うなじ脱毛のメリットとデメリット

着物を着ている女性の首元

うなじって自分で見えないからこそ不安になる部分。

不安な人の気持ちも分かるし、「サロンで脱毛してもらわなきゃいけない程なのかな?」という疑問を抱く気持ちも分かる、非常に難しい部位ですね。

今回は、うなじ脱毛のメリット、デメリットを見ながら、やるべきかどうかを一緒に考えてみましょう。

※本ページにはPRが含まれます。

うなじ脱毛のメリット

カミソリで皮膚を傷めなくて済む

カミソリを始めとする自己処理は、どうしたって皮膚にダメージを与えてしまいます。

首の皮膚は薄く敏感です。赤いぶつぶつが出来てしまったり、毛穴の炎症を繰り返すあまり、皮膚自体が硬化してしまう人も一定数いるのが実情。

このリスクから解放されるのは大きいメリットですね。

プロに綺麗な形を作って貰える

自分でやるにしても、家族等に頼むにしても、どちらにせよ素人仕事になってしまうのは否めません。

プロに任せて、プロが理想的な形を作ってくれるのは安心ですよね。

脱毛サロンのスタッフさんも、様々なケースを見てきているのでお任せしても良いと思いますが、より完璧を求めるのであれば、女性専用のシェービングサロンで一回試してみると安心です。

余談:シェービングサロンって?

カミソリを使って顔の産毛などを剃ってくれるお店のこと。「美容院じゃダメなの?」と思うかもしれませんが、美容院にいるのは「美容師さん」で、人の肌にカミソリを当てることは許されていません。カットの流れでカミソリを使うこともありますが、あれはあくまで髪の毛を切るだけなので、肌には当てていません。

シェービングサロンにいるのは、「理容師さん」で、カミソリを肌に当てることが許される資格を持っています。一般的な理容師さんは、男性向けの床屋さんにいるイメージですが、最近では理容師だから出来る女性向けのサービスを行うお店も増えてきています。

自分でやるよりよっぽど綺麗に、そしてお肌に優しくやってくれます。剃るだけで、脱毛ではないので、万が一気に入らなかったとしても、また生えてくるという安心感もあります。

一度シェービングサロンで自分に合ううなじを作ってもらい、「この形で脱毛してください」と脱毛サロンに行く流れが、もっとも安心なうなじ脱毛だと思います。

ポニーテールに自信が持てる

うなじが丸見えになるポニーテール。うなじが綺麗な友達を見ると羨ましいですし、色が白いと余計に羨ましいですよね。

肌の色を変えるのはなかなか難しいですが、ムダ毛を無くすことで、少なくともある状態よりは明るい印象になります。

浴衣や水着の時に安心

浴衣から覗くきれいなうなじの放つ色香は、同じ女から見てもクラッとしそうです。

そして水着は、男性からの視線を集めやすい格好なだけに、万全の態勢で臨みたいもの。

突然行くことになった時にも慌てず焦らずOK出来るのも、脱毛してあるという安心感ならではですね。

うなじ脱毛のデメリット

形が気に入らなくて後悔することもある

自分の髪の生え方や、首の長さ、肌の色などによっては、似合う、似合わないが多少あるようです。

脱毛しちゃってから後悔してもどうにもなりません(光脱毛の場合、カミソリで刺激し続けると再生することがあります)。

メリットのお話の中でも書いたように、一度シェービングサロンでお試ししてからやるようにしましょう。

背中毛が悪目立ちするかも

うなじだけが毛深いと思っていたら、実は身体の背面全体毛深かったなんてことも。

もしくは、大して毛深いわけじゃないのに、うなじだけがツルツルになって、背中毛が悪目立ちするようになってしまう恐れもあります。

結局全身脱毛してもらうことにした、なんて涙の声もよく聞きます。

見えにくいから効果を実感しにくい

正直、日常では自分の視界に入らない部分だから、「本当に綺麗になったのかな?」と実感を持ちにくい部位ではあります。

しかも、あまり他人に向かって「うなじ綺麗だよね」と言う機会って滅多にないですよね。いくら女同士でも、日常会話の中で褒め合うことがない場所です。

結果、脱毛しても自信が持てないままの人も少なくないようです。

芸能人でも誰でも良いので「こうなりたい!」と明確な目標を持ち、脱毛サロンのスタッフの方に「同じくらいのうなじになるまでやります!」と伝えておけば、「同じくらいになりましたよ!」と太鼓判を押してもらいやすいですね。

どんな人がやってるの?

