疑問を解決します!

VIOラインこそ医療レーザー脱毛

痛みに関する問題はさておき、VIOのように太くて毛量の多い部位には医療レーザー脱毛がおすすめです。

しっかりと濃くて太い毛には医療レーザーが反応しやすく、高い脱毛効果が得られやすいためです。

効果的な脱毛を行えるために施術期間が短く、早く完了できますし、痛みが気になる方にとっても、医療レーザー脱毛であれば麻酔が使用できるというのも大きな特徴です。

VIOの医療レーザー脱毛を行うメリット

医療レーザー脱毛の効果の高さゆえ、エステ脱毛と比較して少ない回数で処理が完了するため、期間が短縮できます。

また、機種にもよりますが、1回の照射範囲が広いので、施術時間も短くてすみます。

回数を重ねれば”永久脱毛”の効果を得ることが可能です。

少ない回数、短い期間で脱毛が完了する

回数に関しての詳しい内容は後述の項目でご説明しますが、医療レーザー脱毛は1回の施術でエステ脱毛3回分の脱毛効果が得られるとされています。

VIO全体の脱毛を考えると、回数の目安は5~9回程度、期間としては約1~1.5年で完了します。

これはあくまでも目安であり、毛量や肌質などにより個人差があることはご理解ください。

同じ効果をエステ脱毛で行う場合には18〜29回ほどの施術が必要となるので、倍以上、時間の節約ができ、通院回数も半分以下ですむということになります。

ただし、医療レーザー脱毛でも、痛みが大きくレーザーの出力を低めに設定した場合には、効果が下がるため回数は増えますのでご注意くださいね。

半永久的にアンダーヘアの処理が必要なくなる

“永久脱毛”の効果が得られるのは医療脱毛だけです。

医療レーザー脱毛できちんと処理をしておけば、半永久的にアンダーヘアの自己処理は必要なくなります。

せっかく時間とお金をかけて施術を完了したのであれば、永続的にその状態を保ちたいものですよね。

VIOの医療レーザー脱毛を行うデメリットと解決法

医療レーザーでVIO脱毛を行う際に考えられるデメリットと、その対処・解決法についてご説明していきます。

照射範囲のわりには費用が高い

一般的に、医療レーザー脱毛はエステ脱毛よりも費用が高いというイメージがあります。

しかし、VIOのみの脱毛に着目した場合、両者の料金の相場にはあまり差がないことがわかります。

また、今では各クリニックが様々なキャンペーン、割引制度を行っているため、うまく利用すればかなりお得にVIO脱毛を受けることができます。

医療レーザー脱毛5回分とエステ脱毛15回分が同じくらいの効果だとすると、5回コースが似たような価格帯だった場合、医療レーザー脱毛の方が圧倒的にコスパが良いです。

安いからといってエステでのVIO脱毛を始めて、あまり効果が得られず時間がかかるために医療レーザー脱毛に乗り換える方も少なくありません。

乗り換えるのであれば、最初から医療レーザー脱毛にしておいた方が賢い選択であるといえます。

痛みを感じやすい

痛みの感じ方には耐性や体調などの個人差があるとはいえ、VIO脱毛は他の部位と比べても痛みを伴う施術です。

ごく稀に全く痛くなかったという方もいらっしゃいますが、基本的にVIO脱毛はそれなりに痛いものだという覚悟はしておいたほうが良いでしょう。

どうしても痛みが我慢できない場合には、レーザーの出力を弱めてもらうと痛みが軽減されますが、効果も弱くなる可能性がありますので、やはり通常の出力で施術を受けたいものです。

そこでメリットとなるのが、医療レーザー脱毛ならではの麻酔を使用するという方法。

追加料金は必要となりますが、デリケートなVIO脱毛では麻酔を利用する方がとても多いのが実情です。

麻酔をしても完全に痛みを取り除くことはできませんが、ある程度痛みを軽減することができますので、特に痛みを感じやすい最初の数回は麻酔を使うことをおすすめします。

麻酔の追加料金がかかることを前提に、VIO脱毛コースの料金が良心的なクリニックを選びたいですね。

また、使用する医療レーザー機器の種類によっても痛みの大きさは変わります。

一般的に、最も普及しているジェントルレーズなどのアレキサンドライトレーザーよりも、ダイオードレーザーの方が痛みが少ないとされています。

ダイオードレーザーの中でも、ソプラノや最新機種のライトシェアデュエットとメディオスターNeXT PROも痛みが少ないので、麻酔なしでもVIO脱毛が可能なことも多く、おすすめです。

しかし、ソプラノは導入されているクリニックの少なさが難点です。

おすすめ3機種の中でも、特にメディオスターNeXT PROはエステ脱毛と同程度の痛みともいわれており、現状最も痛みを感じにくいのですが、導入されているクリニックが少ないことや料金設定が高めであることなどがネックとなります。

色素沈着していることが多い

VIOは下着の摩擦などによって色素沈着していることが多い部位になります。

医療レーザー脱毛はメラニン色素をターゲットとして照射を行うため、色素沈着があると脱毛効果に影響することが多いのですが、メディオスターNeXT PROは色黒の方や日焼け肌にも対応しているため、色素沈着があっても脱毛が可能です。

ただし別料金になっているケースもあり、湘南美容外科クリニックやクレアクリニックなどではメディオスターNeXT PROを選ぶと料金が高くなりますので、カウンセリングの際にご確認ください。

恥ずかしい

エステ脱毛では、全てのスタッフが女性であることがほとんどでしょう。

しかし医療レーザー脱毛はクリニックでの医療行為ですので、男性医師が診察を行うことも珍しくありません。

デリケートな部分の脱毛ですので、男性に対応してもらうことが嫌だという方もいらっしゃるでしょう。

医療レーザー脱毛専門クリニックの中には、リゼクリニックのように女性専門、全て女性スタッフによる対応というところも増えてきていますので、どうしても恥ずかしいと思う方はそのようなクリニックを選ぶと安心です。

<リゼクリニックの詳細はこちらから>

リゼクリニック

脱毛に特化していないクリニックの場合、男性医師や男性スタッフが対応することもありますので、女性に対しては女性スタッフが対応することが明記されているクリニックにしましょう。

下着を脱いで開脚して受ける施術ですので、精神的な負担や抵抗がない環境で脱毛できるクリニックを選ぶことはとても大切です。

VIOの医療レーザー脱毛の回数はどれくらい?

早い人だと医療レーザー脱毛なら1回目の施術後から効果を実感することもあります。

VIOとひとくくりにされていますが、IラインとOラインはVラインと比べて効果が実感できるまでの時間が長く、施術3回以上必要ともいわれています。

脱毛が完了するまでの回数は、目安として、効果の実感しやすいVラインは早い人で5〜6回、 IラインとOラインはその回数だと完了しない場合もあります。

どの程度の脱毛を目指すかによっても異なりますが、全体的に完了までの回数は6~8回ほどだと思っておくと良いでしょう。

<併せて読みたい記事>

VIO脱毛にかかる回数は?期間の平均

施術3回

毛量の減少を実感します。

施術6回

毛量が全体的にかなり減って、早い人ではVライン脱毛は完了した状態になります。

ここでVIO脱毛を終える方もいらっしゃいます。

施術8回

照射した部分はほとんど自己処理が必要なくなる程度に脱毛が完了します。

完全に自己処理なしでお気に入りの下着や水着を着るには8回くらいを目安にしておくと失敗しないかもしれませんね。

毛量が多い方やレーザー照射に反応が弱い方も8回ほどの施術が必要になります。

VIOの医療レーザー脱毛の費用はどれくらい?

ご自身の目標がどの程度の状態かによって費用や回数も異なります。

クリニックによって料金設定やキャンペーンが違いますので、チェックしてみてくださいね。

完全につるつるな状態にする場合

通常の毛量の方で施術8〜10回、料金として8〜30万円ほどと考えておきましょう。

全体的に薄くして形を整える場合

通常の毛量の方で施術5〜6回、料金として6〜20万円が目安となります。

全体的に薄くしたいだけという方でも、Vラインのサイド(下着の横からムダ毛がはみ出す可能性がある部分)だけはしっかりと処理しておくことをおすすめします。

VIOラインのデザインは選べるの?

VIOを医療レーザー脱毛したからといって、全てのアンダーヘアをなくさなくてはいけないわけではありません。

もちろん完全に無毛にしたい方もいらっしゃるでしょうし、薄くしてVラインのみ形を整えたいという方もいらっしゃるでしょう。

IラインとOラインは基本的に全ての毛にレーザーを照射してつるつるにします。

粘膜ぎりぎり、あるいは粘膜にも照射するかどうかはクリニックによって異なります。

VIO脱毛が他部位の脱毛と異なる点は、毛を残す範囲や部分を自分で決めるというところです。

事前に自分の希望をしっかりイメージしておき、カウンセリングや施術の際にきちんと伝えることが大切です。

パートナーの好みや将来のお相手のことも考慮しておくことをおすすめします。

<併せて読みたい記事>

彼氏はVIO脱毛をどう思うの?男性の本音

VIOすべてをつるつるにする状態

Vラインも含め全てつるつるの無毛にした状態がハイジニーナとよばれています。

ハイジニーナの場合には追加料金がかかる場合があります。

Vラインをデザインして整える状態

Vラインには以下のように色々なデザインがあり、クリニックが対応可能な範囲で希望に沿った形に処理してくれます。

逆三角形型

ナチュラルな形で、最も男性ウケが良いともいわれていますね。

完全な無毛には抵抗がある方、特に希望のデザインがない方にとっては無難で選びやすいのではないでしょうか。

長方形型

横の広がりはほとんど無くなるので、どんな形のショーツや水着でもアンダーヘアがはみ出にくいのが特徴。

ただし見慣れない男性からは「海苔みたい」と、ちょっと不評というデメリットもあります。

扇型

逆三角形型の角をふんわりと丸くしたような形。

逆三角形型よりも作為的な印象を与えず、よりナチュラルに見せられますが、ナチュラルに見えすぎてしまうかも?

「ちゃんとお手入れしています」感を出すなら逆三角形型、何もしてないように見せたいなら「扇型」といったところ。

たまご型

オーバル型とも呼ばれます。

長方形型の四つ角に丸みをつけたような形です。

長方形型の長所(どんな形でもはみ出にくい)を持ちながら、短所(海苔みたい)をカバー出来る形です。

しかし、あまりナチュラルな形とは言えず、彼氏に笑われてしまったという人もいます。

扇型から試してみて、それでも問題があるならたまご型へ移行してみてもいいかもしれません。

ハート型

よほど理解があるか、心が広いか、もしくは彼氏自身から言い出したかじゃないと、違和感度MAXの形です。

完全に女性自身の満足のためにある形とも言えます。

誰に何を言われようと、自分が可愛いと思うものを選びたいというあなたにオススメ。

VIOを医療レーザー脱毛するときのクリニック選び

医療レーザー脱毛専門クリニックでは相場よりも料金設定が安く、VIO脱毛の実績や症例数も多いため、初めての方でも安心できる部分が多いです。

料金や期間

いつまでに脱毛を終えたいという希望がある場合には特に、VIO脱毛が完了するまでの回数や期間は非常に大きな問題です。

何回コースなのか、追加照射は1回いくらなのかもチェックしておくと良いですね。

そしてもちろん、支払いが可能な予算内で脱毛が行えることも大切です。

クリニックにより支払い方法も何種類かありますので、カウンセリングで相談してみましょう。

対応

全てのスタッフが女性、あるいは女性に対応するのは女性スタッフのみ、などVIO脱毛だからこそ気になるポイントもあります。

カウンセリング

説明がわかりやすく明確で、こちらの希望や質問に対してしっかりと応えてくれるクリニックが安心です。

まとめ

VIO脱毛を希望される方は、痛みを恐れずに医療レーザー脱毛にすることをおすすめします。

デリケートで粘膜も含む部位ですので、麻酔で痛みの軽減ができたり、施術後に万が一肌トラブルが起こった場合に適切な対処がしてもらえたり、安全面からもクリニックでの脱毛が良いのではないでしょうか。

一般的に高いと思われている医療レーザー脱毛ですが、回数や期間がかかるVIO脱毛に関しては圧倒的にコスパが良いです。

料金や機種、スタッフが女性かどうかなど、自分なりのポイントにこだわって、気持ち良く通えるクリニックを選びましょう。

医療レーザー脱毛で全身を脱毛したい!費用はいくらかかる?

お財布を見て悩む女性

医療レーザー脱毛で全身のムダ毛を処理したいと考えたとき、一番気にするのが料金なのではないでしょうか?

始めたい気持ちがあっても、気軽に出せる金額でないのですから、躊躇してしまうのも当然です。

ここ数年で医療レーザー脱毛を受ける方が増えてきて、料金設定が下がってきたとはいえ、全身脱毛は決してお安いものではありません。

また、「全身脱毛」といっても、クリニックによって対象外となる部位があったり、コースの回数や期限が違ったり、使用する機種がバラバラだったりと、表示された料金以外にいくつかのチェックポイントがあります。

そこで、全身脱毛にかかる費用や損しないためのクリニック選びテクニックをご紹介します。

医療レーザー脱毛の全身脱毛にかかる費用

気になるところですので、具体的な数字から先にご紹介してしまいましょう。

医療レーザー脱毛に特化した有名クリニックのみの全身脱毛5回コースの相場価格になります。

脱毛効果を実感できる回数には個人差がありますが、一般的なのは5回~6回のため、全身脱毛コースも5回か6回に設定されているクリニックが大半です。

一般的な美容クリニックや皮膚科などを含めると、もう少し相場は高くなるはずです。

全身脱毛にも、体幹と手足だけのコース、VIOがついているコース、顔とVIOがついているコースの大きく3パターンがあります。

実際に全身脱毛コースを契約する際には、含まれている部位や設定されている回数も考慮して決定してくださいね。

全身+顔+VIO

平均:約440,000円(価格帯:264,000円〜450,000円)

全身+VIO

平均:約360,000円(価格帯:333,000円〜400,000円)

全身のみ

平均:約290,000円(価格帯:264,000円〜450,000円)
あくまでも目安となり、各クリニックによって料金設定は異なりますので、ご自身でのご確認をお願い致します。

また割引やキャンペーンが適応されると元々の設定よりも安い料金になることがあります。

今でも決して安いものではありませんが、10年ほど前までは医療脱毛で全身の処理をするためには100万円以上かかっていたことを考えると、相場はだいぶ下がってきていますね。

全身脱毛コースの料金以外に必要な費用

脱毛施術以外にも費用がかかる可能性はあります。

これらが無料か有料かによってもトータルの出費が変わってきます。

必要な出費はあらかじめ予算内に含めて考えておきましょう。

初診料・再診料

医療機関で医師の診察を受けるため初診料や再診料がかかることもあります。

アリシアクリニック、リゼクリニック、湘南美容外科クリニック、クレアクリニック、新宿ドクター松井クリニック、フェミークリニックなど、医療レーザー脱毛専門クリニックの大半ではこれらの診察代が無料となっているので、通院の度の追加出費を抑えることができます。

<脱毛クリニック一覧はこちらから>

脱毛クリニック一覧

キャンセル料

施術前日○時まで、あるいは施術当日の予約キャンセルをするとキャンセル料が発生したり、コースの1回分消化とみなされるクリニックもあります。

キャンセル料だと3000円くらい、コース1回分の消化は全身脱毛の場合数万円という高額になってしまいますので、予定が立てにくい方はキャンセル料無料のクリニックを選びましょう。

アリシアクリニック、リゼクリニック、クレアクリニックなどは、キャンセル料無料となっています。

湘南美容外科クリニック、フェミークリニックなどはキャンセル料がかかりますので、しっかり予定を立てて計画的に施術の予約を取るようにすれば無駄な出費を抑えることができます。

剃毛代

脱毛前には施術部位の事前の剃毛が必要となります。

自己処理をしていけば問題ないのですが、背中やVIOなど自分でシェービングすることが難しい部位もありますし、剃り残しがあるとクリニックで剃毛してもらうことになります。

相場は2000〜3000円くらい、1部位につき500円ほどの剃毛代がかかるクリニックもありますので、全身脱毛を受ける場合、全ての剃毛をクリニック任せにしてしまうとかなりの値段になってしまいます。

剃毛代無料のクリニック以外では、できる限り自分で処理してから施術を受けるようにしましょう。

リゼクリニックやクレアクリニック、フェミークリニックでは剃毛代無料と記載されています。

麻酔代

痛みが不安、痛みに弱い方には必要な出費かもしれません。

ほとんどのクリニックで麻酔はオプションであり、追加料金が発生します。

痛みが少ない機種で施術を受けるのであれば麻酔なしで可能かもしれませんが、VIOを含めた全身脱毛コースを選択した場合は希望される方が多いようです。

アフターケアなどの処置代

鎮静目的のアフターケアや、肌トラブルが起こった際の治療薬にかかる料金は、医療レーザー脱毛専門のクリニックの多くが無料となっています。

念のため問い合わせやカウンセリングで確認しておくと良いでしょう。

交通費

定期券の範囲内で通えるクリニックであれば交通費を考えなくて済むので便利ですね。

少し遠方のクリニックを選んだ場合、少なくとも5回は通いますので、交通費もバカにならない出費になります。

複数の分院があるアリシアクリニック、リゼクリニック、湘南美容外科クリニック、フェミークリニックなどでは、毎回同じところでなくても、そのとき行きやすい分院での施術が可能という便利なシステムを採用しています。

機種による料金の違い

医療レーザー脱毛に使用される機器によっても料金に違いが出てきます。

それぞれの特徴を知った上で、予算と照らし合わせて選択しましょう。

クリニックにより使用機種は様々ですが、主にほぼ全ての医療脱毛専門クリニックで使われている機種をご紹介します。

全てFDA(アメリカ食品医薬品局)が永久脱毛効果があると認可しているレーザー機器です。

ジェントルレーズ

アレキサンドライトレーザーのジェントルレーズは剛毛にも対応可能でとても効果的であり、全国的にも導入数が非常に多い機種です。

しかし、ダイオードレーザーと比べると痛みは大きいといわれています。

ライトシェアデュエット

ダイオードレーザーを使用しており、導入されているクリニックがとても多い機種です。

メラニン色素が薄めの産毛や細い毛にも対応することが可能で、痛みが少なめだという点、脱毛効果と料金のバランスが優れている点からおすすめできます。

実績があり症例数も多いというもの安心できるポイントですね。

メディオスターNeXT PRO

脱毛効果の高さや痛みの少なさなど施術のクオリティーを追求するのであれば、一番おすすめなのが、蓄熱式のダイオードレーザー脱毛器メディオスターNeXT PROです。

導入されているクリニックが少ないため、症例数が少なく、ライトシェアデュエットに比べると料金設定は高い傾向があります。

支払い方法の確認

実際にお金を出すとなると支払いの方法がとても重要になってきます。

支払い方法はクリニックによって色々ありますが、カウンセリングの際にきちんと確認をして、自分の予算内で無理のない方法を選ぶようにしてください。

しっかりとした支払い計画を立てておかないと、脱毛が続けられなくなり、もったいないことになります。

現金

可能であれば、現金で一括払いをしてしまうのが最もクリアですね。

クレジットカード

クリニックによってカード利用定数料が異なることがあります。

医療ローンによる分割払い

金利手数料がかかるため、当初の予定より総額が高くなります。

クリニックによりますが、アリシアクリニックは10回まで金利手数料を負担してくれたり、クレアクリニックのように手数料を全額負担してくれたりするところもあります。

月額制プラン

医療ローンとは異なり、金利手数料がかからない分割払いということになります。

総額は変わらないまま、月々決まった料金でコースを続けることが可能なため、出費の目処が立てやすく、通いやすいシステムです。

アリシアクリニックで導入されています。

また、湘南美容外科クリニック、新宿ドクター松井クリニック、フェミークリニックなどでは1回の施術ごとに比較的少額の支払いができる負担の少ない都度払いが可能です。

費用を安く抑えるコツ

医療レーザーの全身脱毛を少しでも安く受けるため、コストを抑えるコツ、ポイントをご紹介します。

全ての方に当てはまるわけではないと思いますが、条件やタイミングが合えばぜひ活用してみてください。

全身脱毛を選ぶ

当たり前のことですが、全身脱毛をしたいのなら、やはり部位別の脱毛を組み合わせるよりも全身脱毛を選択した方が、結局お得になります。

湘南美容外科クリニックなどは、部位別コースの完了後に全身脱毛の契約をすると、処理が終わっている部位のコース料金を引いてくれるので、医療レーザー脱毛が初めての方やそのクリニックの脱毛の技術や効果を試してみたい方にはおすすめです。

コースで契約する

医療レーザー脱毛は1回の施術でもある程度の効果を得られますが、自己処理が必要ない脱毛が完了するまでには基本的に5〜6回、毛量によっては8〜10回の施術が必要になります。

1回ごとの料金を何回も払うより、コースで契約した方が料金は安くなります。

割引制度を利用する

複数人での新規契約や、知り合い・家族を紹介すると料金が割引になるクリニックもあります。

もしタイミングが合えば、家族やお友達と一緒に契約するとお得に全身脱毛が受けられますね。

キャンペーンを利用する

新規開院などの際には各クリニックでキャンペーンが行われます。
全くの新規クリニックが不安な場合でも、有名クリニックが新しい分院をオープンするときに同様のキャンペーンがありますので、アクセスが良好であれば利用してみるのも良いでしょう。

また、月替わりのキャンペーンも随時行われているようです。

お目当てのクリニックがあれば、情報をチェックして自分の希望するキャンペーンがある月に契約するのもおすすめです。

クーポンを利用する

大手クーポン会社からはかなりお得な脱毛クーポンが発売されています。

部位別で複数回のコースが多く、全身脱毛のコースが出ることはほとんどありませんが、契約を考えているクリニックの脱毛クーポンがあれば、雰囲気や施術、対応などを知るために少額のクーポンを利用して、全身脱毛コースで通えるかどうか確認してみるのもひとつの手です。

まとめ

医療レーザー脱毛の料金にはクリニックによる違いがあります。

相場を知ることにより、自分が脱毛を受けようと考えているクリニックが相場と比べて高いのか安いのかがわかりますし、なぜそうなのかという理由を確認することも大切です。

費用が多いか少ないかだけで判断してしまうと、自分がイメージする脱毛効果が得られなかったり、満足する施術が受けられない可能性もあります。

脱毛料金が高いにしろ安いにしろ、まずは自分が納得できるかどうかが大きなポイントになります。

また、全身脱毛を受ける際には、クリニックが提示している脱毛料金以外に、追加料金がかかる場合もありますので、なるべくそれらが無料なクリニックを選ぶことで、トータルの出費を抑えることができます。

現状、料金や脱毛効果、追加料金、サービス面においての総合的な評価では、アリシアクリニックが最も支持されており、リゼクリニックも同程度の人気があるようです。

記事の本文中で取り上げたクリニック以外にも優良なクリニックはたくさん存在します。

安くはない金額を払うのですから、各クリニックのメリット・デメリットをよく確認して、ご自身に合ったクリニック選びをしてください。

医療レーザー脱毛でも全身脱毛を完了させるためには最低でも1〜1年半ほどの時間を必要としますので、支払いだけでなく仕事や生活の面でも長期的なプランを立ててコースを契約するようにしましょう。

医療レーザーでも永久脱毛は難しいの?

顔に手をあてて考えている女性2

医療レーザー脱毛をすれば一生ムダ毛が生えてこない!と思っている方、意外と多いのではないでしょうか?

確かに医療レーザー脱毛では永久脱毛が可能ですが、脱毛完了後に絶対ムダ毛が生えてこないというわけではありません。

つまり結論からいうと、医療レーザー脱毛で永久脱毛することはできます。

しかし、永久脱毛とは生涯毛が生えないということではありません。

一体どういうこと?そもそも永久脱毛ってどういう意味?

そんな謎を解き明かすべく、永久脱毛の定義や医療レーザー脱毛の効果についてわかりやすくご紹介していきます。

「永久脱毛」という言葉の不思議

「永久脱毛」と聞けば、普通は生涯永遠にムダ毛が生えてこないものだと思うのが当然でしょう。

しかし、私たちがイメージする永久脱毛と、定義されている永久脱毛という状態にはズレがあるのです。

現状、日本国内において、永久脱毛についての明確な規定や定義はありませんので、アメリカで決められた「永久脱毛」の定義が適応されています。

永久脱毛の定義①

アメリカ電気脱毛協会(American Electrology Association)によると、永久脱毛とは”脱毛が終了して1ヶ月の時点での毛の再生率が20%以下である場合”と定義されています。

要するに、永久でも何でもなく、最終脱毛から1ヶ月後という、わりと短い期間の状態でしか判断されていないことになりますね。

英語の”permanent”をどのように解釈するかで「永久脱毛」の認識も変わってきてしまいそうです。

永久脱毛の定義②

日本における厚生労働省にあたるアメリカの政府機関FDA(アメリカ食品医療品局)によると、永久脱毛の定義はもう少し細かくなります。

  • いくつかのセッションを含めた治療後に、再成長した毛の数が長期的に安定して減少していること
  • 体毛が再生する数は、毛包(毛根などを包む袋のようなもの)の完全な成長期の持続時間(部位によって4〜12ヶ月と異なる)よりも長い時間安定していること
  • 恒久的な体毛の減少であり、必ずしも治療した部位の全ての体毛を除去するわけではない
  • つまり、完璧な脱毛方法というものは存在せず、毛が再生しない状態が安定して長期的に続くことが永久脱毛だとされているのです。

さらにレーザーによる永久脱毛の基準として

  • レーザーを3回照射した後6ヶ月経過した時点で67%以上の毛が減少している状態

とも決められています。

実際のところ永久脱毛って・・・

そもそも日本においては永久脱毛の定義はなく、アメリカの基準を適応したとしても、現在のところ完全無欠100%ムダ毛を一生除去した状態を保てる脱毛方法は存在しない、ということになります。

アメリカで医療レーザー脱毛が開発され、数年後日本に導入されてから、まだ20年ほどしか経っていません。

生涯における脱毛効果のデータを取るためには、もっと長い時間とたくさんの人数が必要です。

現在行われている医療レーザー脱毛が、一生ムダ毛の生えてこない完璧な「永久脱毛」であるのかどうか、それが実証されるのは何十年も先になるでしょう。

現時点ではFDAやアメリカ電気脱毛協会に定義された状態を「永久脱毛」として医療レーザー脱毛は行われています。

医療レーザー脱毛では永久脱毛できる?

前項でご説明した通り、医療機関で行われる医療レーザー脱毛は、一般的に永久脱毛とよばれる方法です。

毛根や毛乳頭のメラニン色素に反応する医療レーザーを照射することで、毛根や発毛因子(バルジ領域)を破壊し、毛が再生しない状態にします。

ですが、施術した部分の毛を100%なくすのは理論上難しいことです。

1回の施術で処理できる体毛は、その人の体毛全ての10%未満とされており、90%は毛として成熟していなかったり、成長が終わった毛だったりするので、レーザーを照射しても影響を受けないのです。

これには毛周期とよばれる発毛のサイクルが関係しています。

毛が成長を続けている成長期、成長が止まって自然に抜けるまでの退行期、発毛を待っている休止期の3つが1つの毛穴ごとに約2ヶ月周期で繰り返されています。

基本的に医療レーザーが反応して破壊するのは成長期の毛根のみとなるため、1回の施術で異なる毛周期で活動している全ての毛穴を処理することは不可能なのです。

そのため毛周期に合わせて成長期の毛根にレーザーを照射する必要があるので、施術を数ヶ月おきに何度か繰り返さなくてはなりません。

施術を繰り返す事により、より細く目立たなくなる毛になっていきます。

施術部位にある成長期の毛根全てにレーザー照射できたと考えられる時点で脱毛が完了し、永久脱毛ができたということになります。

永久脱毛が可能な医療レーザー脱毛がある?!

私たちがイメージする「永久脱毛」はなかなか実現が難しいものですが、医療レーザー脱毛に使用する機種の中には、FDAに”永久脱毛が可能である”と認可された医療レーザー機器もあるのです。

アレキサンドライトレーザーに分類されるライトシェアとジェントル・レーズの2つが実績・定評ともに高い機種とされ、日本のクリニックにも導入されています。

高度な冷却システムの装備により他の医療レーザー機器と比較して痛みが少ないことや、メラニンだけに選択的にレーザーを照射することができるため、より低い出力でも高い脱毛効果を得られることが特徴です。

照射面積も広いので、従来のアレキサンドライトレーザーと比べて施術時間が1/3程度に短縮されています。

他に、YAGレーザーを使用したクール・グライドという機種もFDAの認可を受けています。

こちらも脱毛効果が高く、冷却システムが搭載された高性能の医療レーザー脱毛器です。

お肌へのダメージが少なく、脱毛以外のシミやたるみ、ニキビなどの治療にも使用可能であることから第4世代のレーザー脱毛器ともいわれていますが、高価な機種であるため導入されているクリニックが少ないのが現状です。

最新機種で人気なのがダイオードレーザーに分類されるメディオスターNextPROです。

蓄熱式でお肌への刺激が少なく痛みがかなり軽減されており、メラニン色素だけでなく、バルジ領域とよばれる発毛因子にもレーザーが照射されるため、毛周期に関わらず施術が可能です。

一度の照射範囲も広く照射のスピードも速いため施術時間が大幅に短縮された、おそらく今後主流になっていくであろう機種ですが、実績がまだ浅く、料金設定も高めです。

最も「永久脱毛」に効果的な脱毛方法は?

いくつかある脱毛方法の中で、最も脱毛効果が高く、私たちのイメージする「永久脱毛」に限りなく近い状態を可能にするのは、ひとつひとつの毛穴に針を刺して電気を流すニードル脱毛(電気脱毛、絶縁針脱毛)といわれています。

減毛率や確実性という点においては、確かにレーザー脱毛よりも少し上なのですが、痛みの強さや施術時間の長さ、高コストなどが原因で、現在主流としては行われていません。

全体的にレーザー脱毛を行った後で、毛の再生率の高い部位にニードル脱毛を追加するという手もありますね。

エステの光脱毛では永久脱毛は不可能

光脱毛(フラッシュ脱毛)での永久脱毛は不可能!と言い切ることはためらわれますが、法律上エステ脱毛では毛根を破壊することができないため、遅かれ早かれ、全ての毛穴からいずれは毛が再生することになります。

再生してきた毛が以前の毛よりも目立たない細くて薄い毛になる可能性はありますし、光脱毛でも最終施術から1ヶ月後の毛の再生率が20%以下であれば定義としては永久脱毛になるのかもしれませんが、前提として光脱毛では毛根を破壊していないので厳密には脱毛ではなく減毛、あるいは除毛ということになります。

医療レーザー脱毛をしたのにまた毛が生えてくる理由

せっかく施術回数を重ねて、時間をかけて(痛い思いまでして)医療レーザー脱毛をしたのに、どうしてまた毛が生えてきちゃうの?と疑問あるいは怒りを覚えるかもしれませんね。

生きている限り、身体は何かしらの変化をし続けているものなのです。

脱毛完了後に毛が生えてきてしまう理由をご説明しましょう。

毛周期の乱れ

部位や個人によって差はありますが、ひとつひとつの毛穴はある程度決まった毛周期を繰り返して毛を生やしています。

医療レーザー脱毛は毛周期における成長期にある毛穴を狙ってレーザー照射して脱毛をするのですが、休止期にある毛に対しては脱毛処理を行うことができません。

毛周期が定期的なサイクルであれば、約2ヶ月ごとの照射を繰り返せば、一定期間でその部位の毛穴の大半に対してレーザー照射することが可能です。

しかし、生活習慣の乱れやストレスなどで毛周期のサイクルが不定期になってしまうと、休止期のままの毛がなかなか成長期に移行しないことがあります。

この場合、脱毛完了から数年後に脱毛期間中は休止期だった毛穴から毛が生えてくる可能性があるのです。

加齢やホルモンの影響

髪の毛を除く体毛、いわゆる私たちにとってのムダ毛に影響しているのは男性ホルモンです。

男性だけではなく女性の体内でも男性ホルモンは分泌されています。

通常、女性の体内では男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが取れています。

しかし40~50歳の中年期、いわゆる更年期くらいになって女性ホルモンが減少してくると、相対的に男性ホルモンが優位になり、ムダ毛が濃くなることがあります。

また、今までムダ毛が生えていなかった部位から毛が生えてくる場合もあります。

加齢とともに体毛は減少していく傾向にありますが、このようにホルモンバランスが乱れると脱毛完了後に新たなムダ毛が生えることがあるのです。

産毛の成長

医療レーザー脱毛は毛の黒いメラニン色素に反応して脱毛処理を行います。

そのため、メラニン色素が薄い産毛には反応しづらく、脱毛効果が弱くなってしまいます。

若い頃には産毛のまま生え変わっていた部分の毛が、年齢など時間とともに毛周期が変化して、産毛から成長し、硬くて黒い毛に変化してしまう場合があるのです。

ムダ毛といっても、体毛は身体を外部刺激などから守るために生えているという役割もあります。

特にワキなど摩擦による刺激を受けやすい部位では、お肌を守ろうとして産毛がしっかりとした毛に変わりやすくなったりします。

脱毛完了後に突然生えてきたのではなく、見えないくらいの産毛が成長したというパターンも起こる可能性があります。

医療レーザー脱毛をしても意味がない?

「永久脱毛」をしても、脱毛後にムダ毛がまた生えてきてしまうのなら意味がないと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、再び毛が再生するといっても全ての毛穴からではありません。

少なくとも、医療レーザー脱毛の施術を受けた時点で毛周期の成長期にあった毛根は破壊されているわけですから、基本的にその毛穴は脱毛処理されており、毛が生えてきたとしても産毛程度のものです。

医療レーザー脱毛による永久脱毛が完了している部位に関しては、数十年ほど、つまり”半永久的”に自己処理が必要ないくらいの毛しか再生しません。

見た目や自己処理の負担という面から考えれば、医療レーザー脱毛は十分にその効果を発揮すると考えられます。

まとめ

医療レーザー脱毛で「永久脱毛」をしても、脱毛後にムダ毛が生えてくる可能性があることをご理解いただけたと思います。

永久脱毛という言葉からイメージされる状態とは違ったものかもしれませんが、現時点では、ムダ毛が生涯を通してなくなることではなく、長期的に安定して毛が減少している状態にできる脱毛が永久脱毛とされているのです。

この基準をクリアしていれば、脱毛完了後に少し発毛があっても永久脱毛とみなされます。

もちろん毛質や毛量、部位などによって脱毛効果の感じ方には個人差があります。

医療レーザー脱毛をしたとしても、永久脱毛の基準を満たす効果が得られない可能性もゼロではないことをよく理解した上で施術を受けるようにしてください。

完璧なつるつる肌を求めるのであれば、医療レーザー脱毛を完了した後での再照射や、レーザーではカバーしきれない部分のニードル脱毛の併用などもおすすめですよ。

安い医療レーザー脱毛って安全なの?最低限知っておきたい見極めポイント

疑う女性

脱毛業界も価格競争が激しくなり、以前は高額で手が出せなかった医療レーザー脱毛も、驚くような安い料金で受けられるようになってきています。

しかしいくら安いといっても、効果が得られなかったり、通い続けられないようなクリニックだったりした場合、コストが無駄になってしまいますよね。

せっかく医療レーザー脱毛を受けるなら、安くて質の良い脱毛を選びたいものです。

安い医療レーザー脱毛で失敗しないための見極めポイントをお教えします。

医療脱毛の専門クリニックかチェック

脱毛専門のクリニック、あるいは医療脱毛をメインに行っているクリニックは、医療レーザー脱毛に特化しているため、他のクリニックとは異なる特徴があります。

医療脱毛専門のクリニックは、料金が安く設定されており、スタッフも脱毛のスペシャリスト、また脱毛を受ける方へのサービスが充実している傾向があります。

相場や適正価格を知ることができる

医療レーザー脱毛は医療行為であっても自費診療のため、料金はクリニック側が自由に決められるのでバラつきがあります。

脱毛がメインではない一般的な美容外科や皮膚科などのクリニックでは、現在の相場とは大幅にズレた高額な料金設定のこともあります。

医療脱毛専門クリニックの料金設定を確認することで、医療レーザーによる部位別あるいは全身脱毛料金の相場や適正価格を知ることができます。

サービスが充実している

価格設定をはじめ、オプション料金の無料設定、アクセスや受付時間、予約システム、クリニック内の設備やスタッフ対応などあらゆる面において、医療脱毛専門クリニックは一般的な医療機関とは一線を画しています。

医療行為が受けられるエステサロンのように、対応や接客に力を入れているため、サービスが充実しています。

知名度が高く有名なクリニックは安心?

医療脱毛専門あるいは脱毛をメインに行っていて、知名度が高く有名なクリニックは、脱毛に特化しているため、スタッフも脱毛施術に高いスキルを持つスペシャリストである場合が多いです。

医療レーザー脱毛の症例数や実績が多ければ、様々なケースにも対応できますし、万が一トラブルが起こった場合の適切な対処にも慣れていると考えられ、より安心して施術を受けることができるでしょう。

コースの内容をしっかりチェック

安い医療レーザー脱毛を受けるのであれば、コース内容や支払い方法など料金については必ず知っておきたいポイントです。

期間や回数を確認

毛質や毛量、部位によっては、期限が回数が固定されていると、その範囲内で目標とする脱毛効果が得られない可能性があります。

人気のあるクリニックでは、予約が取りにくいために期間ばかりが過ぎてしまうことも。

期間内・決まった回数の中で処理がしきれなかった場合、追加料金がかさんで結果的に当初の予算をオーバーしてしまうことがあります。

期間の設定がなく、回数無制限、脱毛し放題などのプランであれば一番安心ですが、そのようなコースは初期の料金設定が比較的高めであることが多いので、自分の生活リズムと照らし合わせて適切なコースを選ぶことが大切です。

無期限・回数無制限でなくても、コースの設定期間が長いコースや期間内の回数に制限が少ないプランを選ぶことをおすすめします。

支払い方法の確認

自分に合った支払い方法が選択できるように、医療ローンや月額制プランなど負担の少ない支払い方法を導入しているクリニックもありますので確認してみましょう。

解約手数料なしの途中解約が可能か

もしも期待する効果が得られなかった場合や、肌質に合わない、遠方への引っ越し、妊娠のための施術中断などの理由でコースを途中解約することがあるかもしれません。

医療レーザー脱毛は医療行為のため、エステサロンとは異なり、基本的にクーリングオフもできませんし、基本的に途中解約しても返金を受けることができません。

しかし医療脱毛専門クリニックの中には、独自の返金システムを導入して、途中解約した場合でも解約手数料なしで残った回数分の料金を返金してくれるところもあります。
脱毛完了まで継続したくてもできない場合がありますので、このシステムがあると安心かつ便利でしょう。

<解約手数料なしで返金対応ありのクリニック一例>

アリシアクリニック

リゼクリニック

新宿クレアクリニック

コース終了後の割引制度

コースの期間や規定回数を終了した後も、少し気になる部分だけ脱毛を続けたいというケースもあります。

再度コースを申し込んだり、コースの回数を増やすと、コストがかかってしまいます。

クリニックによっては、コース終了後の1回ごとの脱毛料金が定価よりかなり安く設定され、毛量や肌の状態をみながら自分で追加回数を決められるところもあります。

コース+αでしっかり部位別の脱毛効果をチェックしたい人にはおすすめの制度ですね。

脱毛部位をしっかりチェック

大きく2つのケースについてご説明します。

全身脱毛の場合

複数の部位を脱毛したいと考えている場合、一般的に3部位以上を脱毛するのなら全身脱毛のコースを選択した方がコスト的に安いといわれています。

「絶対に腕しか脱毛しない!」という固い信念をお持ちでない限り、部位別のコースを組み合わせたり、ひとつの部位のコース終了後に別の部位のコースを契約したりするよりは、最初から思い切って全身脱毛にした方が結果として安い料金で脱毛できることも多いのです。

ただし全身脱毛コースを選ぶ場合、特に安い料金のコースだと、顔、うなじ、VIOが含まれていないことが多くあります。

これらの部位の脱毛を希望される方は、全身脱毛コースに含まれているかをしっかり確認することが大切です。

部位を選べるコースなどの場合

医療レーザー脱毛には、数箇所から好きな部位を選べるセレクトプランなど、決められた部位の中からいくつかを自由に選択できるコースもあります。

この場合には、自分が特に脱毛したい部位、ムダ毛が気になる部位がきちんと含まれているかを必ずチェックしましょう。

安いからといって契約しても、本当に脱毛したい部位の施術を受けなければ意味がありません。

VIOの脱毛を希望される場合には、ラインを整えるのか、全て脱毛するのか、粘膜ギリギリまで照射してもらえるのか、ということもカウンセリングや問い合わせで確認してください。

追加料金がかかるのかチェック

ひとことで脱毛料金といっても、医療レーザー脱毛には施術そのもの以外に様々な行為が伴うため、設定価格にそれらの料金が含まれているのかどうかを確認しておく必要があります。

追加料金が発生する可能性があるものを挙げておきますので、これらが無料なのかオプション料金がかかるのか、事前にチェックしておきましょう。

最近の医療脱毛専門クリニックは脱毛以外の追加料金が極力かからないように設定されているところが増えており、人気が高まっています。

初診料・再診料、カウンセリング料

カウンセラーによるカウンセリングは無料のことが多いですが、初診、再診は医師による診察なので医療行為としての診察代がかかることがあります。

医療脱毛専門クリニックでは初診料や再診料が無料というところも増えてきていますので、今後は脱毛においてはそのようなスタイルが一般的になるかもしれません。

剃毛代

医療レーザー脱毛の際には施術前に脱毛部分の剃毛が必要となります。

自己処理を徹底しておけば剃毛代を気にすることはありませんが、剃り残しがある場合や自己処理しにくい背中などの脱毛時には、クリニックで剃毛することになります。

剃毛代が追加で発生するのか、コース料金に含まれているのか、クリニックにより異なります。

予約キャンセル料

当日の予約キャンセルを認めていなかったり、キャンセルするとコースの1回分を消化したとする場合がありますので、契約前のカウンセリングでしっかり確認しましょう。

急用や突然の体調不良などやむを得ない場合を除いて、当日キャンセルはクリニック側にも迷惑をかけてしまいますので、自分自身できちんと予定を管理するよう心がけることも大切です。

施術後のケア・処置代

施術後のアフターケア代(お肌を鎮静化するクリームなど)や脱毛による肌トラブルに対する薬の料金が別途かかるのかどうか、事前のカウンセリングで確認しておきましょう。

打ち漏れの再照射・硬毛化保証

熟練したスキルで丁寧な施術を行っても打ち漏れが生じてしまうことはあります。

打ち漏れ部分の再照射を無料で行ってくれるのか、医療脱毛のリスクでもある硬毛化や増毛化に対して保証があるのか、ということもコストに影響してきます。

コース期間終了後でも脱毛が完了していない部分に対してある程度の期間の再照射を保証してくれるクリニックは良心的といえますね。

クリニックによっては無期保証がついているところもあるようです。

麻酔代

エステ脱毛よりも痛いとされる医療レーザー脱毛では麻酔を使用する方が少なくありません。

麻酔代に関しては、ほとんどのクリニックで有料となっていますので、痛みを軽減するためには必要な出費だと認識しておいた方が良いでしょう。

使用機種をチェック

医療レーザー機器として一般的に使用されているのはアレキサンドライトレーザーとダイオードレーザー、YAGレーザーの3種類です。

毛質や肌質、部位により使い分けるためには、より多くの機種が導入されているクリニックが良いかもしれませんね。

同じ料金なら脱毛効果の高い機種を選びたい!

