【70社の中から厳選!】おすすめの全身脱毛サロン&クリニック

全身脱毛比較ページTOP画像

最初は1部位だけ、と思っていても、最終的に行き着いてしまうのが全身脱毛。

あなたを苦しめるムダ毛を徹底的になくしてくれる、全身脱毛にオススメの脱毛サロン&クリニックを紹介します。

★目次★

脱毛サロンとクリニックとの違い

脱毛ができるところは、皮膚科や美容外科といったクリニックや、脱毛サロンが一般的です。

このクリニックと脱毛サロンの1番の大きな違いは、医師が常駐しているかいないかです。

脱毛クリニックの良いところ

脱毛クリニックの良いところは、なんといっても医師がいるということ!

何か肌にトラブルが起きたときはすぐに診断や治療が受けられます。

肌にトラブルが起きる経緯までが詳しく把握されているので、適切な治療をしてもらえます。

また、医師による脱毛なため、脱毛に使われるレーザーの出力が高く、脱毛の効果が短期間で出ます。

脱毛サロンの良いところ

脱毛サロンの良いところは、クリニックに比べて料金が安いということです。

また、基本的には病院である脱毛クリニックと違い、サロンは一般企業。

サービスの充実度で比較するとやはり、脱毛サロンの方が魅力的です。

脱毛サロンの比較まとめ

まずは最もハードルが低い、脱毛サロンの比較結果と、おすすめサロンのまとめを紹介します。

その後で脱毛クリニックの比較結果と、おすすめクリニックまとめを紹介します。

もうこの時点で、「クリニックで全身脱毛する!」と決めている人は、「脱毛クリニックの比較とおすすめまとめ」という項目からご覧ください!(クリックすると、同じページの中で、その項目までジャンプします)。
キレイモの全身脱毛は、まさに「全身」です。

他の脱毛クリニックやサロンの「全身」脱毛は、顔は除くとか、VIOは含まれないなどのプランもあるのですが、キレイモは女性が気になる33か所のムダ毛を、全て脱毛できてしまうのです。

<詳細はこちら>

キレイモ

脱毛を始めると「今まで気にならなかった場所のムダ毛も気になるようになる」という女性の声はとても多いです(私もそうでした…)。

特に手足の甲や手足の指、おへそ、肩やうなじなどは、他の箇所の脱毛し始めると、ここのムダ毛も脱毛したいなと思う箇所です。

キレイモならば、そういった細かい場所まで全て脱毛箇所に含まれます。

また、顔の脱毛をすることで、毛穴が目立たなくなり、顔のカラーがワントーン明るくなったり、メイクののりが良くなったりと、顔を脱毛することで得られる特典は大きいです。

