永久脱毛は自宅で出来るのか?

自宅で脱毛する女性

「永久脱毛をしたいけど、クリニックやサロンに通う時間、お金がない…」「脱毛時、人に見られることに抵抗がある…」などが理由で、クリニックやサロンの永久脱毛に通わない人も多いもの。

そして、そういった悩みを持つ誰もが、「永久脱毛を自宅でできないのか?」と一度は考えます。

正直に言うと、自宅で永久脱毛をするのは難しいです。

その理由をこの後、詳しくご説明します。

ただ、「永久脱毛に近い状態=ムダ毛が少ない・目立たない状態」にする方法はあります。

それは「家庭用脱毛器」を使うことです。

今回は、「家庭用脱毛器」とは何か?ということや、家庭用脱毛器の種類、おすすめの選び方についてご紹介します。

完全な永久脱毛をすることは難しい

よく、クリニックやサロンのCMや広告で「永久脱毛」という言葉を目にしますが、実際、クリニックやサロンを含め、完全な永久脱毛をすることは難しいです。

つまり、自宅でも、完全な永久脱毛をすることは難しいのです。

なぜかというと、クリニックやサロンで使われている脱毛器は、すべて、「ムダ毛がほぼ生えない状態にする」「ムダ毛を目立たなく」することはできます。

プロが、プロ用の機械を使っても「ほぼ」くらいまでにしか出来ません。

なぜかというと、すべての脱毛施術は、このムダ毛が生える原因となる毛細胞を破壊したり、ダメージを与えることができても、完全になくすことはできないからです。

毛細胞が残っている限り、ホルモンバランスの乱れ、環境の変化などが原因で生えてこなくなったものが、また生える可能性も残ります。

「永久脱毛をする」と決意をした、あるいは、検討している際は、「ほぼ永久脱毛に近い状態にできるけど、完全な永久脱毛をするのは難しい」ことを理解しましょう。

そして、強い脱毛効果を実感できる順番は、

クリニックの脱毛>脱毛サロン>自宅での脱毛(家庭用脱毛器)です。

家庭用脱毛は費用をかけずに、自分のペースで、セルフ脱毛ができる

自宅で永久脱毛に近い状態にできる「家庭用脱毛器」は、この中で最も脱毛効果弱いと言われています。

クリニックの脱毛は、高額な費用をかけて行いますし、脱毛サロンは長期間継続的に通わなければならないデメリットがあること、そして、プロが施術することもあり、強い脱毛効果が実感できると言われています。

一方、「家庭用脱毛器」は、クリニックやサロンと比べて脱毛効果は弱いですが、クリニックのように高額でないこと、脱毛サロンのように長期間通う必要がなく、自分のペースで脱毛ができるメリットがあります。

そして、きちんと脱毛効果があります。

今回は、そんな「家庭用脱毛器」についてご紹介します。

家庭用脱毛機器とは?

家庭用脱毛機器とは、脱毛サロンの施術方法である“光脱毛”ができる脱毛機器のことを言います。

脱毛技術がない一般の人が、家庭で使用できるように、脱毛サロンより弱い出力の光を使用して、脱毛する方法です。

中には、クリニックの施術で使われるレーザー脱毛の出力を弱くした「家庭用レーザー脱毛器」も販売されていますが、痛みが強いこと、肌を痛めやすいため、肌トラブルの原因となることから、あまりおすすめできません。

費用は、約40,000円~70,000円くらいの価格帯の脱毛器が多いです。

クリニック、サロンともに全身脱毛をした場合、平均200,000円以上の費用がかかるので、かなりコストパフォーマンスが良いことが分かります。

その他にも、自分の好きなタイミングに脱毛ができること、他人に身体を見られなくて良いことも、自宅で脱毛ができるメリットです。

家庭用脱毛機器の種類は?