これまでの主流はアレキサンドライトレーザーでしたが、最近では日本人の肌質に相性が良く、高出力で高い脱毛効果が期待できるダイオードレーザーがよく使用されることが多くなっています。

ダイオードレーザーの特徴は、目立つムダ毛だけでなく産毛や細い毛などの毛質にも反応して脱毛効果を発揮するところです。

ダイオードレーザーの代表的な機種としては、ライトシェアデュエット、ソプラノ、メディオスターなどが挙げられます。

ただし一般的には、というだけで機種との相性や脱毛効果には個人差があることをご理解くださいね。

同じ料金なら痛みの少ない機種を選びたい!

ダイオードレーザーの中で最も普及しているライトシェアデュエットは、従来の医療脱毛用レーザーと比較して、痛みが少なく肌への負担が少なくなるよう設計されています。

レーザーも広範囲に照射されるため、施術時間の短縮にもつながります。

ソプラノやメディオスターよりも症例数が多く、料金を安く設定しているクリニックが多いです。

最新機種のメディオスターは、従来のように毛根のメラニン色素ではなく発毛因子(バルジ領域)をターゲットとして破壊するので、痛みがほとんどなく、毛周期や肌質に関係なく施術できるという特徴があります。

ソプラノもメディオスターと似たシステムの機種ですが、導入されているクリニックが少ないため探しにくいかもしれません。

アクセスの良さをチェック

安い脱毛を選んでも、通院にかかる交通費が高くついてしまっては本末転倒です。

少なくとも5〜6回は通うことを考えると、クリニックへのアクセスの良さも重要になります。

家からの距離はもちろん、駅近であったり夜遅くまでやっているなど、通いやすさは大きなポイントでしょう。

設備やスタッフの対応をチェック

個室でプライバシーが守られているかなどの設備面や、女性スタッフが丁寧に対応してくれるかなどの接客面もチェックしておきたいところです。

設備

清潔な院内設備で安全な脱毛が受けられるか、施術に使用する消耗品などは可能な限り使い捨ても備品であるか、なども気になるポイントです。

カウンセリングや施術時の対応

カウンセリング時の質問に対して明確に答えてくれること、説明と施術内容にズレが生じていないかということも、良いクリニックを見極める大切なポイントです。

まとめ

安い医療レーザー脱毛を受ける際のチェックポイントについてご理解いただけたでしょうか。

知名度が高く実績のある医療脱毛専門クリニックや美容クリニックは、施術症例数も多いですしトラブル対応や接客においても信頼がおけると考えられます。

実際の経験者による口コミも大きな判断基準で参考になりますが、サクラや嫌がらせの書き込みのありますので、情報の取捨選択には気を付けてくださいね。

まとめてみると、痛みの少ないレーザー機種が導入されている医療脱毛に特化したクリニック、解約手数料なしで解約できるクリニック、初再診料やキャンセル料などの追加料金がかからないクリニック、アクセスが良く対応が丁寧なクリニックなどを選ぶのが安心でしょう。

きちんと事前の確認を行い、コストを抑えるだけでなく心身の負担が少ないクリニックを選び、安全で効果の高い医療レーザー脱毛を受けてくださいね。

医療レーザー脱毛とエステ脱毛の違いって何?

顔に手をあてて考えている女性

脱毛を始めようと思ったとき、最初に迷うのが医療レーザー脱毛にするか、エステ脱毛にするかの選択なのではないでしょうか?

ご自身の目的やタイプによって悔いのない最適な選択をしていただくために、効果や期間・回数、コストや痛みなど医療レーザー脱毛とエステ脱毛の違いについて、気になるポイントをご紹介していきます。

脱毛に挑戦したくても決めかねている方は、参考にしてみてくださいね。

脱毛効果の違い

医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛は、レーザー照射により毛根を破壊することにより、その毛穴から毛が生えることを抑える脱毛です。

毛根を破壊することは医療行為ですので、医療脱毛のみに許された行為です。

しかし、様々な条件が影響して完璧に全ての毛根を破壊できるわけではありません。

脱毛期間中に存在していなかった毛包の発生を予防することもできません。

ですが、現在存在している脱毛方法の中では医療レーザー脱毛の脱毛効果は高く、半永久的に続きます。

“永久脱毛”というのは二度と毛が生えないということではなく、半永久的に脱毛効果を実感できるという意味なのです。

脱毛の効果には肌質・毛質やレーザーとの相性などによって個人差がありますが、一般的に医療レーザー脱毛の効果はエステ脱毛の約3倍といわれています。

エステ脱毛

エステ脱毛で合法的なのは、毛根を破壊しないレベルの脱毛、つまり減毛や除毛といった行為です。

時間の経過と共に必ず毛は再生してきます。

そのため、脱毛効果という点においては医療レーザー脱毛とは大きな差があります。

もしもエステ脱毛で完全な脱毛効果が得られたり、永久脱毛が行えた場合には、毛根を破壊していると考えられ、法律違反である可能性が高いです。

実際、過去にエステサロンで医療レーザー同様の脱毛行為を行って処分を受けた例もあります。

脱毛方法の違い

どちらも脱毛の原理としては変わらず、違うのは照射の出力のみとなります。

医療レーザー脱毛

医療機関における医療レーザー脱毛は、毛の黒いメラニン色素をターゲットとしてレーザーを照射し、毛根を破壊することで脱毛します。

エステ脱毛

エステ脱毛で行われる光脱毛(フラッシュ脱毛、IPL脱毛)も、基本的には医療レーザー脱毛と同じように、毛根に熱をくわえていきます。

医療レーザーよりも照射パワーが弱く、低出力となっているため、毛根を破壊するまでの効果は期待できません。

エステ脱毛で使用される光脱毛器は美肌の治療にも応用されるもので、減毛効果以外にも色素沈着やくすみなどを改善する効果が期待されています。

脱毛回数・期間の違い

出力や効果の大きさは当然ながら脱毛に通う回数や完了までの期間に影響してきます。

どちらの方法にしても、それぞれの毛根の毛周期に合わせて複数回の施術が必要です。

医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛は、1回の施術あたりの脱毛効果がエステ脱毛より高いので、脱毛完了までに必要な施術の回数が少なくなります。

従って、脱毛が完了するまでの期間も短くてすむことになります。

一般に、ムダ毛が目立たなくなり始めるまでに要する施術は3〜5回ほど。

もちろん個人差はありますが、一般的には、エステ脱毛の約1/3〜1/2の施術回数で完了するとされています。

全身脱毛を例とすると、医療レーザー脱毛の場合は完了までに5〜10回の施術、トータル約1〜1.5年といわれます。

毛量や毛質によりますが、1か月半~2か月おきの施術が目安となっています。

エステ脱毛

エステ脱毛では低出力のレーザー機器を使うので、効果が出るまでにかなり長い時間がかかります。

1回の施術あたりの脱毛効果が医療レーザー脱毛に比べて低いため、脱毛完了までにはより多くの施術回数が必要となります。

ムダ毛が目立たなくなり始めるまでに10回以上の施術を要するケースもあります。

つまり、脱毛完了までの期間も長くなるということで、医療レーザー脱毛の約2倍とされます。

全身脱毛を例とすると、エステ脱毛の場合は完了までに12〜18回の施術、トータル約2〜3年といわれています。

こちらも毛量や毛質によりますが、2〜3ヶ月に1回の施術が目安となっています。

<併せて読みたい記事>

光脱毛にかかる回数は何回?

料金の違い

料金を比較してみると、医療レーザー脱毛の方が少し高いように感じるかもしれません。

しかし、脱毛完了までのトータルコストや脱毛効果を考えると、医療レーザー脱毛が高いとは言い切れないことがわかります。

医療レーザー脱毛

通常、医療レーザー脱毛はエステ脱毛よりも料金設定が高くなっています。

ですが、脱毛効果が高く、施術の回数も少なく完了期間も短いため、追加の料金が必要ない場合が多いとされています。

脱毛が完了するまでに必要な施術回数によっては、医療レーザー脱毛の方がトータルのコストが安くなる場合もあります。

最近では、エステ脱毛と同じくらいの価格帯で医療レーザー脱毛が受けられる脱毛専門のクリニックもあるのでチェックしてみてください。

エステ脱毛

エステ脱毛では、数多くのエステサロンが随時モニター制度やキャンペーンを行っており、安く脱毛を受けることができます。

脱毛が初めてで雰囲気や痛みの程度などを知っておきたい方は、このようなキャンペーンを利用するのも良いでしょう。

しかし、低出力の光照射のため、提示されている金額で脱毛が完了しない場合も多く、脱毛効果を実感するまでには施術回数が必要となり、かえってコストが高くつくこともあるようです。

痛みの違い

間違いなく、医療レーザー脱毛の方が痛いです。

医療レーザー脱毛

高出力のレーザーを使用し毛根を破壊しているため、熱がくわわる際に周囲の組織にも影響が及んで痛みを感じやすいのが医療レーザー脱毛です。

この痛みは高い脱毛効果ゆえ生じてしまうものです。

痛みの大きさは、体調や肌質、痛みの感じ方、脱毛部位によって異なります。

しかし、医療機関での脱毛ですので、クリームタイプや笑気ガスによる麻酔で痛みを軽減することが可能です。

痛みが不安で気になる方は事前に相談してみることをおすすめします。

医療レーザー脱毛による痛みは、施術を重ねて毛量が減るごとに感じにくくなっていきます。

エステ脱毛

痛みがない、もしくは少ないというのがエステ脱毛のメリットです。

エステサロンの光脱毛では低出力の光照射を行うため、医療レーザー脱毛と比較して、施術中の痛みは段違いに少ないです。

ただし、毛量の多い部位では、まったくの無痛というわけではありません。

痛みがあった場合、エステサロンは医療機関ではないため、麻酔を使用することはできません。

施術前に冷たいジェルや保冷パックで冷やしておくと痛みを感じにくくなります。

エステ脱毛でも痛みが不安な方は、カウンセリング時に相談してみましょう。

肌トラブルのリスクによる違い

医療レーザー脱毛

頻繁に起こるというわけではありませんが、出力の高いレーザーを使用しているため、体調やお肌の状態によっては施術後に肌トラブルが起こる可能性もあります。

しかしクリニックは医療機関ですので、施術前のカウンセリングだけでなく医師の診察が受けられますし、万が一トラブルが起こった際にも適切に対処や治療が受けられるため安心です。

エステ脱毛

エステ脱毛であっても、お客様の要望によって出力を上げたり、体質によって肌トラブルが起こる可能性がゼロではありません。

医療機関ではないため、その場での治療を受けることはできず、提携先のクリニックがあればそちらで対応してもらうことになります。

ただし、エステ脱毛でやけどなどを起こした場合、営業停止となってしまうリスクがあります。

そのため、出力を低く設定して照射しているため、肌トラブルの可能性は低いといえるでしょう。

まとめ

医療レーザー脱毛は脱毛効果が高い分、痛みを感じやすく、エステ脱毛は出力が低いために痛みを感じず脱毛が受けられるといった特徴があります。

回数・期間に関しては、施術部位や毛量によって個人差がありますが、一般的に医療レーザー脱毛の方が少ない回数で早く脱毛が完了します。

永久脱毛を希望される方、早く脱毛を終えたい方、エステ脱毛で効果が得られなかった方などには医療レーザー脱毛が向いているでしょう。

一方、とにかく安く脱毛を体験してみたい方、痛みに弱く少しの刺激にも耐えられない方、完全にツルツルにならなくてもある程度減毛できれば満足という方にはエステ脱毛をおすすめします。

また、部位によって両方使い分けるという方法もありますので、それぞれの特徴を理解して、賢くクリニックやエステ選びをしてみてください。

医療脱毛ってレーザー以外には無いの?

白衣を着た女性

医療脱毛=レーザー脱毛、今ではほとんどの方がそのようなイメージをお持ちでしょう。

ですが、実はレーザー以外の医療脱毛も存在するのです。

現在でも行われているニードル脱毛(電気脱毛、絶縁針脱毛)について、医療脱毛の歴史やレーザー脱毛との比較を交えながらご説明していきます。

医療脱毛とは

そもそも医療脱毛とは何なのでしょうか?

明確な定義はありませんが、医療機関で行われる脱毛施術のことを指すと考えられます。

永久脱毛は医療行為

脱毛とついている施術が全て永久脱毛というわけではありません。

医療機関以外での永久脱毛行為は法律(医師法)で禁じられています。

もっと厳密にいうと、医師以外の者が脱毛行為を行ってはいけないことになっています。

従って、医療脱毛以外の脱毛行為は永久脱毛ではないということになります。

ちなみに医療脱毛は宣伝できない

「え?そんなわけないでしょ!」と思われる方も多いかもしれませんね。

医療脱毛は医療行為であり、新聞や雑誌、プリ−ペーパーなどの紙媒体での医療広告は法律(医療法)で厳しく規制されています。

ですが、ホームページなどのIT媒体での広告は規制の対象外となっているため、今のところ自由な内容を記載できることになっており、皆様の目に留まる機会が多いというわけです。

対してエステサロンには規制がないので、あらゆる場所にエステ脱毛の広告が溢れています。

医療脱毛の歴史

最も古い脱毛は紀元前4〜3世紀頃のワックス脱毛といわれています。

日本では、奈良時代〜江戸時代に眉の脱毛が行われていました。

電気脱毛の誕生

時代は進み19世紀になると、逆さまつ毛の治療をきっかけとした電気による脱毛方法が行われるようになりました。

しかし当初は通電時間の長さや痛み、ヤケドなどのトラブルを起こしやすいというデメリットがあり、これらを改善したものが現在の電気脱毛です。


ニードル脱毛、絶縁針脱毛などと呼ばれることもあります。

レーザー脱毛が開発されるまでは、この方法が医療脱毛の主流でした。

レーザー脱毛の開発

1983年にアメリカでレーザー光の作用を利用した選択的光熱治療が提唱されました。

これを応用して1996年にレーザー脱毛が開発され、世界的にレーザー脱毛が広がっていくことになります。

1998年には、脱毛は電気脱毛からレーザー脱毛への本格的な転換期を迎え、レーザー脱毛のシェアが一気に拡大しました。

ニードル脱毛(電気脱毛、絶縁針脱毛)について

元々、永久脱毛といえばニードル脱毛のことでした。

レーザー脱毛全盛期の今でも、もちろんニードル脱毛は行われています。

また、電流を使用した治療法はその他の美容医療にも使用されています。

ニードル脱毛の方法

1つ1つの毛穴に絶縁処理を施した細い金属針を刺し、高周波や微弱な電気を流して毛根を破壊することで脱毛します。

初期の電気脱毛とは異なり、お肌の表面に触れる部分の特殊コーティングが電気を通さないつくりになっているため、炎症や色素沈着、ヤケドなどのリスクが軽減されています。

レーザー脱毛の回数制とは異なり、本数や時間制になっている場合が多いのも特徴です。

ニードル脱毛のメリット

永久脱毛が可能

電気を流すことによって毛根を完全に破壊するため、その毛穴からはもう毛が生えてきません。

レーザー脱毛できない部分も施術可能

全身どの部位も脱毛することができ、眉などの細かい部分や色素沈着が強くレーザーでは難しい部位に特に効果的とされています。

また、レーザーでは脱毛効果が実感しにくい方、硬毛化してしまった方、日焼けしている方にも向いています。

お肌へのダメージが少ない

脱毛に使用する針はお肌に接する部分が特殊絶縁されているので、強い電流を流してもお肌へのダメージがありません。

ニードル脱毛のデメリット

痛みが強い

施術前に麻酔や冷却処置をしても、レーザー脱毛よりは強い痛みを感じることが多いようです。

施術時間が長い

毛周期は同じなので、脱毛完了までの期間は半年〜2年とレーザー脱毛と変わらないのですが、1回の施術時間が全く違います。

例えば両ワキの脱毛の場合、レーザー脱毛だと約10分で終わるのに対して、ニードル脱毛は平均的な毛量の方で1〜1.5時間を要します。

料金が高い

クリニックにより料金は異なりますが、両ワキのレーザー脱毛は5000〜1万円程度のことが多いとされています。

一方、ニードル脱毛は両ワキ10〜15万円ほどかかります。

施術後のアフターケア

レーザー脱毛にも当てはまりますが、ニードル脱毛の場合、特に毛穴が赤くなったり腫れたりする可能性があるため、施術後のクーリングや炎症の予防が必要となります。

施術者のスキルによって効果に違いが出やすい

ひとつずつの毛穴に針を刺していくため、熟練した技術が必要とされ、施術者のレベルにより脱毛効果に違いが現れやすいといわれています。

ニードル脱毛の現在

費用や施術時間、痛みなど、レーザー脱毛と比較して負担が大きいニードル脱毛ですが、全く不要になってしまったわけではありません。

それぞれの特徴をよく理解し、部位や毛質に応じて使い分けていくことで、安全かつ効果的な脱毛が可能になります。

また、脱毛だけでなく、ワキガ・スソガ(スソワキガ)や多汗症に対する電気治療として用いられています。

医療脱毛の種類

現在行われている医療脱毛は、レーザー脱毛とニードル脱毛の2種類になります。

それぞれの特徴を簡単におさらいしましょう。

レーザー脱毛

施術時間が短く、料金も比較的お手頃で、広範囲の脱毛が可能です。

痛みには個人差がありますが、麻酔を使用すれば耐えられるというのが一般的です。

日焼けや色素沈着のある部位は施術が行えず、産毛や細い毛、白髪は効果が得られにくいです。

ニードル脱毛(電気脱毛)

全身どこでも脱毛することが可能で、あらゆる毛質に対応できます。

毛の再生率が低く、脱毛効果は永久的に継続します。

痛みがとても強く、時間と費用がかかるため、部分的な脱毛に向いています。

また、回数制でない場合が多く、毛量によって施術の時間や費用にバラつきがあります。

施術期間中の自己処理はできないので、毛を伸ばしておく必要があります。

まとめ

医療脱毛には、レーザー脱毛以外にもニードル脱毛という方法があります。

エステサロンでの光脱毛も含めた全ての脱毛方法の中で、減毛率と確実性が高く、最も永久的な脱毛効果を得られるのはニードル脱毛といわれています。

しかし、ニードル脱毛は、痛みや高コスト、施術時間の長さから、精神的・肉体的・経済的な負担が大きく、医療脱毛の主流はレーザー脱毛へと移っていきました。

施術可能なクリニックは限られていますが、ニードル脱毛は現在でも行われていますので、レーザーで照射することができない乳輪や眉毛、色素沈着している場合が多いワキやVラインなどはニードル脱毛を併用するという方法もあります。

ご自身の肌質や毛質によって、また脱毛する部位によって、レーザー脱毛とニードル脱毛を使い分けてみるのも良いかもしれません。

医療レーザー脱毛の痛みってどれくらい?麻酔はするの?

悲鳴を上げる女性

「医療レーザー脱毛は効果が高いけれども痛い」という声をよく耳にします。

痛みが不安で医療レーザー脱毛に踏み切れない方もいらっしゃるかもしれません。

医療レーザー脱毛の痛みを可能な限り軽減して、効果的な施術を受けていただくために、痛みの原因や機種・部位による痛みの違い、麻酔など痛みを和らげる方法についてご紹介していきます。

医療レーザー脱毛はどれくらい痛いの?

よく表現されるのが「輪ゴムでパチンと弾かれるくらいの痛み」ということですが、イメージできるでしょうか?

実際に医療レーダー脱毛を受けた方々は「覚悟していたほどではなかった」「あまりに痛すぎて途中でギブアップしてしまった」などそれぞれ意見が分かれます。

痛みへの耐性には個人差があり、体質や肌質、そのときの体調などによっても医療レーザー脱毛による痛みの感じ方は異なりますので、はっきりと説明することは難しいです。

ひとつだけ確実なのは、エステ脱毛や家庭用脱毛器よりは痛い、ということです。

医療レーザー脱毛が痛い理由

医療レーザー脱毛は、毛の黒いメラニン色素に反応するレーザーを照射することで、毛根に熱を与えて破壊する施術です。

肌そのものにレーザーが当たるわけではないのですが、毛根に熱が加わる際に周辺の皮膚にもレーザーの影響がおよんで痛みを感じてしまうのです。

毛根を破壊できる強い出力の医療レーザーだからこそ、より高い脱毛効果が生まれるのですが、そのパワーゆえに痛みも伴うのが事実です。

医療レーザー脱毛の痛みの違い

ひとことで医療レーザー脱毛といっても、使用するレーザー機種や脱毛する部位によって痛みの感じ方は変わります。

使用機種による痛みの違い

医療脱毛に使用されるレーザー機器は、主にアレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザー、YAGレーザーなどがあり、クリニックにより使用機種が異なります。

意見が分かれるところかもしれませんが、現在では一般的に蓄熱式のダイオードレーザーが最も痛みが少ないとされています。

また、高度な冷却システムがついている機種だと痛みが軽減されます。

部位による痛みの違い

痛みには個人差があるので一概にはいえませんが、脱毛する部位によって痛みの程度には違いが出てきます。

痛みを感じやすい部位

医療レーザーはメラニン色素をターゲットにしているため、より黒い部分、つまり毛が太い部分や毛の多い部分を脱毛するときほど熱が加わって痛みが強くなるという傾向があります。

また、普段は刺激を受けないような繊細で敏感な部位も痛みを感じやすくなっています。

最も痛いとされるのがVIOです。

VIOは太くて濃い毛が多いうえに、デリケートな部分なので痛みを感じやすいということです。

次に痛いのは顔、うなじ、ワキ、膝、膝下などが挙げられます。

ワキや膝下は自己処理によって毛が太くなっている影響かもしれません。

膝などの関節は皮膚が薄いため、骨に熱が伝わり響くような痛みを感じる場合があります。

顔やうなじは、通常刺激を受けず敏感な部分なので痛みを感じやすいのでしょう。

痛みを感じにくい部位

痛みを感じやすい部位と逆のことが当てはまります。

つまり、毛が細くて柔らかく、毛量が少ない部位は痛みを感じにくくなっています。

また、紫外線の影響を受けにくく日焼けしていないため肌の色が薄い部位も痛みが少ないとされます。

背中、お腹、お尻などの脱毛は比較的痛みを感じることが少ないようです。

強い刺激を感じることはあまりなく、ほんのりとした温かさを感じる程度といわれていますが、痛みが少ない分、効果を実感しにくい部分ともいえます。

医療レーザー脱毛で使用する麻酔の種類

医療施設で行う医療レーザー脱毛だからこそ可能なのが、麻酔による痛みの軽減です。

クリニックによりますが、麻酔はオプションで、ほとんどのクリニックでは別途料金が必要となります。

また、麻酔の方法によっても料金が異なる場合がありますので、カウンセリングの際にご確認ください。

男性のヒゲ脱毛などで注射による静脈麻酔が使用されることもありますが、ごく稀なのでここでは省略します。

麻酔といっても手術時に使われるように作用が強いものではありません。

痛みを完全になくすことが目的なのではなく、麻酔を使用することで安心感が得られる、肌の表面への刺激が和らぐ、そのようなものだと理解しておきましょう。

麻酔シール・麻酔テープ

主に使用されるのは、局所麻酔の有効成分リドカインを主成分としたものです。

薬剤が配合されたテープ(シール)を脱毛する部位に貼り付けるタイプの麻酔になります。

皮膚に浸透する薬剤の量が限られているため、表面の感覚が鈍くなる程度です。

貼り付けている時間が長いほど薬剤が浸透して効果が得られるため、施術の1〜2時間前に貼っておきます。

麻酔テープの持続時間はおよそ4〜5時間とされています。

リドカインでアレルギー反応を起こしたことがある方は使用を避けた方が良いでしょう。

麻酔クリーム

麻酔テープ同様、脱毛する部位にだけ局所麻酔の有効成分リドカインを主成分とするクリームを塗るタイプの麻酔です。

効果が現れるまでに30分〜1時間ほどかかるので、事前に希望しておく必要があります。

クリームを購入して自分で塗る場合と、クリニックに早めに来院して塗ってもらう場合がありますので、初回カウンセリングの際に確認しておきましょう。

クリームを塗った後、麻酔クリームが浸透していくと、皮膚の感覚が少しずつ鈍くなってきて、しびれるような感じがします。

麻酔クリームの持続時間はおよそ1〜2時間です。

痛みを軽減する効果は笑気ガスよりも強く、笑気ガスでは痛みが取れなかった方や、笑気ガスが使用できない方(妊娠の可能性など)に向いています。

費用は一般的に笑気ガスよりも麻酔クリームの方が高いことが多く、3000円〜5000円くらいの追加料金がかかりますが、医療レーザー脱毛の麻酔として最も多く使用されています。

注意すべき点として、リドカインアレルギーの方は使用できません。

また、リドカイン自体は安全な薬剤ですが、使用量の限度を超えると中毒症状を起こすリスクがありますので、一度に塗る量が決められています。

全身脱毛をする場合でも全身に塗るのではなく、痛みを感じる部位から優先的に使用します。

笑気ガス

歯科クリニックでも使用されている、笑気ガス(亜酸化窒素)を吸入するタイプの麻酔です。

笑気ガスを吸い込んでから30秒ほどで頭がふわーっとして気持ち良くなり、数分後には適度に酔ったときのような状態になります。

人によっては心地よさのあまり眠くなってしまう場合もあります。

完全に痛みを除去するというよりも、気持ちをリラックスさせることで不安や緊張をなくし、痛みを感じにくくする効果が期待されます。

笑気ガスによる麻酔の持続時間はマスクを装着している間だけに限られるので、吸入後すぐに効き目が現れ、吸入をやめれば元に戻る便利な方法です。

ただし、妊娠している方には使用できないため、少しでも妊娠の可能性がある場合には、笑気ガスの麻酔を選ばないように気を付けてください。

麻酔以外で医療レーザー脱毛の痛みを軽減する方法

痛みの軽減といえば麻酔、と思いがちですが、他にも医療レーザー脱毛の際に痛みを軽くする方法がいくつかあります。

レーザー脱毛機種の選択

新しい機種ほど技術が進歩しているので、より少ない痛みでより高い脱毛効果が得られるようにつくられています。

ダイオードレーザーの中でも蓄熱式のものや吸引式のものは、他と比較して痛みが少ないとされていますので、痛みに弱い方は使用しているクリニックを選ぶのも良いかもしれません。

脱毛部位の選択

どうしても痛みが不安だったり耐えられなかったりする場合には、痛みを感じやすい部位を避けて脱毛を受けるという選択肢もあります。

医療レーザー脱毛による痛みは最初が一番強いので、痛みを感じにくい部位から脱毛を始めて、慣れてきたら敏感な部位にトライしてみるのもおすすめです。

同じ部位の脱毛でも、回数を経て毛量が減っていくほど痛みも少なくなっていきます。

脱毛部位を冷やす

施術前に冷たいジェルや保冷パックで冷やしてから脱毛すると痛みが軽減されます。

無料でやってくれるクリニックが多いので、希望があれば伝えるようにしましょう。

レーザーの出力を下げてもらう

単純に、レーザーのパワーを弱くすれば、痛みが軽減されます。

ですが、出力を下げると脱毛効果も弱まりますので、時間や回数がかかってしまうというデメリットもあります。

セルフケア

医療レーザー脱毛の痛みを軽減するために、自分でできることもあります。

保湿

お肌が乾燥してバリア機能が低下している状態だと、痛みを感じやすくなります。

日頃のケアはもちろん、脱毛する前日にはしっかり保湿をしておきましょう。

脱毛時期を選ぶ

生理直前や生理中は普段よりもお肌が敏感になっていて、痛みを感じやすい状態です。

また、日焼けしていると痛みを感じやすく、施術後の肌トラブルも起こりやすくなります。

そのような時期の脱毛は避けた方が良いでしょう。

クリニックによっては、生理中や日焼け時の施術を行わないところもあります。

エステ脱毛をしておく

エステ脱毛は医療レーザー脱毛よりもかなり痛みが少ないとされています。

医療脱毛と比べて脱毛効果は期待できませんが、ある程度の減毛は可能ですので、毛量の多い部位はエステの光脱毛を受けてからだと痛みを軽減できると考えられます。
費用が余計にかかることと二度手間のようになってしまうことがデメリットでしょうか。

まとめ

実際に、医療レーザー脱毛の痛みをゼロにすることは難しい問題です。

ですが、医療機関での脱毛ですので、痛みに対応する準備ができているということが大きな特徴でありメリットです。

痛みに対する不安があまりに強いようであれば、カウンセリングの際にテスト照射を希望することもできます。

医療レーザー脱毛がどのくらいの痛みなのかを知ってから、脱毛するかしないかを決められるので、無料のテスト照射があればぜひ受けてみてください。

痛みの強さは心理的要因にも影響されるので、信頼できるクリニックで安心して施術を受けることは痛みの軽減につながります。

痛みを理由に医療レーザー脱毛を諦めず、痛みを和らげることで施術を受けられる方法を考えたり相談してみたりすることをおすすめします。

医療レーザー脱毛のクリニックおすすめランキング

ランキングイメージ画像

医療レーザー脱毛を始めるとき、クリニックがたくさんあって決められない。そんなお悩みはありませんか?

迷えるあなたのために、独自に厳選した5つのクリニックのおすすめランキングをご紹介します。

それぞれに特徴や利点があるので、自分に合った脱毛クリニック選びのご参考にしてくださいね。

もちろんランキング外にもおすすめクリニックは数多くありますよ。

1位:アリシアクリニック

「医療脱毛経験者が選んだ価格・仕上がり満足度No.1」(2016年2月、楽天リサーチによる)になったことがあるほど評判が高い大人気クリニックです。

多くの口コミサイトでも医療レーザー脱毛部門1位に輝いており、納得のおすすめランキング1位ですね。

主な施術が医療レーザー脱毛ですので、脱毛専門クリニックといっても良いでしょう。

医療レーザー脱毛クリニックの中でも、脱毛効果が高く、早く完了する上に低価格だといわれています。

予約の取りにくさが改善され、専用アプリでの予約変更が可能です。

アリシアクリニックの特徴

ほぼ無痛でスピーディーな医療レーザー脱毛

独自の吸引システムがついたダイオードレーザーを使用することで、医療レーザー脱毛では不可能といわれた痛みのほとんどない脱毛を行っています。

<このクリニックの詳細はこちら>

アリシアクリニック

ダイオードレーザーながらジェルが不要で、ヘッドが大きいため照射範囲が広いので、施術が効率良く短時間で終わります。

丁寧なカウンセリングとフィードバックの充実

医師による診察、スタッフのカウンセリングがとても丁寧で、希望だけでなくクレームに対しても真摯な対応で改善を心がけ、患者さまの満足度とクリニックの信頼性向上に努めています。

アクセスの良さ

関東内で12院もあり、そのどれもが大きな駅で、しかも駅チカなのでアクセスはかなり良好!

仕事や遊びなど外出のついでに立ち寄れる利便性があります。

コストパフォーマンスの高い価格設定

質が高く効果的な医療レーザー脱毛をリーズナブルな価格で受けることができます。

各種プランも充実しており、全身脱毛のコースにVIOも含まれています。

高額プランでも月額払い、医療ローンに対応しており、月々の支払いの負担が少なくて済みます。

医療レーザー脱毛では珍しい“脱毛し放題”プランがあるのも特徴的です。

さらに、初再診料、解約手数料、当日キャンセル料のどれも0円という、非常にレアでありがたいクリニックなんです

無料でテスト照射も受けられるので、肌トラブルのリスクも低くて安心です。

衛生的な院内環境

ベッドシーツやガウン、枕カバーなど可能な限り備品は使い捨てのものを使用し、清潔な院内、空間作りを徹底して行っています。

2位:リゼクリニック

女性による女性のための医療レーザー脱毛専門クリニックです。

医師も看護師も全員が女性のため、安心して通えるとの評判で、人気急上昇中のおすすめクリニックです。

直営クリニック間であれば移動も可能で、予約も取りやすいとの口コミが多く集まっています。

リゼクリニックの特徴

複数の医療レーザー脱毛機器を用意

最新式を含むダイオードレーザー2種とYAGレーザーの合計3機種を個人の肌質や毛質、回数や部位によって使い分けています。

中でも蓄熱式の最新式ダイオードレーザーはバルジ領域と呼ばれる発毛前の部分にまで作用が及ぶため非常に高い効果が得られるとされています。
<このクリニックの詳細はこちら>

リゼクリニック

医師とスタッフによるWカウンセリング

医師、看護師含めスタッフ全員が医療レーザー脱毛のスペシャリストです。

脱毛に関する医学的な相談から不安に対するメンタルケアまで完全にサポートする体制が整っています。

勧誘も一切行わないので身構える必要がありません。

クリニック間の移動OK

全国主要都市を中心に提携クリニックを含め15院を展開しています。

一部の院を除き、通いやすい院で脱毛を受けるクリニック間の移動が可能です。

急な引っ越しや長期の外出にも対応できる利点があります。

明確な料金システム

脱毛の料金以外、初診料、予約キャンセル料や剃毛代などの追加料金が一切かかりません。

また、脱毛施術によるお肌のトラブルに関しては完全無料保証があり、うち漏れに対する再照射や毛質の変化による追加照射も無料で受けることができます。

予約が取りやすい

初心者専用枠を廃止し、再診患者さまの予約が取りやすい環境になっています。

LINEでキャンセル情報が取得できるため、予定が合えば直ぐに行けるというのも便利ですね。

クリニック間の移動も、行きやすいというだけでなく予約が取りやすい院へご案内するという意味があるそうです。

3位:湘南美容外科クリニック

クリニック数・症例数の多さ、媒体での露出度など医療レーザー脱毛を行うクリニックとしてはとても高い知名度を持つ全国チェーンの大手美容クリニックです。

患者さまの数も多く、口コミやおすすめランキング上位の常連ですね。

名前が通っているため安心して通いやすいクリニックなのではないでしょうか。

湘南美容外科クリニックの特徴

エステ脱毛器も!複数の医療レーザー脱毛機器完備

女性用にはアレキサンドライトレーザーとクリニックオリジナルのIPL医療レーザー機器を使用しており、肌質や部位によって選択することができます。

また、独自開発したエステ脱毛器もあり、医療機関でありながらエステ脱毛を経験できる珍しいクリニックです。

全国最大級のクリニック数

全国の主要都市含め36ものクリニックを展開しており、湘南美容外科クリニックの系列であれば共通のカルテシステムがあり、どのクリニックでも脱毛を受けることができます。

低価格で有効期限の設定がない

コースの有効期限設定がないため、消化の回数や期間を気にせず通うことができます。

クリニックでは珍しい返金保証システムもあり、随時行われている各種キャンペーンを利用すればかなりの低価格で医療レーザー脱毛を受けられます。

圧倒的な症例数

2013年度には脱毛患者来院数が日本1位となりました。

クリニック数の多さも影響してなのか、医療レーザー脱毛症例数100万件以上の実績があり、万が一のトラブルなどあらゆる対応に慣れているというメリットがあります。

<このクリニックの詳細はこちら>

湘南美容外科クリニック

4位:高須クリニック

テレビCMなどでおなじみ、芸能人も多く通う有名な高須クリニックは美容外科だけでなく医療レーザー脱毛も行っています。

30年以上の実績があります。有名な総医院長が自らの身体で施術を体験しているユニークなクリニックです。

東京、横浜、名古屋、大阪にありますので、お近くにお住まいの方はぜひご検討ください。

高須クリニックの特徴

2種類の医療レーザー脱毛機器を使用

アレキサンドライトレーザーとダイオードレーザーを使用しています。

痛みのない脱毛を目指し、レーザー照射の出力を低めに設定しています。

その分だけ回数は多くなる可能性はありますが、痛みに弱い方にとっては嬉しい心遣いです。

担当医指名制度

担当してもらいたい医師を自分で指名することができます。

脱毛期間中、同じ医師に診察してもらえるのは安心感があり、心強いですね。

美容クリニックとしての実績と症例数

美容外科としては30年以上の実績があり、豊富な症例数を誇ります。

医療レーザー脱毛以外にも様々な美容施術を行っているクリニックなので、一緒に他の美容施術を受ける方が多いようです。

<このクリニックの詳細はこちら>

高須クリニック

5位:共立美容外科

美容外科部門での評判が目立つ共立美容外科ですが、医療レーザー脱毛でも20年以上の実績があります。

知名度の高い全国チェーンの大手クリニックなので安心感があります。

共立美容外科の特徴

アレキサンドライトレーザーを使用

全国の共立美容外科各院で医療レーザー脱毛に使用する機種は異なりますが、基本的にはアレキサンドライトレーザーを使用しているそうです。

幅広い部位に対応でき、スピーディーな施術が可能なポピュラーな機種です。

特殊かつお得なキャンペーン

適応されるクリニックは限定されていますが、年間フリーパスの料金で1回払いができるというもの。

つまり、コース料金の安さで1回の施術が受けられ、スケジュールや回数を自分で決められるということです。

上手に利用すればかなりお得に医療レーザー脱毛を受けることができそうですね。

全国展開で多くのクリニック数

全国に21院もあるため、通いやすいクリニックを選ぶことができるのが便利な点です。

<このクリニックの詳細はこちら>

共立美容外科

医療レーザー脱毛の効果はいつ出るの?完了までの回数は?

ムダ毛が気になる女性

医療レーザー脱毛は本当に効果が出るのか、何回通えば脱毛が完了するのか、先が見えないと不安になってしまいますよね?