キレイモ以外で、1回で全身を脱毛してくれるサロンは

銀座カラーは1回の施術で全身を脱毛してくれるサロンです。

脱毛サロンによっては、1回につき体半分とか、何回通うと全身脱毛1回などと、脱毛箇所を数回に分けているサロンもあります。

全身を1度に脱毛してくれる銀座カラーは、脱毛1回にかかる時間が長いのかというと、最新の脱毛機を揃えているので、60分というスピードです。

銀座カラーは2か月に1度通えるので、1年で全身の脱毛を6回もできます。

また、脱毛し放題というコースなので、納得できるまで何度でも通えるのが安心ですね。

<詳細はこちら>

銀座カラー

全身脱毛をしたいけれど、脱毛したくない箇所もある方は

銀座カラーまたは脱毛ラボがオススメです。

銀座カラー

銀座カラーには全身ハーフ脱毛というコースがあります。

脱毛はしたいけれど、全身までするのは気がひけるという方には、オススメのコースです。

脱毛したい箇所を8か所選べるので、前に脱毛した経験がある方は、その場所を除いたり、脱毛するには抵抗がある場所は脱毛せずにすみます。

脱毛ラボ

脱毛ラボの「脱毛オーダーメイドプラン」は、全身24か所から脱毛したいところを12か所選べます。

この12か所に脱毛したい箇所が全てはいれば、かなりお得ですよ。

<詳細はこちら>

脱毛ラボ

学割がきく全身脱毛サロンは

学生のうちに全身脱毛をするのであれば、学割を有効に使いましょう。

学割のプランがあるのは、キレイモ・銀座カラー・ミュゼプラチナム・脱毛ラボです。

それぞれの割引率は、プランの組み方によっても変わってくるので、サロンで聞いてみましょう。

<詳細はこちら>

ミュゼプラチナム

ひやっとしたジェルが苦手な方は

脱毛する時に照射前に塗る冷たいジェルが苦手な方、特に全身脱毛だとジェルの塗られる範囲が広いため、寒いです。

ジェルを使わない脱毛サロンは、キレイモ・ジェイエステティック・リンリンです。

ジェルを塗る時間がないので、脱毛時間も短縮されスピーディに進みます。

<詳細はこちら>

ジェイエステティック

リンリン

全身脱毛でパチパチと痛い思いをしたくない方は

完全無痛にこだわるのであれば、ディオーネの全身脱毛です。

アトピーなど肌の弱いかたや、3歳児から脱毛できるとホームページでも書いてある、無痛の脱毛サロンです。

無痛な理由は、本来はムダ毛のメラニン色素に照射していくのですが、ディオーネは眠っている毛に照射し、生えてこなくするという脱毛法だからです。

<詳細はこちら>

ディオーネ

その他比較的痛みが少ない脱毛サロンは、ミュゼプラチナムやキレイモです。

こちらはメラニン色素に照射するのですが、独自の脱毛法を採用しているので、痛みはかなり軽減されています。

脱毛後、何年か経った後にプラスで通いたい方は

現在の技術では、一生ムダ毛が生えてこなくなる「永久」脱毛という脱毛は、どこもできません。

数年後に、脱毛前のような毛質ではなくても、毛が生えてくることはあります。

気にならない程度の薄い毛でも、毛が生えていることが気になる方は、脱毛を永久「保証」してくれるシースリーがオススメです。

脱毛永久保証はシースリーだけの特典です。

<詳細はこちら>

シースリー

完全個室で脱毛したい方は

脱毛サロンは、1人1人の空間で脱毛するのですが、サロンによっては隣の方とカーテンで仕切られているだけということもあります。

なので、隣の方の声が聞こえてくることもあります。

全身脱毛は恥ずかしいので、完全にプライベートな空間で!という方にはシースリーがオススメです。

脱毛に通いながら、高級感あふれる雰囲気も味わえますよ。

脱毛前のシェービングが心配な方は

キレイモのプランで回数制を選んだ方は、脱毛箇所を問わず、無料でシェービングのサービスが受けられます。

銀座カラー・シースリー・ミュゼプラチナムはご自身では処理が難しい、襟足、背中、Oライン、お尻のシェービングサービスが受けられます。

サロンによって、シェーバーは持参だとか、サロンでシェーバーを買うなどいろいろ細かな設定があります。

剃り残しがある場所は脱毛をしてくれないサロンが多いので、1回1回の施術を無駄にしないためにも、シェービングのサービスは確認しましょう。

また、有料でシェービングをしてくれる脱毛サロンもありますが、毎回シェービングに1,000円ほど加算されると、10回、20回と通ううちに大きな金額になるので、シェービングサービスは大きなポイントです。

キャンセルが心配な方は

脱毛サロンに行く予定だったのに、生理が始まってしまったとか、残業となり時間に間に合わない、天気が悪すぎて通えないなど、どうにもならない理由で脱毛サロンに通えないこともあります。

脱毛サロンによっては数日前に連絡をしないとキャンセル料が発生し、そして施術も1回消化というところもあるので、無駄なく通うためにも、キャンセルした時の対応は大切です。

鼻や小鼻まで脱毛してくれるのは

鼻を脱毛することで毛穴が目立たなくなったり、仕上りもキレイになったりと、顔を脱毛をすることで得られるメリットは多いのですが、鼻や小鼻は脱毛対象外のサロンも多くあります。

鼻や小鼻の毛穴を気にする方には、脱毛してもらえると非常に嬉しい箇所です。

鼻や小鼻の脱毛をしてくれるのは、銀座カラー・キレイモ・ディオーネです。

眉の間もキレイにしたい方には

眉の間のうぶ毛も脱毛して欲しい!と思う方には、銀座カラー・リンリン・ディオーネがオススメです。

眉の間はなかなか脱毛箇所に含まれていないので、フェイシャル脱毛を徹底したいという方に眉間が脱毛に含まれているかいないかはポイントです。

VIOの脱毛にはどうしても抵抗がある方

デリケートゾーンなので、人に見せるのが抵抗がある、脱毛するのには勇気がいるなど、VIOの脱毛は決断しがたい場所でもあります。

そんな時は、キレイモのカスタマイズプランを選べば、脱毛したくない箇所は全身脱毛から外してくれます。

または、ジェイエステティックや銀座カラーの選べる脱毛プランで、VIOは外して脱毛箇所を選びましょう。

脱毛クリニックの比較とおすすめまとめ

お待たせしました!

