脱毛クリームで永久脱毛は出来るのか

QとAくを持つ女性

インターネット広告などで「永久脱毛ができる脱毛クリーム!」と書かれたキャッチコピーを見たり、脱毛クリーム以外の、ムダ毛処理方法でも「永久脱毛ができる!」と表記されているのを見たことはありませんか?

ムダ毛処理をしたいと思っている人は、「永久脱毛ができる」と宣伝されていれば、「やってみようかな…」と心が揺れるものです。

今回は、本当に、脱毛クリームで永久脱毛が出来るのか?ということについて、そもそも永久脱毛とは何なのか?そして、永久脱毛ができるムダ毛処理方法についてご紹介します。

そもそも永久脱毛とは?

永久脱毛と聞くと、「脱毛が完了すれば、一生ムダ毛が生えなくなる」というイメージを持つ方も多いもの。

しかし、永久脱毛とは、「一生ムダ毛が生えなくなる」ものではなく、脱毛終了後、一定期間ムダ毛が減っている(ほぼ0に近い状態で生えてこない)状態になることを指します。

この「永久脱毛が完了した状態」というのはアメリカにある米国電気脱毛協会というところが定めています。

そこでは、「最終脱毛日から1か月経過後のムダ毛再生率が20パーセント以下であれば、永久脱毛が完了したと定めて良い」とされています。

また、永久脱毛を完了した状態にする施術ができるのは、今は、美容クリニックや美容形成外科など医師の免許を持っている人のみです。

つまり、主に医療レーザー脱毛、電気脱毛が、永久脱毛をする施術に該当します。

最近は、脱毛サロンの宣伝で「永久脱毛ができる!」と表記されているものをよく目にします。

脱毛サロンは、美容クリニックが使用するレーザー脱毛や電気脱毛の使用ができません。

脱毛サロンが使用を許されるのは、特殊な光を照射して、脱毛をする光脱毛(フラッシュ脱毛)のみです。

近年、この光脱毛の進化により、光脱毛でも永久脱毛に近い状態にできるようになったことから、宣伝ワードとして「永久脱毛ができる」と表記をされているのです。

つまり、永久脱毛ができると定められている医療レーザー脱毛や電気脱毛が「永久脱毛ができるムダ毛処理方法」として認められていて、永久脱毛に近い効果が期待できるとされている光脱毛も永久脱毛に近い存在とされています。

そして、なぜ永久脱毛という名前なのに、一生ムダ毛が生えてこないものはないのか?というと、人は、生活や環境、食生活の変化や、ホルモンバランスの変化が原因で、完璧に脱毛をしても、目立たない程度の微量のムダ毛が生えることがあります。

そのため、脱毛施術をして「一生ムダ毛が生えない」という状態にするのは難しいと言えます。

まずは、永久脱毛の認識を「一生ムダ毛が生えない」ものではなく、「最終脱毛日から一定期間ムダ毛が生えない状態にする」という認識にチェンジすることが大切です。

脱毛クリームの効果は?

ここまで、永久脱毛の定義についてご説明しました。

続いては、脱毛クリームの効果についてご説明します。

脱毛クリームとは、肌の表面に生えているムダ毛を溶かして除毛をする方法です。

つまり、除毛なので、レーザー脱毛やニードル脱毛、光脱毛のようにムダ毛の根本である毛根や毛根の奥にある細胞にダメージを与え、脱毛をするものではなく、あくまでも、肌の表面上にあるムダ毛を除毛する効果を期待します。

つまり「脱毛クリーム」といっても脱毛できるものではなく、除毛効果が高いクリームであるということです。

脱毛クリームで永久脱毛はできない!

ここまで、永久脱毛の定義と脱毛クリームの効果についてご説明しました。

永久脱毛とは、美容クリニックなどの医師免許を持つ医師しか施術ができないことから、永久脱毛ができる方法は、医療レーザー脱毛・ニードル脱毛が挙げられました。

それと比較して、脱毛クリームは、肌の表面に生えているムダ毛を溶かして除毛をする方法であって、ムダ毛の根元にある毛根・毛乳頭・細胞に働きかけをして脱毛をすることはできないです。

つまり、脱毛クリームでは永久脱毛はできません。

<合わせて読みたい記事>

脱毛クリームと除毛クリームって違うの?