そこで、医療レーザー脱毛の回数による効果の実感、脱毛完了までの回数や期間などを、注意点も含めてわかりやすくご説明します。

医療レーザー脱毛の仕組み

メラニン色素に反応

医療レーザー脱毛では、レーザー光線の波長によって特定の対象に反応するという性質を利用しています。

脱毛用の医療レーザーは、黒色にのみ反応して、皮下の黒い毛やメラニン色素に集中的に熱を与えます。

毛根を破壊して毛を根絶やしに

レーザーの照射によって肌の下にある黒い部分(毛根部)に熱が吸収され、毛包(毛を包んでいるもの)に熱が伝わります。

その結果、毛を作り出す毛母細胞が破壊されるため、毛の再生を不可能にする、あるいは再生が遅くなるという脱毛効果が得られます。

医療レーザー脱毛の効果

高い効果が得られると定評のある医療レーザー脱毛について、その効果の特徴をみていきましょう。

半永久脱毛が可能

医療レーザー脱毛では強い出力のレーザー照射により長期的な脱毛効果が得られることは事実です。

しかし、あえて“半”永久脱毛としたのには理由があります。

永久脱毛の定義は言葉通りではなく、人によって捉え方が異なるからです。

そのことについては別の記事で詳しくご説明します。

少ない回数でも脱毛効果を実感しやすい

仮にエステ脱毛と比較した場合、医療レーザー脱毛では、より短い期間・少ない回数でもムダ毛が目立たなくなり、減毛・脱毛効果を実感することができます。

さまざまな部位の毛に対応可能

部位によって毛の太さや硬さ、量までもが異なります。

医療レーザー脱毛は黒いメラニン色素をターゲットとしているため、毛質を問わず剛毛や産毛にも対応可能です。(機種によって効果には差があることもご理解ください)

回数を重ねることで減毛を実感

現時点で目に見えている毛だけがムダ毛ではありません。

毛周期によって、休んでいた毛が再び生えてくる時期はきます。

定期的に回数を重ねていくことで医療レーザー脱毛の効果がしっかり得られるでしょう。

肌質・毛質による効果の違い

肌が黒い方、毛の色が薄い方、白髪などには脱毛用の医療レーザーが反応しにくいことがあります。

人によって合うタイプの機種が違いますので、カウンセリングでしっかり確認することが大切です。

ほとんどの人が効果を実感できる医療レーザー脱毛

部位や肌質などにより効果の出方はさまざまですが、適切な医療レーザー脱毛を受けて全く効果を実感しなかったという方はまずいらっしゃいません。

以前の自己処理や他施設での脱毛などの影響で、毛穴の変形や毛質の悪化が起こっている場合には効果が薄れる可能性があります。

医療レーザー脱毛の回数による経過

脱毛は一度だけでは完了しません。毛周期といって、毛には発育期、退行期、休止期という段階があり、目に見えて生えている毛は全体の約30%です。

毛周期のどの段階にあるのかは部位ではなく1つ1つの毛包によって異なります。

休止期の毛にはレーザー照射の効果が期待できないので、ある程度の回数が必要となります。

施術回数ごとの効果はあくまでも目安ですので、部位や個人差があります。

この通りの経過をたどらなくても心配はいりません。

脱毛1回目

施術初回から約1〜2週間後、レーザー照射した部分の毛が抜け始めます。

一度の脱毛により効果が期待できるのは全体の毛の約20%といわれています。

脱毛2回目

1回目から約2〜3週間経つと、休止期にあった毛が成長期に入るため、2回目の施術では新たに生えてきた毛に対してレーザー照射を行います。

2回目の施術後は、1回目よりも脱毛効果を実感する人が多いようです。

脱毛3回目

毛周期の関係により、1・2回目の施術時には休止期にあった毛が成長期に入るため、その毛に対して施術します。

3回目終了時点で、全体の毛の約半分にレーザー照射したことになります。

ほとんどの方は3回目あたりで脱毛効果を実感するようになります。

脱毛4回目

この時点になると目立つ剛毛がなくなり、脱毛を始める前よりもムダ毛のお手入れが簡単になっていることに気付きます。

4回目の施術後にはさらに毛が抜けるため、部位によってはほとんどのムダ毛がなくなることもあります。

レーザーに反応する毛の量自体が少ないため、脱毛の痛みも最初の頃よりかなり軽減されます。

脱毛5回目以降

4回目までの施術で休止期にあった毛に対してレーザーを照射します。

5回目の施術後に毛が抜け始めると、産毛以外ムダ毛がほとんどない状態になり、お肌がツルツルに感じられます。

腕やVラインの施術で、元々の毛が薄く細い人であれば、5回目で完了することもあります。

6回目の施術を終えると、全体の毛の約90%が処理されたことになり、ムダ毛の自己処理は必要なくなります。

通常の肌質、毛質の人であれば、6回目あたりで脱毛が完了することが多いといわれています。

医療レーザー脱毛が完了するまでの回数・期間

2カ月おきに施術を受けた場合、ムダ毛が気にならなくなる状態までは5〜8回(約1年〜1年半)で完了する方が多いです。

さらに完全にツルツルにしたいという方は10回をひとつの区切りとすることをおすすめします。

脱毛部位や肌質・毛質により異なりますので、目安としてご参考にしてください。

脱毛部位による違い

毛の生えている場所によって濃さや毛質が異なるため回数にも違いがあります。

各項目は、ムダ毛が気にならず処理が必要なくなるまでの回数の目安となります。

全身脱毛

5〜6回

6〜9回→色の薄い毛や産毛が多いためメラニン色素に反応するレーザー照射の熱が伝わりにくいため、回数が必要になります。

ワキ

5〜7回

腕・膝下

4〜6回

Vライン

5〜7回

I,Oライン

6〜10回→皮膚が色素沈着しやすいためヤケドのリスクを避けて出力を低めに照射することが多く、回数が多くなります。

最も脱毛効果の個人差が出やすい部位といえるかもしれません。

エステ脱毛よりも圧倒的に少ない!

医療レーザーの出力はエステ脱毛よりも強く、毛根を破壊することが可能ですので、当然ながら回数は圧倒的に少なくてすみます。

毛周期を理解しましょう

毛周期の影響で、ひとつの部位につき数回のレーザー照射が必要となります。

毛周期に合わせて効率的に脱毛するためには2〜3カ月おきの施術がおすすめです。

契約期間の確認を忘れずに

脱毛施術には2〜3カ月の間隔が必要になるため、年間5回前後の施術が受けられることになります。

回数での契約であれば問題ありませんが、契約期間が決められている場合、期間内に自分が望む脱毛状態まで至らないことがありますのでしっかり確認しましょう。

医療レーザー脱毛の効果と必要な施術回数のまとめ

医療レーザー脱毛の効果の実感には、毛の量や肌質、肌の色などによって個人差があります。

毛周期も人それぞれのため、脱毛期間中の経過にも違いが出てきます。

なかなか効果が出なくても焦らなくて大丈夫です。

だいたいの方が施術5〜6回目、期間としては1年ほどで脱毛効果をはっきりと実感することが多いようです。

実感が得られない場合には、痛みに問題がなければレーザーの出力を変えるなどして対応することもあります。

ムダ毛の処理が必要ない程度までを完了とするか、完全に産毛までツルツルにしたいかによっても、必要とする施術回数は変わってきますので、カウンセリング時に希望を伝えるようにしましょう。

医療レーザー脱毛の口コミ・評判

女性の口コミイメージ2

医療レーザー脱毛を受けられる美容クリニックは数多くあります。

脱毛を始めたい、あるいは今のクリニックと違う脱毛を受けてみたい。

そんなとき何を基準にどこを選べば良いのか迷ってしまいますよね。

実際に医療レーザー脱毛の施術を受けた方々の評判や口コミをご紹介しますので、参考にしてみてはいかがでしょうか?

アリシアクリニック

主な施術が医療レーザー脱毛ということで、脱毛に特化したクリニックともいえるでしょう。

医療レーザー脱毛クリニックの中でも、脱毛効果が高く、早く完了する上に低価格だと評判が高いクリニックです。

都心部を中心にターミナル駅近くで12院を展開していますので、アクセス良好なところがメリットです。

遊びや仕事など外出のついでに通えそうですね。

以前は予約が取りにくいとのことでしたが、新規オープンによりかなり取りやすくなりました。

専用アプリでいつでも予約変更が可能なので、行きたい日をすぐに見つけられる利便性があります。

医療レーザー脱毛の特徴

独自の吸引システムがついたダイオードレーザーを使用し、ほぼ無痛の医療レーザー脱毛を実現しました。

初再診料、解約手数料、当日キャンセル料が全て無料というのはとても良心的なポイントです。

無料でテスト照射も受けられるので、肌トラブルのリスクも低くて安心です。

アリシアクリニックの評判

「医療脱毛経験者が選んだ価格・仕上がり満足度No.1」(2016年2月、楽天リサーチによる)になったことがあるほどの評判で、数々の口コミサイトでも医療レーザー脱毛部門で1位に輝いています。

脱毛部位に合わせたケアアイテム、雨の日の来院、お友達の紹介、家族や友達と一緒での新規契約など様々な特典があります。

清潔な環境づくりに配慮していて、1人1人備品の使い捨てや交換を徹底しているので衛生対策が万全です。

アリシアクリニックの口コミ

口コミその1

最初はVIO脱毛だけで通うつもりでクリニックに行きましたが、カウンセリングのときに全身脱毛にもVIOが含まれていると知り、思い切って全身脱毛の契約をしました。予約が取りにくいと聞いていたので心配でしたが、今のところちゃんと2カ月に1回のペースを守って通えています。他のクリニックで数回ワキ脱毛をしましたが、アリシアクリニックの医療レーザー脱毛は本当に痛くないです!3回目くらいで毛が抜けていく実感があり、肌がつるつるしていくのが嬉しくて次の脱毛が楽しみになってしまいます。院内もエステのようにキレイで落ち着く雰囲気ですし、スタッフの方の対応も適度にサバサバしていて施術がスピーディーなところが好きです。

口コミその2

敏感肌で医療レーザー脱毛が初めてなのでとても不安でしたが、テスト照射を無料でやれて問題なかったのでそのまま契約しました。とても丁寧なカウンセリングと、施術中も痛みに気に配ってくれるところが安心です。少しの赤みでもすぐに対処してもらえるので、今のところ全く肌トラブルなく続けられています。他のクリニックを知らないので何とも言えませんが、予約は少し取りづらい気もします。ですが、料金や脱毛効果、対応などとても気に入っているのでアリシアクリニックにして良かったと思っています。

<このクリニックの詳細はこちら>

アリシアクリニック

湘南美容外科クリニック

湘南美容外科クリニックは、全国最大級の36店舗を展開する全国チェーンの美容クリニックで、医療レーザー脱毛以外にもあらゆる美容に関する施術を受けることができます。

知名度の高さ、クリニック数・症例数の多さ、媒体での露出度など医療レーザー脱毛としては敷居が低く通いやすいクリニックなのではないでしょうか。

系列のクリニック内であれば共通のカルテシステムがあるため、どこでも脱毛施術を受けることができるのはとても便利ですね。

医療レーザー脱毛の特徴

女性用にはオリジナルのIPL医療レーザー機器とアレキサンドライトレーザーを使用しており、肌質や部位によって選ぶことができます。

また、湘南美容外科クリニックが開発したエステ脱毛器もあり、医療機関でありながらエステ脱毛を経験することも可能です。

コースの有効期限設定がないため、消化の回数や期間を気にせず通うことができるのは嬉しいポイントです。

クリニックでは珍しい返金保証システムもあります。

湘南美容外科クリニックの評判

2013年度には脱毛患者来院数が日本1位となり、クリニック数の多さもあってか症例数100万件以上の実績があります。

広告でよく見かけるため安心感が得られるという声もあり、医療脱毛ながら、常に色々なキャンペーンを実施しているので、エステ脱毛のように低価格で気軽に通えると評判です。

湘南美容外科クリニックの口コミ

口コミその1

腕と脚の脱毛は他のクリニックで完了していたのですが、別の部位が高かったのでワキ脱毛が安いと評判の湘南美容外科に変更しました。ネット予約をしたらクーポンが発行されて1000円OFFになりました。クリニックも駅近で通いやすいですし、予約も今のところ全て希望日の希望時間に取れています。大手だからなのか、受付の方や看護師さんがすごく接客に慣れていて親切ですし、施術時間も短いです。名前ではなく番号で呼ばれるのもプライバシーが守られる気がして安心なところです。特定の部位の脱毛ならおすすめですね。

口コミその2

ワキ脱毛が安いので友達に誘われて行ってみました。一切勧誘はなかったのですが、気になっていた顔脱毛も申し込みました。他のクリニックだと全顔ではなくて細かく部分別になっていたので…。医療レーザー脱毛の中ではすごく安いクリニックだと思います!対応にも脱毛効果にも満足しています。

<このクリニックの詳細はこちら>

湘南美容外科クリニック

リゼクリニック

女性専門の医療レーザー脱毛クリニックで、提携クリニックを含めると全国15院を展開しています。

リゼクリニックは医師も看護師も全員が女性のため、安心して通えると人気が高い脱毛専門のクリニックです。

直営クリニック間であれば移動も可能で、高い脱毛効果と痛みの軽減を実現するため、3種類の医療レーザー機器を使用していることが脱毛専門クリニックとしての信念を感じるところです。

予約も取りやすいとのことで、人気急上昇中のクリニックです。

医療レーザー脱毛の特徴

最新式を含むダイオードレーザー2種とYAGレーザーの合計3機種を個人の肌質や毛質、回数や部位によって使い分けています。

中でも蓄熱式の最新式ダイオードレーザーはバルジ領域と呼ばれる発毛前の部分にまで作用が及ぶため非常に高い効果が得られるとされています。

通常であれば発生するキャンセル料や剃毛料も無料で、肌トラブルには完全無料保証で対応してくれます。

コースの有効期限が長いため、期間を気にすることなく通院でき、途中解約も可能です。

リゼクリニックの評判

徹底して痛みの軽減にこだわり、なおかつ高い脱毛効果を追求している点や、女性による女性のための脱毛専門クリニックだという点、LINEでキャンセル情報が取得できて都合が合えば直ぐに行けるという点などから評判が高まっています。

他のクリニックで医療レーザー脱毛が継続できなかった方が、リゼクリニックに変更するようなケースも多いようです。

リゼクリニックの口コミ

口コミその1

医療レーザー脱毛ということで安心感があったのと、口コミなどを見て評判の良かったリゼクリニックにしました。料金に関しては安いとも高いとも感じませんでしたが、追加料金がかからないのでお得感はあります。思っていたより痛みも少ないですし、女性スタッフの方々がとても優しくて丁寧な対応をしてくださるのが嬉しいです。スタッフも患者も全員女性という点が一番落ち着く点かもしれないです。

口コミその2

いちいち再照射などで追加料金を取られるエステ脱毛にうんざりして、せっかくなら早く脱毛を完了させたいと医療レーザー脱毛に切り替えることにしました。口コミサイトで評判の高かったリゼクリニックを選んだのですが、大正解でした!女医さんと女性看護師さんが丁寧にカウンセリングしてくれて、これまでの他での脱毛の経過も親身になって聞いてくれました。何よりも看護師さんがこちらの立場に立って本当に自分のことを考えてくれる施術を提案してくれることに感激しました。クリニックなのに再診料や剃毛代、薬代もかからないので、後から予想外の出費がないのも助かります。急な体調不良のときでもキャンセル料が無料なので予約の変更ができますし、今後も通い続けたいです。

<このクリニックの詳細はこちら>

リゼクリニック

高須クリニック

テレビCMなどでおなじみ、芸能人も多く通う高須クリニックは美容外科として30年以上の実績があります。

有名な総医院長が自らの身体で施術を体験しているユニークなクリニックです。

東京、横浜、名古屋、大阪にありますので、お近くにお住まいの方はぜひご検討ください。

医療レーザー脱毛の特徴

アレキサンドライトレーザーとダイオードレーザーを使用しています。

痛みのない脱毛がモットーとのことで、レーザー照射の出力を低めに設定しているため、回数は多くなる可能性があります。

担当してもらいたい医師を自分で選ぶことができるので安心して脱毛施術を受けられそうですね。

高須クリニックの評判

30年以上の実績と豊富な症例数、非常に高い知名度、総医院長の印象の良さや独創的な発想、丁寧なカウンセリングなどが評判です。

様々な美容施術を行っているクリニックなので、美容整形やヒアルロン酸注射など他の施術と合わせて脱毛を受けている方が多いようです。

高須クリニックの口コミ

口コミその1

医療レーザー脱毛は痛いというイメージでしたが、麻酔もちゃんと準備されていて、カウンセリングがとても丁寧でした。さすが有名クリニック!という感じです。脱毛後の肌状態もしっかりチェックしてくれるので安心です。対応や脱毛効果には大満足なのですが、料金は少し高めなのでお財布に余裕がないと通い続けるのは難しいかもしれないとは思います。

口コミその2

エステで全身脱毛をしたのですが、しばらくしたら毛が生えてきてしまったので医療レーザー脱毛を受けようと決めました。テレビでよく見る有名な先生がいるので安心感がある高須クリニックにしました。初回のカウンセリングから施術までずっと同じ先生が担当してくれるので、自分の希望と仕上がりのイメージが共有できて、思い通りの脱毛をしてくれるのが良いところだと思います。再診料はかかりますが、しつこい勧誘もなく、エステ脱毛で処理しきれなかった部分を丁寧に脱毛してもらえるので助かっています。

<このクリニックの詳細はこちら>

高須クリニック

共立美容外科

美容整形手術や美容歯科など、美容外科部門での評判が目立つ共立美容外科ですが、美容皮膚科もあり、もちろん医療レーザー脱毛も行っていて20年以上の実績があります。

全国に21院もあるので、通いやすいのも嬉しいポイントです。

医療レーザー脱毛の特徴

全国の共立美容外科各院で医療レーザー脱毛に使用する機種は異なりますが、基本的にはアレキサンドライトレーザーを使用しているそうです。

料金プランが特殊で大変お得なキャンペーンをやっています。

年間フリーパスの料金で1回払いができるというもの。

キャンペーンを実施しているのは、新宿、銀座、宇都宮、千葉、浜町、名古屋、京都、大阪、高松、岡山、福岡、熊本、大分院と決まっているので、ご注意ください。

共立美容外科の評判

美容クリニックとして20年の実績と、わかりやすい料金設定、お得なキャンペーン、丁寧なカウンセリングなどが評判です。

共立美容外科の口コミ

口コミその1

初めての医療レーザー脱毛で不安だったのですが、初回のカウンセリングがとても丁寧で、どんな質問にも詳しく答えてくださったので共立美容外科に決めました。細かく部位が分かれていますが、個人的にはワキ脱毛が一番お得だと思います。1年間ほど通ってほとんどムダ毛が目立たなくなりました。施術に時間がかからないことや、先生が優しいこと、一切勧誘がないことなどが気に入っています。キャンペーン価格も魅力的ですし、追加料金が全くかからないところがとても良心的だと感じました。

口コミその2

痛みが全くないわけではないのですが、医療レーザー脱毛だけあって効果が実感できました。施術時間がとても短いので、その間だけ少し我慢していれば本当にあっという間に終わってしまいます。痛いときには相談すれば出力を変更してもらえますし、キャンペーンを利用するとかなり安く脱毛できるので、他の部位も共立美容外科に通おうと考えています。

<このクリニックの詳細はこちら>

共立美容外科

市販品の背中脱毛を自宅でやる方法

背中に手が届かない女性

背中のムダ毛は自分で処理するのが最も難しい場所です。

直接見ることもできないし、手も届きづらく、届いたとしても思う通りに手先を動かすことはなかなかできません。

しかし市販の脱毛グッズを使って色々と工夫しながら自宅で背中のムダ毛を処理している人もいます。

自分のムダ毛の処理を人には頼めないという人も多いですよね。

今回は、人に頼らず一人で背中脱毛をする方法について迫ります。

自宅で背中脱毛をやっている人は、どんな市販品を使ってどのようにやっているのかについて探りながら、それらのアイデアをまとめていきます。

もちろん背中のムダ毛処理を頼める人がいるって方はどんどん頼んじゃって下さいね。

※注 今回取り上げる背中脱毛グッズは、肌の表面に出ている毛を処理する、いわゆる除毛を行なうタイプのものです。

一人でも割とスムーズに背中脱毛ができるタイプ

市販されている背中脱毛グッズの中で、比較的一人でも簡単にできるものを集めました。

効果については微妙なものもありますが、自宅で一人で簡単に背中脱毛ができるという点では、気軽に試すことができるアイテム達です。

脱毛タオル(除毛タオル)

脱毛タオルは、お風呂で体を洗うボディー用のタオルの代わりに使えばよいという手軽さから、取り入れる人の多いアイテムです。

超極細の繊維や、特殊な編み方をした編み目で、背中を洗いながら毛を絡み取るという仕組みになっています。

市販されているものの中には、ポリエステルなどの化学繊維でできた数百円のものから、綿やシルクなどの天然素材でできた2000円から3000円ほどするものまであります。

脱毛効果だけでなく、古い角質や溜まった汚れを取り除くことができるので、背中のケアのために使っているという人もいます。

実際の脱毛効果については、あまり効果を感じないという声の方が圧倒的です。

だけど自宅で一人で背中脱毛をするという点では、最も簡単で手軽なので試してみても良いかもしれませんね。

ただし、ムダ毛を取りたいからといって、こすり過ぎは禁物です。

背中をケアするどころか、逆に肌を痛めてしまいますので気をつけてください。

背中用シェーバー カミソリタイプ

背中のムダ毛処理のために市販されているものの中に、背中用に柄の長くなったT字型のカミソリがあります。

国内の大手メーカーのものが数百円で購入できますが、肌のことを考えると正直オススメできません。

背中に限らずムダ毛の処理にカミソリを使うと、肌も一緒に傷つけてしまい、肌荒れや色素沈着などを起こしてしまう可能性があるからです。

利用している人の口コミも、いざという時便利という声もあったりしますが、背中は平らではないから綺麗に剃れないといった声や、そもそも剃り味もにぶいといった声の方が多数です。

背中用シェーバー 電動タイプ

T字型のカミソリではなく、背中用に柄の長い電動のシェーバーも市販されています。

価格は3000円台のものからあり、電動シェーバーだと刃が直接肌には触れないため、T字型のカミソリに比べるとお肌を傷つけません。

使っている人の口コミなどを見ると、剃れる剃れない賛否両論はありますが、もし剃るタイプで背中脱毛をするなら電動タイプの背中用シェーバーの方が良いですね。

ただし、剃るタイプの宿命ですが、効果は長続きしません。

すぐに毛が伸びてしまいますし、太い毛の場合はもしかするとチクチクするかもしれません。

工夫すれば背中脱毛もうまくいく!脱毛クリーム!

脱毛クリームは、毛を処理したい場所に塗ってしばらく放置した後洗い流すだけで、皮膚の表面に出ているムダ毛を溶かして処理することができます。

うまくいけば、より毛穴の奥から除毛することができるので見た目も綺麗な仕上がりになり、自宅でムダ毛処理をしている人の中でも使っている人の多い商品です。

広範囲を短時間で処理できるため、背中脱毛に使えたらとても便利なのですが、いかんせん背中は手が届かないところが多いのが難点です。

そこで、様々な工夫を凝らして、脱毛クリームで背中脱毛をしている人のアイデアを集めました。

スプーンの背を使って塗る

スプーンの裏側の丸くカーブしているところを使って背中の届かないところに脱毛クリームを塗っているという人がいます。

スプーンならば必ずといっていいほど自宅にありますよね。

脱毛クリームを買ってきたけど、背中に塗れない!でも今すぐやりたい!どうしよう!となった時に覚えておくと良いかもしれません。

ただし、スプーンを脱毛クリームを塗ることに使ってしまうと、もう食事用には戻せませんし、金属製だと冬はちょっと冷たそうです。

コンビニなどで貰ってきたプラスチックのスプーンなんて良いかもしれませんね。

軟膏や保湿クリームをを塗るためのアイテムを使う

背中に軟膏や保湿クリームなどを塗るためのアイテムが市販されています。

これを脱毛クリームを塗るのに利用している人がいます。

軟膏やクリームを背中に塗るために設計されたものだけあって、脱毛クリームを塗るのにも全く問題無いようです。

価格も2~300円のものから1000円程度と手頃です。

セヌール

有名なのは300円前後で買える「セヌール」。

背に塗るから、セヌール。

写真は「Ⅱ」ですが、現在では「Ⅲ」が販売されています。

どんどん改良されていく人気商品なのです、セヌール。

ゴムベラやスパチュラなど、キッチン用品を使って塗る

ゴムベラやスパチュラ、ケーキ用のパレットにしゃもじまで。

キッチン用品を使って背中に脱毛クリームを塗っている人の多さには驚きました。

今では100円ショップに行けばどれも売っていますし、使い捨てにしても惜しくないという声も多数ありました。

確かに軟膏やクリームを塗るためのアイテムと比べても、使い勝手もそんなに遜色無いかもしれませんね。

ただし脱毛クリームを塗るのに使った後は、決してお料理には使わないように気をつけなくてはなりません。

ヨガを始めたら手で塗れるようになった

体が固くて背中に脱毛クリームを塗るのに苦労していた人が、ヨガを始めたら体が柔らかくなって、背中にも楽々塗れるようになったそうです。

背中の後ろで、楽に手のひらを合わせることができるくらい柔らかくなったとのこと。

ヨガってすごいんですね。

背中に脱毛クリームを塗るためにヨガを始めるってのもアリでしょうか。

ラップに塗って寝転ぶ

この方法は今回最も衝撃を受けました!

床に置いたラップに脱毛クリームを塗り広げ、そこに寝転ぶという方法です。

そんなにうまくいくものかと心配しましたが、意外とうまく塗れるそうです。

その姿を想像しただけで、ちょっと可笑しいですが、誰も見てる人がいないんであれば気にすることもないですね。

ただし誤って髪の毛に脱毛クリームがついたりしないよう注意を払う必要はあります。

最後に

市販されているもので簡単にあるいは工夫を凝らすことで自宅でも背中脱毛できるアイテムやアイデアについてまとめてきました。

特に脱毛クリームを使って背中脱毛をしている人は様々な工夫をしているんですね。

確かに脱毛クリームは見た目も綺麗に処理できますが、毛を溶かすほどの強力な薬剤を用いますので、使用法を守ることが大切です。

使用法を守っても、肌に合わずに炎症を起こす人も多くいます。

それに今回ご紹介したアイテムは、どれも効果は一時的なものなので、ムダ毛のない状態を維持するためには継続的に処理を行なわなければならず、肌への負担は相当なものとなります。

本当に満足の行く背中脱毛をするためには、やはり脱毛サロンかクリニックに行くことが最も安全で確実な方法です。

【クリーム】セルフで出来る背中脱毛グッズ【タオル】

女性の背中

普段は気にしていなくても、水着になる時はさすがに気になるという人が多い背中のムダ毛。

水着に限らず、首回りの開いた服の時には意外と人目に触れてしまう場所です。鏡越しでしか見ることができないし、手も届きづらいことから自分で処理するのはとても難しい場所ですが、自分で処理するためのさまざまなグッズも販売されています。

そういった背中脱毛グッズは、背中のムダ毛をなんとかしたい!と思ったその時に、気軽に試せるというメリットがあります。

今回は比較的入手が簡単で、思い立った時にセルフでできる背中脱毛グッズの中でも、特に手軽な脱毛クリーム(除毛クリーム)と脱毛タオル(除毛タオル)についてご紹介します。

セルフでもできる背中脱毛グッズ①脱毛クリーム(除毛クリーム)

一般的に脱毛クリームと呼ばれている商品は、肌の表面に出ているムダ毛を薬剤で溶かして除毛します。

カミソリやシェーバーなどの処理と比べると、より毛穴の奥まで処理できるので、見た目が美しく仕上がります。

処理したい場所にクリームを塗って数分放置した後に洗い流すだけなので、短時間で広範囲のムダ毛を処理することができるため、セルフでの背中脱毛をやっている人には最もポピュラーな脱毛グッズです。

毛を毛穴から無くす脱毛と違って表面に出ている毛を取り除くため除毛クリームと呼ばれることもありますが、ここではより一般的な脱毛クリームという呼び方で進めていきます。

脱毛クリームの選び方

数百円の安価なものからさまざまな種類の脱毛クリームが販売されていますが、必ず背中にも使えるかどうか確認しましょう。

大抵の商品には使用範囲や使用できる部位についての記載があります。

同時に使用方法についてもよく読んで、正しい使い方をすることが非常に大切です。

パッチテストを行なう

選んだ脱毛クリームが自分の肌に合うかどうかを確認するために、必ずパッチテストを行ないましょう。

パッチテストは塗っている間に異常がないか確認するのはもちろんのこと、可能であれば使用後洗い流してから24時間から48時間くらいは変化がないか様子を見ることをおすすめします。

この時点で肌に異常があった場合は、その脱毛クリームを使用することはやめましょう。

またパッチテストで異常が現れなかった場合でも、その後の使用中に異常を感じた場合はすぐに洗い流すなどして使用を中止しましょう。

症状がひどいようなら速やかに医療機関に相談することをおすすめします。

爪や髪につかないようにする

脱毛クリームはたんぱく質を溶かす性質ですので、髪や爪などたんぱく質でできている部分にはつかないようにする必要があります。

万一ついてしまった場合はすぐに洗い流して下さい。

そうならないためにも、髪の長い人はしっかりまとめてシャワーキャップを被るなどして防護するようにしましょう。

爪につかないように、薄いゴム手袋を使用しても良いかもしれませんね。

肌もたんぱく質でできていますので、説明書に書いてある時間以上塗ったままにするのは肌を痛める可能性がありますので、くれぐれも使用時間は守るようにして下さい。

届かない場所にはアイテムを使う

脱毛クリームは、塗った後放置する時間は数分のものが多いので、背中全体に塗る場合には素早く塗らないとあっという間に時間が経ってしまいます。

慣れないうちはいきなり全体に塗ろうとせずに、背中の上の部分だけに塗るなど範囲を小さくするのも一つの手です。

そして手の届かないところには、適度にしなるキッチン用のゴムベラがオススメですが、手の届かない場所だけではなく、クリームを塗る時は爪につけないためにも手ではなくヘラで塗る方が良いかもしれませんね。

大きめの鏡に背中を映して利き手にゴムベラ、利き手じゃない方の手に手鏡を持って、塗り残しがないか確認しながらまんべんなく塗りましょう。

そして決められた時間がきたら、すぐに洗い流すことが肝心です。

もしうまく除毛できていなかったとしても、さらに放置するのは絶対にやめましょう。

そして処理後は肌が敏感になっていますので、いつも以上にしっかりと保湿することが大切です。

脱毛クリームのまとめ

うまく脱毛クリームで処理ができれば1週間程度はムダ毛が目立たずに過ごすことができるそうですが、中には3~4日おきに処理をしている人も。

手軽な脱毛クリームですが、使用頻度の高い人はコストも意外とかかってしまいますね。

また脱毛クリームは多くの化学薬品を使用していますので、体調が優れなかったり肌の状態が悪い時には使用するのをやめましょう。

きついニオイがするものもありますので、浴室や洗面所で使用する場合は換気にも注意が必要です。

セルフでもできる背中脱毛グッズ②脱毛タオル(除毛タオル)

脱毛クリームよりもより手軽に背中脱毛できるのが脱毛タオルです。

超極細の繊維や複雑に編まれた編み目でうぶ毛をからめとることができるというグッズです。

いつもお風呂で使っているボディー洗い用のタオルの代わりに使うだけという手軽さで特に若い世代に人気のようです。

脱毛タオルも肌の表面に出ている毛を取り除くので、効果としては毛を根元から抜く脱毛ではなく除毛にあたるのですが、こちらも一般的に呼ばれている脱毛タオルという呼び方で進めていきます。

脱毛タオルで背中脱毛できるの?

セルフで背中脱毛をやるのに、脱毛タオルほど手軽なものはないのですが、効果の感じ方は人それぞれです。

口コミによると背中の産毛がなくなってきたという声がある一方で、背中脱毛に関しては効果は穏やか、もしくはあまりないという声の方が多く見られます。

特に普通の毛や濃い毛にはほとんど効果を発揮しないという声も多数。

強くこすり過ぎて皮膚がヒリヒリしたり、お肌が荒れたりしたという声も多く見かけました。

使用した商品や毛質による差もあると考えられますが、背中脱毛に関する効果はそれほど期待できないのかもしれません。

脱毛タオルの背中脱毛以外の効果

背中脱毛にはあまり効果を発揮しないようなのですが、古い角質や毛穴の汚れを取り除くことができるのでザラザラしていた背中がツルツルになったり、ニキビが改善されたという人もいます。

商品によっては背中だけでなく全身(顔以外)に使えるため、体中脱毛タオルで洗って全身ツルツル肌になったという人も。

ザラザラ肌や背中ニキビに悩んでいる人は試してみる価値があるかもしれませんね。

ただし皮膚を傷つけたり炎症を悪化させる可能性があるのでゴシゴシと強くこするのはやめましょう。

脱毛タオルの素材

脱毛タオルの素材は、綿やシルクなどの天然素材のものとポリエステルなどの化学繊維のものがあります。

化繊の方が安価でドラッグストアやネットショップでも多く取り扱いがあり、綿やシルクなどの天然素材のものは化繊に比べると少々値が張って数も少ないようです。

石鹸をつけた時の泡立ちや洗い心地に差があるようですが、肌への刺激を考えると天然素材のものの方がオススメです。

脱毛タオルのまとめ

脱毛タオルは脱毛効果に関しては残念ながらあまり効果はないようです。

ですから、いつも使っているボディータオルの代わりに使って古い角質が取れたり、ちょっとでも産毛が少なくなればという人には良いかもしれません。

化学薬品などを使っている訳ではないので肌への負担を考えると安心ですが、くれぐれもこすり過ぎには注意して下さい。

最後に

正直に言いますと、綺麗に背中脱毛をするなら脱毛サロンやクリニックでの脱毛が確実です。

だけど費用のことやかかる時間を考えると通えないという人も多いですよね。

そんな時にセルフでできる背中脱毛グッズとして、脱毛クリームと脱毛タオルをご紹介しました。

どちらも背中脱毛の効果としては一時的で限定的ですが、手軽に背中のムダ毛を処理することができます。

どちらの場合も処理後はいつも以上に保湿を心がけてくださいね。

みんなはどんな形?範囲はどこまで?ハイジニーナ脱毛のあれこれ

白いビキニを着ている女性のイラスト

ハイジニーナ脱毛の形や範囲をみんながどうしているのか気になりますよね。
友達にも聞きにくいハイジニーナ脱毛の形や範囲のあれこれをご説明します。

ハイジニーナ=VIOだと誤解する人は多い!

意外と多いのがハイジニーナ脱毛をVIO脱毛と同じ意味だと思ってしまう勘違いです。

VIOも直接的な言葉ではないですが、確かにハイジニーナ=衛生的と直訳すると、ハイジニーナ脱毛は衛生的な脱毛としてデリケートゾーンの脱毛をオブラートに包んでくれている気がしてしまいます。

しかし、本当はVIO脱毛と部位は変わらなくても、根本的な見た目がハイジニーナは違うので注意が必要です。

ハイジニーナの実際の意味はVIOがツルツルの無毛になることなので、特にそこまではやりたくないと思っている方は注意してこの言葉を使うようにしてください。

ハイジニーナに基本的に形はない!

VIO脱毛をしたいと思った時にどんな形にするかを悩んで「ハイジニーナ脱毛 形」という検索のかけ方をする方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、ハイジニーナ脱毛はツルツルにすることだということを踏まえて考えると、「ハイジニーナ脱毛 形」で検索するのは間違いだということがわかります。

その時の検索のかけ方として正しいのは「VIO脱毛 形」や「Vライン 形」です。

つまり、本当にハイジニーナにしたい人はそもそも毛の形を作る訳ではないので、脱毛サロンやクリニックを探す時に「ハイジニーナ脱毛 形」では検索しないのです。

実際にそのワードで検索しても形を作るVIO脱毛をしたい人には「VIO脱毛 形」よりも欲しい情報がずっと少なくなってしまいます。

また、ハイジニーナ脱毛とVIO脱毛ではみんなが聞き慣れているVIO脱毛の方が情報量が多いので、本当の意味でのハイジニーナ脱毛にしたい人が「ハイジニーナ 形」で検索すれば、更に欲しい情報を得るのに苦労するでしょう。

形は必要なし?ハイジニーナ脱毛にするみんなはどんな形にしてるのか

みんながどんな形にするかが気になってハイジニーナ脱毛を調べる方もいらっしゃるかもしれませんが、ハイジニーナには形がないということは形の選択肢がなく、基本はハイジニーナにするなら選択肢が”無毛にする”の1種類しかなくなります。

ただし、ハイジニーナ脱毛はまだ日本ではVIO脱毛と比較して流行っているとは言えないために、コース名はハイジニーナ脱毛なのにその中身はVIO脱毛と同じ脱毛サロンもあります。

その場合はVIO脱毛と同じくらい選べるデザインがあります。

しかし、この場合はハイジニーナ脱毛のコースではなく、内容はVIO脱毛でしかないのです。

したがって、正しい知識を元にVIO脱毛でなくハイジニーナ脱毛をしているみんながどんな形にしているかを調べると、形も全てなくしているということが言えます。

ハイジニーナ脱毛の基本はツルツルにすること

ハイジニーナの基本はツルツルにすることで、ハイジニーナ脱毛をしたいと思っている人はこれを理解してツルツルにすることを希望して脱毛サロンやクリニックを訪れます。

少しでも毛が生えている状態だと生え始めの毛がチクチクしたり、今まで毛によるものとは知らなかったいくつものトラブルを引き起こす可能性があります。

デリケートゾーンの痒みや蒸れなどはかなり多くの女性が一度は経験したことがある悩みですが、これも結局はデリケートゾーンの不衛生な状態にするなど悪影響を及ぼしている可能性が高いのです。

ツルツルにすればデリケートゾーンならではのトラブルや不快さを感じることも少なくなり、常に衛生的な状態を保つことができるようになります。

ツルツルにすることで周りの女性と見た目が違うことが気になる方もいらっしゃるかもしれませんが、それにはすぐに慣れます。

そもそも”ハイジニーナ脱毛”という言葉が浸透してきたのもハイジニーナにしたいと思う女性が増えてきたからなので、ハイジニーナにしたいと思ったら堂々とツルツルを選ぶことをおすすめします。

サロンによっては形を聞くこともある?

形がないことが基本のハイジニーナですが、サロンによっては「形はどうしますか?」と質問されることも少なくありません。

これはどういうことかというと、ハイジニーナに限定せずに形を作るVIOにも対応してくれるということです。

もちろん、このような場合にもハイジニーナにすることが決まっていたら形は伝えずにハイジニーナにしたいと伝えれば大丈夫です。

もし、ハイジニーナではなく形があった方が良いと思ったり希望の薄さがある場合は、遠慮せずに施術前にそのことを伝えましょう。

ハイジニーナ脱毛の範囲はどこまで?

ハイジニーナ脱毛をした場合、範囲はどこまでが含まれるのか気になりますよね。

基本的にはハイニジーナの範囲はVIOのデリケートゾーンと呼ばれる範囲が全て含まれた範囲とされています。

サロンのコース内容によっては更にVラインの上、トライアングル上下、へそ下までのかなり広い範囲が含まれる贅沢なハイニジーナ脱毛ができる場合もあります。

VIOだけではなく更にたくさんの部位をツルツルにできるのは嬉しいですよね。

ハイジニーナ脱毛にVIOの3つの部位が含まれないことはまずないので、どんなに範囲が少ない場合でも最低限VIOはハイジニーナ脱毛の範囲とされています。

例えばうなじ脱毛の範囲には髪の毛が混ざることがありますが、ハイジニーナ脱毛はビキニライン、性器周り、肛門周りとなっていて他の部位の毛が混ざることはほとんどありません。

だからこそ、中途半端に毛が残るといったこともあまりないので、ツルツルにしても変に毛が残ってしまうことはあまりないと言えます。

ただし、施術者が上手く脱毛器を当てることができなかったことによって、変に一部だけ毛が残ってしまう照射漏れが起こる可能性もゼロではありません。

そのような時には気付いた段階で言わなければずっとこの先も変に毛が残ってしまったり、脱毛回数が余計にかかってしまう可能性もあります。

自分自身がVIOとはどこを指すのかがわかっていなければ失敗をされても「これってハイジニーナ脱毛の範囲に入らないのかな?」と思ってしまうことになるかもしれないので、VIOというアルファベットだけでなくそれが具体的にどの部位を指すのかを覚えておくことが大切です。

まとめ

ハイジニーナが正確にはVIOとは違い、正しい意味ではそもそも形を指定すること自体が間違っているというのはちょっと意外なことですよね。

これからハイジニーナ脱毛をしたいと思っていたら、最低限ハイジニーナは完全にツルツルにしてしまうことだということと、ハイジニーナ脱毛に含まれる範囲くらいは頭に入れておきましょう。

今はまだ日本人女性でハイジニーナにする人が少ないためにVIO脱毛と同じ意味で扱っているサロンやクリニックもありますが、今後海外のようにハイジニーナが流行ってきたらVIO脱毛とは切り離して本来の意味でハイジニーナという言葉が使われることは将来的にあり得ることかもしれないですよね。

現時点では曖昧な使われ方をするハイジニーナ脱毛なので、ツルツルにしたい場合はサロンやクリニックで形はナシで完全にツルツルにしたいと言った方が間違いがないでしょう。

ハイジニーナ脱毛についてのあれこれに対する知識を深め、脱毛で海外の女性のような清潔感のあるハイニジーナを完成させることを目指してみてはいかがでしょうか。

デリケートゾーンは痛い?ハイジニーナの痛みはどれぐらいか

下腹部が痛む女性

デリケートゾーンの脱毛は他の部位と比較して痛いと言われていることも多いですが、実際の痛みはどの程度のものなのでしょうか。

ハイジニーナ脱毛の痛みについてご説明します。

デリケートゾーンの脱毛は痛いって本当?

デリケートゾーンの脱毛が痛いと言われるのは本当です。

光脱毛を受けた人で他の部位はそんなに痛みを感じなかったという人でも、デリケートゾーンだけはかなりの痛みを感じたというケースもあり、それだけでもデリケートゾーンがかなりの痛みを伴う脱毛だということがわかりますよね。

しかし、全員が全く同じ痛みを感じるという訳ではなく、毛の生える量と一緒でその痛みには個人差があります。

痛みを感じやすい人だと施術中につい耐えきれなくて泣いてしまうこともあるデリケートゾーンの脱毛ですが、そんなに痛みを感じない人は「痛いって聞いていたけどこの程度なんだ」と意外に思うかもしれません。

VIOの毛はかなりの回数がかかることから、せっかく脱毛を始めても痛みがひどかったら嫌だと思って脱毛自体をまだ検討中の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方が覚悟を決めるためにも、かなりの回数がかかると言われているハイジニーナ脱毛のフラッシュ脱毛・レーザー脱毛・ハイパースキン脱毛のそれぞれの痛みの度合いをお伝えします。

ハイジニーナ脱毛の痛みはどれぐらいなの?