ここから脱毛クリニックのお話に移ります。

まずは、同じ脱毛クリニックでも、色んなレーザー脱毛機があるので、それらを比較してみました。

全身脱毛クリニックのレーザーを比較

医療レーザーにはいくつか種類があり、主なレーザーは「アレキサンドライトレーザー」「ヤグレーザー」「ダイオードレーザー」です。

全て揃えているクリニックもあれば、どれか1つのクリニックもあります。

この種類の揃え方は、皮膚科だから多いとか、美容外科の方が多いということはありません。そのクリニックでの方針になります。

レーザーのそれぞれの特徴

アレキサンドライトレーザー

アレキサンドライトレーザーの光は、毛根・毛乳のメラニン色素にだけ反応し、皮膚は通過します。

メラニン色素の多い日本人には、やけどなどの誤操作の可能性が極めて低いレーザーです。

メラニンによるシミ・ソバカスなどの色素沈着を薄くする効果も期待でき、美肌効果も期待できます。

ヤグレーザー

ヤグレーザーは他のレーザーと比べて、1番波長の長いレーザーです。

このため、毛根の深い箇所まで脱毛効果を出すことができます。

毛根が深い場所とは、わき、膝、VIOラインなどです。

このレーザは他のレーザーと比べて痛みを感じる方が多いです。

ダイオードレーザー

ダイオードレーザーはレーザーを毛根部分に当てて、ダメージを与えて毛を生えてこなくするという処理です。

アレキサンドライトレーザーとよく似ているのですが、ダイオードレーザーはうぶ毛や毛の薄い箇所も脱毛が可能な点が異なります。

クリニックによる脱毛後のアフターケア

皮膚科のアフターケアはこれ、美容外科のアフターケアはこれ、という区別はありませんが、医療機関ではアフターケアに比較的「軟膏」(ステロイド)を処方されるケースが多いです。

レーザー脱毛をした後は、一時的に皮膚が軽いやけどをした状態になります。

その赤みや炎症を抑えるために軟膏が処方されます。

ステロイドは医師による処方となることと、脱毛サロンとはレーザーの強さが全く異なるので、皮膚を守るケアを重視するのでしょう。

ステロイドを塗ることに抵抗がある方は、赤みがでなければ家で使わなくても構わないかなど、使い方をきちんと確認してください。

ステロイドの強さは5段階で表され、1群(強)~5群(弱)となります。

主な軟膏(ステロイド)の種類

デキサンVG軟膏またはリンデロンVG

デキサンVGやリンデロンVGには、ベタメタゾン吉草酸エステルというステロイドの成分が含まれ、肌の炎症を抑えます。

ベタメタゾン吉草酸エステルは、ステロイドの中で3群となるので、ちょうど中間の強さとなります。

あせもや、やけど、とびひ、虫刺され、蕁麻疹などの皮膚のトラブルに処方されることがあります。

また、デキサンVG軟膏やリンデロンVGには、ゲンタマイシン硫酸塩という抗生物質も含まれ、細菌を殺菌する働きがあります。

リンデロンV

リンデロンVはベタメタゾン吉草酸エステルというステロイドが含まれ、抗生物質は含まれません。ステロイドに抗生物質が含まれる理由は、ステロイドによる免疫低下で細菌の繁殖を防ぐためです。

非ステロイドによるアフターケアもあります

アフターケアには非ステロイドを使うクリニックもあります。

その際は、イブプロフェンピコノールと呼ばれる炎症を抑える成分の入ったクリームが使われることが多いです。

赤みがなく炎症していないのであれば、保湿を1番に考えて、アーユルヴェーダオイルを使用するところもあります。

脱毛を美容目的と意識しているクリニックと、従来の診断に加えて、脱毛もしますというクリニックでは、アフターケアも変わってきます。

脱毛することで毛穴は収縮するので、どこで脱毛をしても美肌効果は期待できます。

脱毛するクリニックを選ぶ際は、アフターケアについても納得できるところを選びましょう。

結局、全身脱毛を受けるなら、クリニックとサロンどっちがいいの?

これまで長々と全身脱毛を色んな観点から比較してきました。

しかし、「こんなに色々言われると、結局、脱毛サロンとクリニック、どっちが良いのか分からない」と、かえって混乱してしまう人もいるかもしれません。

そこで!