あまり耳馴染みのない、うなじ脱毛。

やったことある人たちはどんな人なのでしょう?

仕事で髪型の指定がある人

ビューティーアドバイザーの方などを想像してもらいやすいのですが、髪を一つに結んだり、まとめてアップにしたりしなきゃいけないお仕事の人たちは、毎日うなじを見せるから深刻なお悩みを抱えているよう。

後れ毛が出ていることも許されず、毎日ヘアピンとの戦いに、朝の貴重な時間を奪われている人も。

こういうお仕事の人たちにとっては、うなじもワキや膝下と同じぐらい脱毛したい部位のようです。

毛深くて悩んでいる人

単刀直入で申し訳ありません。口コミで一番多かったのは、やはり全体的に毛深くて、うなじも濃いからという理由が一番でした。

腕や足などはいくら毛深くても自分で処理出来ますし、背中やお腹は服で隠せますが、うなじは自分で処理しにくい上に、案外露出する部分なんですよね。

夏場、暑くて、髪を結んで首元を涼しくしたいのに、うなじが気になって出来なくて苦しんでいる人が多かったです。

特に高校生ぐらいの子にとっては、制服と校則に縛られて、気にしてるのに隠すことさえ出来ないと、本当に辛そうでした。

「お母さんは気にする必要ないって言って協力してくれないから、親友の家にお邪魔出来る時に、親友にやってもらう」といった苦労をしている子もいて、思わず涙目になりました。

脱毛以外の解決方法はないのか

本当に悩んでいる人は、やはり脱毛という選択肢を選ぶ人が多いですが、自分のうなじが標準より毛深いのかどうかも分からず困っている人などは、ひとまず自分で処理を続けるしかないのでしょうか?

脱毛は決して安くないので、高校生ぐらいではよっぽどの決意がないと手が出せないと思います。

そこでもっと安価でお手軽な解決方法を探してみました。

シェービングサロンはOK!

平均2,000円前後でやってもらえるとあって、最もオススメしやすい方法は、シェービングサロンでした。

シェービングの際に使うクリーム(すっごいフワフワです)が、肌に合うかどうか人それぞれなので、無料~数百円で試し剃りをしてくれるサロンもあります。

その時に、自分は平均より毛深いのかどうか聞いてみるのも良いでしょう。

ただ、脱毛サロンも回数券をまとめて変えば1回あたりの単価は2,000円ちょっとくらいです(うなじだけやる場合)。

シェービングサロンは美容院などと同じように、お店に行く度に一回分のお金を払うだけで良いので、学生さんのアルバイト代でも払いやすいですが、生えて来なくするワケではありません。

結局同じくらいの金額なら、生えて来なくする脱毛の方が良いかもと、途中でシフトチェンジする人も多いですね。

ブラジリアンワックスサロンはNO!

脱毛サロンほど生えてこないわけではないけれど、シェービングサロンよりも1回の施術の効果が長続きするとして、ブラジリアンワックスを候補に挙げる人も稀にいます。

しかし、ブラジリアンワックスはそもそもVIOなどの濃くて太めな毛を抜くもの。うなじや背中のように細い毛を抜くのは向いていません。

また、毛抜きで引っこ抜くのと変わらず埋没毛が増えてしまうリスクもあります。

ブラジリアンワックスにはブラジリアンワックスのメリットがありますが、うなじの脱毛に関してはそのメリットがあまり発揮されませんのでオススメしません。

SNSでもご購読できます。