ハイジニーナ脱毛をして痛いと感じる人の多くが剛毛だったり、肌の黒ずみが強い人です。

これはフラッシュ脱毛やレーザー脱毛の脱毛器の特徴が黒い部分に反応するからということが関係していて、VIOの毛が他の部位の毛と比べて太いという特徴を持っている以上仕方のないことであるとも言えます。

実際にVIO脱毛やハイジニーナ脱毛をしていくうちに「前に照射した時より痛くないかも?」と思う方も多いと思いますが、それは痛みに慣れただけでなく回数を重ねるごとに毛が細く薄くなっていき、強い熱が毛に集中しなくなってきているからなのです。
そういった意味では、デリケートゾーンの脱毛は最初は痛みが怖くても、そこさえ乗り越えてしまえば思ったよりも大丈夫な気がしてきますよね。

痛みが一番強いのはIラインで、Iラインは毛が太いだけでなく黒ずみも濃いことからかなりの痛みが出やすくなってしまいます。

困るのは痛みが出るだけでなく光が分散してしまうために肝心の毛への効果も薄くなってしまうことで、Iラインへの照射回数が人によっては20回を超えることも少なくないです。

また、ハイジニーナ脱毛をする時には、フラッシュ脱毛とレーザー脱毛のどちらかで考えている方が多いですよね。

脱毛には実はニードル脱毛という医療針を使った脱毛方法があるのですが、こちらの脱毛方法は痛みが一番強く、泣くどころか失神してしまいそうになる人もいるくらいなので、デリケートゾーンの脱毛方法としてはあまりおすすめできません。

定番で選ばれることの多いフラッシュ脱毛とレーザー脱毛に加え、ほぼ無痛でVIO脱毛ができると言われているハイパースキン脱毛のそれぞれの痛みはどれくらいなのかを知って、平均的な痛みを参考にどの脱毛方法を選ぶかを決めてみてください。

フラッシュ脱毛の痛み

フラッシュ脱毛の痛みでもハイジニーナ脱毛を始めたばかりの頃は痛みが強く、脱毛器の出力を下げてもらう人は少なくありません。

もちろん、他の部位と同様に冷却ジェルなどで痛みを防止するための工夫はされているのですが、ハイジニーナ脱毛の場合はその程度では痛みを感じなくなるのは難しいです。

フラッシュ脱毛でも痛みを感じることはありますが、ほとんどの場合は耐えられる程度の痛みですし、サロンやクリニックで受けられる脱毛の中ではフラッシュ脱毛が一番金額が手頃で、痛みもひどくはないのでおすすめできる脱毛方法となっています。

レーザー脱毛の痛み

レーザー脱毛はフラッシュ脱毛よりも更に痛みが強いと言われていますよね。

フラッシュ脱毛とレーザー脱毛の痛みの差は、脱毛器の出力の違いによるものです。

医療行為で脱毛ができるレーザー脱毛は当然エステの範囲のフラッシュ脱毛と比較しても出力が強く、痛みも強いです。

フラッシュ脱毛とレーザー脱毛の両方の施術を受けたという人によれば、その痛みの差は約3倍にもなると言われています。

フラッシュ脱毛でもかなりの痛みを感じたという人は更に痛いクリニックで施術をすることを不安に思うかもしれませんが、クリニックでは脱毛エステではできない麻酔をするという選択肢もあります。

麻酔をする場合には追加料金がかかってしまいますが、それでも痛みが少しでも小さくなるなら使ってみるのも良いでしょう。

ハイパースキン脱毛

ハイパースキン脱毛は黒色に反応するという通常の脱毛器とは違った種類の光を当てて脱毛をする画期的な脱毛方法です。

通常の脱毛器の熱は毛が黒いからこそ感じるものですが、ハイパースキン脱毛の光は照射をすることによって毛の種をなくしていくという仕組み自体が違うものです。

通常の脱毛で感じる痛みも全くないのでハイジニーナ脱毛でも安心して施術を受けることができる点は嬉しいですよね。

ただ少しだけ面倒なところは痛みはあまりなくても毛周期が関係ないので通う頻度が3~4週間に1回と頻繁であることです。

それだけ早く脱毛が完了するといった意味ではメリットも大きいかもしれませんが、通う回数はだいたい18回くらいなので他の方法と回数的には変わりはありません。

とにかく痛いのが嫌で早く脱毛を終えたいという場合は、ハイパースキン脱毛を試してみる価値はありますよ。

無痛でVIO脱毛したいという方は、まずはハイパースキン脱毛ができるサロンを探してみてください。

ハイジニーナ脱毛はするべき?

痛みを感じやすいVIOですが、結局痛みを我慢して時間をかけてまでハイジニーナ脱毛をするべきなのでしょうか。

結論から言うと、ハイジニーナ脱毛はやっておくべきです。

最初は痛みが気になることもあるハイジニーナ脱毛ですが、その痛みは毛が薄くなると徐々に感じなくなってくるので、あまり心配する必要はありません。

ハイジニーナはツルツルの無毛にすることですが、クリニックで永久脱毛をした場合ではなくサロンでの施術だといずれまた細い毛は生えてきてしまいます。

そのような追加で脱毛の予約をすることになった時でも、ツルツルで黒い毛がほぼ残っていない状態だとより痛みを軽減することができます。

VIO脱毛で形を残した場合には追加で脱毛したとしても黒い毛が多いためにハイジニーナよりも痛みを感じやすくなってしまいます。

ハイジニーナ脱毛をすると他のメリットに併せて追加で照射をした時の痛みをかなり小さくできるメリットがあるということも覚えておいてください。

まとめ

痛みがどれぐらいか実際にハイジニーナ脱毛をしてみなければわからないので、脱毛に行くまでドキドキしてしまいますよね。

それでも脱毛方法には選択肢がいくつかあり、更に毛が薄くなると痛みの感じ方もかなり変わるということからも、痛みを怖がってハイジニーナ脱毛をしないのはもったいないことだと言えます。

どうしても痛みに弱くて不安だという方は、クリニックで麻酔をしてもらったり新しい無痛の脱毛方法であるハイパースキン脱毛を選ぶなど、痛みを和らげてくれる方法を選択してみると良いでしょう。

ハイジニーナ脱毛はメリットも多いので、今のうちに始めないと損です。

是非、カウンセリングで痛みの不安も施術者と相談しながら、体験脱毛からでも良いので自分に合った方法でハイジニーナ脱毛を試してみてください。

ハイジニーナ脱毛は男性受けが悪い?

喧嘩するカップル

ハイジニーナ脱毛をする時に気になることの一つに、ハイジニーナは男性受けが悪いのではないかということがあります。

実際にハイジニーナ脱毛をした女性に対し、男性が思うことについて紹介していきます。

男性にはハイジニーナ受けが悪いの?

メリットだけを考えるとそれならハイジニーナにしてみようかなと思う女性も少なくないのではないでしょうか。
そこでハイジニーナ脱毛に踏み切れない多くの女性が迷う理由の一つは、ハイジニーナは男性受けが悪いのではないかという不安です。

戻したくても戻せないからこそ慎重になりたいハイジニーナ脱毛ですが、実際にハイジニーナ脱毛は「清潔感がある」「綺麗だと思う」など、男性受けも抜群であることが多いです。

しかし、その一方で少数派ではありますが、一部の男性には確かに受けが悪いようです。

ハイジニーナ脱毛をしている女性は嫌だと思う男性がなぜそう思ってしまうのか、一部の男性に不評である理由をご説明します。

見慣れてないから違和感を持つ男性も

初めて見た時、思わず「なにそれ!?」って言っちゃった。

人間は見慣れているものを良いと思ってしまうところがありますよね。

最初はあまり好きではなかったファッションなどの流行りものも、好きな芸能人が好んで着ていたり、周りで流行して目にする機会が増えていくうちに自然と良いかもしれないと思った経験はありませんか。

つまり、見慣れてしまうことでそれが多くの人が支持している一般的に考えて良いもの=自分にとっても良いものと認識されます。

だんだんそれに対するイメージが変わって真似したいと思う人が増えることにより、流行が作られていくという流れになるのです。

男性が女性のハイジニーナに対して否定的な意見を持つ場合、それもハイジニーナが少数派で見慣れないものであるからだということも大きく関係しています。

特に、男性は大人の女性のVIOに対して毛が生えていることが当たり前だと思っていて、見慣れているのも子どもではなく大人の女性のVIOです。

だからこそ、VIO脱毛をしてナチュラルに形を整えている程度なら何とも思わなくても、ハイジニーナにしているのを見ると違和感を持ってしまい、変だと思ってしまう人もいるのです。

<併せて読みたい記事>

彼氏はVIO脱毛をどう思うの?男性の本音

遊んでそうなイメージを持ってしまう

恥じらいがないように感じる。尻軽っぽく見える。

男性からしてみれば女性は見た目を気にしてファッションやメイクに気を遣ったり、腕など見える部位の脱毛をしたりするものだというイメージがあります。

それなのに見た目としてあまり見られることのないデリケートゾーンをハイジニーナにするということは、かなり遊んでいるからなのでは?という疑問を抱いて軽い女性として見てしまうことがあります。

また、「ツルツルの状態にしている女性=風俗で働いている女性」という古いイメージを持っている男性も少なからず存在し、そんな男性からはマイナスイメージを持たれるどころか、あらぬ疑いを掛けられてしまう可能性もゼロではありません。

前の彼氏の存在を感じてしまう

自分でそこまでやるのか?前の男に言われてやったんじゃないか?って思って、正直不愉快

ほとんどの男性が、まだハイジニーナ脱毛をしている女性に出会ったことがないため、「自発的にツルツルにする女性はいない」と思いこんでいる人も少なくありません。

「前の彼氏に言われてやったのではないか?」

「元カレの趣味だったんじゃないか?」

といった疑問が頭をよぎってしまう繊細な男性もいるようです。

実はハイジニーナは男性にも良いことがある

何もお手入れをしていないナチュラルな状態や毛をある程度残すVIO脱毛と比べてあまり男性受けが良くないハイジニーナ脱毛ですが、実は男性にも良いことがあるのを知ったらそのイメージは変わるかもしれないですよね。
ハイジニーナにすると毛が衛生的な状態になり、それが雑菌を少なくすることに繋がります。

元々病気を持っているだけでなく雑菌が繁殖した状態が性病にしてしまう可能性もあるので、実は彼氏などの男性にとって女性のデリケートゾーンが清潔で綺麗な状態だと自分への被害を抑えることができ、メリットが大きいのです。
そのため、今では逆に交際する女性にはハイジニーナにして欲しいと必ずお願いするという男性もいるくらいです。

ハイジニーナにする女性は遊んでいるのではなく、男性のことをきちんと考えているとも言えるので男性受けが悪かったらそれを説明してポジティブな意見を持ってもらえるようにしましょう。

まとめ

ハイジニーナは良い印象を持つ男性が多いか、それとも少ないかで言えば確実に良い印象を持つ人の方が多いです。
しかし、男性受けが必ず良い訳ではなく、悪いイメージを持つ男性もいるので絶対に男性受けが良いとは思わない方が良いでしょう。

悪いイメージを持っている男性も自分にとってもメリットがあることがわかったり、これからハイジニーナにする女性が増えていけばその考えが変わる可能性が高いです。
男性受けについてはあまり心配せず、安心してハイジニーナ脱毛を受けることをおすすめします。

【ハイジーナじゃないよ!】ハイニジーナ脱毛とは?

おすすめする女性2

VIO脱毛は聞き慣れているという方でも、ハイジニーナ脱毛は何を意味するのかがよくわかっていないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

少し曖昧な部分もあるハイジニーナ脱毛とはどんなものなのかを詳しく説明します。

ハイジニーナ脱毛って何?

ハイニジーナ脱毛のハイジニーナという言葉は元々、ハイジーンという単語から来ています。

ハイニジーナの元となるハイジーンは”衛生的”を意味する言葉です。

これだけだと何を意味しているかがわかりにくいですが、ハイジニーナというのはVIOの全てを含むアンダーヘアを全て処理してツルツルの状態にすることを言います。

つまり、ハイジニーナ脱毛というのはVIO全てに薄い毛を残すこともせず、無毛状態に永久脱毛してしまうことだと思ってください。

実は、ハイジニーナ脱毛というのはとても曖昧で、永久脱毛できない脱毛サロンでもVIO脱毛のコースをハイジニーナ脱毛としていることも多いです。

そして、このようなケースではハイジニーナ脱毛というコース名で契約してもどの程度毛を残すかは契約者と相談の上で決まっていきます。

したがって、本来の意味であればハイジニーナ脱毛に選ぶ形はないはずなのですが、VIO脱毛のセットのコースをハイジニーナ脱毛と呼んでいるサロンやクリニックでは薄さや形を決めていくこともあります。

この場合はハイジニーナ脱毛を予約すればそのままアンダーヘア全てをツルツルにしてもらえる訳ではなく、カウンセリングでどの程度薄くするかを聞かれてしまうかもしれません。

本当の意味のハイジニーナを知っていれば違和感を感じることもあるかもしれませんが、完全にツルツルにすることに迷いがある時は細かい要望も聞いてもらえるという点でメリットも大きいですよね。

よく”ハイジーナ”と間違われやすいハイジニーナですが、正しくは”ハイジニーナ”なので注意しましょう。

VIO脱毛とハイニジーナ脱毛では意味が違う!?

VIO脱毛とハイジニーナ脱毛は同じ部位の脱毛なので脱毛サロン側でもハッキリ使い分けられていないこともあります。

アンダーヘアを完全にツルツルにしないこともあるVIO脱毛と、基本的に完全にツルツルにするということを意味しているハイジニーナ脱毛ではアンダーヘアへの施術だということは共通していても、施術後のイメージが変わってくるものです。

それでも脱毛サロンがアンダーヘアへの脱毛をVIO脱毛またはハイジニーナ脱毛としていてハッキリ意味を区別して使っていないのは、施術方法や料金は同じで後の細かいことは個人の好みによるからです。

それでもそもそも意味が違うからこそ、完全にツルツルにしたい人はハイジニーナ脱毛、完全にツルツルにすることに抵抗がある人はVIO脱毛を選ぶべきです。

ハイジニーナ脱毛はツルツルにしたい人の脱毛という基本的な知識を持っていなければサロンやクリニックによっては話が噛み合わなくなってしまったり、イメージが上手く施術者側に伝わらなくて脱毛の失敗に繋がる可能性もあるので注意しましょう。

一般的なVIO脱毛とは

ハイジニーナ脱毛がどんなものかを把握した上で、一般的なVIO脱毛がどんなものであるかをおさらいしておきましょう。

VIO脱毛とはデリケートゾーンの3つの部位をまとめた脱毛で、それぞれのアルファベットが部位ごとの形を表しています。

VIO脱毛は3つの部位がセットになってお得に脱毛できるものですが、サロンによってはVラインの上やトライアングルの上下など、基本的なVIOの範囲には含まれないデリケートな部分までをセットにしてくれていることもあります。

通常はVIO脱毛以外なら希望を聞かれずにツルツルにされますが、VIOは少し毛を残す人が大多数を占める珍しい部位です。

VIO脱毛を受ける時には施術者に任せてしまうこともできますが、デザインは意外と色々な種類があるので自分で考えておくのがベストです。

VIO脱毛では完全にツルツルにするハイジニーナを選ぶ人が少数派で、人気があるのはナチュラルな形に仕上げるデザインです。

<併せて読みたい記事>

VIO脱毛、皆はどんな形にしてる?

VIO脱毛でなく”ハイニジーナ脱毛”を選ぶべき?

薄さや形を選べるコースでのハイジニーナ脱毛でなく、本当の意味でのハイジニーナ脱毛にするかは迷ってしまうポイントですよね。

ハイジニーナ脱毛よりもVIO脱毛の方が人気だからと言って、安易にVIO脱毛を選んでしまって良いのでしょうか。

結論から言うと、VIO脱毛の形をどうするかで迷っているくらいならハイジニーナ脱毛をしてしまった方が良いです。

日本ではまだあまり浸透していなくても、海外ではハイジニーナ脱毛をしている人が多いですし、日本のモデルでもハイジニーナにしている人が何人もいます。

モデルは小さい水着も着こなさなければいけないので、職業柄アンダーヘアが水着から出ないように工夫するのは当然のことかもしれませんね。

有名人がハイジニーナ脱毛をしているということからもハイジニーナ脱毛は少しずつ定着してきていて、流行るのも時間の問題かもしれません。

また、一度なくした毛は新しく生えてこないのでとりあえず形を決めてVIO脱毛をして薄くし、後からハイジニーナにしたくなったら全部毛をなくそうと考えている方もいらっしゃるでしょう。

この考えは間違いではありませんが、あまりおすすめすることもできません。

なぜなら、VIO脱毛で形を作る脱毛をするのと最初からハイジニーナにしようと思って脱毛をするのとでは、照射の仕方が異なるからです。

したがって、照射にかかる回数や金額も最初からハイジニーナにしようと決めていた場合よりも多くかかってしまうことになり、脱毛の効率はとても悪いです。

それなら脱毛を始める前にハイジニーナ脱毛をすることを決めた方がハイジニーナにするために効率の良い脱毛が受けられ、結果的に早くツルツルの無毛状態になることができると言えます。

ハイジニーナにすると決めるのは勇気の必要なことではありますが、早めに決断することで時間や費用に無駄のないハイジニーナ脱毛をしていきましょう。

まとめ

おすすめのハイジニーナ脱毛

おすすめする女性

最近脱毛サロンやクリニックなどでVIO脱毛をしている人も多いですよね。

同じVIOを脱毛するということは変わりませんが、おすすめは薄くするだけでなく完全にツルツルにするハイジニーナ脱毛です。

最近、以前よりも抵抗がなくなってきた人が多いハイジニーナ脱毛についてご紹介します。

海外セレブにも多い!VIOがツルツルになるハイジニーナ脱毛

最近の脱毛サロンではデリケートゾーンの脱毛のことを”VIO脱毛”または”ハイジニーナ脱毛”と呼んでいます。

サロンやクリニックによってハイジニーナ脱毛の定義は多少違うようですが、ハイジニーナ脱毛は基本的にVIOに毛を少し残すのではなく、完全にツルツルにするということを指しています。

中にはハイジニーナ脱毛という言葉をVIOやデリケートゾーンの数か所をセットにして脱毛するという意味のコースとして使うサロンもありますが、本来の意味では毛を残す脱毛とは違うのでハイジニーナという言葉の元々の意味はしっかり覚えておきましょう。

本来の意味のハイジニーナ脱毛は、実は日本ではまだどちらかというと馴染みがないかもしれません。

VIO脱毛をする人は実際に増えていますし脱毛に通わなくても自分で整える人がかなり多いのですが、温泉に行くと子どもやお年寄り以外で極端にデリケートゾーンが薄い人はあまりいないですよね。

このような点からもハイジニーナ脱毛はあまり浸透していないような印象があるのですが、実は海外ではみんなが憧れるセレブがハイジニーナ脱毛をしていたりするので、日本よりも抵抗感もなく一般の人でもハイジニーナにしている人が少なくないのです。

これはハイジニーナ脱毛をしているセレブに近付きたいという憧れの気持ちによるものでもありますが、単純にそれだけではなくハイジニーナはメリットの多いおすすめの脱毛方法でもあるからです。

早速、ハイジニーナ脱毛のメリットとデメリットを見ていきましょう。

ハイジニーナ脱毛のメリット

特に海外の人がナチュラルな状態とは遠くなるハイジニーナ脱毛のメリットにはどのようなことがあるのでしょうか。

ハイジニーナ脱毛への不安も解消できる2つのメリットをご紹介します。

自己処理の手間が省ける

VIO脱毛の脱毛って意外と手間が多くて大変ですよね。

特に大変な理由は、せっかく処理してもすぐにまた新しい毛が生えて自己処理にかけた時間が無駄になってしまうとともに、VIOは自分では見えにくく決して自己処理しやすい部位ではないからです。

見えにくい部位だと自己処理をするのにも必要以上の時間がかかってしまったり、誤って切って怪我をしたり埋没毛を作る原因にもなってしまいます。

そのような自己処理の手間やリスクは、脱毛サロンやクリニックで簡単に省くことができます。

自分で処理をする場合は頻繁に処理しなければいけませんが、脱毛サロンやクリニックでは毛周期に合わせて通うので2ヶ月~3ヶ月に1回なのでかなり楽ができますよね。

少し毛を残すVIO脱毛では最初のうちは意外とすぐ毛が伸びて形が崩れやすいですが、ツルツルにするハイジニーナ脱毛では毛が伸びてきたと思うまでに時間がかかるのもおすすめのポイントです。

更に、施術時間もVIOの3部位を合わせても30分程度と短時間で終わるのです。

清潔で肌トラブルがなくなる

デリケートゾーンに近いVIOの毛は実は様々な肌トラブルを起こしやすくなるものです。

したがって、ナチュラルなままにしておけば体から排出されたものが毛に絡まって残り、不衛生な状態を作ってしまいかねないのです。

VIOの毛は排泄物が付着して雑菌を増やしてしまうことがある他、生理やおりものなどが絡まって肌に雑菌を増やしてしまう可能性も高いです。

生理やおりものが出るタイミングは自分でコントロールすることができないため、すぐにお手洗いに行けなくて長時間毛に絡まったままになってしまうことも少なくありません。

ハイジニーナ脱毛をすれば、そもそも毛がないのでこれらが毛に絡まったままになることはなく、比較的清潔な状態を保ちやすくなります。

特に肌が弱い人は肌が不潔な状態だと痒みや肌荒れを引き起こしやすいので、肌のトラブル防止のためにもハイジニーナにすることはとてもおすすめです。

<併せて読みたい記事>

口コミで選ぼう!VIO脱毛

ハイジニーナ脱毛のデメリット

メリットがとても多くてVIO脱毛の中でもおすすめなハイジニーナ脱毛ですが、もちろんデメリットもあります。

その2つのデメリットをご説明します。

人の目が気になる

まず1つ目に挙げられるのは、今の日本人の傾向としてハイジニーナにする人が少ないため、ハイジニーナ脱毛をすることが普通ではないと思われてしまうことです。

ほとんどの人がハイジニーナ脱毛をしていないことを考えると温泉などでジロジロと見られてしまうことがあったり、彼氏にハイジニーナであることを突っ込まれてしまって気まずい思いをすることもあるでしょう。

この人からの視線に耐えられないとやっぱりハイジニーナにしなければ良かったとネガティブな気持ちになり、後悔してしまうことにもなりかねません。

今のVIO脱毛での流行を考えるとハイジニーナ脱毛をする人はまだまだ少数派なので、ハイジニーナに対しての理解が深まらないうちにハイジニーナ脱毛をするのは人に流されやすいタイプの人には向かないでしょう。

メリットが大きいので人は人だと割り切れるタイプなら問題ないですが、そうではないなら今ハイジニーナ脱毛をするべきかをもう一度考え直す必要があるかもしれません。

ただし、デリケートゾーンは人に見られることがあまりない部位です。

見られる機会が少ないからこそその時だけなら我慢できるという方は、安心してメリットの方を取るべきだと言えます。

一度ハイジニーナにすると二度と生えてこない

人の目が気になる以上に感じるデメリットは、一度ハイジニーナ脱毛をするともう二度とそこからは毛が生えてこないということです。

そのため、もしハイジニーナ脱毛をした後にやっぱり薄い毛を残したいと思っても、毛が生えてくる組織そのものにダメージを与えてしまった後なので、戻すことはできません。

クリニックでの脱毛では毛母細胞を破壊しているので毛母細胞を再生して毛が生えてくる組織を回復させることはできず、一度毛が生えてこなくなったら一生ツルツルのまま過ごさなければいけません。

もちろん、実際にハイジニーナ脱毛を体験した人たちからはハイジニーナ脱毛はかなり好評なので不安に思う必要はあまりないですが、髪型のように気軽に変えられないということを頭に入れて、迷いがある場合はこのリスクをもう一度よく考えてみてください。

まとめ

ハイジニーナ脱毛のメリットとデメリットを考えると、やはり大きいのはメリットの方です。

デメリットはハイジニーナ脱毛をすることに迷いの気持ちがない場合にはあまりマイナスにならない内容なので、ハイジニーナ脱毛をする上でポジティブにしか考えていない場合はあまりそういったマイナス面は感じないからです。

逆に、ハイジニーナ脱毛のメリットは見た目だけでなく女性特有のデリケートゾーンの悩みも解決してくれるなど、アンダーヘアによるトラブルがいかに今まで多かったかを実感させる内容となっています。

このことからも、将来のためには海外セレブを見習ってハイジニーナ脱毛をするべきだと言えます。

おすすめのハイジニーナ脱毛ですが、後で後悔のないようにもう一度メリットとデメリットをしっかりと比較をした上で、ハイジニーナにするか少し毛を残すかを選びましょう。

ハイジニーナ脱毛の体験談・口コミ

女性の口コミイメージ2

VIO脱毛をやっている人は女子力が高いように感じますよね。

基本的にはVラインは脱毛しながら毛を少し残すのが主流なようですが、海外セレブのようにVラインも他の部位のようにツルツルにしてしまう本来の意味のハイジニーナにするか迷う人もいます。

ハイジニーナ脱毛体験者の口コミを読んで、どの程度脱毛しようか改めて考えてみましょう。

VIO脱毛ではハイジニーナにするか迷う人も

最初は普通通り少しは毛を残す方向で考えていました。でも、ちょっと毛が生え始めた状態がチクチクしたりして大変で、逆にツルツルの状態が想像以上に楽で今すっごく悩んでいます。

ハイジニーナの元々の意味はアンダーヘアの毛がない状態のことで、”衛生的”という意味になっています。

これに対してハイジニーナ脱毛はツルツルの状態だけでなく、毛を薄くしたり細くするなどのVIO脱毛全体のことを指していることも多いようです。

つまり、ハイジニーナ脱毛をしている人の中には毛を無毛状態にする人だけではなく、薄くしたいという希望を持っている人もいます。

最初からツルツルにすること限定で脱毛サロンに契約をするのは勇気が必要なことで、このような広い意味でのハイジニーナ脱毛では自分の希望に合わせられるのが良いですが、ハイジニーナにするというのは基本的にツルツルにすることだと覚えておいてください。

もちろん、ハイジニーナ脱毛を進めていくにあたり、どの程度脱毛するべきなのかということに関して迷うことも少なくありません。

こちらの方のように、最初は全体を薄くしたいと思っていたけれど実際に脱毛のために無毛状態にしてみたらその楽さに気付いてこっちの方がいいかも、と思うこともあります。

もちろん、それとは逆でツルツルにしていく段階で本当にハイジニーナにしてしまって良いのかを疑問に思う人もいるでしょう。

VIO脱毛をしたいということが決まっているなら、ツルツルに近いくらいに薄くした人の声を集めたこの口コミを参考に、ハイジニーナにするべきかを改めて検討してみてください。

ハイジニーナ脱毛をした感想は?

ハイジニーナに実際にしてどうだったのかはハイジニーナ脱毛をやってみた人にしかわからないですよね。

今の時点ではやや少数派のハイジニーナ脱毛を”やって良かった派””やらなければ良かった派”の意見をご紹介します。

ハイジニーナ脱毛して良かった派の体験談

ちょっとだけ毛が残ってると気に入らない部分も出てきたりしますが、ハイジニーナにしたらとにかく肌が綺麗に見えて気に入っています。
温泉では堂々と見せたくなるほどの快適さです。
ハイジニーナの人は少ないから隠したいって気持ちはなくて、むしろ温泉では優越感を持って歩いてしまいます。

あまり人からまじまじと見られたくないVIOですが、綺麗に脱毛していると逆に見せたくなってしまうのが不思議ですよね。
温泉などたくさんの人の目に触れる場で堂々とできずに隠すものとなっているVIOに自信を持つことができるのは、ハイジニーナ脱毛のメリットだと言えます。

最初はデザイン脱毛で薄くすることに憧れていました。
でも、結果的に選んだのはハイジニーナでした。
せっかくやるなら徹底的にやりたいと思いましたし、この選択に後悔は全くありません。
アンダーヘアのトラブルもなく、清潔に過ごせることにはとても感動します。
2年かかりましたが、目指していた状態がそろそろ完成しそうです。

VIO脱毛をする時にデザイン脱毛をするか、ツルツルの無毛状態にするハイジニーナ脱毛を選ぶかで迷う人は意外と多くいます。

デザイン脱毛をすることが一般的ですが、脱毛をするならハイジニーナにしたいと思うような女性も実は少しずつ増えています。

デザインを作った方がナチュラルなイメージに近付きますが、実際にツルツルにした仕上がりを見るととても脱毛のやりがいがあり、清潔で気に入る人も多いのです。

ただし、ツルツルのデリケートゾーンを作っていくのは時間がかかり、デザイン脱毛よりも根気が必要です。

それでも根気良くサロンやクリニックに通っていれば、きっと理想のデリケートゾーンを作れて良かったと思える日が来るはずです。

2年間ハイジニーナ脱毛をするのは大変ですが、1回ごとに感じられる効果も大きいので無理なく通い続けることができますよ。

実際に自分のイメージ通りのハイジニーナが完成した時には達成感と感動を味わうこともできます。

痒みや蒸れのトラブルとはハイジニーナ脱毛をしてから無縁です。
あと、何より下着が選び放題なのが嬉しいです。
可愛いデザインってやっぱり小さめの下着に多いですし、小さいから可愛いんです。
毛がはみ出したらみっともないんですが、ハイジニーナではみ出すことはありえないので選んで良かったと思います。

ファッションのセンスが良くても、可愛い下着からアンダーヘアがはみ出していたり、逆にアンダーヘアを隠すように下着はセンスがないものだと男性は引いてしまう可能性があります。

男性目線を気にするだけでなく、可愛い下着や水着はテンションを上げてくれるものなので、できたら可愛いものを身につけたいと思っている女性も多いはずです。

ハイジニーナ脱毛をするとVラインでナチュラルなデザインに脱毛しても毛がはみ出してしまうような小さなデザインの下着でも、安心して着ることができます。

おしゃれな下着や水着をムダ毛のことを考えることなく着こなしたいという方にも、ハイジニーナ脱毛はピッタリだと言えます。

ハイジニーナ脱毛して失敗した派の体験談

ハイジニーナ脱毛はかなりの回数がかかると覚悟はしていましたが、終わりが見えないです…。
1番困るのが、粘膜に近い部分とかデリケートな部分には照射してもらえていないことです。
多分エステティシャンの技術の問題とかトラブルを起こさないためだと思っていますがガッカリです。
デリケートな部分に毛が残って濃いままなら、ハイジニーナ脱毛と言えないのでは?とモヤモヤしています。

ツルツルにすると意外とその綺麗さや清潔さにハマる女性が多いので、ツルツルにしなければ良かった…という口コミは多くありません。

どちらかと言えば多いのは、完全にツルツルにしたいのになかなか毛が減らなかったり、微妙に濃い毛が残って困っているといった口コミです。

せっかくデザイン脱毛でなくハイジニーナ脱毛をしようと決めたにも関わらず、毛が残って汚く見えてしまうのは嫌ですよね。

これだったらデザイン脱毛をしていた方が良かったと後悔する人もいます。

もちろん、このようなケースでは施術者の技術や自分の肌の黒ずみなどで希望した範囲まで施術ができないといったことも考えられます。

VIO脱毛ではどこまで脱毛してくれているかがわかりにくいですが、毛がなかなか抜けないという方はその部分は避けて脱毛器を照射されている可能性もあります。

その場合はカウンセリングで確認し、なぜその部分を避けているのかを説明してもらえば納得ができますし、その内容を施術に活かすことができます。

黒ずみが原因の場合は黒ずみを解消すれば照射できる範囲を広げることができるので、聞きにくいことではありますがしっかりと説明を受け、1回の脱毛効果を高められるようにしてください。

ハイジニーナ脱毛しても永久脱毛ではない脱毛サロンでは毛が生えてくる!

ハイジニーナ脱毛をしたら一生快適に過ごせると思う方もいらっしゃるかもしれませんが、脱毛をしたのがクリニックでなく脱毛サロンなら残念ながら将来的にまだらに毛が生えてきてしまう可能性は高いです。

したがって、完全に毛をなくしたい場合はクリニックを選び、永久脱毛をする必要があります。

脱毛サロンでもハイジニーナ脱毛をして良かったという口コミが多数ありますが、そういった口コミは脱毛してしばらく経ってからではなく、脱毛を完了した直後に書いているのでそれが本当に脱毛を完了した時であるのかということには疑問が残ります。

また、最初に脱毛サロンである程度毛をなくしてからクリニックでハイジニーナ脱毛をするというように、併用して脱毛を完了させていくといった方法もあります。

もちろん、毛が生えてきた時だけ脱毛サロンに通うのも良いでしょう。

脱毛がある程度完了した後のアンダーヘアはどう処理するかを考え、トラブルが多くて避けた方が無難な自己処理以外での方法で新しく生えてきた毛も処理していくことがベストです。

まとめ

もじゃもじゃとしたアンダーヘアの毛は汚いものだという印象を持つ人が男女ともに多く、逆に毛が薄いことは清潔感があると言われていますよね。

日本ではハイジニーナ脱毛自体がまだスタンダードではないため、失敗した口コミが多いイメージがありますが意外と多いのはやって良かったという感想です。

ハイジニーナ脱毛でツルツルにすることで多くの女性が抱えているデリケートゾーン特有の蒸れや痒みといった問題もなくなり、見た目にも自信が持てるようになるなどハイジニーナ脱毛はやってみると意外と良いことがいっぱいなのです。
まだVIO脱毛と比較すると少数派の体験談ですが、是非たくさんの口コミを読んでハイジニーナ脱毛への不安をなくし、ツルツルで快適なデリケートゾーンにハマりそうなハイジニーナ脱毛を始めてみてはいかがでしょうか。

VIO脱毛はクリニックとサロンを比較してからやろう

比べる女性

ムダ毛を何とかしたいと思った時に頼りになるのはクリニックとサロンですよね。

もちろん、たくさんある店舗の中からどこを選ぶかということも重要ですが、クリニックとサロンの2つで大きな違いがあるからこそそのどちらにするかでまず悩んでしまいますよね。

VIO脱毛をする時に選びたいクリニックとサロンの共通点や違い、比較するべき点をご説明します。

VIO脱毛が受けられるのは主にクリニックとサロンの2つ

VIO脱毛が受けられるのは大きく分けるとクリニックとサロンの2か所に分類することができます。

つまり、VIO脱毛をしたいと思ったら選択肢はこの2つのどちらかだということになります。

2つのうちどちらを選ぶべきなのかということについては、自分がどんなことを重視して脱毛する場所を選ぶかや予算によって異なります。

もちろん、最初からどちらでVIO脱毛するかを決めておくのも良いのですが、人によっては失敗したくはないけれど慎重にになり過ぎてどちらにするかを迷ってしまっている方もいらっしゃるでしょう。

そんな時は、それぞれの良いところと悪いところを比較してみることをおすすめします。

比較することによって自分がこだわっている条件を整理することができますし、本当に選ぶべきなのはどちらなのかということが見えてきます。

早速、その共通点と違いを比較していきましょう。

知っておきたいクリニックとサロンの共通点と違い

脱毛をしたいと思った時にはどこで脱毛をするのが正解なのか迷ってしまう方も多いでしょう。

脱毛を検討している脱毛初心者の中には、脱毛におけるクリニックとサロンの違いが実はよくわかっていないという人も少なくありません。

まずは似たようなイメージのあるサロンとクリニックの共通点からご説明します。

クリニックとサロンの共通点

クリニックとサロンの共通点としてまず挙げられるのは、どちらも黒いものに反応する光を利用した脱毛器を使用しているという点です。

また、どちらも脱毛を専門としていて、全額自己負担だということや、キャンペーンをしている時に申し込むと料金が安く済むのも同じです。

脱毛サロンとクリニックはどちらも脱毛のプロとしてサービスを提供しているので共通点が多いように思えますが、意外と共通点はほとんどないのです。

共通点している点も広く見れば似ていますが、細かく見ていくと根本的に違うような印象がありますよね。

クリニックとサロンの違い

クリニックのサロンの違いは施術者や脱毛器、料金などが異なる点です。

同じように脱毛器を当てて脱毛の施術をしていきますが、クリニックで行っているのは”医療行為”でサロンで行っているのは”エステ”です。

医療行為は資格を持った人しかできないので、クリニックで使用しているレーザー脱毛器はサロンで使うことが認められていません。

そのため、サロンでは脱毛エステとしてレーザー脱毛器よりも威力の弱いフラッシュ脱毛器を使用して施術を行っていきます。

施術を行う肌の状態に関しても当然医療についての知識があるクリニックの方が正しくわかっていて、肌の状態を見て照射をするべきかという正しい判断ができます。

脱毛サロンでは主に肌の乾燥や黒ずみで脱毛器によるトラブルが起こりそうかという予測しかできないというのも大きな違いです。

脱毛をしようと思った時には基本的にサロンとクリニックの2択になると思いますが、しっかりと比較してどちらが良いかを決めていきましょう。

比較したらどっちの方が良いの?

単純にどっちの方が良いかだけで見ていくとクリニックの方がメリットが大きいような気がしてしまいますが、料金がサロンよりかなり高いことを考えると良いことばかりではないですよね。

そこで大事なのは自分が”何を取るか”ということです。

VIOの毛はかなりしつこくて完全になくなるまでに時間がかかるので早く永久脱毛したいと思っていたり、何かあった場合に処置が遅れてたらい回しにされるのが嫌ならクリニックの方が良いでしょう。

それよりも痛みがなく気軽に通いたい、リーズナブルにVIO脱毛をしたいという思いが強い方にはサロンでのVIO脱毛をおすすめします。

VIO脱毛をする時に比較をするべきポイントをご説明します。

使用する脱毛器とその効果

先ほどもご説明したようにクリニックではレーザー脱毛器、サロンではフラッシュ脱毛器が使われ、この使用する脱毛器によって効果が大きく異なります。

脱毛器の種類を選びたい場合にもレーザー脱毛器の方が選択肢が多く、出力だけでなく肌の状態を見て合いそうな脱毛器で施術をしてもらうことができます。

更に、レーザー脱毛器ではVIO脱毛など黒ずみが強い部位にも効果が届きやすい種類のものがあるといった強みがあります。

ただ、VIOは痛みを感じやすく他の部位ではほとんど痛みを感じないフラッシュ脱毛でも痛みや熱さを感じる人が多いという点は心配になりますよね。

レーザー脱毛はフラッシュ脱毛より効果が高いだけあって、痛みもかなり強いので覚悟しなければいけません。

痛みに強い場合はそんなに問題がないですが、脱毛は1回で終わるものではないので痛みに弱い場合は効果と痛みのどちらを取るべきか、よく考えて結論を出してください。

施術者

クリニックとサロンでは施術者が異なり、クリニックでは医師または看護師、サロンではエステティシャンが施術をするということは把握している方が多いのではないでしょうか。

施術者にはそれ以外にも大きな違いがあり、それはサロンは必ず女性施術者であるのに対してクリニックでは男性の医師に施術をしてもらうケースも意外と多いということです。

VIO脱毛を施術してもらう時は施術者が女性であっても抵抗があるのに、男性の医師となると余計に嫌だと思う方も多いでしょう。

しかし、クリニックには女性の医師がいないという場合もいるので注意が必要です。

男性の医師でも技術は確かなのでそこに抵抗がなくなれば問題がないですが、クリニックで施術を受けたくて施術者は絶対に女性が良いと思っている方は、女性の医師がいるクリニックを探してみてください。

料金

VIO脱毛の料金はサロンの方が確実に安いです。

同じ回数でもクリニックはサロンの2倍以上の料金設定をしていることも珍しくなく、比較した時にクリニックの料金を見てこんなに脱毛にお金をかけるのはもったいないと感じてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、最終的にかかる料金というのは最初に払う料金だけでなく、追加分も含めて計算する必要があります。

VIOはそれなりに回数がかかる部位ですし、サロンでは完全に毛を生えてくることがなくなる永久脱毛の施術はできないので、将来脱毛サロンにどのくらい通うかによってもVIO脱毛にかかる金額は変わってきます。

サロンでVIO脱毛をしてある程度毛が薄くなったらそれで良いと思う方はサロンで十分ですし、完璧主義で絶対に毛が生えてきて欲しくないと思う場合はクリニックです。

カウンセリングで確認し、VIO脱毛全体で安くなりそうなのはどちらなのかを自分で計算してみることをおすすめします。

まとめ

比較してみると、効果や皮膚への負担を減らしたり何かあった時のアフターケアを取るならクリニック、安さや痛みの少ない方を選ぶならサロンが良いことがわかりますよね。

VIOは効果も出にくく痛みも強いので何を重視して脱毛をするかをもう一度慎重に考え、比較して自分にとってのメリットが大きい方でのVIO脱毛をするのが良いでしょう。

口コミで選ぼう!VIO脱毛 

女性の口コミイメージ

VIO脱毛は恥ずかしさや痛みもあることから、気軽にできるようで意外とハードルの高い脱毛部位だと言えますよね。

普段は見えなくても絶対に失敗したくないからこそ、口コミを読んでそれぞれの脱毛部位の良いところと悪いところを知り、納得できたら実際に脱毛サロンを予約することをおすすめします。

実際にVIO脱毛の施術を受けた人の口コミをご紹介します。

VIO脱毛で迷っていたら口コミを参考にしよう!