では、脱毛クリームで永久脱毛ができないのに、なぜ脱毛クリームの宣伝で「永久脱毛ができる!」と言われているのかというと、除毛しきれていない毛根にあるムダ毛が伸びるまで、肌の表面(目に見えている所)にあるムダ毛は除去されている=無の状態です。

そのため、短期間でも一定期間、肌の表面上に全くムダ毛がないということから「永久脱毛ができる脱毛クリームだ」という表記がされていることが多いです。

脱毛クリームを購入するときは、脱毛クリームの効果、メリット・デメリットを理解した上で、購入するようにしましょう。

永久脱毛をするにはどうしたら良いの?

先程、脱毛クリームで永久脱毛はできないことをご説明しました。

それでは、永久脱毛ができると言われている医療レーザー脱毛とニードル脱毛とは何なのか?ということについてご説明します。

医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛とは、脱毛箇所にあるムダ毛が持っている黒色の色素(メラニン色素と呼ばれるもの)に反応する、特殊なレーザー光を照射すぅる方法です。

そして、レーザーの熱によって毛穴・毛乳頭(栄養を取りこみ、ムダ毛を成長させる働きをするもの、毛根の根っこになる部分)・毛母細胞(ムダ毛を発生、成長させている細胞)を破壊して、ムダ毛が発生・成長しないようにする、いわば永久脱毛をする方法です。

今まで、美容クリニックでのレーザー脱毛はとても高額で、施術を行う人が少なかったのですが、近年脱毛サロンの低価格競争に乗っかり、リーズナブルな金額でレーザー脱毛の施術を行ってくれるクリニックも増えました。

そのため、近年利用者が急増し、注目されている脱毛方法です。

電気脱毛

別名ニードル脱毛とも呼ばれます。

電気脱毛はレーザー脱毛が主流になる前に、永久脱毛として主流だった脱毛方法です。

電気脱毛とは、ムダ毛がある毛穴に特殊な針を刺して、この針に弱い電気を流して、毛乳頭を破壊する方法です。

そして、脱毛箇所にある1つ1つの毛穴に針を差して施術を行うため、ムダ毛が生える毛穴を確実に破壊していきます=永久脱毛ができます。

しかし、毛穴に針を刺し、電気を流すので、とても強い痛みがある特徴があります。

また、1つ1つの毛穴を施術するので、施術時間が長く、身体に負担もかかるため、1回の施術の進みも少なく、費用も高額です。

ただ、確実に永久脱毛をしたいという方が、長期間かけて通う脱毛方法です。

しかし、ワキやVIOラインなどのデリケートな部分の永久脱毛を希望する方も多く、他の部分は脱毛サロンの光脱毛をして、ワキとVIOだけ永久脱毛を望んで電気脱毛をする人も多いです。

上記2つの脱毛方法が、永久脱毛ができると言われています。

脱毛クリームの特徴を知って、脱毛方法を選択しよう!

今回は、

  • 永久脱毛は、一生ムダ毛が生えてこないものではないこと
  • 永久脱毛は「最終脱毛日から、1か月経過後のムダ毛再生率が20パーセント以下」であれば、完了したとみなされること
  • 脱毛クリームは、肌の表面にあるムダ毛を除去するものであるため、一定期間を過ぎれば、またムダ毛が生えてくること
  • 脱毛クリームでは永久脱毛ができないこと
  • 永久脱毛ができる脱毛方法は、医師免許がある人しか施術ができないこと
  • 永久脱毛ができるのは、現段階では「医療レーザー脱毛」「電気脱毛」のみであること

をご紹介しました。

脱毛をしたい!と思ったときに、商品の宣伝やキャッチコピーに惹かれて、迷わず購入するのではなく、商品の特徴、今回であれば「脱毛クリーム」の特徴を知って、理解して、自分の求めているものにマッチしたムダ毛処理方法を選択しましょう。

SNSでもご購読できます。