VIO脱毛はなんか恥ずかしい…どんな体勢でやるの?

バレリーナ

VIOを綺麗に脱毛したいと思う人は多いですが、VIO脱毛は何となく恥ずかしいものですよね。

実際に施術を受ける前に、どんな体勢でやるかを知っておくと覚悟ができて恥ずかしさも少しだけなくなりますよ。

VIO脱毛の施術時の体勢についてご説明します。

※本ページにはPRが含まれます。

VIO脱毛に抵抗がある人は意外と多い!

最近ではVIO脱毛は脱毛部位の定番のようなイメージがありますが、それでもそんなVIO脱毛に対して抵抗がある人もまだ少数派ではないでしょう。

VIO脱毛が恥ずかしい理由は普段人には見せない部位を見られるということや、その部位が見える状態で脱毛がしやすいような体勢を取らなければいけないといったことが挙げられます。

その恥ずかしさだけが原因でなかなかVIO脱毛の予約ができないという方もいらっしゃるかもしれませんが、自己脱毛を続けるのはとても面倒なことですし、肌トラブルや綺麗に処理できないといった問題もあります。

だからこそ、VIO脱毛は一瞬の恥ずかしさを我慢して脱毛サロンで脱毛してしまった方が良い部位であると言えるのです。

実際にVIO脱毛はどんな体勢でやるの?部位別施術体勢

実際にVIO脱毛をする時には、どのような体勢を取るのが一番良いのでしょうか。

もちろん、どんな体勢かを知らなくても施術をする時には脱毛サロンのスタッフが指示してくれるので、誰でもスムーズにその体勢を取ることができます。

VIO脱毛の施術時の体勢で最もスタンダードなのは、バレリーナのような体勢だと言われています。

バレリーナと言っても、片足を曲げて片足を伸ばすのがバレリーナの体勢に似ているというだけで、体が柔らかくなければいけないなど難しいことは求められないので安心して施術を受けてくださいね。

ちょっと恥ずかしいと思ってしまう体勢を取らされるVIO脱毛ですが、部位別にはどんな体勢になって施術を行っていくものなのでしょうか。

気になるVIOそれぞれの施術時の体勢をご紹介します。

Vライン

Vラインはビキニラインの三角の形をした部位です。

Vラインを脱毛する時には正面から行う部位なので、仰向けになって行います。

VIO脱毛をする時には専用のショーツを履くように指示されるのですが、Vライン脱毛では仰向けの状態で通常通り両足を伸ばして履いているショーツを少しずらされて脱毛器を当てていきます。

履いているショーツをずらされる時には少し恥ずかしさもありますが、慣れれば意外と大丈夫です。

Vラインの場合は仰向けになれば良いだけなのでとても楽で、脱毛サロンのスタッフがどんどん照射をしていってくれます。

比較的楽な体勢でスムーズに脱毛を進められるという点は良いですよね。

Iライン

Iラインも仰向けになって脱毛をしていく部位です。

このIラインの体勢が少しだけバレリーナ風に見えるのです。

Iラインを脱毛する時には仰向けの状態で片足を立て、立てた足を外側に倒す形で履いているショーツを少しずらされて脱毛器を当てていきます。

そして、もう片方の足はまっすぐに下へと伸ばします。

Vラインも同じですが、脱毛サロンによってはショーツを履かず、タオルだけかけてもらってその部位に合った体勢を取りながら施術を進めていくこともあります。

その方が施術者側にとっては楽に照射できるのかもしれないですが、何も履かないのは少し不安で恥ずかしいですよね。

Oライン

Oラインは肛門周りなので仰向けではできません。

どんな体勢で施術をしていくかはサロンによって異なります。

例えば、横向きやうつ伏せ、四つん這いといった体勢で施術をしていくことが多いです。

どの体制で施術をするのかは脱毛サロンによって違うので、取りにくい体勢やどうしても取りたくない体勢がある場合は事前に脱毛サロンに確認することが大切です。

この中で一番楽で恥ずかしくない体勢はうつ伏せで、逆に四つん這いは恥ずかしさがあったり数分とは言ってもその状態をキープするのが大変だったりしますよね。

自分の中で嫌な体勢がある場合は言えば変えてくれることも多いですが、その脱毛サロンでOラインで取らされる体勢のパターンが一つしかない場合には他のサロンを検討するのも良いかもしれません。

Oライン脱毛がVIO脱毛の中で一番きついと考える人も多いですが、Oライン脱毛は施術をする範囲がとても狭い部位です。

痛みや肛門を脱毛しやすく開かれる恥ずかしさがあっても我慢するのは10分程度なので、それに耐えればムダ毛のない状態で快適に過ごすことができますよ。

VIO脱毛も慣れれば恥ずかしくなくなる!?

VIO脱毛を受けるのをためらってしまう人の多くが、脱毛のためとは言え大事なところを見られてしまうのが嫌だと思うだけでなく、見られた上で色々な体勢を取らされることに抵抗を感じているからです。

特に、IラインやOラインは通常とは違う体勢を取ることになるので、恥ずかしい気持ちも強くなってしまいますよね。

この恥ずかしさを乗り越えるためには、逆に一度でも施術を受けてしまうことが大切です。

最初はなかなか踏み出せないかもしれませんが、一度施術を受けてしまえば脱毛サロンのスタッフの真剣さや丁寧に行ってくれる姿勢に恥ずかしさは薄くなっていくはずです。

また、照射をされている側のことを考えて楽しい会話で盛り上げながら照射してくれる脱毛サロンのスタッフもいます。

会話で盛り上げてくれれば意識がそちらに集中するので自分の状態や今取っている体勢のことを考えなくて済み、そのことが施術の恥ずかしさを軽減してくれます。

施術中に脱毛サロンのスタッフと会話をすることのメリットはもう一つあり、意識をそらせることによって痛みも少し軽くすることができます。

できれば施術中は会話をしていたいと思う方は、施術者が話しかけてくれなかったら自分から話しかけてみましょう。

脱毛は1回では完了しないので、何回も脱毛サロンに通うことになります。

VIOはすぐに脱毛が完了する部位ではないのでかなりの回数をかけることになりますが、1回目より2回目、2回目より3回目と通えば通うほど恥ずかしさはなくなっていくでしょう。

3回以上行けば抵抗感は全くない状態になり、脱毛時の体勢を取る時にもかなりスムーズになる人が多いですよ。

まとめ

脱毛部位の中でも最も施術を受けることが恥ずかしいVIO脱毛では、どの程度イメージトレーニングできているかやカウンセリングで詳しい説明を聞けているかということが非常に重要です。

何よりも重要なのは慣れなので、頭と体でその体勢を取ることに慣れていけば、施術をする1回目から何の抵抗もなくVIO脱毛がスムーズにできるはずです。

SNSでもご購読できます。