VIOを初めて脱毛するのはとても勇気がいることですよね。

VIO脱毛はやっておいた方が絶対に楽ですが、もし失敗されてしまったらと考えるとなかなか一歩を踏み出せないという方もいらっしゃるでしょう。

そんな時に最も参考になるのがこれまでにVIO脱毛をしたという人の口コミです。

この口コミを読めば初めてVIO脱毛をするという場合でもイメージが湧きやすく、安心して脱毛の施術を受けることができるはずです。

VIO脱毛をしようか迷っていたら口コミを読んで、是非他のVIO脱毛経験者の体験を参考にしてみてくださいね。

VIO脱毛ってどうなの?経験者の口コミをご紹介

VIO脱毛を実際にやってみた経験者はやってみてどのような感想を抱いたのでしょうか。

脱毛サロンのホームページにはない、VIO脱毛を経験した人の”VIO脱毛をして良かった派””VIO脱毛をして失敗した派”のそれぞれの感想をご紹介します。

やって良かった派の口コミ

エステティシャンの方の視線にドキドキでしたが、楽しくお話しながら淡々と施術を進めていってくれたので、恥ずかしいという気持ちも一気に吹き飛びました。

VIO脱毛をする時に不安になる要素の一つが施術をするエステティシャンに変な目で見られたり黒ずみが強い部位だから逆に不快にさせたら嫌だなということですが、実際に仕事で施術を行っているエステティシャンはたくさんの人のVIOをこれまでに見ていて見慣れているものなので、いちいちそれを気にするようなことはまずないと思って大丈夫です。

エステティシャンが気にするのは痛みがないかや照射漏れがないかということで、施術をする側がそのような丁寧な姿勢で照射をしてくれれば、恥ずかしさもなくなっていきますよね。

中には世間話をして和ませてくれるエステティシャンもいるので、そのような場合は恥ずかしさはほとんど感じないのではないでしょうか。

エステティシャンとの話に意識が集中してしまえば、自分が今VIO脱毛の施術を受けているということも忘れそうになることさえあります。

光脱毛でも痛いと聞いていたVIO脱毛は最初は本当に痛くて憂鬱でした…。でも、何回も通ううちに毛がどんどん薄くなって全体の黒い色が和らいできたからか、痛みも軽くなって今では施術前の抵抗や憂鬱感はありません。

VIOは脱毛部位の中でも比較的痛みを感じやすい部位で、施術中に痛みを訴える人も多いですよね。
それが原因で脱毛サロンから足が遠のいてしまうという方もいらっしゃるかもしれませんが、デリケートゾーンを施術した後の結果に満足できたり痛みも軽くなってくるので、最初のうちだけ我慢すれば良いと思っておけば大丈夫です。

施術の痛みが軽くなっていく理由は慣れももちろんありますが、それ以上に大きいのは毛が薄くなっていくことです。

毛が薄くなると脱毛器が直で当たるので痛みが強くなることが普通なのでは?と思ってしまうかもしれませんが、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛の脱毛器は黒いものに熱を集めるといった仕組みになっています。

そのため、黒い毛がなくなれば痛みも自然となくなっていくのです。

ただ、一つだけ注意したいのはVIOの黒ずみです。

脱毛器は毛に反応するのではなく色に反応するものなので、黒ずみが強い場合には皮膚の色に反応してしまう可能性もあるので、脱毛と併せて黒ずみを薄くできるようなケアをしていくことも大切です。

VIO脱毛を何度もして毛が薄くなっていくと、汚れが毛につくことがなくなるのでとても清潔な状態になります。

その清潔な状態を保つことによって、快適に過ごすことができます。

逆に、毛についた汚れによって痒みや気持ち悪い感じがしていると不快な状態が続いて仕事などに集中することもできないですよね。

したがって、VIO脱毛をすることはデリケートゾーンを清潔にして、普段の生活を過ごしやすくしてくれると言えます。

失敗した派の口コミ

VIO脱毛をしたからと言って、全員が満足できる結果になるとは限らないですよね。

中にはVIO脱毛で失敗して、VIO脱毛をしなければ良かったと思うような人もいます。

そのような失敗談の口コミも見てみましょう。

私の経験から言うと、IラインはVラインよりも失敗が多い部位なのではないかなと思ってしまいます…。
実際に私も、まず最初の電気シェーバーでの処理から思った以上に薄くされてしまいました。
自分では処理しにくいからシェービングサービスを利用しましたが、ガッツリ毛を剃られて割れ目まで見えそうで、この先の施術までどうなるんだろうと不安になってしまいました。

VIO脱毛の中でも特に失敗の多い部位は、形の選び方に迷いがちなVラインではなく意外とIラインです。

もちろん、全体的な失敗もありますが、Iラインでの失敗では思ったよりも割れ目が見えてしまうといった見えすぎてしまう仕上がりが気になってしまう人が多いようです。

Iラインの毛は性器の周りに生えているものなので、人によっては完全にツルツルにするよりも少し隠してくれていた方が安心すると思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

Vラインはデザインなどある程度自分で決まっていることも多く、カウンセリングで上手くイメージを伝えることがそんなに難しくないので、思っていたのと大幅に違うと後で思うようなことも比較的少ないと言えます。

それに対し、IラインやOラインは自分でも何が普通なのかがわかりにくいのでイメージが湧きにくいですよね。

特に、老化で肌がたるんできている人は前から見た時に丸見えになってしまう可能性も高いです。

だからこそ、施術者にどの程度毛をなくすかといった大事なことまで任せてしまい、その結果として思っていた以上に毛がなくなってしまって戸惑う人も少なくないのです。

VIO脱毛の失敗は形や薄さが想像と違うなど、実際とイメージのギャップに対する後悔がほとんどです。

脱毛サロンのエステティシャンやクリニックの医師や看護師は脱毛のプロですが、一人一人の好みまでは把握することができません。

絶対に失敗したくないと思うような時はこのような失敗のリスクを頭に入れて、脱毛をしてこうなりたいというイメージを元に、施術前には必ず事前に伝えるようにしてください。

それぞれの脱毛サロンでのVIO脱毛の口コミを読むことも大事

脱毛をする時にとても参考になる口コミですが、VIO脱毛そのものだけでなくサロンごとに”この脱毛サロンでVIO脱毛をしてみてどうだったのか”ということを知る材料にもなります。

施術をする時に不安がある場合は、是非各サロンのVIO脱毛体験者の口コミを読んでみてください。

口コミが良いサロンではVIO脱毛の満足度が高いですし、逆に良くない口コミが書いてある脱毛サロンでは施術を受けるのをやめた方が無難です。

ホームページではわからない詳しい施術の内容も口コミには書いてある場合も多いので、できるだけたくさんの人の口コミを読んでこれからの自分のVIO脱毛に役立ててください。

まとめ

施術を受ける時に不安な点も多いVIO脱毛ですが、口コミを読めばその不安も解消されることがあります。

個人差のあるVIO脱毛では1人の口コミを読んで信用して施術を受けた結果失敗したと思うこともあるので、口コミを読む時には複数の人の感想を読んで慎重に判断していくのが良いでしょう。

口コミではメリットだけでなく、デメリットにもしっかりと目を通すことが大切です。

実際に施術を受けてVIO脱毛をして良かったと思えるように、体験者からのアドバイスだと思ってたくさんの口コミを読むことをおすすめします。

VIO脱毛って効果が出にくいって本当?その原因を教えます

疑問を持つ女性

早く脱毛を終わらせてしまいたいVIOですが、VIOは毛根が太く脱毛効果が出にくい部位であるとも言われています。

なぜVIO脱毛は効果が出にくいのか、その原因を教えます。

VIOは毛根が太くて深いところにある

VIO脱毛が他の部位と比べて効果が出にくい理由には、まず毛根が太いことが挙げられます。

脱毛サロンのフラッシュ脱毛では光を当てることによって毛根にダメージを与え、毛を生えにくくしていきます。

他の部位の脱毛をするとわかるように、毛根がダメージを受けた部位は徐々に毛が細く、生えてくる量も減っていきます。

したがって、VIO脱毛のように元が太い毛の場合はなかなか毛が細くならないために効果が出にくく、効果が出たときちんと実感できるまでには時間がかかってそれなりの回数が必要となってきます。

また、VIO脱毛の毛根は皮膚の深いところにあります。

比較的皮膚の浅いところにある毛根には脱毛の光も届きやすいですが、皮膚の深いところにあればそれだけ効果が届きにくくなり、結果として毛があまり薄くならなかったと感じる人も多いのです。

<併せて読みたい記事>

VIO脱毛にかかる回数は?期間の平均

皮膚の黒ずみが強い

VIOの中で特に皮膚の黒ずみが強いと言われているのは、IラインとOラインです。

デリケートゾーンに限らず黒ずみは皮膚が摩擦を受けることによってメラニン色素が生成され、そのメラニン色素が排出されなければそこに留まってできてしまいます。

メラニン色素のイメージは紫外線によるものが強く、紫外線のダメージを受けにくいVIOはメラニン色素とは無縁のように感じてしまいますが、実はVIOはメラニン色素の影響を受けやすい部位となっているので要注意です。

VIOの中で特に摩擦を受けやすい部位はIラインやOラインで、この2つの部位は下着やトイレットペーパーなどの摩擦によって黒ずみが生じやすくなっています。

同じように黒ずみができてもすぐに解消できる顔はケアをすることによって肌のターンオーバーを促すことができますが、IラインやOラインは自分では見えにくく、専用の美白ケア商品もあまりないためにケアを怠って黒ずみがどんどん濃くなってしまいます。

黒ずみがあることは見た目の印象を悪くするだけでなく、脱毛の効果を下げることになってしまいます。

フラッシュ脱毛や医療レーザー脱毛の光は黒いものに反応するようにできているので肌全体が黒ければそれだけ毛の部分への光の強さが弱くなってしまうのです。

VIOは痛みが強く熱量を下げてもらう人が多い

VIO脱毛は他の部位と比べ、痛みを感じやすい部位だと言えます。

先ほど触れたようにVIOは皮膚が薄いのに毛根が深いところにあるとともに、毛が太い部位となっています。

脱毛をすると太い毛が徐々に細くなっていくという点からも、痛みを感じやすいVIO脱毛では脱毛効果を高めるほど出力を上げて脱毛することができず、一回の効果も薄くなりやすいと言えます。

VIOの中でも特に光を当てる回数が必要なのはIラインとOラインで、この2つの部位では他の部位よりも黒ずみが強く刺激による摩擦を起こしやすくなっていて、肌の色の変化にも気付きにくいのがその理由です。

脱毛サロンではIラインやOラインを20回以上をかけて照射する人もいるほど厄介な部位となっていますが、そんなに多くの回数をかけなければいけないことにもIラインとOラインの黒ずみの濃さが関係しています。

脱毛サロンと医療レーザー脱毛で通常使われる脱毛器ではそれぞれ威力が違うため毛に対してできることも異なり、永久脱毛ができるのは出力が強い医療レーザー脱毛の脱毛器のみとなっています。

しかし、黒い色の毛に光を集中させるといった脱毛器の特徴は非常によく似ています。

どちらの脱毛器にも言えることですが、このような仕組みを持った脱毛器での脱毛は肌色の肌に黒い色の毛が生えているからこそ、光を集中させて脱毛効果を発揮することができるのです。

このことが意味しているのは、毛以外の肌が黒い場合には光が分散して毛に光が一直線に当たらなくなってしまうということです。

つまり、黒ずみに強い部位に脱毛効果の高い光を当てても、光の効果が半減してしまうために脱毛効果は薄れてしまうのです。

黒ずみの強い部分は毛でなく皮膚だったとしても熱を集めてしまうので、痛みが強くなりやすいと言えます。

そのため、その痛みに耐えられなくて施術中に出力を下げてもらう人も少なくありません。

しかし、この時に効果が薄れるからと言って我慢するのは正しいことではないのです。

なぜなら、ここで我慢をしてしまったら火傷をしてしまうリスクを高めることにもなるからです。

脱毛サロンやクリニックでは1回の施術料金が高いのでできる限り効果を出したいのもわかりますが、肌トラブルがあると後のケアが大変なので、耐えられないほどの痛みを感じた場合はすぐに言って出力を下げてもらうようにしてください。

デリケートゾーンの黒ずみを軽減するには?

デリケートゾーンの黒ずみが強いと脱毛をする時に痛みを強くしたり火傷のリスクを高めるなど、とにかく良いことがないですよね。

デリケートゾーンの黒ずみを軽減することは、見た目の綺麗さを保つためや摩擦による肌の負担を減らすなどの良いことがあります。

黒ずみの原因で最も多いのは、下着による皮膚への締め付けや洗う時にゴシゴシと強くこすり過ぎていることです。

下着選びには素材にこだわることがとても大切で、特に良いとされているのはシルク素材のショーツで、その次にコットン素材が良いと言われています。

洋服の更に内側となるショーツですが、摩擦だけでなく紫外線をカットしてくれる効果が高いものを選ぶことが重要なので、シルクのショーツはかなりおすすめです。

また、デリケートゾーンを洗う時にはゴシゴシと洗いすぎて摩擦を起こさないように注意するとともに、他の部位と石鹸を使い分けるのが良いでしょう。

最近ではデリケートゾーン専用石鹸もたくさんの種類が販売されているのでそういったものを使うのも良いですが、デリケートゾーンに使う石鹸は専用のものでなくても肌と同じ弱酸性のものを使えば大丈夫です。

洗う時には強くこすらないように気を付けて、優しく泡を乗せて2分程度の時間が経ったらぬるま湯ですぐに洗い流すようにしてください。

長時間石鹸を乗せていたり膣の中まで洗うと肌に必要な常駐菌までを洗い流すことになってしまい、肌を保護する機能が弱くなることで逆に黒ずみが強くなる可能性もあります。

膣までは洗わないように自分で範囲を確認しながら丁寧に洗うことで、清潔なデリケートゾーンを保つことができます。

自分で気になるのはVラインですが、IラインやOラインの方が黒ずみの色は濃くなりがちなので、VIO全てに洗い残しがないようにしてください。

汚れをしっかり落として常駐菌を残すことができれば、デリケートゾーンの黒ずみを解消することができるでしょう。

まとめ

デリケートゾーンの黒ずみが濃い状態だと、VIO脱毛の効果は薄れてしまいます。

だからと言って出力を強くするのもトラブルの元なので、1回の効果を高めたいと思ったら黒ずみを解消することが大切です。

VIO脱毛を始める前にはデリケートゾーンの黒ずみを濃くする原因となるようなことを無意識にやっていないかを再確認し、黒ずみが薄くなってから脱毛を始めることをおすすめします。

黒ずみが薄くなれば、脱毛効果もハッキリと実感できるようになりますよ。

【Vライン・アイライン・Oライン】みんなはどこまでやる?

Vラインを押さえて悩む女性

脱毛用語としてVライン・アイライン・Oラインの3つの部位をまとめてVIOと呼んでいます。

3つの部位をまとめて脱毛するのが一般的であるようですが、実際にみんなが脱毛しているのはどこまでなのでしょうか。

実際にVIO脱毛をしている人はどこまでやっていることが最も多いのかや、最終的に脱毛を完了したとみなすVIOのムダ毛の薄さについてご説明します。

そもそもVIOってどこのこと?

VIO脱毛という言葉は脱毛サロンなどで聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

その一方で、VIO脱毛未経験だとVIOが具体的にどこを指しているかがわからないという人も多くいます。

VIOというのはVライン、アイライン、Oラインの3つの部位をひとまとめにした呼び方で、アルファベットがそれぞれの部位の形を表しています。

それぞれの部位を簡単に説明するとVラインはデリケートゾーンと言われている正面から見た状態でVの形になっている部位、アイラインは性器の外陰部の両サイドのI字になっている部位、Oラインは肛門周りの小さなOのような形になっている丸い部位のことを指しています。

VIO脱毛と一言で言ってしまうことが多いですが、それぞれを見ていくと同じような場所にあっても違う部位だということがわかりますよね。

VIOはセットなの?

VIOの3つの部位はセットのような扱いとなっていますが、実際に脱毛サロンなどで予約する時にもセットとして予約をすることになるのでしょうか。

脱毛サロンでは基本的にVIO脱毛として3つの部位をまとめて脱毛できるコースが人気で、これがスタンダードとなっています。

しかし、人によってはVラインだけ脱毛したいなど、これらの部位の全部は必要ないこともありますよね。

もちろん、脱毛サロンによってVラインだけなど部位別の脱毛ができる場合がありますが、VIOがセットのコースしかなかったり、あまり選ばれないアイラインやOラインだけの契約は受け付けていない可能性もあります。

その場合はVIO脱毛のコースを契約した上で、必要ない部位の脱毛は削ってもらうことになります。

料金は同じとなるので少しもったいない気がしてしまいますが、VIO脱毛の料金自体が元々そんなに高いものではなく、1つだけで契約しても3つまとめての契約でもあまり金額は変わりません。

損をしたという感覚もそんなにないはずなので、VIOの中で1つの部位だけでも施術してくれる脱毛サロンを探すよりも、VIO脱毛のセットで料金が安くて評判が良い脱毛サロンを探した方が良いかもしれません。

また、全身脱毛の場合には良心的な脱毛サロンだと、必要ない部位を他の契約外の部位に振り替えてくれることもあります。

全ての脱毛サロンでやってくれる訳ではないのでカウンセリングで必要ない部位があった時にはそれを伝え、振り替えが可能かを確認してみましょう。

実際にどこまで脱毛している人が多いの?

VIO脱毛をしている人で多数派なのは、VIOの全部を脱毛している人です。

その理由はVIO脱毛でセットになっているコースがスタンダードですし、コースに入っているなら全部脱毛したいと考える人が多いからです。

Vラインは形を整える人が多く、アイラインとOラインはムダ毛を全てなくすかかなり薄くするのが理想とされているので、そのような状態にするためにはそれぞれの部位を脱毛していく必要があります。

脱毛が初めてならとりあえず契約通りに全て脱毛するのが無難ですし、せっかくなので一通り脱毛することをおすすめします。

いずれ全部の部位を綺麗にしたいと思っていたら、早めに脱毛を完了させた方が早く自己処理の手間がなくなって楽になれますよ。

<併せて読みたい記事>

VIO脱毛、皆はどんな形にしてる?

全部やらない派の人もいる

VIO脱毛の印象は全部やる派の人が多いようなイメージがあるかもしれませんが、もちろん全員がVIO全てを脱毛する訳ではありません。

中には、Vラインは女性として絶対に整えておきたいけどアイラインやOラインは必要ないと思う人がいたり、逆に自分では届かないからこそアイラインやOラインを重視する人もいます。

どこまで脱毛するべきかは自由なのでみんながどこまで脱毛しているかは絶対にここまでとは言えませんが、全部脱毛しない人は少数派でほとんどの人はVIOをセットで脱毛しています。

しかし、比較的早くムダ毛が薄くなるVラインに対し、アイラインやOラインはVラインの倍以上の脱毛回数がかかります。

VIO脱毛をセットで行う人でもそれぞれの脱毛に満足するまで続ける人は少なく、ほとんどの人はVラインが薄くなった時に一緒に施術を受けていたアイラインやOラインの脱毛も終えてしまいます。

全部の部位を納得のいく薄さにしたいという女子力の高い人はアイラインやOラインを追加で契約しますが、自分ではよく見えないからこそアイラインやOラインは軽視されがちで多少ムダ毛が残っていてもあまり気にされることがないのです。

最初から全部やらない派の人も少ないですが、VIOの3つの部位とも自分好みの薄さになるまで徹底的にVIO脱毛する派の人も少ないというのがVIO脱毛をするみんなの傾向です。

VIOはどこまで薄くするべき?

脱毛をする以上つきまとってくる問題の一つが、ムダ毛をどこまで薄くするかということです。

脱毛部位の中でも何も考えずにツルツルにできるような部位はあまり深く考える必要がほとんどなく、無毛状態になったら脱毛が完了したとみなすことができます。

しかし、そういった部位がある一方でVIOは人によって好みが分かれやすく、脱毛サロンに行ってムダ毛を薄くすることはしても完全に毛をツルツルにしない人の方が圧倒的に多いです。

アイラインやOラインはVラインよりも比較的ツルツルにすることを希望する人が多い部位にはなっていますが、Vラインが脱毛完了すれば一緒に脱毛をやめてしまう人が多いため、実際にはかなり薄くすることはできてもツルツルにはならない人の方が多いでしょう。

実際にVIO脱毛はどこまで薄くすれば良いのかで迷ってしまう人も多いですが、今まで主張していたもじゃもじゃとした太い毛がある程度なくなり、スッキリとした状態になれば脱毛を完了させることを検討してみても良いかもしれません。

みんなの脱毛事情を見てみるとVIO脱毛ではある程度毛が細くなってVラインが綺麗な形になり、お手入れをあまりしなくても良い状態になったら脱毛を完了する人が多いようです。

ただし、脱毛サロンの脱毛は永久脱毛ではないので、自分では脱毛が完了したと思っていてもしばらく経ったら毛が伸びて形が少し崩れてしまうこともあります。

そのため、脱毛期間中にムダ毛を薄くすることはできても、これで脱毛が完了したと見極めることは難しいとも言えます。

まとめ

みんながやっているVIO脱毛はデリケートゾーンの脱毛ですぐに思い浮かぶビキニラインのVラインだけでなく、IラインやOラインも一緒に脱毛することが普通です。

ただ、注意したいのはVIO脱毛にかける回数で、Vラインがだいたい薄くなったからと言って脱毛を終わりにしたらアイラインやOラインには太い毛がまだ残っていたというようなこともあります。

VIO脱毛の契約回数を消化したら、脱毛サロンのスタッフにアイラインやOラインの毛の状態も併せて確認し、必要であればアイラインとOラインの契約は追加しましょう。

みんながどこまでVIO脱毛をしているかが気になるという方は、脱毛サロンのスタッフに平均を聞いてそこから大きくはずれないようにすれば、VIO脱毛で失敗したと思うことも少なくて済むはずです。

VIO脱毛はなんか恥ずかしい…どんな体勢でやるの?

バレリーナ

VIOを綺麗に脱毛したいと思う人は多いですが、VIO脱毛は何となく恥ずかしいものですよね。

実際に施術を受ける前に、どんな体勢でやるかを知っておくと覚悟ができて恥ずかしさも少しだけなくなりますよ。

VIO脱毛の施術時の体勢についてご説明します。

VIO脱毛に抵抗がある人は意外と多い!

最近ではVIO脱毛は脱毛部位の定番のようなイメージがありますが、それでもそんなVIO脱毛に対して抵抗がある人もまだ少数派ではないでしょう。

VIO脱毛が恥ずかしい理由は普段人には見せない部位を見られるということや、その部位が見える状態で脱毛がしやすいような体勢を取らなければいけないといったことが挙げられます。

その恥ずかしさだけが原因でなかなかVIO脱毛の予約ができないという方もいらっしゃるかもしれませんが、自己脱毛を続けるのはとても面倒なことですし、肌トラブルや綺麗に処理できないといった問題もあります。

だからこそ、VIO脱毛は一瞬の恥ずかしさを我慢して脱毛サロンで脱毛してしまった方が良い部位であると言えるのです。

実際にVIO脱毛はどんな体勢でやるの?部位別施術体勢

実際にVIO脱毛をする時には、どのような体勢を取るのが一番良いのでしょうか。

もちろん、どんな体勢かを知らなくても施術をする時には脱毛サロンのスタッフが指示してくれるので、誰でもスムーズにその体勢を取ることができます。

VIO脱毛の施術時の体勢で最もスタンダードなのは、バレリーナのような体勢だと言われています。

バレリーナと言っても、片足を曲げて片足を伸ばすのがバレリーナの体勢に似ているというだけで、体が柔らかくなければいけないなど難しいことは求められないので安心して施術を受けてくださいね。

ちょっと恥ずかしいと思ってしまう体勢を取らされるVIO脱毛ですが、部位別にはどんな体勢になって施術を行っていくものなのでしょうか。

気になるVIOそれぞれの施術時の体勢をご紹介します。

Vライン

Vラインはビキニラインの三角の形をした部位です。

Vラインを脱毛する時には正面から行う部位なので、仰向けになって行います。

VIO脱毛をする時には専用のショーツを履くように指示されるのですが、Vライン脱毛では仰向けの状態で通常通り両足を伸ばして履いているショーツを少しずらされて脱毛器を当てていきます。

履いているショーツをずらされる時には少し恥ずかしさもありますが、慣れれば意外と大丈夫です。

Vラインの場合は仰向けになれば良いだけなのでとても楽で、脱毛サロンのスタッフがどんどん照射をしていってくれます。

比較的楽な体勢でスムーズに脱毛を進められるという点は良いですよね。

Iライン

Iラインも仰向けになって脱毛をしていく部位です。

このIラインの体勢が少しだけバレリーナ風に見えるのです。

Iラインを脱毛する時には仰向けの状態で片足を立て、立てた足を外側に倒す形で履いているショーツを少しずらされて脱毛器を当てていきます。

そして、もう片方の足はまっすぐに下へと伸ばします。

Vラインも同じですが、脱毛サロンによってはショーツを履かず、タオルだけかけてもらってその部位に合った体勢を取りながら施術を進めていくこともあります。

その方が施術者側にとっては楽に照射できるのかもしれないですが、何も履かないのは少し不安で恥ずかしいですよね。

Oライン

Oラインは肛門周りなので仰向けではできません。

どんな体勢で施術をしていくかはサロンによって異なります。

例えば、横向きやうつ伏せ、四つん這いといった体勢で施術をしていくことが多いです。

どの体制で施術をするのかは脱毛サロンによって違うので、取りにくい体勢やどうしても取りたくない体勢がある場合は事前に脱毛サロンに確認することが大切です。

この中で一番楽で恥ずかしくない体勢はうつ伏せで、逆に四つん這いは恥ずかしさがあったり数分とは言ってもその状態をキープするのが大変だったりしますよね。

自分の中で嫌な体勢がある場合は言えば変えてくれることも多いですが、その脱毛サロンでOラインで取らされる体勢のパターンが一つしかない場合には他のサロンを検討するのも良いかもしれません。

Oライン脱毛がVIO脱毛の中で一番きついと考える人も多いですが、Oライン脱毛は施術をする範囲がとても狭い部位です。

痛みや肛門を脱毛しやすく開かれる恥ずかしさがあっても我慢するのは10分程度なので、それに耐えればムダ毛のない状態で快適に過ごすことができますよ。

VIO脱毛も慣れれば恥ずかしくなくなる!?

VIO脱毛を受けるのをためらってしまう人の多くが、脱毛のためとは言え大事なところを見られてしまうのが嫌だと思うだけでなく、見られた上で色々な体勢を取らされることに抵抗を感じているからです。

特に、IラインやOラインは通常とは違う体勢を取ることになるので、恥ずかしい気持ちも強くなってしまいますよね。

この恥ずかしさを乗り越えるためには、逆に一度でも施術を受けてしまうことが大切です。

最初はなかなか踏み出せないかもしれませんが、一度施術を受けてしまえば脱毛サロンのスタッフの真剣さや丁寧に行ってくれる姿勢に恥ずかしさは薄くなっていくはずです。

また、照射をされている側のことを考えて楽しい会話で盛り上げながら照射してくれる脱毛サロンのスタッフもいます。

会話で盛り上げてくれれば意識がそちらに集中するので自分の状態や今取っている体勢のことを考えなくて済み、そのことが施術の恥ずかしさを軽減してくれます。

施術中に脱毛サロンのスタッフと会話をすることのメリットはもう一つあり、意識をそらせることによって痛みも少し軽くすることができます。

できれば施術中は会話をしていたいと思う方は、施術者が話しかけてくれなかったら自分から話しかけてみましょう。

脱毛は1回では完了しないので、何回も脱毛サロンに通うことになります。

VIOはすぐに脱毛が完了する部位ではないのでかなりの回数をかけることになりますが、1回目より2回目、2回目より3回目と通えば通うほど恥ずかしさはなくなっていくでしょう。

3回以上行けば抵抗感は全くない状態になり、脱毛時の体勢を取る時にもかなりスムーズになる人が多いですよ。

まとめ

脱毛部位の中でも最も施術を受けることが恥ずかしいVIO脱毛では、どの程度イメージトレーニングできているかやカウンセリングで詳しい説明を聞けているかということが非常に重要です。

何よりも重要なのは慣れなので、頭と体でその体勢を取ることに慣れていけば、施術をする1回目から何の抵抗もなくVIO脱毛がスムーズにできるはずです。

VIO脱毛の自己処理は危険!間違ったやり方

カミソリと除毛クリーム

見えない部位だからとか脱毛サロンで脱毛するのは恥ずかしいからという理由で、VIO脱毛を自己処理しているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

VIOは自分では見えにくい部位なので、間違った方法で自己処理するのはとても危険です。

自己処理で注意したいVIO脱毛の間違った方法についてご説明します。

VIO脱毛を間違った方法で行うのはなぜ危険なの?

VIOに限らず、脱毛サロンに行かずに自己処理をするのは良くないことだと言われていますよね。

その理由は自己処理をすることによって間違った方法でムダ毛処理をする可能性が高く、それによって肌に負担をかける可能性があるからです。

間違った自己処理をすることによって肌や皮膚を傷付けたり、自己処理をする道具に菌が付いた状態だと肌に良い訳がありませんよね。

一度トラブルが起きた肌を治療するのにもまた時間がかかり、簡単に清潔で綺麗な状態にはできません。

黒ずみができやすいVIOは自己処理をすることによって、肌の黒ずみや埋没毛などの原因となってしまうこともよくあります。

自己処理時の摩擦によってメラニンが生成されてしまうことも多く、自己処理で頻繁に摩擦を起こすことは黒ずみを悪化させることとなります。

また、清潔でない道具を使って脱毛すれば、その菌によって痒みやかぶれ、赤みなどが出る可能性もあります。

VIOは特に皮膚が薄い部位なので、できるだけ肌トラブルの元となるような脱毛はしない方が良いでしょう。

間違った自己処理の方法とは

自宅でできる自己処理の方法は限られていて、きちんと家庭用脱毛器を使って脱毛をしているという方も中にはいらっしゃると思いますが、ほとんどの人は毛抜きやカミソリなどの手軽な道具を使って一時的に毛を薄くするだけです。

ムダ毛を発見した時にすぐに処理できるのは自己処理のメリットですが、家庭用脱毛器を使った方法以外の一時的な脱毛方法では根本的な問題解決にはならないでしょう。

部位別の間違ったVIO脱毛の自己処理方法を具体的にご説明します。

Vライン

VラインはVIOの中でも自己処理がしやすい部位ですよね。

だからと言って、毛抜きやカミソリを使って脱毛するのは間違った自己処理方法となるので避けるべきです。

特にカミソリは誤って皮膚まで切ってしまう恐れがあるだけでなく、肌を保護する機能までにダメージを与え、その結果肌トラブルを起こしてしまう可能性も高くなってしまいます。

剃ること自体が肌のためには良くないことですが、その中でも注意したいのが毛の剃り方です。

毛の生え方には向きがあり、その流れに逆らった”逆剃り”と呼ばれる剃り方をしてしまうと、肌を傷めてたくさんの傷ができてしまいます。

実際にわかりやすい傷にはなっていなくても、赤みが出やすくなったり肌がヒリヒリすることも多いです。

カミソリを使う時には刃物を直接肌に当てているという自覚を持ち、ムダ毛と一緒に肌の機能を良くしてくれているものまで持っていってしまっていることを頭に入れておいてください。

もし、必要があって毛を剃る時には電気シェーバーを使うようにし、電気シェーバーがない場合は毛の流れを見ながら逆剃りをしないように注意して行いましょう。

また、毛抜きを使った自己処理は毛を抜くこと自体が間違った自己処理方法だと言えます。

毛抜きを使ってVラインの太い毛を抜いていくと、抜いた毛穴は開いた状態になります。

毛穴が開いてしまうとそこから菌が入りやすくなり、炎症を起こしたりする可能性も高いです。

更に、毛を抜いていくと綺麗に抜けることもありますが、全ての毛が綺麗に抜けるとは限りません。

綺麗に抜けなかった毛は埋没毛として皮膚の中に埋もれてしまい、見た目は黒いポツポツとなってしまいます。

こうなってしまうともう自分では上手く処理することができなくなってしまいますよね。

Vラインくらいなら自己処理をしても大丈夫だと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、トラブルの元となるのでできる限り避けましょう。

Iライン

Iラインは粘膜にとても近い部位なので、そういった意味でもいい加減な自己処理をすることはできないですよね。

Iラインを自己処理する時には、粘膜に近くて誤って傷つけることが怖いからと毛抜きを使う人もいらっしゃるかもしれませんが、黒いポツポツが目立つことになったり毛抜きによる刺激が色素沈着の原因になるので避けましょう。

また、VIO脱毛をする時には焼くという方法で自己処理をする人もいます。

VIOの毛は太く剃ったりするだけだと毛先がチクチクするというような理由で毛先が丸くなる焼く方法を選ぶ人もいますが、焼くということは当然火傷のリスクがあるということを把握しておいてください。

見えにくい部位を焼くのはかなり危険なので、できればやめた方が良いでしょう。

Iラインでは除毛クリームを使って溶かすという方法で脱毛をする人もいますが、これもIライン脱毛には不向きです。

除毛クリームは実は皮膚を溶かすとも言われていて、粘膜が近いIラインに使用することは非常に危険なことだとされています。

しかもIラインは性器周りにある部位なので、性器から膣に除毛クリームが誤って入ってしまった場合、感染症を引き起こす可能性もあります。

そうなると皮膚だけの問題ではなくなりますし、健康を害してしまう恐れもあるのです。

Oライン

OラインはVIOの中でも特に自分では見えにくい部位です。

Oラインを自己処理する時にも毛抜きやカミソリを使う方が多いのではないでしょうか。

毛抜きやカミソリを使用すると肌を傷めてしまう危険性があることはVラインの自己処理でもご説明しましたが、肛門周りであるOラインでは排泄物が原因で雑菌が一気に繁殖してしまい、重大なトラブルを引き起こすリスクがあります。

そんなOラインでは自分では自己処理が非常にしにくいということもあり、正しい自己処理の方法は存在しないと思っておいた方が良いでしょう。

脱毛サロンで施術を受けるのが恥ずかしい部位ではありますが、脱毛サロンのスタッフは毎日色々な人のOラインを見ているので、自分が思っているほどOライン脱毛のハードルは高くないはずですよ。

VIOは脱毛サロンで脱毛するのが確実

VIO脱毛は間違った方法で脱毛するのが危険であるからこそ、脱毛サロンで脱毛することが確実だと言えます。

なぜなら、脱毛サロンで脱毛器を使って脱毛をするのは比較的安全な脱毛方法だと言えますし、知識を持ったエステティシャンによる施術では自己処理のように危険な脱毛方法をとらないからです。

また、自分でよく見えていない状態で脱毛をするのはとても危険な行為ですが、脱毛サロンではしっかり脱毛部位を見た上で両手を使って施術をしてもらえるので安全です。

間違った自己処理をしていると埋没毛になってしまったり黒ずみが濃くなって脱毛が完了するのが更に遅くなってしまいますが、早めに脱毛することで肌トラブルのリスクが小さいうちに脱毛を進めていくことができますよ。

まとめ

VIO脱毛を自己処理するのは、腕や脚を自己処理するよりも更に危険です。

自分では見えにくいだけでなく、感染症になってしまう可能性があるのはとても怖いことですよね。

自己処理の方法として特に危険な絶対にやってはいけないこともありますが、基本的に自己処理の方法として正しいものはないということをきちんと把握しておきましょう。

VIOのムダ毛に悩んでいたら、専門の脱毛サロンやクリニックを必ず利用するようにしてください。

彼氏はVIO脱毛をどう思うの?男性の本音

驚く男性

脱毛をしている女性はかなり多く、最近ではVIO脱毛をしている女性も多数派になってきましたよね。

流行っていたりきちんとするべきことだからとVIO脱毛を決めたくなってしまいますが、VIOは必ずツルツルでなくてはいけない部位ではないからこそ、彼氏はどう思うのかを気にする女性も多いはずです。

自分の彼女がVIO脱毛をしていることに対して彼氏が思うことについてご説明します。

彼氏としては彼女の毛深さは気になる!

VIOだけではなく、男性は自分の彼女が毛深いことが意外と気になるものです。

最近の女性は脱毛をして肌をツルツルにしている人が多いので、自分にとって一番身近な女性である彼女をそのような他の女性たちと比べてしまうという男性も多くいるのです。

彼女でないならムダ毛が濃いと思ってもあまり気にならない男性も多いですが、彼女だったらちょっとしたムダ毛が気になってしまい、彼氏が自分の彼女の女子力のなさに幻滅してしまうといったこともあります。

ムダ毛がないことが普通のような状態になっている今では、逆に少し毛深い方が自然という訳ではなく、男性目線でもムダ毛は邪魔なもののように見えてしまいます。

このことからも、彼氏に毛深いと思われたり肌が汚いと思われないためにも、女性としてはしっかり脱毛しておくべきだと言えます。

彼女に脱毛をして欲しいと思う男性は意外と多い

メンズ脱毛が流行っても自分は必要最低限のムダ毛処理しかしないという男性もまだ多いですが、そのことと自分の彼女がムダ毛処理をしないことは別だと考えている男性は多いです。

自分もメンズ脱毛に行って脱毛をしている場合には余計に意識が高くて彼女のムダ毛にも厳しいですし、そうでない男性でもムダ毛が生えている女性は嫌だと思っていたりします。

彼氏が彼女に自己処理でなく脱毛をして欲しいと思っている理由には、自己処理できる範囲は綺麗にムダ毛処理ができていたとしても自己処理では処理しにくい部位にもムダ毛は生えたり、処理をしてもすぐにまた細かい毛が生えてくるのでそれを見ると元が毛深いということを簡単に想像できてしまうからでもあります。

彼氏に今の状態だけを見せて毛深いと思わせないためにも、自己処理でなく脱毛をしておくことはとても重要です。

彼氏はVIO脱毛をして欲しいと思っているの?

VIOは普段見えていなくて、女性が完全にツルツルにしない数少ない部位です。

そんなVIOだからこそ、脱毛をするのが常識だというイメージがあまり強くなく、男性の意見も分かれがちです。

自分の彼氏が彼女にVIO脱毛をして欲しいと思っている派なのか、それとも自然のままでいて欲しい派なのかも聞かなければわからないことですが、内容としても聞きにくいことです。

直接聞けるなら脱毛をしてデザインが決まるまでにVIO脱毛をどうするべきなのかを把握しておくのが良いですが、聞けないのなら彼氏の性格や言いそうなことを想像しながら脱毛をしていくしかありません。

何も考えずにツルツルにできない部位だからこそ、慎重に考えてデザインやどの程度毛の量を減らすかということを決めていく必要があります。

形も重要だからこそ難しいVIO脱毛

VIO脱毛の中で特にVラインは形が色々とあって、どの形にするかで悩んでしまう女性も多いのではないでしょうか。

形が好みに合わないからと言って振られてしまう可能性はゼロに近いかもしれないですが、それでも男性受けが悪い形を選んでしまうと自分も将来後悔してしまうことになるかもしれません。

また、今の彼氏の好みだけでVラインの形を決めてしまうという判断も危険です。

今の彼氏と将来ずっと一緒にいるかはわかりませんし、脱毛後のVIOと将来ずっと付き合っていくのは自分自身なので、彼氏の好みも頭に入れつつどんなデザインにするかは自分好みのものにしていくことがポイントです。

明らかに人とは違う形にするのは、もしVIO脱毛をする時点で流行っていたとしても避けた方が無難でしょう。

人と違った形にすることで温泉などで悪目立ちをして後悔することもありますし、今の彼氏や今後変わるかもしれない次の彼氏にも不評だと後悔をしてしまう可能性が高いです。

VIO脱毛をする時に彼氏の意見も参考にしたいと思っていたら、脱毛の話題をした上でさりげなく聞き出してみるのも良いかもしれません。

まだ脱毛前でやり直しが聞く状態なら、できる限り彼氏の好みも取り入れながらVIO脱毛でのデザインや毛の量を決めていくようにしましょう。

中にはそのままで良いと思う男性もいる

VIOもある程度整えて欲しいと思う男性は多いですが、中には何もしないで欲しいという男性もいます。

この自然なままでいて欲しいという男性は意外と多くいるということに気を付けましょう。

ナチュラルなままで良いと思う男性は、逆に女性の”やりすぎ”と思えるようなVIOに引いてしまう可能性もあります。

後で後悔しないためにも全部ツルツルにしたり毛を残す範囲をかなり小さくするなど、通常とは違って人によってはやり過ぎに見えてしまうような仕上がりになるVIO脱毛は避けた方が無難かもしれません。

ナチュラルなままでいて欲しいという男性も、VIO脱毛をしていることを悪く思う訳ではありません。

あくまでも好みの問題なので、彼氏次第で決めたいと思って一歩が踏み出せない方も、安心して脱毛を前向きに考えてみてください。

自分だけでなく彼氏のためにもVIO脱毛をしよう

脱毛をするかしないかというのは基本的には自分のことなので、自分で決めるべきです。

しかし、実は彼氏が自分のムダ毛に対して幻滅をしていたり、引いていたりしたら嫌ですよね。

もちろん、内容がデリケートなことなので、彼氏とは言ってもそれを直接伝えてくる人はそんなに多くはないでしょう。

しかし、ムダ毛に対してのちょっとした幻滅が長く続けば、他に嫌な面が見えた時に一気に冷めてしまうきっかけになることもあるかもしれません。

そうなってしまうと、脱毛は自分だけの問題ではないなと感じることにもなりますよね。

ただ、注意したいのはしっかりVIO脱毛して欲しい派の男性がいることと、ナチュラルな方が好みだという男性がいることです。

そのどちらにも印象を良くするためにも、VIO脱毛をする時にはナチュラルな形に脱毛をすることをおすすめします。

VIO脱毛をしなければ起こる毛のトラブルも毛が生えている範囲の広さが問題になって起こっている訳ではなく、毛が長くボサボサで整っていなくて絡まりやすくなることから起きる場合が多いです。

したがって、ナチュラルな形でもVIOのムダ毛によるトラブルを起こすリスクを減らすことは可能だと言えます。

トラブルが起きたデリケートゾーンは黒ずんだり汚い印象があるため、その状態が見ただけでわかるようになってしまえば彼氏にも不評になってしまいます。

このことからも、VIO脱毛をすることは自分のためだけでなく彼氏のためにも意外と大切なことだと言えます。

まとめ

男性によって好みの女性のタイプが違うように、VIO脱毛に対する考え方もその男性によって異なります。

VIO脱毛をする女性からすれば、自分の彼氏がどんな風に脱毛して欲しいと思っているかが気になるところですよね。

これからVIO脱毛をするという女性は、後でいつもと違うと思われないためにも、思い切ってVIO脱毛しようと思っていることを彼氏に言ってしまっても良いかもしれません。

彼氏のVIO脱毛に対する考え方がわかれば、それを参考にどの程度量を減らしてどんな形にしようか考えてイメージトレーニングをしてから施術をすることができます。

センパイ教えて!VIOを永久脱毛して後悔してない?