家庭用脱毛器は2種類あります。

光脱毛

別名、フラシュ脱毛とも呼ばれます。

脱毛サロンの施術で使われている脱毛方法です。

これは、毛乳頭というムダ毛の先端にダメージを与え、ムダ毛を薄くする効果があります。

光脱毛の特徴は、

  • 広範囲に光を照射できること
  • 短時間で脱毛が完了すること

です。

サーミコン脱毛

先ほどの光脱毛と異なり、サーミコン脱毛は熱を利用した脱毛方法です。

これは、熱がムダ毛に伝わって、ムダ毛の先端がカットされる効果があります。

つまり、ムダ毛を取り除く脱毛というよりも、毛をカットする(熱で焼く)除毛方法です。

サーミコン脱毛の特徴は、

  • 脱毛というよりも、ムダ毛をカットする除毛ができる脱毛器であること
  • 一時的にムダ毛を目立たなくする効果があること
  • 光脱毛よりも、費用が安いこと(平均費用20,000円~40,000円)
  • 熱を使って除毛するため、熱さや痛みがあるものが多いこと

です。

家庭用脱毛器のおすすめの選び方は?

家庭用脱毛器のおすすめの選び方は6つあります。

照射場所を確認すること

脱毛器によって、照射できる箇所がことなります。

検討している脱毛器は、自分が脱毛したい箇所に使用できるかを確認しましょう。

例えば、デリケートゾーンや顔は対応していない脱毛器も多いため、事前に確認することをおすすめします。

照射レベルを確認すること

家庭用脱毛器は、「照射レベル調節機能があるもの」と「照射レベルが一定なもの」に分かれます。

照射レベルが一定である場合、脱毛効果が感じにくかったり、肌に負担をかける可能性があります。

一方、照射レベルが調節できると、脱毛箇所によって照射レベルが変えられるため、脱毛効果を実感しやすく、肌の負担も減ります。

1回の照射で処理できる範囲を確認すること

1回の照射で処理できる範囲が広いほど、肌に光を当てる回数が少なくなります。

照射回数が少ないと、短時間で脱毛処理が完了すること、肌への負担も少ない特徴があります。

照射回数を確認すること

先ほど、光を照射すると、肌へ負担がかかることもご説明しました。

そのため、脱毛器によって、最大の照射回数が提示されています。

もちろん、肌へ負担がかからないものが良いですが、照射回数が少なすぎると、脱毛効果が実感できないデメリットがあります。

そのため、脱毛器によって異なる「照射回数」を確認することをおすすめします。

また、脱毛器によっては、専用のジェルなど付属品が必要なものがあります。

本体をチェックしているときに、付属品の有無も確認しましょう。

また、光脱毛の家庭用脱毛器は、専用のカートリッジが必要なものが多いので、特に確認することをおすすめめします。

価格を確認すること

家庭用脱毛器の平均費用は約40,000円~70,000円だとご説明しました。

このように、価格が幅広い特徴があります。

同じ機能がついても、メーカーによって金額が異なります。

しっかり価格を確認しましょう。

家庭用脱毛器を検討していると、ついつい低価格の商品に注目しがちです。

しかし、低価格商品の場合は、照射できる箇所が限られていたり、照射レベルが一定のみである、また、照射範囲が狭く、回数も少ない…などのリスクがある可能性もあります。

そのため、価格を確認+「照射できる箇所」「照射レベル」「照射範囲」「照射回数」を確認しましょう。

家庭用脱毛器を自宅で使ってみよう

今回は、

  • 自宅も、クリニックやサロンも、完全な永久脱毛をするのは難しいこと
  • 家庭用脱毛は継続して、コツコツ照射することで、ムダ毛が目立たない、「永久脱毛に近い状態」にできること
  • 家庭用脱毛は、費用をかけずに、自分のペースで、セルフ脱毛ができること
  • 「家庭用脱毛器」について
  • 家庭用脱毛器は「光脱毛」「サーミコン脱毛」の2種類があること
  • 家庭用脱毛器のおすすめの選び方6つ

についてご紹介しました。

気軽に、費用と時間をかけずに行える「家庭用脱毛器」。

一度お試しください!

SNSでもご購読できます。