敏感肌・アトピーでも光脱毛は大丈夫?知っておきたいお肌ケアとトラブル

肌荒れに悩む女性イメージ

化粧品や体調、ストレス、季節の変わり目などでも肌トラブルを起こすことのある、敏感肌の方やアトピーをお持ちのかたは、脱毛となると、肌トラブルが起きないかとても心配ですよね。 

脱毛のための専用ジェルを肌に使っても大丈夫?

光を当てても大丈夫?

色々疑問はあると思いますが、こういったことはカウンセリング時にクリアにしておきましょう。

個人差はありますが、光脱毛をする際の脱毛サロンの敏感肌・アトピー肌への対応についてまとめました。

敏感肌・アトピー肌の対処法

一般的に脱毛サロンでは、アトピー肌の方でも光脱毛処理ができます。

あまりに赤みがひどいときや、乾燥がひどいとき、傷がついている時などは、肌の状態が落ち着くまで脱毛に取りかかれないことはあります。

ステロイドを塗って肌荒れを抑えていたり、服用している場合は、光脱毛ができないサロンがほとんどなので、カウンセリング時にきちんと申告してください。

なぜなら、ステロイドは光脱毛で使われる光に反応して、シミとなってしまう可能性が高いからです。

ステロイドには、「光を吸収しやすくなる」「体毛の量や濃さに変化が出ることがある」「免疫力が低下する」という副作用があります。

また、ステロイドの使用を中止たら、すぐに脱毛できるという訳ではありません。

「使わなくなってから何日以上経ったら」など、脱毛できるなどの規約がサロンごとにあるので、確認をしてください。

また、皮膚のことで通院している場合は、医師の許可がないと脱毛を受けられないことがあります。

何か皮膚でトラブルをお持ちの方は、カウンセリング時に全て話してくださいね。

敏感肌やアトピー肌の方への安心なサポート

肌が弱い方が光脱毛を受ける場合は、そのサロンが「ドクターサポート」と呼ばれる、医療機関との提携をしている脱毛サロンかどうかを確認しましょう。

光脱毛をした後に、何らかの肌トラブルがあった際、脱毛を受けたサロンにまず連絡をします。

それから、サロン側の指示を受け、指定する医療機関で肌の状態を診断して貰ってください。

サロンによっては、医療機関までの交通費も支給してくれたり、サロンの方が同伴し、診療を受けるということもあります。

肌にトラブルが起来たとき、いくらかかりつけの病院があるからといって、自分で病院を選ばないでください。

脱毛サロン側から、診療代が出ないなどのトラブルが起きる可能性があります。

まずは脱毛サロンに連絡してください。

脱毛に通える期間は決まっていますか?

敏感肌やアトピーなどで肌の調子が悪く、脱毛できないと判断されたときは、脱毛を休まなくてはなりません。

2年以内、3年以内に10回などと、脱毛期間に決まりがある場合は、脱毛回数を全て消化できなくなる可能性も出てきます。

肌のトラブルにより脱毛ができない期間は、医師の診断書を出せば日数をカウントされないのかなど、契約前のカウンセリングで聞いてみると安心です。

または、脱毛期間無制限というサロンを選ぶことで、休止期間中の対応の心配はなくなりますね。

<期間無制限コースがある脱毛サロンはこちら>

ミュゼプラチナム

シースリー

脱毛体験も大切です

光脱毛の契約時に、光を当てて照射テストをしてくれる脱毛サロンもあります。

こういったテストは、肌の弱い方にはとても大切です。

テストを受けた時に、少しでも違和感を感じたときは、その場でスタッフの方に伝えましょう。

また、一番いいのは脱毛体験かもしれません。

中には無料体験だとか、1回のみ数百円でお試しできる脱毛サロンもありますよ。

脱毛サロンにより、使うジェルや、アフターケアに使用する美容化粧品もまちまちです。

肌の弱い方は、光の刺激だけでなく、そういった皮膚につけるものにも反応してしまうことが多くあるので、一度試してみることで、肌に合う合わないがわかると思います。

脱毛後の注意

脱毛後に起きる皮膚のトラブルは、アフターケアによるものが多くみられます。

きちんと皮膚を冷やすことがとても大切です。

脱毛サロンできちんとクールダウンをしてはもらえますが、自宅に帰ってからのお風呂は、シャワーだけでバスタブに浸からないなどの注意も守りましょう。

体が温まると、アトピーが悪化することが多々あります。

敏感肌の方は、肌が乾燥気味になるとかゆみが出てしまうので、自宅に戻ったらご自身でいつも使っている美容液で十分に保湿をしてください。

脱毛サロンでもケアはしてくれますが、それだけではやはり不十分なこともあります。

肌が弱い人ほど脱毛はオススメ!?

肌が弱い方というのは、ご自身でシェーバーなどを使ってムダ毛処理をすることで、肌が余計に乾燥してしまったり、肌荒れを起こす可能性があります。

自己処理はよくないとはわかってはいても、ムダ毛をそのままにしておくこともできないですよね。

脱毛をすることで、シェーバーなどを使う脱毛をすることがなくなるので、肌が荒れる可能性を1つ減らせます。

脱毛器も新しいものが開発され、肌により優しい機械が出てきています。

アトピーだから、敏感肌だからと一概に脱毛ができないと思い込まないでください。

脱毛で無理をしないために

皮膚の状態が脱毛できる状態ではなく、脱毛通いを休止しなくてはならない日が長く続くときは、脱毛サロンとの契約を解約したり、退会して返金処理をしてもらうことも大切です。

通えない期間が続き、脱毛代だけ月々払うのではもったいないですよね。

しばらく通えなく、このまま終了期限が来てしまいそうだなと思ったら、思い切って一度中止してみるのもいいかもしれません。

脱毛したい気持ちもありますが、まずは肌をいたわることが大切です。

契約する当初から、通えるかどうか不安がある場合は、契約時に解約に関する手続きも確認してみましょう。

もし中途解約などの手続きを確認せずにすでに契約してしまった方でも、支払い金額が5万円を超え、1か月以上契約している場合は、特定商取引法という法律で私たちは守られているので、脱毛サロンとの中途解約や返金の申請は可能です。

(※特定商取引法は一般企業にのみ適用されるものなので、医療機関であるクリニックでは適用されませんのでご注意ください)

敏感肌専門脱毛サロン

アトピー・ニキビ・敏感肌の脱毛します!とWebサイトで公言している脱毛サロンがディオーネ(Dione)です。

<ディオーネの詳細はこちら>

ディオーネ

この脱毛サロンは子供でも通えるほど痛くなく、肌に優しい脱毛と話題なのです。

この脱毛サロンの脱毛法は、眠っている毛に対して特殊な光を当てて、発育を予防するという脱毛法です。

従来の、生えている毛に光をあてるという発想とは逆ですね。

小さな子供でも、学校で毛深いことをからかわれて傷つく子供も少なくなく、そういった子供でも受けられる脱毛法であるため、敏感肌やアトピーの方でも安心して脱毛できるという脱毛サロンです。

全身脱毛や、エステ効果もある顔脱毛などプランは様々です。

肌の弱い方にも安心という脱毛サロンではありますが、やはり個人差というものはあるので、カウンセリング時には肌の状態など詳しく説明することは大切です。

また先にご紹介したように、解約はできるかなどのポイントも確認してくださいね。

SNSでもご購読できます。