後悔する女性

自分で処理するのが難しく形も整えにくいVIOは脱毛で綺麗にしてしまいたいですよね。

実際にレーザー脱毛でVIO脱毛を永久脱毛したセンパイたちは永久脱毛をしたことを後悔していないでしょうか。

VIO脱毛を永久脱毛して後悔はないのか、VIO脱毛のセンパイたちの本音をご紹介します。

こんなはずじゃなかった!VIOを永久脱毛して後悔したこととは

脱毛器を照射しやすいところはしっかりと毛がなくなっていると思いますが、粘膜の近くがまだ毛が濃い状態で残っているので形が変な状態です。
これで永久脱毛完了しても形が変なまま永久脱毛完了してしまうのかな?とちょっと不安です。

医療脱毛レーザーの脱毛器の仕組みは基本的に光脱毛と変わらず、黒い色に反応して光を当てるようにできています。

IラインやOラインは黒ずみが目立つ部位で、特にIラインの内側の方は脱毛器も当てにくく黒ずみやすいといった問題があります。

実際に脱毛が上手くいかないとこの口コミのようにデザインが変になってしまうとともに、内側の太く濃い毛はそのままの状態で残ることになります。

口コミの方のように脱毛を完了する前に通うのをやめれば永久脱毛でも毛周期の問題で残っていた毛がまた復活し、更に変で見苦しい形になってしまいます。
こうなってしまうと永久脱毛を最初からやらなければ良かった、という後悔の気持ちが強くなっていきます。

看護師さんにIラインは全部ツルツルにしたいと希望を伝えたら、「たるんできたら丸見えになる」と怖いことを言われました…。
最初に施術してくれた看護師さんと違う方に施術してもらう時に言われたので、歳を取ったらどうなってしまうのか、正直怖い気持ちでいっぱいです。
たるみ対策としてもう少し毛を残すようにすれば良かったかな?とちょっと後悔しています。

永久脱毛をする際に知識がある医師や看護師は助言をしてくれることがあります。

こちらの口コミでは、今だけでなく将来の肌の状態も考えた上で役に立つアドバイスをしてもらっていますよね。

ムダ毛は量が多すぎると見た目を悪くしてしまったり、生理の時の肌トラブルの元になってしまいます。

しかし、ある程度の量の毛があることによって、見えすぎて欲しくない部位を隠してくれるなど重要な役割を果たしてくれることもあるのです。

肌の状態は歳をとれば変わってたるんでいったりするものですが、その時に丸見えになってしまうよりも少しくらい毛を残しておいた方が温泉などでも恥ずかしい思いをしなくて済むかもしれませんよね。

VIO脱毛をする時にはそういった将来のことを考えて脱毛しなければ、最初は脱毛して良かったと思っても、後から後悔するかもしれません。

永久脱毛でなければムダ毛が生えてくるのを待つこともできますが、一度永久脱毛をしてしまうともう毛が生えてこないというのは意外と怖いことだったりします。

厄介だと思っている毛も、もう二度と生えてこないと思えばよく考えてからVIO脱毛をするべきだと言えます。

VIOを永久脱毛して良かったことって何?

今までは脱毛サロンで永久脱毛ではない脱毛をしていました。
今回初めて永久脱毛をしてみたのですが、せっかく脱毛したのにまた毛が生えてくるのって結構煩わしかったので、それがなくなって嬉しいです。
まだ完了していないので、これからが楽しみです。

VIO脱毛を永久脱毛して良かったメリットとしてよく挙げられるのは、やはりムダ毛が生えてこない煩わしさから解放されることです。

脱毛エステでも確かにムダ毛は減っていきますし、施術を受ければ受けるほどその効果を実感することはできるでしょう。

しかし、脱毛エステでできる脱毛には限界があり、脱毛を完了した時点では脱毛して良かったと思えても、しばらく時間が経てばまたムダ毛が生えてきてしまいます。

そうなるとまた脱毛に通わなければならなかったり、せっかく脱毛をしたのにまた手間をかけることとなってしまいます。

クリニックで施術を受けられる永久脱毛では、脱毛が完了したのにまたムダ毛が生えてきて悩むといったことはまずありません。

だからこそ、高いお金を払っても良いから永久脱毛をしたいと考える人は多く、実際に永久脱毛をしてその効果に満足する人も多いのです。

もちろん、元々毛が薄い人の場合は脱毛エステで十分な場合もありますが、絶対にムダ毛が生えて欲しくない人が選ぶべきなのは永久脱毛です。

最初からクリニックでの永久脱毛を選ぶ人ももちろんいますが、実は一度脱毛エステを受けてから永久脱毛を受けにクリニックを訪れる人も意外と多いのです。

結局永久脱毛と永久脱毛ではない脱毛のどっちの方が良いの?

VIO脱毛のセンパイたちの口コミや体験談を読むと、永久脱毛をした人の中で永久脱毛をして良かったと思っている人はかなり多かったですが、失敗だと思っているような形で永久脱毛されてしまい、変になってしまって後悔しているという感想もありました。

これを踏まえた上でVIO脱毛は永久脱毛するべきか、それともしないべきかを考えていくと、やはり煩わしさをなくしたいのなら永久脱毛はするべきだと言えます。

永久脱毛をする際には失敗のないようにどこまで毛をなくしてしまって良いかを将来のことを考えた上で判断し、脱毛後の具体的なイメージを掴んでできるだけそのギャップを小さくしていく必要があります。

自分の思い通りに脱毛すれば永久脱毛をしても快適なだけで、永久脱毛しなければ良かったというネガティブな気持ちにはならないでしょう。

永久脱毛も1回だけの脱毛ではできないので、1回1回の脱毛での変化を見て、変になったらどうやって脱毛していくかをそこで医師や看護師に相談するようにしてください。

まとめ

永久脱毛は良いことが多いような気がしてしまいますが、体験者がどんな失敗をして今後悔していないかを把握しておくことはとても大切です。

VIO脱毛で失敗して後悔しているセンパイたちと同じような失敗をしなければ、永久脱毛をするのは決して悪いことではないでしょう。

ただ、不安なのは一度なくしてしまった毛は二度とは戻らないので、永久脱毛を選択する時には減毛するだけの脱毛よりも慎重な判断が必要だという点です。

特に、自分では見えないIラインやOラインは数回の脱毛では失敗に気付きにくいですが、経過を忘れずに見ておくようにしましょう。

クリニックの永久脱毛はおすすめですが、どうしても不安の方が強いという方は脱毛サロンで永久脱毛でない脱毛をする方が良いかもしれません。

最終的にどうしていきたいかをよく考え、後悔のない脱毛をしてください。

VIOは電気脱毛・レーザー脱毛・光脱毛、どれがおすすめ?

迷っている女性

VIOを脱毛する方法として代表的な方法には電気脱毛・レーザー脱毛・光脱毛の3種類がありますが、どの方法を選ぶのが良いのでしょうか?

3つの方法の特徴を踏まえ、おすすめの脱毛方法を考えていきましょう。

それぞれの脱毛方法の痛みや回数、料金を比較

VIO脱毛をするとしたら比較をしてから決めたい電気脱毛・レーザー脱毛・フラッシュ脱毛ですが、それぞれの痛みや回数、料金にはどのような違いがあるのでしょうか。

脱毛をする時の特徴とともに、それぞれの違いをご説明します。

電気脱毛

電気脱毛はニードル脱毛とも呼ばれ、0.05mmから0.15mmくらいの細い絶縁針を一つ一つの毛穴に差し込んで電気を流して毛を生やす役割をしている毛母細胞を破壊し、毛が生えなくする方法です。

電気脱毛は施術時間が長かったりかなりの痛みがあるため、最近はあまり選ばれない脱毛方法となっています。

VIO脱毛で電気脱毛を選ぶメリットは、毛母細胞を破壊することで永久脱毛することが可能なことですが、VIO脱毛で電気脱毛を選択すると麻酔をしていても防ぎきれないほど痛みがあります。

電気脱毛に限らずVIO脱毛は施術時の痛みが強い部位だと言われていて、その理由はVIOは粘膜に近い皮膚が非常に薄い部位となっている上に、生えている毛は濃いので痛みが生じやすいからだというのもわかりますよね。

痛みを感じやすい人は泣いてしまったり声が出てしまう、歯を食いしばるなどかなり我慢するのがつらいようなので、痛みに自信がない方は電気脱毛は避けた方が良いかもしれません。

電気脱毛の料金はクリニックによって1本での料金になるのか、分単位での料金になるのかが異なります。

1本での料金の場合は500円~700円、分単位での料金の場合は5分で2,000円~3,000円程度であるのが平均です。

1本単位の場合、500本まとめて契約するような人もいます。

絶縁針は脱毛器と違って自分専用となるので、絶縁針を使った電気脱毛では料金は高額になってしまうのは仕方がないことですよね。

回数で契約する脱毛よりも料金でも個人差が出やすいのが電気脱毛の特徴です。

その他、クリニックの場合は初診料や血液検査代、痛みを軽減させるために麻酔を受ける場合は麻酔代がかかることもあります。

回数は1回の施術によって約3分の1程度の毛をなくすことができると言われているので、早くて3回程度で脱毛を完了させて永久脱毛をすることができます。

医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛は電気脱毛と同様に、医療行為としてクリニックで施術を受けることができる脱毛方法です。

施術方法は光脱毛と非常に似ていてメラニンや黒いものに反応する光を皮膚の表面に当てていき、毛乳頭を破壊することで毛を生えなくしていくというという仕組みとなっています。

医療レーザー脱毛は光脱毛よりも光の出力や威力が強く、光脱毛ではできない毛を生えさせる毛乳頭を破壊することができるため、光脱毛と比較すると効果は高く同じじような施術方法でもこちらは永久脱毛をする効果があります。

痛みは電気脱毛よりは強くないですが、それでも出力を上げた光を当てているので人によってはかなりの痛みを感じます。

また、医療レーザー脱毛器にはいくつかの種類があるので、その種類によっても痛み方は違います。

VIOのように毛根が深いところにある場合は波長が深いところにまで届いて効果を発揮し、かつ多少の日焼けなどの黒ずみにも対応しているYAGレーザーや、シミやそばかす、くすみを改善する効果もあると言われていて黒ずみの強いVIOに向いているジェントルレーズ機器がおすすめです。

ジェントルレーズ機器は冷却ジェルも塗らなくて良いので、ジェルで肌荒れを起こす人も安心して脱毛することができます。

医療レーザー脱毛によるVIO脱毛の回数はVラインが6回程度、IラインとOラインも8~10回と言われています。

光脱毛では黒ずみが強いIラインなどの部位では20回脱毛をする人もいますが、その半分で脱毛が完了するのは嬉しいですよね。

医療レーザー脱毛の料金は5回で6万円~10万円前後です。

光脱毛

光脱毛は主に脱毛サロンで行われる脱毛方法で、医療レーザー脱毛と同じように黒いものに反応した光を当てていきます。

脱毛の光は出力が弱いので、毛乳頭を破壊することはできません。

施術をする時には毛根にダメージを与えて毛を生えにくくしていくといった方法を取るので、残念ながらこの方法では永久脱毛はできず、医療脱毛と比較するとかなりの回数がかかると思っておいた方が良いでしょう。

VIO脱毛に必要な回数は約6回~20回ほどです。

きちんと脱毛するには6回では足りず、12回以上脱毛する人がほとんどです。

また、光脱毛は痛みが少ない施術方法だと言われていますが、VIOはその光脱毛でも痛みを訴える人が多い部位となっています。

料金は6回で4万円~8万円前後で、永久脱毛ができる医療脱毛と比較するとかなり安いことがわかります。

結局脱毛するならどの方法を選ぶべき?

脱毛する時にどの方法を選ぶのがベストかは、自分の予算や肌に合った方法を選ぶのが良いでしょう。

とにかく痛みを少なくしたいという人は光脱毛が気楽ですし、永久脱毛したいなら医療レーザー脱毛がおすすめです。

ただし、電気脱毛はVIO脱毛ではとにかく痛みがつらいので、避けた方が無難かもしれません。

まとめ

VIO脱毛をする方法は大きく分けて主に3つの方法がありますが、どれを選択するかで脱毛にかかる期間や料金、痛みなどが大きく変わってきます。

後悔がないように、契約をする前にどの方法が自分に向いているかをよく考えましょう。

おすすめは永久脱毛で脱毛器の種類も多い医療レーザー脱毛ですが、人によって向き不向きもあるので、自分の希望に近いものを選ぶことを心掛けてください。

VIO脱毛、皆はどんな形にしてる?

Vラインの色んな形

VIO脱毛をする時に悩む人が多いのは、VIOをどんな形にするかということです。

ほとんどの部位は何も考えずにツルツルにすれば良いですが、Vラインは形を作って毛を残すのがスタンダードとなっています。

実際に皆はどんな形にしているのか調べてみました。

今回参考にしたのは、VIO脱毛専門サロン”プリート”です。

VIO脱毛専門サロン”プリート”って知ってる?

VIO脱毛に力を入れたVIO脱毛の専門サロンがあるということをご存知でしょうか。

その脱毛サロンの名前は”プリート”で、業界初のVIO脱毛専門サロンとして15年以上の実績があり、顧客満足度も93%以上と非常に技術も顧客満足度も高いサロンです。

VIO脱毛専門とはなっていますが、実際には全身のパーツの施術を行っているので、他に気になる部位がある方も是非プリートで施術を受けてみてください。

<プリートの詳細はこちらから>

プリート

プリートで選べるVIO脱毛の基本の形は何と9種類!

VIO脱毛ではいくつかの形から選んだり、お任せで施術をして形を作っていくというイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

プリートで脱毛する時に選べる形は何と9種類もあり、これは他の脱毛サロンで選べる形よりも多いのです。

他のVIO脱毛専門でない脱毛サロンでもVIOの形をどうしたいかカウンセリングで聞かれることは多いですが、プリートでは最初から9種類もの定番のデザインを用意していてくれるからこそ自分でどのデザインにしようかVIO脱毛初心者でも決めやすいですよね。

デザインを選ぶ時にはアンダーヘアカタログというものがあり、それを見た上で好きなVラインの形を伝えることができます。

アンダーヘアカタログにはどんなものがあるの?

カタログの中のデザインの一部をご紹介すると、スクエアやトライアングル、ハート型など定番の形から少し変わった形まであります。

選べる形はminiトライアングルやminiスクウェアのようにVラインの毛が生えている範囲を小さくしたものもありますし、ナチュラルトライアングルのように自然に見えるのに形は綺麗にまとまって見えるものもあります。

プリートで最も人気があるVラインの形はナチュラルトライアングルで、ナチュラルトライアングルはプリートでVIO脱毛をする人の約半数に支持されているデザインなのです。

自然のままにしておいて欲しい男性は、あからさまに処理されているわかりやすいVIOが苦手だったりするので、そういった意味でやり過ぎていない自然さも残しているナチュラルトライアングルを選ぶのも良いかもしれませんね。

実際に選ばれるのはナチュラルトライアングルがNo.1ですが、実はプリートで施術をしている脱毛サロンのスタッフが選ぶおすすめの形はminiナチュラルスクエアです。

miniナチュラルスクエアは範囲としてはVラインの毛が残るところが少なく、小さな正方形のような形となっています。

こちらの形の良い点はこのムダ毛が残る範囲の狭さにあり、どんなショーツでもはみ出すことを心配せずに履きこなすことができるメリットがあります。

特に、可愛いショーツは小さめに作られているデザインも多いので、ムダ毛を残す範囲が広いデザインを選んでしまうと下着からはみ出してしまう可能性があります。

つまり、プリートのスタッフは可愛い下着や水着を着こなすことができて、ナチュラルさもある形をおすすめの形として提案してくれているのですね。

オリジナルデザインの施術も可能

プリートの基本的なVライン脱毛の形は9種類となっていますが、もちろん絶対にこの中からどのデザインにするかを選ばなければいけないという訳ではありません。

やって欲しいデザインがアンダーヘアカタログの中に載っていなかったら、オリジナルデザインとしてスタッフに伝えて対応してもらうことは可能です。

オリジナルデザインをお願いする場合も、一応アンダーヘアカタログを見て気になるものがないかを参考にするのも良いかもしれません。

どちらの場合も脱毛サロンに行く前に自分でもどんなデザインがあるかや一般的にどんなデザインが選ばれやすいかということを調べておくことをおすすめします。

そうすることによって自分の中でこんなアンダーヘアにしたいというイメージが固まりやすくなって、スムーズにデザインを決めることができますよ。

オリジナルデザインをお願いする時には、失敗のないように丁寧に脱毛サロンのスタッフに伝えることが最も大切です。

調べた時にWEBサイトや雑誌に載っていたVラインのイラストなどをコピーして脱毛サロンのスタッフに渡すなどの工夫をして、施術した後に上手く伝わっていなくて思っていた形と違うなどの間違いが起きないようにすることが重要です。

VIO脱毛専門サロンならではのメリットとは?

プリートのVIO専門サロンならではの強みは、デリケートで肌トラブルも多いVIO脱毛の施術の専門知識がスタッフにしっかり身についていて安心できることと、Vラインの施術範囲が広いことです。

実際にプリートで脱毛の施術を受けて良かったという声も多く、不安な点を質問しても的確な答えをくれるというメリットもあります。

施術者が部位ごとの知識を持っていなければ肌トラブルや失敗も起こりやすいですが、VIO脱毛専門だと言うほどVIO脱毛に自信があるプリートでは、正しい判断から脱毛トラブルの多いVIO脱毛での失敗が回避できる点が良いですよね。

皆はやり過ぎずナチュラルな形にしている!

プリートで一番人気のデザインを見てもわかるように、VIO脱毛をしている人たちにはVIO脱毛をしているとアピールするような形にするのではなく、ナチュラルな形にするのが流行りのようです。

VIO脱毛をする時には希望の形を聞かれますが、迷っていたら皆に選ばれているのはどの形かを聞いて、定番のものにしてしまうのもおすすめです。

プリートはVIO脱毛の範囲が業界の中でも最も広いと言われているので、そのプリートで施術を受ければどんな形にしたとしても仕上がりが綺麗になりますよ。

ナチュラルな形は一番失敗がなく、ムダ毛がはみ出したりボサボサの状態になるなどの施術前の悩みは解消され、見た目もやり過ぎ感はなく綺麗に整えて清潔感があるように見えるなど、いいとこ取りができる形であると言えます。

形を大きくするのと小さくするのとで悩んでいる場合は、やり直しがきくのは毛の形を大きめにすることなので、miniは選ばずに大きめの形を選ぶようにしてください。

まとめ

今まで自然のままで過ごしてきた場合、VIO脱毛で突然形はどのように整えたら良いかと聞かれたら困ってしまいますよね。

プリートでは基本となる9種類の形があるので迷ってしまう方でも選びやすいですし、スタッフに聞けばその中で人気がある形はどれなのかという質問にも答えてくれます。

毛が元々かなり薄い人はできない形もあるかもしれませんが、ほとんどの人は好きな形を選ぶことができます。

イラストを見た上で気になった形があればそれを選び、もしどの形を選べば良いのかがわからない場合は人気のある形を見て気に入ったら皆がしている定番の形にVIO脱毛していくのが良いでしょう。

VIO脱毛にかかる回数は?期間の平均

キレイなVラインの女性

最近の女性は、VIOも脱毛サロンできちんと整えている人が多いですよね。

VIOの毛は他の部位と比べて毛が太いので厄介な印象がありますが、脱毛にかかる期間や回数はどのくらいが一般的なのでしょうか。

VIO脱毛の平均回数や期間をご紹介します。

※今回のお話は、脱毛サロンの光脱毛で施術を受ける前提で回数を算出しています。

どこまで毛をなくしたいかを決めよう

VIO脱毛が他の部位の脱毛と少し違っているのは、他の部位の脱毛では完全に毛をなくしてツルツルにすることがベストなのに対し、VIOでは毛を少し残すのがスタンダードなことです。

したがって、脱毛完了するまでにかかる期間や回数もどこまで毛をなくしたいかということで大きく変わってきます。

一般的にVIOを全てツルツルにすることを選択する人は少数派なのですが、その中でもIラインやOラインは毛が残っていると汚く見えてしまうので、ツルツルにしてしまう人が多いです。

温泉などに行くと毛が全くない人が少ないのがわかるように、Vラインは形を綺麗に整えるだけでツルツルにはしない方が逆に不自然さがなく綺麗に見えます。

もちろん、どこまでやるかは自分の好み次第です。

毛が薄くなってからでは、もう少し残しておきたかったという調整が効かなくなってしまうので、脱毛前にきちんとどこまで残したいかを決めておくことで失敗を避けることが大切です。

よくわからないという方はお任せで定番の薄さや形にしてもらうのも良いですが、それが自分では気に入らない状態に仕上がってしまったら嫌ですよね。

そうならないためにも、脱毛サロンのスタッフに任せ切りにしないで最初のカウンセリング前に自分で決め、イメージを伝えられるようにしておきましょう。

VIOそれぞれで回数が違うの?

3つの部位をまとめてVIO脱毛と言うことが多いですが、実はこの3つの部位はそれぞれで脱毛にかかる回数が違います。

それぞれの部位での回数はどのくらい必要なのかをご説明します。

Vライン

Vラインは6回~18回と人によって回数の幅が広い部位となっています。

効果は6回目くらいから感じることができる部位ですが、人によっては毛が太く量も多く、かなり脱毛をするのに時間がかかる部位だと言えます。

最低回数の6回だけではまだムダ毛がかなりある状態で、太い毛が生えてくるのでこの時点ではまだ脱毛を完了できない人も多いでしょう。

また、12回の脱毛が完了すればだいたいの人は満足できますが、中には18回脱毛サロンに通う人もいるので、12回脱毛すれば完璧になる訳ではなく、脱毛効果が出にくい部位だからこそ個人差があってかなりの回数を脱毛している人もいます。

更に、Vラインに限ってはハイジニーナのようにツルツルの無毛状態ではなく毛の形を作って整えるという方法を取る人が多いです。

したがって、どんな形にするかやどの程度で満足するかは自分次第なので、施術を進めて納得できるくらいの薄さと綺麗な形になれば、その回数で脱毛を終了するのが良いでしょう。

Vライン脱毛にかかる期間はだいたい6回で1年半くらいだと言われているので、1年~3年くらいを目安に考えておくことをおすすめします。

Iライン

IラインはVラインと違って脱毛でツルツルにする人が多い部位です。

Iライン脱毛の回数は12回くらいとも言われていますが、実際に20回以上をかけて脱毛をすることも普通なのでかなり時間がかかると思っておいた方が良いかもしれません。

Iライン脱毛に時間がかかる理由は、Iラインはかなり黒ずみが強い部位で、黒ずみに反応するフラッシュ脱毛では、光がしっかりと黒い毛だけに集中してくれないので脱毛の効率がとても悪いからです。

期間も3ヶ月程度は空けないとダメだと言われていて、2ヶ月くらいしか空けずに脱毛サロンに行ってしまうと更に回数がかかってしまうことになります。

脱毛サロンは何回コースとなっているものをまとめて契約するのがお得で良いのですが、Iラインを脱毛したいと思っていたらあまり回数が多いコースを契約しても消化しきれない場合もあるので、効果と期間の両方を見て回数を選択するようにしましょう。

脱毛サロンに行くと通常は2~3週間で毛が抜け落ちるなどの効果を実感できる人が多いですが、Iライン脱毛では毛が抜け落ちる効果を実感できるのも3~4回目からくらいと他の部位と比較して効果が出始めるのも遅めです。

Iライン脱毛は痛みが強いと言われているので、痛みがあって出力を弱めてもらう人は更に効果が出にくくなってしまうかもしれません。

Iライン脱毛の期間は3年くらいとなっていますが、20回脱毛するとなると4年以上はかかると思っておいた方が良いかもしれません。

Oライン

Oライン脱毛もIライン脱毛と同様にツルツルに脱毛する人が多い部位です。

Oラインも黒ずみが強い部位で、見えない部位だからこそトイレットペーパーやタオルでゴシゴシと拭いてしまったり、座っているだけでも肛門に負担をかけていてそれに気付かないということも実は多いのです。

脱毛完了までにかかる回数はだいたい12~18回くらいで、脱毛期間としては2年~3年程度がかかります。

脱毛範囲が狭い部位となるので量としてはそんなに多くないから脱毛期間もそんなに長くないのでは?と思う方もいらっしゃると思いますが、Oライン脱毛は脱毛範囲自体は狭くてもそこに濃い毛が思ったよりもたくさん生えていて、それをツルツルにするとなるとそれなりの回数や期間が必要となってしまうのです。

男性目線で見てもVラインのムダ毛は生えていてもOKだったり自然なままで良いと思っている人が多いですが、逆に自己処理が難しいIラインやOラインのムダ毛に引いてしまう人がいるので気を付けたいですね。

VIO脱毛にかかる平均期間はどのくらい?

VIOをそれぞれの部位で見ると回数や期間も部位ごとにばらつきがあるように思えますが、VIO全体ではどのくらいの期間がかかるものなのでしょうか。

VIO脱毛をセットでしたいと思ったら、だいたい平均回数は18回、平均期間は約3年を目安に見ておくと良いでしょう

もちろん、VIOの3か所の施術が同時に綺麗に終わるということが少なく、Vラインは比較的早く脱毛が終わってもIラインやOラインなどのムダ毛がしつこい部位では脱毛完了までに少し長めの期間が必要な場合があります。

そのような時は様子を見て脱毛サロンのスタッフと相談しながら、まだ脱毛が必要な部位だけを追加で契約して脱毛していくことをおすすめします。

脱毛を終えるまでにはそれなりの年数が必要だからこそ、VIO脱毛は早めに始めておきたいですよね。

まとめ

すぐには脱毛が完了しなさそうなイメージがあるVIO脱毛ですが、それでも部位によっては20回以上脱毛が必要だというのは少し意外な感じがしますよね。

すぐに脱毛の効果が出ないからこそきちんと照射できているのかなど不安な点もあるかもしれませんが、長期戦になることはほぼ確実なので長い目で見て脱毛をしていきましょう。

回数も期間もかかるVIO脱毛だからこそ守りたいのは脱毛をする頻度で、これを守らなければ効果が半減されて更に長い期間や必要以上の回数を照射しなければいけなくなり、とても効率の悪いVIO脱毛をしていかなければいけないことになってしまうかもしれません。

また、今回ご紹介したのは平均の期間や回数なので全員がこれに当てはまる訳ではありません。

最終的に自分がこれで良いと思えばそれが脱毛完了となるので、脱毛サロンのスタッフと1回施術を受けるごとに毛の状態を確認し、脱毛の契約が終了する時には追加の契約の回数をその時点の毛の状態や濃さを踏まえて決めていくようにしましょう。

口コミでおすすめのうなじ脱毛

浴衣の女性のうなじ

脱毛は一度契約を決めると、高額な料金を支払うことになりますよね。

うなじ脱毛の契約を決める前に読んでおきたいのが、実際にうなじ脱毛をした人たちによる口コミです。

施術を受けたからこその本音が聞ける口コミを参考にして、納得した上でうなじ脱毛の施術を受けましょう。

うなじ脱毛で失敗したくないからこそ参考になるのが口コミ

脱毛サロンのホームページなどを見ると、ほとんどの場合はメリットしか書いていないですよね。

施術を受ける時に気になることの一つはメリットですが、それと同時に施術を受けたことで失敗してうなじ脱毛をしなければ良かった、と思うようなことになるのではないかと不安に感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

まずはうなじ脱毛を受けた人による”受けて良かった”という意見と、”うなじ脱毛をして失敗した”という意見の両方を見てみましょう。

”受けて良かった派”の口コミ

うなじがずっと気になっていましたが、うなじ脱毛をしたら感動するほど襟足が綺麗になりました。

今年の夏は浴衣を着てアップヘアにしてたくさんお出かけしたくなりました。

6回コースに申し込み、効果が出たと実感したのはそのコースが終わる頃でした。
後ろなので普段から見る訳ではありませんが、それでもツルツルになった襟足を鏡で確認した時にはテンションが上がりました。

うなじ脱毛して良かった派の口コミは、とにかく襟足がツルツルになったことに感動した、というものが多かったです。

今まできっかけがなくて見えないことから軽視していた部位でも、やってみるとやって良かったと思えるのがうなじ脱毛です。

1回ごとの施術で効果が目に見えて実感できるのも嬉しいですよね。

私は日本の文化が大好きで、趣味でお茶やお花を習っています。
お茶やお花を上達させるのも目標ではありますが、それと同時に着物をビシッと着こなせたら格好良いと思ってうなじ脱毛をしました。
うなじ脱毛をしたことで、着物も引き立つ気がして嬉しいです。

本格的に着物を着る機会が多いからこそ、着物を綺麗に着こなすためにも襟足を脱毛したいという口コミもありました。

脱毛してうなじが綺麗になったら、襟足は隠すのではなく見せたくなりますよね。

元々うなじが見えるヘアスタイルをする機会が多い方には、うなじ脱毛は特におすすめです。

”失敗した派”の口コミ

人気があると聞いてW型にしましたが、私には似合いませんでした。
Wの形が長く、とっても不自然で見る度に変だなと思って後悔しています。

W型のうなじはうなじ脱毛の中でも人気がある形の一つですよね。

京都の舞子さんがW型に整えているといったこともあり、うなじ脱毛でどの形にするかを考えた時にW型を選ぶ人が多いのにも納得です。

誰にでも合う定番の形といった印象が強いW型ですが、Wの形にはなっても、自分では気に入らないと思うこともあります。

こちらの口コミのように長すぎて悪目立ちするようなW型になってしまったら最悪ですよね。

このような失敗は人によってうなじ脱毛の範囲に髪の毛が生えることもあり、それを脱毛サロンでは施術できないのを知らないことから起こります。

契約前には必ずカウンセリングがあるので、そこで希望を確実に伝えてイメージ通りになりそうかを確認しましょう。

”脱毛サロン”と”医療脱毛クリニック”それぞれの口コミが知りたい!

脱毛サロンと医療脱毛クリニックでうなじ脱毛をした人はそれぞれどのような感想を持っているのでしょうか。

それぞれでうなじ脱毛の施術を受けた人たちの口コミをご紹介します。

脱毛サロン

痛みもなく、襟足の毛が薄くなるだけでなく肌がツルツルになった気がします。
脱毛に美肌効果があることは知らなかったので得した気分です。

脱毛サロンは”脱毛エステ”とも呼ばれていますよね。

その理由は、フェイシャルなど他の施術をやっているということもありますが、やはり脱毛するだけでなく肌を綺麗にしてくれる効果が高いからでもあるのです。

実際に脱毛サロンの脱毛器には美肌効果もあるのでスベスベでツルツルの肌になれるというのも納得ですよね。

カウンセリングをしてから照射をするまでの流れもスムーズで、短時間で脱毛を終えることができます。

脱毛サロンでのうなじ脱毛はその上で料金が安いので、とてもお得にうなじ脱毛ができるのも良いですよね。

襟足と一緒に背中の上半分も脱毛しました。
夏に向けて背中が開いた服を着る機会も多いので、この2つを一緒に脱毛するのは正解だなと実感しています。

襟足脱毛をすることによって、自分のうなじに自信を持つことができる人は多いようです。

うなじは髪の毛や背中の毛と混じりそうな微妙な位置にある部位なので、うなじ脱毛だけでなくうなじ脱毛+背中上半分の脱毛をすることが効果的です。

これをセットで行えば浴衣を着たり、結婚式やパーティーで背中の開いたドレスを着ることも怖くなくなります。

背中は脱毛サロンで脱毛をすることで解決するのですが、髪の毛は資格を持った美容師や理容師でなければ施術できないので要注意です。

脱毛サロンや医療脱毛クリニックで対応してくれるのは、襟足から背中までで、髪の毛は含まれないということを頭に入れておいてください。

医療脱毛クリニック

施術前は医療脱毛クリニックだとレーザー脱毛だから痛いと聞いていて不安が強かったです。

でも、それを医師に伝えたら出力を下げてくれたので、結果的にとても満足しています。

脱毛サロンよりも効果が高いみたいなので、最初にちょっと勇気を出して医療脱毛クリニックを選んで良かったです。

医療脱毛クリニックはとにかく痛いイメージがあって、それが怖くてなかなか一歩を踏み出せないという人も少なくありません。

しかし、実際は出力を下げて照射をしてもらうこともできますし、痛みが不安ならそれを伝えることによってしっかり痛み対策をしてもらえることも多いです。

フラッシュ脱毛やレーザー脱毛と言うと1種類しか脱毛器がないような印象もありますが、実は脱毛器には種類があり、何と医療脱毛クリニックで使われるレーザー脱毛器では5種類以上もの脱毛器が揃えられているのです。

もちろん、扱っている脱毛器はその医療機関によっても違いますが、痛みが不安な方は最初に自分である程度どのレーザー脱毛が痛みがなく効果が高そうかということを調べておき、その脱毛器を扱っている医療脱毛クリニックに行くなどの工夫をするのも良いかもしれません。

医療脱毛クリニックは医療機関なので医師の診察があり、その時に肌の状態を見てきちんと合うレーザー脱毛器を使ってくれるので安心です。

また、脱毛サロンのフラッシュ脱毛では、黒ずみが強い部分への照射は火傷や肌トラブルの元となるのでほぼ100%断られてしまいますが、医療脱毛クリニックでは黒ずみにも対応した安全なレーザー脱毛器もあります。

不安なことがあったら医師に伝え、トラブルに対する悩みや不安がなくなった状態でうなじ脱毛ができるのは心強いですよね。

うなじ脱毛をする前には口コミを読んでおくのがおすすめ

うなじ脱毛をする前には良い口コミと悪い口コミの両方を読んでおくことをおすすめします。

その上で、悪い口コミの悪かった点のリスクを回避することも可能です。

うなじ脱毛全体の口コミをよむことも大切ですが、できることならそれだけではなく脱毛サロンと医療脱毛クリニックそれぞれの口コミ、そしてできるだけ色々な脱毛サロンやクリニックの口コミを読んでおきましょう。

同じうなじ脱毛をする場合でも、どれだけ自分の要望に合わせてくれるかや施術をした満足度はそれぞれの脱毛サロンで異なります。

できるだけここに決めて良かったと思えるように、特に人気が高い脱毛サロンの口コミはチェックしておきたいですね。

口コミを読むことによって、ホームページを見ただけではわからない、施術を受けた側の本音や脱毛をしてみての感想を知ることができます。

部分脱毛だとしても脱毛をすることは長い時間時間がかかりますし、高い買い物にもなります。

そういった意味での失敗を防ぐためにも、口コミを読んで実際はどうなのかというイメージを持ってから契約を決めるのが良いと言えます。

まとめ

それぞれの口コミを見ていると、うなじ脱毛に対するメリットとデメリットの両方が知ることができて、実際に施術を受けた時の悪いギャップも生じにくいという利点があります。

うなじの形は個人差があって思い通りにならないといった口コミもあるのですが、全体的に見ていくとやはりやって良かったと感じている人が大多数を占めます。

是非、この口コミを読みながら気になっていたうなじ脱毛に挑戦し、浴衣やドレスなどをアップスタイルにして綺麗に着こなしてみてはいかがでしょうか。

料金が安いうなじ脱毛なら脱毛サロンがオススメ!

うなじがキレイな女性

うなじ脱毛をする時、できれば安い料金で施術を受けたいと思いますよね。

自己処理では手が届かない部位でもしっかり綺麗にお手入れしたい、うなじを脱毛するなら脱毛サロンがお得な理由をご紹介します。

脱毛箇所が少ないなら脱毛サロンは部分脱毛が安い!

脱毛サロンのホームページなどで料金を見ると、部分脱毛は安いと感じますよね。

ワキなどキャンペーンでかなり安くなる部位と比較すると、普段髪の毛を下ろしていると見えない襟足の毛は優先順位はそれほど高くないので、うなじ脱毛がキャンペーンをしている部位の中に含まれていることはそんなに多くないかもしれません。

しかし、通常料金で脱毛をしたとしても部分脱毛なのでかなり安く施術を受けることが可能です。

他の部位は脱毛をしてかなり綺麗になっているという方や、全身脱毛に含まれる範囲だと必要がない部位が多くてお金がもったいないと思うような方は、脱毛サロンの部分脱毛で気になるうなじを綺麗に整えてみてはいかがでしょうか。

うなじ脱毛の1回あたりの料金は?

うなじ脱毛1回あたりの料金は、2,000円~4,000円程度です(脱毛サロンの場合)。

他の部位の脱毛でも同じことが言えますが、回数が多いコースを契約すると1回あたりの料金も割安になります。

うなじ脱毛が完了するまでにはだいたい12,000円~20,000円程度の金額がかかるので、人によってはうなじ脱毛を高いと感じてしまうこともあるでしょう。

しかし、面倒な脱毛を1回2,000円~4,000円程度で済ませることができるというのは冷静に考えてみると安く、脱毛サロンではお得にうなじ脱毛ができると言えます。

全身脱毛の範囲にも含まれる!全身脱毛なら1パーツあたりの料金がお得

全身脱毛をする時には20か所くらいのパーツがその範囲として含まれますが、中にはムダ毛がかなり濃くて気になっているのに全身脱毛のコースでは脱毛をしてもらうことができない部位もあります。

うなじ脱毛は全身脱毛の範囲にも含まれている部位なので、脱毛がほぼ初めてで一度にたくさんの部位を脱毛したいと思っている方にはおすすめです。

脱毛をしようと思っていてもつい腕や足などの見られることが多い部位ばかり優先してしまって、うなじ脱毛も気になっているけれどつい後回しにしてしまうという方にも、全身脱毛はうなじ脱毛をする良い機会です。

脱毛には月額制のものと都度払い、回数制という支払い方があって、それによって料金が異なります。

全身脱毛の金額は平均で2万円~4万円くらいで、1回だけの施術は割高となっています。

この中で特に注意したいのは月額制の脱毛です。

ムダ毛には毛周期というものがあり、脱毛をする時にはこの毛周期に合わせて施術をしなければ、せっかく脱毛サロンで照射をしてもあまり効果はありません。

毛周期は部位によって多少のズレがあるので、部分脱毛なら通う頻度をその毛周期に合わせることもできますが、全身脱毛では20か所全ての毛周期がピッタリ合うことはないので、次に脱毛するタイミングはいつなのかという判断が難しくなります。

全身脱毛では1~2ヶ月に1回の頻度で照射を行うために毛周期が早い部位に行うには効果がありますが、毛周期が遅い部位には無駄な照射をすることになります。

脱毛はムダ毛が薄くなってくると全身脱毛でも2ヶ月に1回程度の頻度で良くなり、そうなってしまうと毎月の脱毛は必要なくなってしまうので月額制の脱毛はあまり現実的とは言えません。

毛周期が長く新しい毛が生えてくるまでに時間がかかるうなじ脱毛を部分脱毛する場合には、月額制の契約は不向きです。

全身脱毛でも部分脱毛でも月額制の脱毛は実はあまりお得ではなく、逆に照射する頻度が多いことによって肌が乾燥したり荒れてしまうなど、肌トラブルの元にもなってしまうので注意しましょう。

全身脱毛は多くの部位の脱毛を安く済ませたり細かい部位にまでお金をかけたくないと思っている人、脱毛に時間をかけたくない人には向いていますが、それぞれの部位に効果的な脱毛をしたいと思っている人には不向きです。

まとめて脱毛ができるという点ではとても楽で良いのですが、うなじ脱毛など全身脱毛の頻度と毛周期があまり合わない脱毛をする場合には要注意です。

優先順位や自分の脱毛スケジュールを考えて、本当に全身脱毛で脱毛してしまって良いかを検討してみてください。

初めての脱毛でも効率良く脱毛したいなら部分脱毛を選ぼう

初めての脱毛でも他の部位を既に脱毛していても、効果をしっかりと実感しやすいのが部分脱毛です。

部分脱毛ならその部位だけの効果を考えれば良いので、毛周期に合った脱毛をしていくことができます。

そのため、毛周期が比較的ゆっくりなうなじに合った期間で脱毛していくことが可能となるので照射をしても無意味な時に照射をするというもったいないことをしなくて済み、効果のあるうなじ脱毛をすることができます。

初めてのうなじ脱毛だという人でも今までうなじ脱毛をしたことがあるといううなじ脱毛経験者でも同じことが言えますが、毛周期に合わないうなじ脱毛をしてしまうと結果的に脱毛の回数が増えてしまい、無駄なお金を脱毛サロンに支払い続けてしまうことになってしまいます。

自分はうなじ脱毛を6回以上してもあまり効果を感じないからムダ毛が濃いのかもしれないと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、うなじ脱毛が6回以上かかる理由はそういったことではなくもしかしたら脱毛に通う頻度が関係しているのかもしれません。

部分脱毛の場合は効果がある頻度で案内してくれるのが一般的ですが、全身脱毛を選択してしまうと全部の部位が最短の回数で済むことはまずあり得ないと思っておいた方が良いでしょう。

脱毛の契約には期限があるのでそういった意味でも1ヶ月や2か月おきに通っておいた方が良いと判断する方も多いのです。

全身脱毛を契約する時にはそのようなデメリットも把握した上で契約を決めるとともに、部位別に効果のある脱毛をしたいと思ったら部位の一つ一つの料金は高くなってしまっても部分脱毛をすることをおすすめします。

総合的に見て安くうなじ脱毛するなら脱毛サロンがオススメ!