決められない、踏み出せないあなたのために、超優柔不断な私が徹底的に調べて、ここに行ってみようと決めたところをご紹介します!

先に結論から発表!私はこの脱毛クリニックを選びました!

優柔不断な私が、散々迷って、何件も初回荒らしをして回った結果、選ばれたのはこちら!

クレアクリニック

理由は、3つ。

1つ目は、料金が一番安かった。脱毛をやる上で料金の安さは超重要項目ですからね。

2つ目は、医療ローン金利手数料が0円(12回払いの場合)という点。30万も40万も一括で払うのは無理ですが、金利も出来れば払いたくないので、金利0円というのは大変素晴らしいですね。

3つ目は、立地です。ただ、これはどこに住んでるかによるので、オマケくらいの加点です。

ただ、クレアクリニックは、東京の新宿と渋谷にしか店舗がありません。このままでは、東京以外に住んでいる方には、意味がない紹介になってしまう…。

というわけで、自分が東京在住じゃない場合を想定したチョイスも挙げてみますね。

もし私が東京在住じゃなかったらどこを選ぶか?

アリシアクリニック

と、言いたいところなんですが(お値段的に)、しかしアリシアクリニックも関東近県にしか店舗がない…。

東北・関西・九州にも支院があるリゼクリニック

最終的に、一番全国展開しているリゼクリニックになりましたね、関東在住じゃないという条件が入ると。

ちなみにこの3つの中で、単純にお値段的にランキングつけても、クレア>アリシア>リゼです。

何で全身脱毛でクリニックを選んだか?サロンを選ばなかった理由

まず、自分が非常に優柔不断であることを自覚しているので、「絶対やりたい場所」を明確にしました。

ワキ、ヒザ下は鉄板だとして、やはりVIOも気になるし、あと外せないのが鼻下(口周り)でした。

昔は産毛くらいだったのに、度重なる自己処理と、加齢によるホルモンバランスの変化により、「…ヒゲ?」と思うようなものが生えてくるようになったのです。

というわけで、やりたい場所を、「VIOを含む全身脱毛」プラス「鼻下」に絞りました。

産毛も脱毛したい人はクリニックがオススメなんです

鼻下に限らず、頬周りの産毛や、人によっては眉間やおでこの毛が気になるという人もいると思います。

しかし、顔まわりの毛というのは、ワキやVIOに比べると、細く、薄い毛ばかり。

エステサロンで採用されている光脱毛は、産毛はめっぽう苦手。効果ゼロとは言いませんが、効果はかなり実感しにくいと思います。

光脱毛の3倍も出力があるレーザー脱毛ですら、ワキなど太い毛が生えている部分より、産毛だらけの顔脱毛の方が時間がかかると言われているんです。

この時点で、私の中では「少なくとも顔脱毛だけはクリニックに行こう」という確定事項が1つ出来ました。

何年も通える気がしない!期間や回数の短さでもクリニックに軍配

私、優柔不断さにも自信がありますが、それと同じぐらい根性なしで飽き性であることにも自信があります。

脱毛サロンの平均回数は18回。18回ですよ?

歯医者ですら痛い所の治療が終わればすぐ逃げちゃう私には、絶対続けられる気がしません。

それに比べると、脱毛クリニックの平均回数は6回。3分の1で済むんです。

さっきも言いましたが、レーザー脱毛は、光脱毛の3倍の出力で施術出来ます。光の強さが3倍なら、通う回数が3分の1で済むのも納得ですね。

あと面倒くさがり屋であることにも自信があるので、全身脱毛はサロンで、顔脱毛はクリニックで…と分けて通うと、途中で面倒くさくなりそうだなという予感もしました。

この時点で「通うならクリニック一本で良いかな?」という気持ちが生まれて来ています。

立ちはだかる料金問題!でも総額を計算してみると?