総合的に見て安くうなじ脱毛をしたいと思う方には脱毛サロンが一押しです。

その理由は医療脱毛クリニックでは永久脱毛ができるという意味ではメリットが大きいですが、6回でほぼ脱毛が完了するうなじ脱毛では脱毛サロンでの脱毛でも十分だからです。

脱毛サロンでは永久脱毛ができないので一生脱毛をすることがつきまとうのではと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、うなじは少しくらいムダ毛が生えてもあまり気にならない部位ですし、脱毛がある程度完了してから生えてくる毛は薄いので少しくらいムダ毛が生えてもうなじの場合は逆にそれが可愛く見えたりもします。

医療脱毛クリニックでは高額になりがちな料金も脱毛サロンでは安く脱毛が完了するので、迷っているという方は是非脱毛サロンを選んでみてください。

まとめ

脱毛をする時には効果と料金の2つを特に重視してどこで脱毛するかを決める方が多いと思いますが、脱毛サロンでは料金は安いのに効果は高い脱毛を受けることができます。

もちろん、部分脱毛で全身脱毛と同じ部位全てを脱毛していこうと考えていれば料金は脱毛サロンでも高めになってしまいますが、それでも医療脱毛クリニックよりは安いですし気になる部位数か所だけなら部分脱毛はかなりお得です。

うなじ脱毛も料金は安い部位の一つで、施術を受けることによって後ろ姿に自信を持つことができます。

脱毛サロンでのうなじ脱毛の安い料金でうなじが綺麗になることから、うなじ脱毛をして良かったと感じる人も多いです。
うなじ脱毛が気になっているなら、早めに脱毛サロンでお得に脱毛を完了させることをおすすめします。

うなじ脱毛やるならレーザー脱毛とフラッシュ脱毛どっちがいいか比較

女性のうなじ

うなじ脱毛を検討する時の定番の2つがレーザー脱毛とフラッシュ脱毛で、どっちがいいかで迷っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

施術方法は少し似ている、レーザー脱毛とフラッシュ脱毛の違いを踏まえて、どちらを選ぶのが正解なのかを一緒に考えてみましょう。

レーザー脱毛とフラッシュ脱毛の共通点

レーザー脱毛とフラッシュ脱毛はどちらも成長期の毛の黒い色に反応し、照射した時の熱を利用した施術方法となっています。

どちらも黒い色に反応するので、火傷を避けるためにもかなり濃い色素沈着を起こしている肌やニキビ跡がある場合にはその部分は避けて施術をすることになります。

また、両方ともそれなりの回数通わなければ毛を薄くすることはできません。

通う時には毛周期を考えて、ある程度毛が生え揃ったタイミングで次の施術を行うというのも共通していますよね。

レーザー脱毛とフラッシュ脱毛の違いって何?

レーザー脱毛とフラッシュ脱毛の違いは、実は共通点以上に多くあります。

それぞれで使っている脱毛器は”黒いものに反応する”という点では同じような印象がありますが、フラッシュ脱毛では血液が流れている毛細血管で受け取る栄養分を光をあてることによって遮断するのに対し、レーザー脱毛では毛乳頭を破壊することができるので毛根組織そのものを破壊することが可能なのです。

フラッシュ脱毛をした時に光を当てた毛はダメージによって抜け落ちてしまいます。

しかし、毛母細胞自体は抜けた毛よりも更に奥にあるために、時間が経つとそこからまた新しい毛を作るという仕組みによって、また新しい毛が生えてきます。

照射をすると以前よりも細い毛が生えてくる理由は、毛穴がダメージを受けたことが関係していて元気な太い毛を新しく作り出す力がなくなってしまっているからです。

フラッシュ脱毛では繰り返し脱毛の施術を受けることで、毛母細胞を再生しにくい状態を徐々に作っていき、最終的にはその毛穴が閉じることを目指します。

施術する機関や施術者

レーザー脱毛やフラッシュ脱毛はちょっとした方法の違いだけでなく、施術を受けられる場所や施術者が違います。

レーザー脱毛は医療脱毛クリニックなどの医療機関で施術を受けることができ、施術を行うのは資格を持った医師です。

フラッシュ脱毛は脱毛エステなどの脱毛サロンで受けられる脱毛で、資格のないエステティシャンが行います。

エステである脱毛サロンでレーザー脱毛ができないのは毛乳頭を破壊すること自体が医療行為とみなされているためです。

したがって、堂々と医療行為を行える医療機関では威力の弱い脱毛器を使ったフラッシュ脱毛はやる必要性がなく、逆に医療行為は行えない脱毛サロンではレーザー脱毛はできないので、医療脱毛クリニックを選ぶか脱毛サロンを選ぶかでどちらの脱毛方法になるかは自動的に決まります。

脱毛器の威力と痛み

脱毛器の威力は当然ですが、フラッシュ脱毛と比較してレーザー脱毛の方が強いです。

威力が強いということは脱毛した時の効果にも期待できるということになりますが、実際にうなじ脱毛での痛みはどの程度なのでしょうか。

フラッシュ脱毛では襟足に脱毛器をあてても他の部位と同様にほとんど痛みを感じません。

しかし、レーザー脱毛はフラッシュ脱毛と比べると痛みが出やすい施術方法なので、人によってはかなり痛いと感じるかもしれません。

うなじ脱毛のレーザー脱毛による痛みは一般的には我慢できる程度の痛みだと感じる人が多いので、あまり心配しなくても大丈夫です。

ただし、無理をすると怪我の元となる可能性があるので、痛みや衝撃が強いと感じた時には施術を行っている医師に伝えるようにしましょう。

医療機関だと場合によって麻酔クリームを使うなど、痛みを感じた時にも対応してもらうことも可能なので、追加料金を支払って利用してみるのも良いでしょう。

うなじ脱毛をするなら結局どっちの方がいいの?

ここまでのフラッシュ脱毛とレーザー脱毛の違いを踏まえて、結局どっちで脱毛するのがベストなのかをよく考えてみましょう。

結論から言うと、それぞれに良いところも悪いところがあるのでどっちがいいかを決めるのも難しいですよね。

なかなか決められないという方は、自分が特に重視しているのは何かということや、避けたいのはどんなことかを整理してみると、どっちがいいかが自分の中で自然と決まっていきますよ。

1回あたりの料金の安さや痛みを軽減したいならフラッシュ脱毛

とにかく1回あたりの料金を安くしたいと思っていたり、ちょっとだけでも痛いのは耐えられないという方は、フラッシュ脱毛が良いでしょう。

うなじ脱毛を毛周期通りに行うと6回程度がかかると言われています。

レーザー脱毛はフラッシュ脱毛より効果が高くて回数も少なくて済むと言われているのでトータルで考えればレーザー脱毛の方が安く済むのでは?と考える方もいらっしゃるでしょう。

しかし、これはフラッシュ脱毛では12回施術が必要になるなど、しつこく毛が生えてくる部位に対して言えることです。

実際にうなじ脱毛は脱毛サロンで受けられるフラッシュ脱毛でも6回程度の施術で済むので、総合的に考えても料金ではフラッシュ脱毛の方がお得です。

ただし、これは最低回数なので毛が普通の人より濃くて6回の施術では綺麗になるかが不安だと思ったり、フラッシュ脱毛は永久脱毛ではないという点から、今後も脱毛の施術を受けて回数が増えそうだと思うような完璧主義者の場合は、最終的にレーザー脱毛を選んだ方がお得になるかもしれません。

脱毛による効果は変わっても毛周期は変えられないので、脱毛費用を抑えたいならそういったことも頭に入れてトータルでかかる金額を計算してみると良いでしょう。

効果や安心感で選ぶならレーザー脱毛

料金は少し高めでも1回あたりの効果が高い方が良いと思っていたり、施術する時に何かあったらと不安に思うような場合は、医師が施術するレーザー脱毛の方が良いでしょう。

また、せっかく脱毛するなら永久脱毛をしたいと考えている方にもレーザー脱毛をおすすめします。

レーザー脱毛で不安なことの一つに痛みが挙げられますが、うなじは特に痛みが強い部位だという訳ではないので、これで永久脱毛ができると思えば我慢できるはずです。
施術を受けるのは1回だけではないので、何回も脱毛をしていけばある程度痛みに慣れることもできます。

脱毛サロンでは医師は在籍していないので医療知識を持った人が基本的にはいません。

そのため、施術中のミスで肌トラブルが起こった時に対応が遅れたことによって跡が残ってしまう、など困ったことになる可能性もゼロではありません。

それに対し、きちんと医療知識があって診察ができる医療脱毛クリニックでは、適当なことを言われる心配もなく、場合によっては処置をして薬を処方してもらえます。

レーザー脱毛は威力が強いのでトラブルが心配な方もいらっしゃるかもしれませんが、施術時もそのような知識に基づいて施術を行ってくれるので無資格でないというだけでも安心できますよね。

レーザー脱毛は永久脱毛+施術時に何かあった時のアフターケアの料金込みだと思うと高くはありません。

もちろん、治療をする時には自費になってしまう可能性もありますが、明らかなクリニック側の過失ならたらい回しにされたりすぐに返事ができない脱毛サロンよりも対応がスムーズでしょう。

まとめ

レーザー脱毛とフラッシュ脱毛では脱毛器の威力だけでなく、かなり色々な違いがあることをご理解頂けたでしょうか。

それぞれのメリットとデメリットを元に、まだ迷うという方は契約前に無料カウンセリングを受けてみてください。

話を具体的に聞いた上で重視する点を考えてみれば、脱毛に何を求めているかということが定まってこっちの方法で脱毛したいということが自然と決まっていくはずですよ。

うなじ脱毛にかかる回数は何回?

うなじを気にする女性

脱毛は部位によって回数に差があるものですが、うなじ脱毛は平均でどのくらいの回数をかける必要があるのでしょうか。

うなじ脱毛の平均回数とその理由をご説明します。

うなじに限らず1回だけの脱毛では意味がない!

脱毛初心者がよく勘違いしてしまうのは、脱毛サロンでの脱毛は料金も高く1回の脱毛でもかなりの効果が得られるのではないか、ということです。

しかし、脱毛サロンの契約では1回だけというものは少なく、4回~10回程度のコースとなっていることからも意外と根気が必要で、1回だけではあまり意味がないことがわかりますよね。

これは脱毛が必要な全ての部位に言えることですが、うなじも例外ではありません。

格安で体験脱毛の施術ができる脱毛サロンもありますが、これが受けられれば脱毛が完了する訳ではないので、体験脱毛だけでは全く脱毛をしたことがないのとあまり変わらないでしょう。

また、体験脱毛を色々な脱毛サロンで繰り返すという人がたまにいますが、これもハッキリ言っておすすめはできません。

それぞれの脱毛サロンに行く度に勧誘をされるのも煩わしく感じますし、何より同じ脱毛サロンで施術を受けるからこそ自分の毛の状態を把握してもらえるといったメリットもあります。

毛周期に合わせて施術を受けなければ意味がないということもあるので、自分勝手に好きなタイミングで施術を受けるのではなく、一つの脱毛サロンと契約して毛周期まで管理してもらい、ベストなタイミングで次の予約を入れるのが良いでしょう。

表面に出ている毛は全体の20~30%って本当!?

1回の脱毛ではあまり意味がないのはまだ毛を生やす組織ががダメージを受けていなくてまた新しい毛を生やす元気があるということもそうですが、肌の表面に見えている毛は全体の20~30%程度しかないからです。

脱毛器は肌の表面に当てていくもので、毛穴の中で生えるまでの準備をしているような状態の毛に対しての効果を発揮するようなものではありません。

したがって、1回の照射では生えている毛全体にダメージを与えることは難しく、今皮膚の中に埋もれている毛が外に出てからその毛に対しても照射をしていかなければいけません。

埋もれていて直接照射をした訳ではない毛穴の中の毛も、少し細くなってダメージを受けた状態で出てきます。

しかし、本当に毛が細くなったと実感できるのは3回目の施術を終えたくらいからなので、1回の脱毛では脱毛器が与えるダメージもそんなに強くはないと言えます。

もちろん、20~30%ずつ表面に出た毛が全部出きったら脱毛は終わりということではなく、毛穴の奥では新しい毛が作られるので、最初の脱毛の時に皮膚に埋まっていた毛が全部出たとしても、脱毛は終わりにはなりません。

脱毛を完了するのは今ある毛がなくなったらではなく、回数を重ねることによって毛を作る組織を破壊し、ほとんどの毛穴が完全に閉じて表面に毛が出てこなくなったらということになります。

うなじ脱毛の平均回数は何回くらいなの?

うなじの毛は色素がとても薄く、黒い色に反応する光をあてるという特徴を持ったフラッシュ脱毛やレーザー脱毛の効果は実感しにくいかもしれません。

色素が薄いということは脱毛器の光が反応しにくいということになり、その分回数も必要になってきます。

毛が薄いという視点で見ると脱毛の回数はあまり必要ないように感じてしまうかもしれませんが、そういう訳ではありません。

実際に他の部位の脱毛をしていく中で毛が薄くなってくると脱毛の回数が少なくなってくるのは、既に脱毛をしたことによって毛母細胞にダメージを与えることができていて、時間をかけて脱毛したことによって成長期の毛の大部分に脱毛器を当てることができているからです。

もちろん、毛が濃くて量が多い人と毛が元々薄い人とでは後者の方が脱毛が完了するのは早いのですが、最初から毛が薄いのと脱毛をしたことによって毛が薄くなった状態とでは毛の質も異なり、見た目は同じように見えてもそこからかかる回数は違うということを覚えておきましょう。

うなじの毛周期は約2~4ヶ月と言われているので、これに合わせて施術をしていくことになります。

脱毛のコースは少ないもので4回程度のものもありますが、4回では契約を終了した時に物足りないと感じてしまうかもしれません。

うなじ脱毛の平均回数は6回程度

うなじ脱毛の平均回数は約6回です。

この6回という脱毛回数はうなじの毛周期に合わせて脱毛をした結果、このくらい脱毛をすればだいたいの人は薄くなっているという回数です。

もちろん、うなじの毛が濃い人の場合にはまだ足りないと思うことも少なくなく、その場合は追加の回数で施術をすることが必要になってきます。

ほとんどの人が6回の施術の後にはうなじがただ毛が薄くなっただけではなく綺麗になったという印象を受けるので、特に気にならなければここでうなじ脱毛を終わりにしても良いでしょう。

ただし、脱毛サロンでは減毛しかできないため、油断していると時間が経つにつれて毛は確かに薄いけれど脱毛が終わった時点よりも毛が増えているといった状態になってしまうかもしれません。

それでもうなじの場合は髪の毛との境界が微妙なこともあり、必ずしもツルツルにすることが正解だという訳ではありません。

脱毛サロンでは永久脱毛ができませんが、6回脱毛できれば通常は新しく生えてくる毛もかなり細く毛全体は薄くなっているので、多少そのような毛が出てきても逆に自然な印象になります。

まずは6回脱毛を終了した時点で襟足の状態を見て追加の施術が必要か、自己判断してみてください。

うなじ脱毛にかかる平均期間は約1年~2年

うなじ脱毛を毛周期に合わせて行っていくと、平均期間は1年~2年程度かかります。

全身脱毛の範囲に含まれていて、1~2ヶ月に1回うなじを脱毛していて、6回の施術は終わっているはずなのにうなじが綺麗になった感じがしないという方は、毛周期に合っていないため効果がほとんどない時期に照射を行っているからだということが原因かもしれません。

本当にうなじを綺麗にしたいなら最も効果が出やすい時期に照射する必要があり、その通りにうなじを脱毛していくと1年~2年はかかるのですぐに綺麗なうなじが完成する訳ではありません。

早く脱毛を完了したいと思っていても焦らずに1回の効果が高まるように、脱毛のプロである脱毛サロンのスタッフや医療脱毛クリニックの医師とカウンセリングをして次の脱毛の予約日を決めていきましょう。

まとめ

うなじ脱毛は毛がしつこくはないので回数としては多くなくて済みますが、期間はそれなりにかかります。

1回だけの脱毛ではほとんど変化はありませんが、回数を重ねていくことによって徐々に1回1回の効果を実感していくことができます。

特に他の部位と一緒に脱毛を行っている場合、脱毛サロンによっては他の部位と同時進行で進められるように、毛周期よりも若干早い施術を勧められることがあるかもしれませんが、脱毛サロンでは月額で通い放題の場合を除いて効果に関係なく1回分の料金を支払わなければいけません。

照射をすることによって毛だけでなく肌へダメージを与えてしまうことを考え、最短の回数で脱毛が完了するように毛周期に合わせた適切な頻度を守り、平均回数でうなじが綺麗になるようにうなじの毛周期が2~4ヶ月だということを把握して脱毛サロンの予約を入れるようにしてください。

うなじ脱毛の効果は?一生生えてこないの?

浴衣を着た女性のうなじ

W型など形が決まっているうなじ脱毛は、その効果が続かなければ綺麗な形も崩れてしまいますよね。

実際にうなじ脱毛は施術をするとどのくらいの効果があるものなのでしょうか。

うなじ脱毛をするメリットと効果についてご説明します。

髪の毛を下していると見えない襟足も脱毛するべき?

襟足は通常髪の毛を下していることが多く、かなりのベリーショートやお団子などの髪の毛を上げるヘアスタイルにしなければ見えない部位ですよね。

うなじは普段から見えている部位よりは優先順位が低いように思えますが、実は何気なく髪の毛を上げるヘアスタイルをした時に周りからは注目される部位でもあります。

話す時は人の顔を見て話すことが多いですが、うなじは後ろ姿でもその顔と同じ位置にあることから目線がいきやすいのです。

せっかく浴衣を着るから髪の毛もアップにしたい!と思う方もいらっしゃると思いますが、襟足の毛のお手入れを怠っているとそれだけで浴衣姿を台無しにしてしまう可能性もゼロではありません。

そういった意味で自分の中での優先順位は低くても、襟足は脱毛しておいた方が部位だと言えます。

うなじ脱毛のメリット

髪の毛をアップにした時に見えるうなじの毛深さは自分ではわからないですよね。

うなじ脱毛をすれば、自分からは見えない自分のうなじへの不安を解消することができます。

うなじが見えるヘアスタイルをしたいと思った時も、うなじは自分では見えない部位なので気軽に自己処理をすることもできませんが、普段からうなじ脱毛をしてきちんと襟足の毛を整えておくことで、そのような時にも焦らずに済みます。

うなじはただムダ毛が薄ければ綺麗だという訳ではなく、うなじ脱毛には流行りの後ろ姿が綺麗に映える形があるということを覚えておきましょう。

実際に流行っている形は自分でもギリギリ処理できるようなパッツンの形ではなく、W型のような慣れていなければ処理しやすい部位でも失敗してしまいそうな形です。

うなじ脱毛のお手入れをしているとそのような自然では難しい形になっているからこそ、きちんとお手入れをしている女子力を感じることができます。

うなじを見せるヘアスタイルの時に後ろ姿に自信を持てるだけでなくさりげなく女子力もアピールできることを考えれば、うなじ脱毛はやっておいて損はないですよね。

うなじ脱毛のメリットはそれだけでなく、本来なら毛がある首の部分の毛をなくすことで首が長く、小顔に見せる効果もあるのです。

顔が小さく見えるだけで不思議と脚まで長く見えたりもするので、ちょっと意外かもしれませんがスタイルを良く見せたい方にもうなじ脱毛はおすすめです。

襟足のムダ毛は人によって生え方や量が違う

うなじは自分では見えないのでわからないのかもしれないですが、うなじの皮膚はデリケートで、肌トラブルも起こしやすい部位なので注意しましょう。

しっかり洗い流していないとシャンプーなどで肌荒れをしてしまう方も多いと思いますが、それもシャンプーなどの刺激を直接受けやすいからというだけでなく、肌そのものが弱いからということも関係しています。

そのうなじに生えている毛はかなり個人差が出やすく、太くて長い毛が生えている人もいれば、細くて細かい毛が生えているというタイプの人もいます。

色々なタイプの生え方がありますが、そのどれもが元々綺麗な形であることはほとんどなく、うなじを綺麗に見せたいと思うような場合は脱毛をするのが一番効果的です。

毛が元々太くても細くても毛抜きなどを使って自己処理をすると、うなじの薄い皮膚にはかなりのダメージがあります。

かなりの個人差がある部位ですが、脱毛サロンで施術をすることが正解だという点は共通であるということを頭に入れておいてください。

うなじは脱毛をすればしっかりと効果が出る!

実際にうなじ脱毛をしてみたいと思った時に気になるのが効果の高さです。

せっかく脱毛サロンで高いお金を出したのに、何回やっても効果がない…ということになったらがっかりしてしまいますよね。

結論から言うと、うなじ脱毛は脱毛サロンや医療脱毛クリニックなどを利用すればしっかりと効果が出る部位です。

ただし、他の部位にも同じことが言えますが、たった1回施術しただけではあまり効果は実感できないので、うなじが綺麗になるまでには最低でも6回程度はかかるという意識を持って根気良く脱毛サロンに通うことが大切です。

また、週末に浴衣を着る予定があるからと、慌てて脱毛サロンに駆け込むようなこともおすすめできません。

なぜなら、脱毛サロンで照射をしてから、毛が抜けるまでにはだいたい1~3週間かかるからです。

したがって、脱毛後が一番毛がない状態だという訳ではなく、本当にムダ毛がなくなるのは脱毛から時間が経って毛がするっと抜け落ちた時なのです。

脱毛をする時にはシェービングをして毛をなくした状態で照射をするのがベストですがうなじは自分ではそれができないので、施術前に理容室で自分好みの形に整えてもらい、その上で脱毛サロンなどでその形で脱毛器を照射してもらいましょう。

脱毛サロンの施術は永久脱毛ではないので注意!

脱毛サロンと医療脱毛クリニックではどちらかと言えば脱毛サロンを選ぶ人が多いですよね。

よく勘違いされているのが「脱毛サロンは自己処理と違ってどんどん毛が薄くなるから続けていけば永久脱毛もできそう」ということですが、残念ながらこれは間違いです。

脱毛器で永久脱毛をすること自体は可能ですがそれは医療行為にあたるので、脱毛エステである脱毛サロンではそこまではできないフラッシュ脱毛と呼ばれる方法で施術を行っていきます。

フラッシュ脱毛でのうなじ脱毛では痛みがほとんどないということからも人気がある方法です。

脱毛サロンでは永久脱毛はできなくても毛根にダメージを与えることはできるので、繰り返しダメージを与えていくことによって毛はどんどん細くなって明らかに量は減っていきます。

完璧さを求めるなら一生毛が生えてこない訳ではない脱毛サロンはおすすめできませんが、ある程度毛が薄くなれば良いという方は脱毛サロンでの施術で襟足の毛がかなり薄くなったら定期的に理容室でお手入れするだけでも良いのではないでしょうか。

医療脱毛クリニックで施術をすれば一生ムダ毛の悩みから解放される

脱毛サロンでなく医療脱毛クリニックで受けられるレーザー脱毛を選択すれば、うなじを永久脱毛することは可能です。

永久脱毛ができた毛はもう生えてくることはないので、楽ができて良いですよね。

ただし、うなじの場合は永久脱毛をするのにあたって一つだけ注意をしなければいけないことがあります。

それは、襟足には産毛と混ざって髪の毛が生えてくることもあるということです。

<合わせて読みたい記事>

髪の毛だからNG?!うなじ脱毛の失敗談

医療脱毛クリニックでも脱毛サロンと同様に、髪の毛への施術はできません。

したがって、髪の毛が脱毛の範囲に生えてきた場合は綺麗なうなじの形をキープするために、一生何もしなくて良いという訳ではありません。

そのような場合には髪の毛の部分だけでも理容室でシェービングしてもらえば良いので、お手入れの時間は短縮することができます。

理容室でもゼロから処理するのではないので、毎回形に悩まず脱毛後の基本の襟足の形に沿ってシェービングができます。

脱毛サロンや医療脱毛クリニックでは髪の毛までは脱毛できないですが、そこである程度脱毛を完了させておくことをおすすめします。

まとめ

うなじ脱毛の効果は毛の濃さや生え方に個人差があるので効果の出方にも個人差かがありますが、続ければ産毛に対しては効果を実感することができて医療脱毛クリニックなら永久脱毛も可能です。

理容室でのシェービングは全く脱毛をしていない状態だと頻繁に通わなければいけないので、効果が出るまで脱毛をして土台を作っておくことをおすすめします。

理容室は脱毛前のシェービングで行くことで脱毛効果を高めてくれるので、脱毛直前や脱毛が完了して毛がなくなった後の補助的なものとして使うのが正解です。

まずはその後ムダ毛が生えないといった意味で効果が一番高い脱毛サロンや医療脱毛クリニックに納得できるまで通い、綺麗なうなじの土台を完成させましょう。

髪の毛だからNG?!うなじ脱毛の失敗談

女性の髪の毛とうなじ

うなじを脱毛する時によくある失敗が、うなじ脱毛の範囲に含まれるムダ毛を全て綺麗にできると思って脱毛サロンに行ったら、「これは産毛じゃなくて髪の毛だから脱毛はできない」と言われてしまうということです。

実際にNGだと言われてしまう髪の毛と産毛にはどのような違いがあるのでしょうか。

脱毛できる毛とできない毛の違いをご説明します。

よくあるうなじ脱毛の失敗って何?

よくあるうなじ脱毛の失敗は、うなじの形選びに失敗して自分に似合わない変なデザインになってしまうことと、脱毛サロンや医療脱毛クリニックで実際に脱毛をする時になって、エステティシャンや医師に見てもらったら、気になっていたムダ毛が実はムダ毛ではなく髪の毛だったという事例です。

このような失敗をした時にはどうなってしまうのかというと、そのまま脱毛を進めても自分の理想の形にならなかったり、脱毛できない毛があるから綺麗にならずに濃い毛が残ってしまったりします。

今後のことを考えるとうなじ脱毛は髪の毛が範囲に入っていたとしてもやっておいた方が良いですが、あまりにもその範囲に含まれている髪の毛が多いと施術できる範囲がかなり狭くなって脱毛自体を検討し直さなければいけなくなるかもしれないので、そのリスクはしっかり把握しておきましょう。

産毛だと思った濃い毛が髪の毛だと判断されて脱毛ができない!

腕やワキなど確実にムダ毛しか生えてこない部位と違って、うなじは産毛だけでなく髪の毛が生えていることもあるので注意が必要です。

多くの女性がなくしたいと思っているムダ毛と違い、髪の毛は薄毛治療をする人もいるくらいのなくしたくない重要な毛ですよね。

実際に髪の毛を触ってみるとよくわかるのですが、髪の毛は他の部位のムダ毛とは少し違った特徴を持った毛です。

カットしたりカラーリングしたりパーマをかけるなど、髪の毛を施術するのは脱毛サロンではなく、内容は違ってもその全てが美容院と理容室以外ではできないことになっているのです。

脱毛サロンは専門ではありませんが、髪の毛か自分たちが専門で施術を行うことができるムダ毛かという判断をして、髪の毛だったとしたら施術をしないようにしなくてはいけないというリスク回避をする義務があります。

だからこそムダ毛か微妙な濃い産毛でも、脱毛サロンでこれは産毛ではないと言われてしまうことが意外と多くあるのです。

太い毛がなくならないから思ったよりも綺麗にならない

濃い産毛のような毛が髪の毛と判断された場合、その毛は脱毛サロンでは剃ったりすることもなくそのまま残ってしまいます。

場合によっては脱毛器を照射する時にその毛まで照射してしまいそうになったら、その部分は避けて施術が行われることになるかもしれません。

そのような場合は、周りの産毛まで残って自分で仕上がりを確認してみたら思った以上に綺麗になっていなくてせっかく脱毛したのに意味がないと不満に思うことになるかもしれません。

特に、太い毛がなくならないような場合はうなじ脱毛のデザインも形が綺麗にわからなかったり、見た時に汚い感じがしてしまうかもしれません。

うなじは普段自分では見えない部位であるからこそ、襟足に生えている毛のうちで髪の毛なのかわからない毛はどれなのかということまでを自分で見極めることは非常に難しいことです。

脱毛サロンで契約をして施術を受けてから照射できない部位が多かったということにならないために、言いにくくなかったら家族や友達に見てもらって明らかな髪の毛がうなじ脱毛の施術範囲に含まれていないか助言をしてもらったり、写真を撮ってもらって自分でどんな状態であるかを確認してみるのもおすすめです。

脱毛サロンや医療脱毛クリニックで”髪の毛”が脱毛できない理由は?

脱毛サロンや医療脱毛クリニックでムダ毛ではなく髪の毛だと言われてしまった時、脱毛ができない理由は何なのでしょうか。

脱毛サロンと医療脱毛クリニック、美容院、理容室ではそれぞれ専門のスタッフが在籍していますが、それを専門として行っているということは自分たちの専門の分野には詳しくて自信を持って施術を行えるということですが、実はそれ以外の分野には知識があまりない人が多いのです。

襟足部分の髪の毛とムダ毛は場所も近くて毛の質も似ているかもしれませんが、その微妙な違いで専門家が変わってしまいます。

もし、それが髪の毛だった場合には脱毛の専門家であるエステティシャンや医師は専門外の行ってはいけない施術をするだけでなく、髪の毛に照射させることで火傷をさせてしまう恐れがあります。

脱毛器は髪の毛に使うのに向いている機械ではないので、このような肌や毛のトラブルを避けるために美容院や理容室以外では髪の毛への施術はしてはいけないことになっているのです。

髪の毛と判断された毛が気になったら理容室での襟足シェービングがおすすめ

髪の毛だから脱毛できないと言われて毛が残ってしまった時には、そのままにしておくしか方法がない訳ではありません。

その場合は理容室での襟足シェービングがおすすめです。

理容室での襟足シェービングを利用すると、襟足に残った髪の毛を含む毛を剃って襟足を綺麗な形に整えてくれます。

この方法では脱毛と違って毛がどんどん薄くなって生えてこなくなるといった効果はないですが、そもそもうなじは女性の場合だと普段から見えていることは少ないですよね。

うなじを見せるヘアアレンジをするのは普段からお団子やポニーテールをすることが多い人や、浴衣などを着てアップヘアにする時などに限定されます。

お団子やポニーテールにすることが多い方は定期的に理容室でのシェービングを受けるようにすれば、綺麗な状態をキープすることができます。

脱毛と比べればいつまで経っても毛が薄くならないことやかなりの頻度で通わなければいけないということは少し面倒なことのように思えるかもしれませんが、慣れればそんなに面倒なことではないはずです。

アップヘアにした後ろ姿に自信を持つためにも、是非脱毛後の理容室でのシェービングを検討してみてください。

失敗しないために施術前にはカウンセリングを受けよう

うなじ脱毛で照射するのを避けた毛が多くて、せっかく脱毛サロンに行ったのに、思ったよりも毛が残って見た目が綺麗にならなかったという失敗を起こさないためにも、うなじ脱毛は100%毛が残らないようにすることは難しいといったリスクを把握した上で、脱毛サロンのカウンセリングを受けるようにしましょう。

カウンセリングで相談すれば、うなじ脱毛での不安も解消されてイメージも湧くようになります。

どんな形の襟足に脱毛できるかや脱毛にかかる回数など、気になる全ての点を無料のカウンセリングでなくしながら自分のイメージを伝え、理想の襟足に近付くための話を詰めていきましょう。

まとめ

脱毛サロンに行けば必ず自分でお手入れするのとは違うくらいの綺麗なうなじになれる!と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、脱毛器の特徴からいうと黒いものに反応するからと言って全ての毛に照射できるという訳ではありません。

特に、髪の毛へは絶対に施術しないように、脱毛サロンや医療脱毛クリニックでも神経質なくらいになって気を遣います。

髪の毛以外に施術をした結果、変な形になって失敗したと思うかもしれませんが、基本的にその部分は避けながら綺麗な形に整えてくれているので、必要な時は理容室での襟足シェービングを行うと、一時的にですが邪魔な髪の毛だと判断された毛もなくなり、綺麗な襟足が完成しますよ。

うなじを脱毛する際の襟足の形について。人気のある形とは?

うなじを見せる女性

浴衣を着る時や髪の毛を上げるヘアアレンジをする時、うなじが毛深いと目立ってしまいますよね。

うなじが綺麗な女性は魅力的に見える効果がありますが、その逆でうなじの脱毛を怠っているときちんとお手入れができていないことがバレてしまいます。

そこで、うなじ脱毛をする時におすすめな襟足の形についてご紹介します。

うなじ脱毛の範囲はどこからどこまで?

うなじ脱毛は他の部位の脱毛に比べて、どこからどこまでが脱毛の範囲になっているかがわかりにくいですよね。

うなじを綺麗に見せたいと思って脱毛を検討した時、自分が思っているのとは違う範囲だったらガッカリしてしまいます。

そのような自分の考えている範囲と実際の脱毛できる範囲にズレがないように、脱毛サロンに行く前にうなじ脱毛の範囲をおさらいしておきましょう。

うなじ脱毛で脱毛ができる範囲は、襟足から首の付け根となっている骨のあたりまでになります。

これが基本となりますが、うなじ脱毛は他の部位と比較して少し曖昧な部分があり、脱毛サロンによっても異なるので気になる方は事前に施術を受けたい脱毛サロンでカウンセリングを受けた時に確認することをおすすめします。

稀にうなじ付近にある濃いムダ毛も脱毛してもらえることを期待して施術を受けたのに髪の毛であると判断され、その毛は脱毛せずに残されてしまうこともあります。

脱毛サロンのエステティシャンは美容師の資格は持っていないために髪の毛への施術ができないので、確実にムダ毛と言えなかったりうなじ脱毛の範囲外の濃い毛はうなじ脱毛では残ってしまうということを覚えておいてください。

同じ毛なので脱毛の範囲に含まれていたら脱毛が可能なのではないかと勘違いしてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、実際に脱毛できるかどうかの判断はうなじ脱毛の範囲に含まれているかと毛の濃さによるというのが他の部位の脱毛と違ったうなじ脱毛の落とし穴です。

自分では産毛だと思っていた毛が髪の毛だった場合には当然その部分は避けて施術がされるので、脱毛サロンに行く前に鏡で髪の毛か産毛か微妙な毛はないかを念のためにチェックしておきましょう。

髪の毛があるからと言ってうなじ脱毛をすること自体をやめた方が良いということではなく、避ける範囲がそんなに広くなければヘアスタイルをアップにした時にうなじが綺麗になるうなじ脱毛はやっておいた方が良いですよ。

形が決まらなくなるので自己処理はせずに脱毛サロンに任せるのが無難

腕や脇は比較的自己処理もしやすい部位ですよね。

うなじ脱毛は鏡を見ながら行っても全体を自分で見ることが難しいため、自己処理しにくい部位だと言えます。

脱毛サロンでは施術前にある程度は事前に剃ってきて欲しいというお願いをされますが、それは自分でも処理ができる部位に限った話です。

無理に自己脱毛をすると形が決まらなくなり、その形を元にしてうなじ脱毛の施術を毎回受けると、毎回の形が少しずつ変わってきてしまって結果として綺麗な形に脱毛できなくなってしまいます。

襟足は自分では形を綺麗に整えることが難しいので、準備から仕上げまでをプロに任せて綺麗な形を作ってもらうのが無難だと言えます。

うなじだけでなく、自分で処理をしにくい部位は無理して自分で処理しないで、シェービングサービスを利用するのも良いでしょう。

シェービングサービスを受ける場合は脱毛サロンごとに決まりが違うので、自分が行く脱毛サロンではどうなのかということをしっかりと事前に調べておいてください。

うなじ脱毛で特に人気がある3つの形とは?

うなじ脱毛をする時にはその人の頭に合う形や好みの形など、形を決めながら施術を行っていきます。

あまりイメージの湧かないうなじ脱毛での形ですが、施術をする際に選べる人気の形は主に3つあります。

その3つの形が具体的にどんな形なのかをご説明します。

アルファベットの”W”を描いたような形

日本人に合う人気が高い形とも言えるのが、アルファベットのWを描いたようなW字型になっているうなじの形です。

この形は左右のサイドが少し長くなっていて、その内側がへこんでいます。

ちょうどWを描いたような形にしていることから、”W字型”と呼ばれています。

わかりやすく言えば、京都にいる舞妓さんはうなじをこの形にしています。

この形にするメリットは首を細く見せることができるので、首が綺麗でスタイルも痩せて見せることが出来ます。

首が綺麗に見えることによって、更にうなじが女性らしく魅力的に見える効果があります。

うなじ脱毛をする人の多くは浴衣を着た時にうなじを綺麗に見せたいと思っていますが、舞妓さんがやっている襟足の形だからこそこの形は日本人に似合っていて、浴衣や着物もよく映えるということがわかりますよね。

MにもWにも見えるMW型

襟足を大きく見た時に外側がW字のようになっていて、W字型の真ん中の毛を細く少しだけ出っ張らせることで内側に小さなM字を作っているMW型が今人気が高まっている襟足の形です。

舞妓さんでもW字型ではなくMW字型を選ぶ人も増えていて、こちらも浴衣や着物が決まる形だと言うことができます。


MW字型は首が細く長く見えることから、小顔に見せる効果もあります。

うなじは顔の後ろ側にあるので小顔効果とはあまり関係ないように思えますが、バランス良く見せるためには襟足の形がとっても重要なのです。

まっすぐに揃えた形

もう一つの人気の形がまっすぐに揃えてパッツンになったストレート型のうなじです。

こちらの形はW字型の真ん中の空いた隙間を埋めるのではなく、左右両方のサイドの飛び出ている部分もなくし、パッツンになるようにまっすぐ合わせます。

ストレート型のうなじでは、お団子を始めとしたアップヘアが綺麗に見えるようになります。

普段から色々な髪型をする方は、その色々なヘアアレンジに合うパッツンにしたうなじがおすすめです。

自分で形を決められるのかは必ず脱毛サロンで確認しよう!

脱毛サロンによってはうなじ脱毛をする時に、希望の形を聞かれない場合があります。

こんな形に脱毛したいという希望がある場合は、どんな形にでもできる脱毛前のカウンセリングでしっかりと伝え、それがそのサロンでできるかを確認することが大切です。

カウンセリングで聞いてみて、うなじ脱毛の形を自由に選べないような場合は他の脱毛サロンのカウンセリングにも行き、納得のできるサロンで施術を受けるのが良いでしょう。

まとめ

首の後ろにあるうなじは普段自分では見えない部位ですが、アップヘアにした時に綺麗に見せられるかということが深く関わっている、見せ方にこだわるなら重要な部位です。

せっかくうなじを脱毛するなら、定番の形や人気の形にすると後から失敗したと思うこともあまりないはずです。

最近の傾向ではうなじ脱毛で人気がある形はMW字型やW字型です。

単純にまっすぐにするだけではなく、襟足も髪型と同じように少しデザインした方が他の部位とのバランスも良くなり、綺麗にお手入れしているのがわかるうなじになります。

特に、MW字型やW字型は自己処理で整えるのはかなり難しい形なので、綺麗に整えてくれる脱毛サロンで選ぶのは賢い選択です。

うなじ脱毛での襟足の形は他にもU字型などがあります。

最終的には自分がどの形にしたいと思うかが一番大事なことなので、W字型やストレート型といった人気の形を参考にしながらも、自分の中でこれが良いと思うような形を見つけて施術前のカウンセリングで脱毛サロン側に伝えてみてください。

ブラジリアンワックスはVIOにも使える?

ブラジリアンワックスイメージ4

ブラジリアンワックスというと、ムダ毛に専用のワックスを塗って、ムダ毛を引き抜く脱毛方法として、知られています。

そこで、脱毛サロンやクリニックでVIO脱毛をすることは抵抗があるけど、ブラジリアンワックスでVIO脱毛ができたら良いのにな…と思う方は多いはず。

今回は、ブラジリアンワックスはVIOにも使えるのか?ということについてご紹介します。

ブラジリアンワックスはVIOに使える!

そもそも、ブラジリアンワックスは、VIOラインのムダ毛を除去する脱毛方法です。

そのため、ブラジリアンワックスはVIOに使えます!

ブラジリアンワックスは、VIOラインを含むデリケートゾーンに生えているムダ毛に専用のワックスを付け、その上に専用のシートを乗せます。

ワックスの上に乗せたシートとワックスをよく馴染ませ、勢いよくシートをはがします。

そうすることで、デリケートゾーンのムダ毛が毛根から引き抜かれ、脱毛する仕組みになっています。

このように、ブラジリアンワックスは、もともとVIOライン専用の脱毛方法でした。

しかし、最近はVIOだけでなく、腕や脚、背中や指毛などムダ毛が気になる箇所も脱毛できるブラジリアンワックスが多く販売されています。

そのため、ブラジリアンワックス=VIO専用脱毛方法という認識が薄れ、「ブラジリアンワックスはVIOにも使えるのか?」とよく、疑問が挙がるようになったのです。

ブラジリアンワックスでVIO脱毛をするメリットは?

脱毛サロンや美容クリニックよりリーズナブルに脱毛できること

ブラジリアンワックスでVIO脱毛をすると、脱毛サロンや美容クリニックでのVIO脱毛よりも、リーズナブルに脱毛することができます。

ブラジリアンワックスは、商品によって費用は異なりますが、平均相場は2,000円~10,000円以内です。

一方、脱毛サロンで行われる光脱毛(フラッシュ脱毛)のVIO脱毛の平均相場は20,000円~50,000円、美容クリニックで行われる医療レーザー脱毛のVIO脱毛の平均相場は60,000円~150,000円、同じく美容クリニックで行われるニードル脱毛は100,000円以上するものがほとんどです。

これと比較すると、ブラジリアンワックスは、かなりリーズナブルに脱毛出来ることが分かります。

もちろん、ブラジリアンワックスは、脱毛サロンや美容クリニックのように、永久脱毛に近い、ほとんどムダ毛が生えない状態にするのは難しいです。

しかし、10日~1か月に1回ワックス脱毛をすれば、一定期間ムダ毛が生えていない状態が作れるので、ブラジリアンワックスは、リーズナブルにVIO脱毛をしたい方におすすめです。

短時間でVIO脱毛ができること

近年、VIO脱毛の主流となっているのが、脱毛サロンの光脱毛と、美容クリニックのレーザー脱毛です。

これらは、脱毛完了までに約1年~3年間と長期間必要です。

一方、ブラジリアンワックスでのVIOライン脱毛は、脱毛サロンや美容クリニックのように、ムダ毛がほとんど生えなくなる、永久脱毛に近い状態にすることは難しいです。

しかし、1回ブラジリアンワックスを使用すると10日~1か月間は脱毛をしなくて良いですし、一発で脱毛が完了します。

ブラジリアンワックスでVIO脱毛をした後は、脱毛箇所がキレイになる

ブラジリアンワックスでVIO脱毛をすると、一発で脱毛箇所のムダ毛がなくなります。

ブラジリアンワックス以外の自己処理方法だと、脱毛後すぐに、脱毛箇所がキレイになることは、ほとんどありません。

例えば、カミソリでの自己処理。VIOをカミソリで自己処理をした後に、ジョリジョリとした感覚が残ったり、毛穴が開いて色素沈着をした経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、ブラジリアンワックスは、ムダ毛を毛根から抜くため、脱毛後、脱毛箇所にムダ毛が残りません。

そのため、脱毛箇所がキレイになるメリットがあります。

I・Oラインの粘膜付近までムダ毛処理できること

脱毛サロンや美容クリニックのVIO脱毛は、I・Oラインの粘膜付近の照射はできない=I・Oラインの粘膜周辺のムダ毛は脱毛できないという決まりがあるところが多いです。

しかし、ブラジリアンワックスは、天然素材にこだわったり、完全無添加で作られているものが多いため、粘膜ぎりぎりまで脱毛できるものが多いです。

VIOラインの脱毛をしたいと考える場合、I・Oラインもキレイにしたいと考える人が多いもの。

ブラジリアンワックスはそんな方の要望も叶えてくれます。

しかし、注意点があります。

最近のブラジリアンワックスは、日本で作られて、日本人の肌に合った製品であったり、天然素材や完全無添加で作られたものも多いです。

しかし、肌に負担をかけてムダ毛を抜くことに変わりはないため、肌トラブルを起こすリスクがあります。

使用前には必ずパッチテストをして、肌質や体質と合っているかをチェックしましょう。

ブラジリアンワックスでVIO脱毛をするデメリットは?

脱毛時に強い痛みがある

先述した通り、ブラジリアンワックス脱毛は、ムダ毛を毛根から引き抜くため、強い痛みが伴います。

よく美容クリニックのレーザー脱毛や、ニードル脱毛は痛みが強いと言われますが、これらは、痛みを予防するために麻酔ができます。

しかし、ブラジリアンワックスはセルフで行うため、麻酔など、痛みを防ぐものがありません。

そのため、キレイに脱毛をするために痛みを我慢しなければならないデメリットがあります。

I・Oラインをしているときに、脱毛しづらい

ブラジリアンワックスでI・Oライン脱毛をする際は、一般的に、デリケートゾーンを鏡に写しながらワックス脱毛をします。

Iラインの場合は、イスに座ってIラインが見えるように脚を広げ、その前に鏡を置いて、ワックスを塗ります。

また、Oラインの場合は、後ろ向きになり後ろ側に鏡を置いて脱毛をします。

そのため、慣れるまで脱毛するのがとても難しいです。

肌トラブルを起こす可能性があること

先ほど、ブラジリアンワックスで脱毛時に強い痛みがあるのは、ムダ毛を毛根から引き抜くからであることをご説明しました。

それと同じで、ムダ毛を無理やり引き抜くため、脱毛時に毛穴が開き炎症を起こしたり、あるいは使用するブラジリアンワックスが肌質・体質に合わなくて肌荒れを起こす可能性もあります。

ブラジリアンワックスはメリットが多い分、デメリットもあります。

デメリットを理解して、予防しないまま使用すると、トラブルを起こしてしまいます。そして、「ブラジリアンワックスはよくない!」と口コミが広がっていきます。

しかし、正しいブラジリアンワックスのメリット・デメリットを理解していれば、効率的に使用できるのです。

ブラジリアンワックスのVIO脱毛の痛みはどれくらい?

先ほど「ブラジリアンワックスでVIO脱毛をしたら痛みが強い」とご説明しましたが、実際の痛みはどのくらいなのでしょうか?

脱毛サロンや美容クリニックの脱毛も同様ですが、人によって痛みの強い・弱いがあります。そのため、人によって痛みの感じ方は異なりますが、今回は、ブラジリアンワックスの中でも人気と知名度が高い「アンジェリカ」の口コミを参考に、どのくらいの痛みがあるのか?についてご紹介します。

リーズナブルに脱毛できる方法を探していて、主にひざ下や腋の下に使用する目的で購入しました。
はぎ取る時の痛みは、予想の10分の1ぐらいでした。ワックスとともに毛がスッキリ取れるのは本当に気持ちいいです。むしろ、ワックスがうまく伸びてくれずに毛が引っ張られる時の痛みのほうが大きいです。
脱毛したては皮膚が発赤して毛穴がブツブツになりますが、数十分~ひと晩で釣るつるになります。脱毛を繰り返しているうちに、毛が伸びてくる間隔も長くなり、薄くなってきた気がします。

VIO用に購入しました。
いつもカミソリで処理をしてましたがチクチクに堪えれず。
Vは許容範囲の痛みで毛抜きで1本1本抜く痛みから考えると楽です。
IはVの後にしたので予想以上の痛みにビックリしましたが、毛根からゴッソリ抜けてるのを見ると笑えました。
ただ、取り残しもいっぱいあります。
それはやはりカミソリで処理をしました。
でもこんなにIゾーンがすべすべに感じたことはありませんでした。
ただねちゃつくので途中でシャワーしました。
簡単な水洗いで取れます。
生えてきた毛がチクチクしない事を期待したいです。

まずお店のメルマガを申し込んでから購入されることをおすすめします。注文後にスターターキットの割引の情報を受け取った時は脱力しました。しかも割引率が高い。ショップさんの太っ腹…。
正規の値段で注文、到着後すぐに説明書を斜め読みして脇から挑戦(説明書では手足から試すようにとありました)。自己責任です。1cmないくらいの毛。ウェットティッシュで拭いて、キットのお粉をパタパタ。暑いので温めず直塗り。1mmの厚さにワックスを整える時に毛の引っ張られる痛みあり。次はワックスシートを作って貼ろうと決意。シート貼ってビリっと剥がして肌を押さえてウェットティッシュで冷やして…ここまで5分とかからなかったと思います。
早い~2本くらい取り逃がしがありましたが、結果良好◎
痛い痛くないは場所によるし、ビリっと躊躇なくできるかによると思います。利き手の脇とVゾーンは苦労しました。スピードが出ないから痛みが強い。でも仕上がりには満足です。
自分以外の人にやるのは快感でした。主人の鎖骨下の胸毛(Vネックが恥ずかしくて着られないほどの)を脱毛している時は、さながら職人の気持ち。綺麗になって喜んでいました。
広範囲剛毛で毛抜きが面倒な方に、強くおすすめします。

上記、大手通販サイト楽天市場内にあるアンジェリカ販売ページの1,477件の口コミの中から、痛みについて書かれている口コミを一部ご紹介しました。
上記の通り、ほとんどの方が、ブラジリアンワックスで痛みを感じます。しかし、痛みを感じるのは、ワックスシートをはがすとき(脱毛する時)なので、短時間です。そのため、そのときだけ耐えれば…と思い、ブラジリアンワックスを繰り返し使用する人は多いものです。
また、ムダ毛のボリュームが少ない方は、剛毛の方と比べると、痛みが少ない特徴があります。

ブラジリアンワックスはVIOにも使える!

今回は、ブラジリアンワックスは、もともとVIO専用のワックス脱毛であること、そのためVIOにも使えること、そしてブラジリアンワックスで行うVIO脱毛のメリット・デメリット、最後に痛みについてご紹介しました。

VIO脱毛をしたいけど、脱毛サロンや美容クリニックに通うのが「面倒だ」「時間がない」「もっとリーズナブルに脱毛をしたい」そして、「他人にVIOを見られるのが恥ずかしい」と考える人は多いものです。

ぜひ、セルフでできるブラジリアンワックスでVIO脱毛をしましょう。

【使い方講座】セルフブラジリアンワックス~自分でやってみよう!~

ブラジリアンワックスイメージ3

セルフブラジリアンワックスというものをご存じですか?

これは、自分で行えるブラジリアンワックス脱毛のことを指します。

今回はブラジリアンワックスの正しい使い方、VIO脱毛の部分別脱毛方法のポイント、そして注意点についてご紹介します。

ブラジリアンワックスの使い方

ブラジリアンワックスを自分で行うときは、まず、「ワックス」と、ワックスを肌に塗る用の「ヘラ」、ムダ毛を剥がす「シート」の3点を用意します。

販売されているブラジリアンワックスによって、微妙に使い方は異なりますが、今回は、一般的なブラジリアンワックスの使い方をご紹介します。

脱毛箇所を乾いた状態にする

脱毛箇所が濡れていたり、汗をかいていて乾いていない場合は、ブラジリアンワックスの効果が少なくなります。

使用前に、脱毛箇所をタオルで拭くなどして、脱毛箇所を乾いた状態にします。

<合わせて読みたい記事>

ブラジリアンワックスの口コミ・体験談

専用のヘラでワックスを取り、脱毛箇所に塗っていく

脱毛箇所が乾いたことを確認したら、専用のヘラでワックスを取り、ムダ毛の流れに沿って脱毛箇所に塗っていきます。

この時に、ムダ毛の流れと逆向きにワックスを塗ると、うまく脱毛できないので、注意をしましょう。

ワックスの上にシートをしっかり押し付ける

ワックスを塗った脱毛箇所の上に、シートをしっかりと押し付けましょう。

この時に、シートにワックスをしっかりなじませると、脱毛するときに、ムダ毛が根元から抜けやすいです。

シートを勢いよくはがす

いよいよ脱毛をします。

シートをはがすときは、先ほどワックスを塗った流れと逆にはぎます。

つまり、ムダ毛の流れと逆に、シートを勢いよくはがします。

肌に残ったワックスをしっかりふき取る

シートをはいだ後は、肌に残ったワックスをタオルなどでしっかりとふき取ります。

この時に、肌にワックスが残っていると、肌荒れ、肌トラブルの原因となります。

除去しきれなかったムダ毛を除毛する

最近のブラジリアンワックスは、ムダ毛をしっかりとキャッチをして、ムダ毛を除去しきれないことは少ないです。

しかし、自分の塗り方やシートのはぎ方によって、ムダ毛が除去しきれない場合があります。

そのときは、残っているムダ毛をカミソリなどで除毛しましょう。

しかし、ワックス脱毛でムダ毛を引き抜いていることで、肌に負担をかけているので、カミソリや毛抜きの自己処理でさらに肌に負担をかけることは避けたいものです。

ブラジリアンワックスで一発で脱毛できるように、ワックスをしっかりと肌とシートになじませることが大切です。

肌ケアを行う

先述した通り、ブラジリアンワックスは、ムダ毛を毛根から引き抜くため、肌にかなりの負担がかかります。

そのため、使用後は化粧水や乳液、保湿クリームなどで、しっかりと肌ケアすることが大切です。

このときに少しでも痛みやかゆみ、はれがあった場合は、再度肌を丁寧に洗い流して、肌ケアを行いましょう。

そして、24時間経過しても症状がよくならない、あるいは悪くなった場合は、速やかに皮膚科を受診しましょう。

ブラジリアンワックスV・I・Oラインそれぞれの脱毛のコツとは?

ブラジリアンワックスと言えば、VIOライン、デリケートゾーンの脱毛ができるものです。

しかし、3箇所とも同じ脱毛方法をしていても、キレイに脱毛ができません。

続いてはVIOラインそれぞれの脱毛のコツについてご紹介します。

Vライン

Vラインは、ムダ毛が生えている流れが所々異なります。

そのため、よく見ながら、ムダ毛の流れに沿ってワックスを塗らなければなりません。

Vラインは、よく床に寝転がったり、お風呂で座りこんでワックスを塗る方が多いですが、おすすめなのが、お風呂のイスなどに座って、脚を開いて塗ることをおすすめします。

お風呂であれば、ワックスが垂れてもすぐに洗い流せますし、お風呂の場合は、椅子の下にタオルをしくと汚れずに脱毛ができます。

Iライン

Iラインは、自分でよく見えないため、脱毛がとても難しいです。

ポイントは、お風呂場や床などに座り込み、脚を広げて、脚を開いた先に(Iラインがある部分の前)に鏡を置きます。

そして、鏡を見ながらワックスを塗り、脱毛していきます。

IラインもVラインと同じく、所々でムダ毛の流れが異なります。

よく、Iラインの真ん中とサイドのムダ毛の流れが異なるので、しっかり確認しましょう。

そして、Iラインは粘膜が近くてデリケートな部分ですし、脱毛時の痛みも強いので、少しずつ塗って、少しずつはぐことをおすすめします。

Oライン

Oラインは、Iラインよりさらに見えにくいため脱毛が難しいです。

脱毛のポイントは、お尻側に鏡を置いて、片足を浮かせながらOラインが鏡に写る位置を見つけます。

そして、Oラインの右側・左側と交互にワックスを塗って脱毛をします。

Oラインも、Iラインと同じくデリケートな部分なので脱毛時に強い痛みがあります。

そのため、少しずつワックスを塗って、脱毛することをおすすめします。

セルフブラジリアンワックスの注意点は?

ワックスは狭い範囲で塗ること

ワックスは柔らかく、よく広がりますが、広範囲で塗りすぎると、シートをはぐときにムダ毛の取り残しが起きやすいです。

しかし、狭い範囲で塗ると、高確率でほとんどのムダ毛の脱毛が可能です。

平均で、縦3cm、横1~3cm以内の幅でワックスを塗ることをおすすめします。

ワックスを、ヘラを使って均一に伸ばすこと

ブラジリアンワックスを脱毛箇所に塗るときは、薄すぎても厚すぎても効果が薄れてしまいます。

脱毛箇所にヘラを使って、均一に伸ばすと同じタイミングでうまく固まり、ムダ毛を脱毛しやすいと言われています。

ワックスは適温で使用すること

ワックスは柔らかくすると、肌で伸びやすく、塗りやすくなります。

柔らかくするには、ほのかに温かい気温にしなければなりません。

しかし、ブラジリアンワックスは、よくレンジで加熱するタイプのものが販売されていますが、熱すぎると肌への粘着力が弱り、効果が薄れてしまいます。

そこで、使用前に少し暖かい部屋に置いたり、お風呂場の湯気が出ているところに置くなどして、適温にして柔らかくしてから使用することをおすすめします。

セルフブラジリアンワックスを自分でやってみよう!

今回は、セルフブラジリアンワックスの使い方、VIOの脱毛箇所ごとのポイント、セルフブラジリアンワックスの注意点についてご紹介しました。

ブラジリアンワックスを自分で行うのは怖い…痛そう…。あるいは、効果が少なそうだ…と思っている方も、正しい使い方でセルフブラジリアンワックスを行えば、キレイに脱毛することができます。

ぜひ、セルフブラジリアンワックスを試してみてくださいね。

ブラジリアンワックスの効果は?間隔はどれぐらいあける?

ブラジリアンワックスイメージ2

ブラジリアンワックスは、脱毛箇所(主にデリケートゾーン)に専用のワックスを塗って、その上にシートを貼り、そのシートをはがすことでムダ毛を根元から引き抜く脱毛方法です。

どのように使われるかイメージが沸いても、実際の効果や、どれくらいの間隔をあけてブラジリアンワックスを使用すれば良いかなど、分からないことも多いもの。

今回は、ブラジリアンワックスについて疑問がよく挙がる、上記項目についてご紹介します。

ブラジリアンワックスとは?

ブラジリアンワックスとは、古くから海外ではメジャーな脱毛方法でしたが、日本ではあまり取り入れられていませんでした。

しかし、日本でも大人気となった海外ドラマ「Sex and the city」の中でブラジリアンワックスについて触れたことから、多くの日本の若者が影響を受けて、認知が広がり、今やたくさんの人が利用するようになりました。

ブラジリアンワックスとは、もともとはVIOラインのアンダーヘアを脱毛するものでした。

しかし、最近は、これを使ってVIOラインだけでなく、腕や脚、背中など身体のさまざまな箇所のムダ毛をなくすことができるものとして重宝されています。

ですが、商品はVIOラインの脱毛専門のものが多いため、別名で「ビキニワックス」と呼ばれることもあります。

成分は、はちみつをベースとしています。

はちみつと油を混ぜたものをベースにして粘り気のある脱毛ワックスを作り、これをアンダーヘアに塗り込み密着させる性質を利用して、上から専用のシールを貼り、このシールを剥すことで、ムダ毛を毛根から除去します。

効果は?どれぐらいもつの?

ブラジリアンワックスの効果は、個人差があるものの、だいたい2週間前後といわれています。

早い人だと1週間、毛の生える速度が遅い人なら1ヶ月程度は持続するようです。

ムダ毛を毛根から除去するので、カミソリやシェーバーと比べるとツルツル期間が長持ちしますね。

また、毛根から毛を一気に引き抜くことで、毛質が変わったり、以前より生える速度が遅くなることもあります。

ベリッと勢いよくシートを剥がして毛を抜くので、少なからず毛根にもダメージが行きます。

もちろん1度やった程度では変わらないと思いますが、何度も使い続けることで、少しずつ毛根が弱っていく可能性は十分にあります。

最初は1~2週間程度しかもたなかったとしても、徐々にツルツル期間が長くなっていくので、継続的に使えるかどうかという観点では

ブラジリアンワックスは永久脱毛ができるの?

結論から言うと、ブラジリアンワックスでは、永久脱毛ができません。

これは、毛抜きと同じ原理で、ムダ毛が生えるもとである毛根にダメージを与えて、徐々にムダ毛を生えなくさせるものや、ムダ毛を薄くしたり、細くするものではなく、一時的に毛穴からムダ毛を抜き去る脱毛方法です。

人によってムダ毛ができる(伸びる)時期に個人差がありますが、一定期間が経つと、またムダ毛が生えてきます。

そのため、一定期間の間隔をあけて、再度ムダ毛処理をしなければなりません。

ブラジリアンワックスの間隔はどれくらいあけるもの?

先ほど、ブラジリアンワックスを行って、一定期間を経過すると、元通りムダ毛が生えるということをご説明しました。

元通りムダ毛が生えると言っても、2~3日に1回自己処理が必要なカミソリと比べると、ブラジリアンワックスは毛根から抜くため自己処理頻度は少なくなります。

ブラジリアンワックスの間隔(使用頻度)は、10日~1か月ごとに1回のペースで行います。

毛根からムダ毛を抜いているので、ムダ毛は、ムダ毛の生まれ変わり(ターンオーバー)のタイミングに合わせて成長していきます。

ムダ毛の成長スピードは、人それぞれ体質やホルモンバランスによって異なりますが、平均10日~1か月の間にムダ毛処理が必要なレベルまで生えてきます。

ブラジリアンワックスの使用頻度が多すぎると肌に強い負担をかけてしまうので、少しムダ毛が生えてきても、最短10日間は使用を控えることをおすすめします。

ブラジリアンワックスの効果と間隔を理解して、うまく使おう!

今回は、ブラジリアンワックスの効果とメリット・デメリット、使用する間隔についてご説明しました。

最近はVIOライン脱毛をする人も増え、デリケートゾーンのお手入れも注目されています。

それと同時に、近年注目されているブラジリアンワックスはインターネット広告などで「永久脱毛ができる!」などの良い評価が掲載されているのと同時に、「痛みが強すぎる」など悪い評価も多く掲載されていて、何が本当か分からないと思われがちです。

ブラジリアンワックスの効果や、使用する間隔を知り、良いことも悪いことも理解することで、他の脱毛方法と上手く併用したり、使い分けることができます。

リーズナブルに・短時間でキレイに脱毛できるブラジリアンワックスを、ぜひ試してみてくださいね。

ブラジリアンワックスの口コミ・体験談

ブラジリアンワックスイメージ

ブラジリアンワックスというと、「聞いたことはあるけど、周りに使っている人がいない」「興味はあるけど、なんだか痛そう」…こんなイメージを浮かべる人も多いもの。

今回は大手通販サイトである楽天市場の販売ランキングをもとに、おすすめのブラジリアンワックスの紹介、口コミと、実際の体験談をご紹介します。

人気のブラジリアンワックスの口コミ・体験談

NULLハニーワックス

NULLハニーワックスの特徴は、女性と比べるとムダ毛が濃い男性も利用して効果を得られるブラジリアンワックスです。

また、肌の負担を和らげるために、肌に優しい高純度のハチミツを使用しています。

そして、NULLハニーワックスが人気の理由は、使用している成分・製造をすべて日本で行っていることです。

ブラジリアンワックスというと、海外で製造されたものが多く、肌質に合わず肌トラブルを起こしてしまう人も少なくありません。

NULLハニーワックスはこのようなトラブルを防ぐために、日本人の肌質に合わせた品質を徹底して作られています。

NULLハニーワックスの口コミ・体験談

NULLハニーワックス、初めて購入し、試してみました。ブラジリアンワックス自体、使用するのが初めてだったので、どのように使えば良いか分からなかったのですが、使い方が初心者にも分かりやすく冊子にまとめてあったので、とても助かりました。ハニーワックス自体がかなり柔らかく、トロトロしています。そのため、身体に塗るときに下に落ちてしまいまいました。初めて使用する方は、身体の下にシートやタオルをひいたり、浴槽で行うなど、工夫されることをおすすめします。

ブラジリアンワックスなので、正直痛みはありますが、我慢できるレベルです。回数を重ねると慣れてきます。あとはさすが日本製。海外製のブラジリアンワックスは、肌に残った場合お湯や水では流れず、石鹸をつけないと落とせないのですが、NULLハニーワックスはお湯で簡単にオフできました。私は肌荒れもしなかったので、安心して続けることができそうです!

今まで市販の除毛クリームを使っていたのですが、すぐなくなるし、コスパが悪いのでブラジリアンワックスに挑戦してみました。ブラジリアンワックスというと、独特なニオイが気になる…とよく聞きますが、NULLハニーワックスは、ハチミツの良い香りがして使いやすかったです。身体に塗る際は「温め不要」と書かれていましたが、固くて塗れないことを避けるために電子レンジで温めて使用しました。レンジで温めるとトロトロになり、塗りやすかったです。ワックスを剥すときは正直痛いですが、痛い分しっかりと抜けてくれます。

アンジェリカワックス

アンジェリカワックスは、女性のデリケートゾーン専用のブラジリアンワックスです。

アンジェリカワックスは、使用している素材はすべて自然素材にこだわり、100%無添加素材で作られています。

また、日本人のデリケートな肌、そして、デリケートなVIOラインを脱毛するものなので、日本ワックス脱毛協会認定のサロンのプロスタッフに監修してもらい製造しています。

そのため、機能性・品質ともに安心できるものです。

今までVIOラインをカミソリで自己処理していました。でも、、自己処理には限界があって、彼氏と初めての旅行も控えていたので、思い切ってアンジェリカワックスを購入してみました。
パーツごとにレポをします。
Vラインは、ムダ毛が密着しているところはゴソっと抜けました。ただ私はVラインの形をある程度残したかったので、微妙なさじ加減をワックス脱毛するのは難しかったです。
Iラインは、一番効果を実感しました!Iラインはただカミソリで長さをカットしていただけだったので右半分、左半分に分けてワックスを塗って脱毛しました。剥ぐときの痛みは強烈でしたが、キレイに抜けて嬉しかったです。口コミにある「ゴッソリ抜ける」とはこのことだ!と思いました。
Oラインは、やはり自分で脱毛するのは難しいですね。うまくワックスがぬれず、脱毛したい場所に届かず苦戦しました。

アンジェリカワックスは、取扱説明書がかなり詳しく書いてあるので、安心してワックスができました。デリケートゾーンを脱毛するので、まずはウェットティッシュで清潔にして、キットの粉を塗りました。その後、ワックスを塗って、上にワックスシートを置く。最後に勢いよく剥ぐ!肌荒れが怖かったのですぐにデリケートゾーンを冷やしたので、肌トラブルも起こることなく、剥ぎ残しもない状態で脱毛が完了しました。
剥ぎ残しなく脱毛するポイントは「勢いをつけること」。痛みがあるのは仕方ないから勢いよく剥ぐと一気にきれいになりますよ

アンジェリカワックスは、今まで使ったどのブラジリアンワックスよりも肌がきれいになります。私は、毛並みにそってワックスを塗って、皮膚までしっかりワックスが届くようにして、毛並みと逆の方向に勢いをっつけて剥すことを徹底しています。そうすれば、剥ぎ残しゼロになります!冬の時期はワックスが硬くなりがちなので電子レンジで温めると良いです。ちなみに私はこたつで温めています(笑)

初めてのブラジリアンワックス スターターキット

初めてのブラジリアンワックス スターターキットは、年間15,000人が通う人気サロンVirginWaxと共同開発されたブラジリアンワックスです。

サロンに通うお客様のブラジリアンワックスを使用して起きたトラブルなどをリサーチし、「肌に優しい成分だけで脱毛をする」ということにこだわって製造されています。

具体的に、ブラジリアンワックスによく含まれる「ハチミツ」は、通常のブラジリアンワックスの10倍の濃度の日本国産ハチミツがブレンドされているなど、品質にこだわって作られています。

今まで脱毛サロンでVIO脱毛をしていましたが、他人に見られるのが恥ずかしいし、費用が高額なのでブラジリアンワックスを購入してみました。初めてのブラジリアンワックスなのでニオイも気にしていましたが、スターターキットは全く嫌なニオイはなかったです。ちなみに痛みはサロンの痛みよりマシです。これからブラジリアンワックスに乗り換えようと思います

今まで、湯煎であたためて使用するブラジリアンワックスを使っていましたが、面倒で使う頻度が減っていました。そこで、今まで使っていたものとほぼ同じ値段で、いろいろ細かく使用説明があったり、キットが入っているスターターキットを購入しました。これは、今までみたいに湯煎をする手間もなく、スグ使用できるので便利ですね。
Vライン用のキット(残すムダ毛と剥ぐムダ毛を分けるもの)が入っているのもありがたい。自分の好きな形にカットして使用できるのも助かりました。テクスチャーはやや固めなので、下にトロトロ落ちることもなく、安心です

VIOライン以外は、脱毛サロンに通っています。そのため、VIO専用のブラジリアンワックスをずっと探していました。口コミほど痛みもなく、仕上がりもザラザラせず、お肌もツルツルになりました。彼とのお泊りのときいつもきれいな状態で合えるように、リピしようと思います。

ブラジリアンワックスを購入するときは口コミ・体験談をよく見よう!

今回は、ブラジリアンワックスとは何か?ということ、大手通販サイト楽天市場で人気が高いブラジリアンワックスの特徴と口コミ・体験談ご紹介しました。

ブラジリアンワックスは日本国内のメーカーやブランドでも、コスト削減などの関係で、原材料や、製造元が海外であるケースも多いです。

そうすると、ブラジリアンワックスを使用した際に、肌トラブルを起こしたり、日本人の肌に合わないことも多いです。

こういったトラブルを防ぐために、ブラジリアンワックスの購入を考えるときは、口コミや体験談をよく見て、良いことも悪いことも確認して購入するようにしましょう。

ムダ毛処理に脱毛クリームは最適?

答えを見つける女性

脱毛クリームというと、「リーズナブルに」「短時間で」ムダ毛処理ができるものとして、よく利用されます。

今回は、脱毛クリームはムダ毛処理に最適なのか?ということ、脱毛クリームの他にリーズナブルに・短期間でムダ毛処理ができるものについてご紹介します。

リーズナブルに・短期間でムダ毛処理ができる方法とは?

ムダ毛処理方法というと、美容クリニックや美容形成外科で行われる永久脱毛に近い効果を得られる「医療レーザー脱毛」や「ニードル脱毛」

美容クリニックと比較すると、長期間の施術になるが同じく永久脱毛に近い状態になる脱毛サロンの光脱毛

これらが、ムダ毛処理効果が高い、脱毛方法と言われます。

しかし、完全に脱毛できるまで期間が必要であったり、費用がかかる…ということから「脱毛はできなくて良いから、リーズナブルに、短期間でできる“除毛”をしよう」と考える人が多いです。

除毛とは、レーザーや光脱毛のような、期間をかけてムダ毛が生えてこなくなる・生えにくくする“脱毛”ではなく、目に見えていて肌の上にあるムダ毛を除去する“除毛”方法です。

そのため、除毛方法は、脱毛方法よりも、リーズナブルに短時間でムダ毛処理ができるのです。

リーズナブルに、短時間でムダ毛処理ができる具体的な方法は、3つあります。

脱毛クリーム

脱毛クリームは、肌の表面に生えているムダ毛を溶かして除毛をする方法です。

つまり、除毛なのでムダ毛の根本である毛根や毛根の奥にある細胞にダメージを与えたり、破壊をして脱毛をするものではなく、あくまでも、肌の表面上にあるムダ毛を除毛する効果を期待します。

つまり「脱毛クリーム」といっても脱毛できるものではなく、除毛効果が高いクリームです。

それではまず脱毛クリームのメリットを上げていきます。

脱毛クリームのメリットは?

除毛方法の中でも、高い除毛効果があること

例えば、カミソリやシェーバーだと、除毛後どうしても剃り残しや、黒ずみが出てしまいます。

しかし、脱毛クリームは刃があるもので除毛するのではなく、除毛クリームが持つ成分(アルカリ性を含んだもの)を脱毛箇所に塗り、ムダ毛を溶かすため、きれいに除毛することができます。

機能性・安全性を高めた商品が多く販売されていること

肌トラブルを起こしにくくするよう、保湿成分などの肌に優しい成分を多く含んだものもたくさんあります。

そのため、カミソリと比べると、肌トラブルを起こすリスクが低くなります。

手軽にリーズナブルに手に入ること

脱毛クリームはドラッグストアやディスカウントストア、インターネット通販などで手軽に手に入ります。

そのため「今すぐほしい!」「明日に間に合わせたい!」といった緊急性があるときでも気軽に手に入ります。

また、脱毛クリームの値段は商品によりますが、平均相場は700円~5,000円とリーズナブルな価格になっています。

脱毛クリームのデメリットは?

肌トラブルを起こす可能性があること

先ほど、脱毛クリームは肌に優しい成分が豊富に含まれているとご紹介しました。

これも事実ですが、脱毛クリームには、ムダ毛を溶かす成分が含まれてることから、どれだけ肌に優しい成分が入っていても、少なからず肌に負担はかけてしまいます。

そのため、敏感肌の方や、使用する脱毛クリームが肌質・体質に合わないという方は、どうしても出てしまいます。

新しい脱毛クリームを使用する前には、必ずパッチテストをして、肌質・体質に合っているか?をチェックしましょう。

ニオイがきついものが多いこと

脱毛クリームのムダ毛を溶かす成分はアルカリ性であるため、どうしても独特なニオイがあります。

最近の脱毛クリームは、独特なニオイを消すために、お花やフルーツの香りで作られているものもたくさんあり、口コミで「ニオイが気にならない」と言われているものも増えました。

ニオイが気になるという方は、商品口コミを見て、ニオイが少ないものを選んだり、十分に換気して使用することをおすすめします。

カミソリ

カミソリでのムダ毛処理をしたことがない方は、ほとんどいらっしゃらないのではないでしょうか。

それくらい、人々に身近な存在のものであることが分かります。

カミソリのメリットは?

リーズナブルであること

ドラッグストアやコンビニを初め、どこでも手に入り、費用も100円以下のものから、機能性が高いものでも2,000円以内と、リーズナブルに手に入るメリットがあります。

メーカーの認知度も高く、安全なものが多いこと

カミソリは、長年カミソリを販売しているブランドとして認知度が高いメーカーが多いです。

そのため、インターネット通販などで聞いたことがなかったり、実績が少ない商品を販売しているメーカーと比較すると、安心感があります。

また、長年たくさんの人に利用されているため、安全面でも安心できます。

カミソリのデメリットは?

肌トラブルを起こす可能性があること

カミソリは肌の上のムダ毛を削って、除毛をします。

そのため、肌に傷をつけたり、切ることはなくても、どうしても肌に負担をかけてしまいます。

その結果、ムダ毛をカットする際にできた小さな傷から炎症を起こすこともあります。

肌の表面や毛穴が汚くなりやすいこと

カミソリで肌に生えているムダ毛を削ることで、摩擦が起きます。

その結果、摩擦をしていた部分の肌が汚れたり、黒ずみ・色素沈着を起こすこともあります。

カミソリでムダ毛処理をすると、どうしても肌の表面や毛穴が汚くなりやすいです。

すぐにムダ毛が生えてしまうこと

カミソリは、脱毛クリームと比較すると、ムダ毛の根本までしっかり除毛ができないため、どうしてもすぐにムダ毛が生えてしまいます。

その結果、また時間をかけて自己処理を行わなければならないですし、先述したように肌を傷つけて、肌トラブルを起こしたり、肌の表面や毛穴を汚くするリスクも高まります。

毛抜き

毛抜きで行うムダ毛処理は、脱毛クリームやカミソリと異なり、ムダ毛の根本(毛根)からムダ毛を抜く方法です。

つまり、毛抜きは除毛ではなく“脱毛”になります。

毛抜きのメリットは?

すぐにムダ毛が生えてこないこと

先述した通り、毛抜きはムダ毛を毛根ごと抜きます。

そのため、次にムダ毛が生えるまでの期間(平均1~3週間)はムダ毛がない状態になります。

しかし、医療レーザーや光脱毛のように、毛根にダメージを与えて弱らすものではなく、ただムダ毛を抜いているだけなので、ムダ毛が生えにくくなる効果はありません。

毛抜きのデメリットは?

肌トラブルを起こす可能性が高いこと

毛抜きは、ムダ毛をひっぱって抜くため、どうしても肌に負担がかかります。

毛抜きでムダ毛を抜くことで、毛穴が開き、毛穴が出たり、埋没毛になるリスクも高まります。

毛抜きで肌トラブルを起こす可能性は、脱毛クリームやカミソリよりも高いため、あまりおすすめしません。

ムダ毛処理に長時間かかること

毛抜きは、脱毛クリームやカミソリと異なり、広範囲の除毛ができません。

1本ずつムダ毛を抜くため、除毛にとても時間がかかります。

ただ、美容クリニックや脱毛サロンで脱毛をする場合は、平均1年以上通わなければ脱毛完了をしないため、時間がかかるといっても、短時間だと言えます。

脱毛クリームはムダ毛処理に最適?

ここまで、リーズナブルに・短時間でムダ毛処理をする方法をご紹介しました。

脱毛クリーム・カミソリ・毛抜きを比較すると、上記条件であれば、脱毛クリームが最もデメリットが軽く、ムダ毛処理に適していると言えます。

しかし、いずれにしても、これらのムダ毛処理方法は肌に負担をかけます。

そのため、脱毛クリームより少し費用が高額になっても、通う期間が長くなっても、ほとんど肌に負担をかけることなく脱毛ができる脱毛サロン(光脱毛・フラッシュ脱毛)をすることをおすすめします。

脱毛サロンは、脱毛クリームと比較すると、どうしても「費用が高額」「通う期間が長い」状況になります。

しかし、最近の脱毛サロンは、初回限定キャンペーンやセット割引を用意しているところが多いため、部分脱毛になると10,000円以内で施術できるサロンもたくさんあります。

また、通う期間は約1年以上となりますが、数日と、あるいは毎週ムダ毛処理を行う時間を考えたら、プロに任せて脱毛をしてもらう方が、時間がかかっても楽であったり、結果的に時間もあまり変わらなくなるものです。

脱毛クリームもだけど、結局はサロン脱毛がおすすめ!

脱毛クリームはリーズナブルに、短時間で除毛できるメリットがあります。

しかし、結局は、プロの手で安心・安全に、そして、継続して通うことで、自己処理よりもはるかに高い脱毛効果が期待できるサロン脱毛が、おすすめのムダ毛処理方法です。

脱毛クリームで永久脱毛は出来るのか

QとAくを持つ女性

インターネット広告などで「永久脱毛ができる脱毛クリーム!」と書かれたキャッチコピーを見たり、脱毛クリーム以外の、ムダ毛処理方法でも「永久脱毛ができる!」と表記されているのを見たことはありませんか?

ムダ毛処理をしたいと思っている人は、「永久脱毛ができる」と宣伝されていれば、「やってみようかな…」と心が揺れるものです。

今回は、本当に、脱毛クリームで永久脱毛が出来るのか?ということについて、そもそも永久脱毛とは何なのか?そして、永久脱毛ができるムダ毛処理方法についてご紹介します。

そもそも永久脱毛とは?

永久脱毛と聞くと、「脱毛が完了すれば、一生ムダ毛が生えなくなる」というイメージを持つ方も多いもの。

しかし、永久脱毛とは、「一生ムダ毛が生えなくなる」ものではなく、脱毛終了後、一定期間ムダ毛が減っている(ほぼ0に近い状態で生えてこない)状態になることを指します。

この「永久脱毛が完了した状態」というのはアメリカにある米国電気脱毛協会というところが定めています。

そこでは、「最終脱毛日から1か月経過後のムダ毛再生率が20パーセント以下であれば、永久脱毛が完了したと定めて良い」とされています。

また、永久脱毛を完了した状態にする施術ができるのは、今は、美容クリニックや美容形成外科など医師の免許を持っている人のみです。

つまり、主に医療レーザー脱毛、電気脱毛が、永久脱毛をする施術に該当します。

最近は、脱毛サロンの宣伝で「永久脱毛ができる!」と表記されているものをよく目にします。

脱毛サロンは、美容クリニックが使用するレーザー脱毛や電気脱毛の使用ができません。

脱毛サロンが使用を許されるのは、特殊な光を照射して、脱毛をする光脱毛(フラッシュ脱毛)のみです。

近年、この光脱毛の進化により、光脱毛でも永久脱毛に近い状態にできるようになったことから、宣伝ワードとして「永久脱毛ができる」と表記をされているのです。

つまり、永久脱毛ができると定められている医療レーザー脱毛や電気脱毛が「永久脱毛ができるムダ毛処理方