「クリニックで全部やっちゃおうかな」という気持ちが生まれるまでで、だいたい1時間ぐらいかかりました。

後の3時間は「どこのクリニックが一番安いか。本当に脱毛サロンで受ける方が安いのか」という計算に費やしていました。お金大事。

初診料がかかるのか、予約キャンセル料はかかるのか、シェービング料や薬品代など追加料金は取られるのか、といったことも計算に入れるために調べたら結構な時間がかかりました。

その結果、先程も言った通りクレアクリニックが一番安いという結論になったのですが、全身脱毛+VIOに部位別で鼻下を付けると、5回で356,346円。

歴戦をくぐり抜けてきた私のワキやヒザ下の猛者たちが5回で終わるとは思えないので、実際は40万円以上になることでしょう。いや、下手したら50万円近いことになる可能性も見ておかないと危ないですね。

そう考えると、「アリシアクリニックの通い放題で574,400円という方が安心なのかもしれない」という迷いが生まれて来ると同時に、「やっぱり脱毛サロンの方が安いんじゃないかな?」という迷いも出て来ました。さすが優柔不断。

注意!アリシアクリニックの574,400円とは一括で払った場合の金額

何回通っても574,400円なら、剛毛&多毛な人はそっちの方が安いし安心かもと思うかもしれません。でもその金額は、一括で払った場合の値段です。アリシアクリニックの料金表に載っている月額料金だと、最終的には726,000円も払うことになります。

アリシアクリニック料金表

お手元の電卓で月額12,100円かける60回を計算してみてください。726,000という数字が出て来たと思います。

何回通っても、満足行くまで通えるという安心感は大きいですが、人によっては6回、8回くらいで十分という可能性もあります。

あと、私にはムダ毛のために72万円もかける情熱がありませんでした…。

よって、このコースはひとまず除外しました。

脱毛サロンに18回通う場合の総額

私の場合、鼻下だけはクリニックに通うことが確定しているので、サロンでやるなら全身脱毛コース一択。

調査の結果、1番高いのは脱毛ラボの447,120円(18回)、1番安いのは銀座カラーの通い放題213,462円でした(銀座カラーの価格は、2017年2月現在行われているキャンペーン価格です)。

脱毛サロンに通う場合、18回というのはあくまで平均回数です。部位や毛質によっては30回ぐらいかかることも視野に入れておきたいところ。

レーザー脱毛より効果を実感しにくい光脱毛だからこそ、脱毛サロンを選択するなら通い放題が大前提!

そうじゃないと完了するまでいくらかかるか分かったものじゃなくて、あまりに恐ろしいです。

そう考えると、銀座カラーの21万円は、クリニックの半額以下で通い放題なので凄いお得です!

ただ、問題は、全身脱毛を18回受けるのに3年は最低でもかかるという点。

しかも18回で収まる気が全然しないので、実際は4年、下手したら5年かかる可能性も見ておかないといけません。

妙齢の女性であれば、3~5年も通い続けられるか分かりませんよね。結婚して旦那の地元へ引っ越すとか、妊娠するとか、色んな可能性が考えられます。

今、大学一年生で、大学在学中に終わらせられればOKぐらいの気持ちで、気長に通える環境なら銀座カラーはオススメです。

しかし、3~5年の間に結婚やら妊娠やらの可能性がある年齢の人にはオススメしかねます。

結論:15万くらい多く払ってでも1年の短期決戦で終わる所に通う

長々と書いて来ましたが、銀座カラーの21万円より、クレアクリニックは15万円近く高い料金がかかります(下手すると20万近く)。

その代わり、長くても1年でこのムダ毛たちとおさらば出来ます。

脱毛サロンでは長いと5年かかるので、4年分の時間を15~20万円というお金で買うかどうかを考えないといけません。

私は、自分の根性なし加減に絶対の自信を持っているので、「20万多くても良いから1年で終わらせて欲しい」という結論に至りました。

今現在3×歳という年齢を考えると、3年後のことなんてどうなってるかも分かりませんし…。

というわけで、サロンVSクリニックの戦いは、クリニックに軍配が上がり、クリニックの中の価格競争ではクレアクリニックが王座につきました!

比較する時の要点まとめ

  1. やりたい場所を確定させる
  2. 通える場所にあるか、立地を確認する
  3. どれぐらいの期間を掛けられるか、自分の性格をよく振り返ってみる
  4. 分割払い、月額制のところは最終総額を計算する。その際、最短価格ではなく、最長価格で計算する(クリニックなら8回、サロンなら25回を目安に)
  5. ムダ毛への情熱がどれぐらいあるか、冷静に考える

数字は、優先度です。

脱毛において一番お金と時間を無駄にするのは、後になってから「やっぱりここもやりたい」と細々追加していくパターンです。

全身脱毛でも、VIOや顔は別になっているところがほとんど。私は顔でやりたいのは鼻下だけと固く決意し、他の部分はやらないと誓いました。

そして立地ですが、通いやすい場所にあるかどうかも大事な要素です。年単位で通うものですから、交通費なんかも計算に入れたいものですね。

SNSでもご購読できます。