皮膚科?美容外科?全身脱毛出来るクリニックの特徴を比較

病院の看護師

一口に全身脱毛が出来るクリニックといっても、全国にたくさんのクリニックがあります。

それだけで絞り込むのは大変なので、脱毛クリニックを「(美容)皮膚科」と「美容外科」の2種類で比べてみたいと思います。

まずは脱毛サロンとクリニックの違いについてから説明しますので、もうすでにご存知だという方は最初の見出しは飛ばしてください。

脱毛サロンとクリニックとの違い

脱毛ができるところは、皮膚科や美容外科といったクリニックや、脱毛サロンが一般的です。

このクリニックと脱毛サロンの1番の大きな違いは、医師が常駐しているかいないかです。

医師がいるということで、何か肌にトラブルが起きたときはすぐに診断や治療が受けられます。

肌にトラブルが起きる経緯までが詳しく把握されているので、適切な治療をしてもらえます。

また、医師による脱毛なため、脱毛に使われるレーザーの出力が高く、脱毛の効果が短期間で出ます。

オススメクリニックはこちら!

アリシアクリニック

皮膚科での脱毛と美容外科での脱毛の違い

脱毛できるクリニックというと、皮膚科か美容外科となります。

それぞれどのような違いがあるのでしょうか?

脱毛サロンでも脱毛に使う機械がそれぞれ違うように、クリニックにより、脱毛に使われるレーザー機器に違いはあります。

皮膚科は肌荒れ、アトピー、湿疹など、肌の治療がメインのクリニックです。

美容外科は、美容をメインに取り扱うクリニックです。

なので、アフターケアに使われるクリームに引き締め効果があるなどのプラスαが期待できます。

医療用レーザーの種類

医療レーザーにはいくつか種類があり、主なレーザーは「アレキサンドライトレーザー」「ヤグレーザー」「ダイオードレーザー」です。

全て揃えているクリニックもあれば、どれか1つのクリニックもあります。

この種類の揃え方は、皮膚科だから多いとか、美容外科の方が多いということはありません。そのクリニックでの方針になります。

レーザーのそれぞれの特徴

アレキサンドライトレーザー

アレキサンドライトレーザーの光は、毛根・毛乳のメラニン色素にだけ反応し、皮膚は通過します。

メラニン色素の多い日本人には、やけどなどの誤操作の可能性が極めて低いレーザーです。

メラニンによるシミ・ソバカスなどの色素沈着を薄くする効果も期待でき、美肌効果も期待できます。

ヤグレーザー

ヤグレーザーは他のレーザーと比べて、1番波長の長いレーザーです。

このため、毛根の深い箇所まで脱毛効果を出すことができます。

毛根が深い場所とは、わき、膝、VIOラインなどです。

このレーザは他のレーザーと比べて痛みを感じる方が多いです。

ダイオードレーザー

ダイオードレーザーはレーザーを毛根部分に当てて、ダメージを与えて毛を生えてこなくするという処理です。

アレキサンドライトレーザーとよく似ているのですが、ダイオードレーザーはうぶ毛や毛の薄い箇所も脱毛が可能な点が異なります。

クリニックによる脱毛後のアフターケア

皮膚科のアフターケアはこれ、美容外科のアフターケアはこれ、という区別はありませんが、医療機関ではアフターケアに比較的「軟膏」(ステロイド)を処方されるケースが多いです。

レーザー脱毛をした後は、一時的に皮膚が軽いやけどをした状態になります。

その赤みや炎症を抑えるために軟膏が処方されます。

ステロイドは医師による処方となることと、脱毛サロンとはレーザーの強さが全く異なるので、皮膚を守るケアを重視するのでしょう。

ステロイドを塗ることに抵抗がある方は、赤みがでなければ家で使わなくても構わないかなど、使い方をきちんと確認してください。

ステロイドの強さは5段階で表され、1群(強)~5群(弱)となります。

主な軟膏(ステロイド)の種類

デキサンVG軟膏またはリンデロンVG

デキサンVGやリンデロンVGには、ベタメタゾン吉草酸エステルというステロイドの成分が含まれ、肌の炎症を抑えます。

ベタメタゾン吉草酸エステルは、ステロイドの中で3群となるので、ちょうど中間の強さとなります。

あせもや、やけど、とびひ、虫刺され、蕁麻疹などの皮膚のトラブルに処方されることがあります。

また、デキサンVG軟膏やリンデロンVGには、ゲンタマイシン硫酸塩という抗生物質も含まれ、細菌を殺菌する働きがあります。

リンデロンV

リンデロンVはベタメタゾン吉草酸エステルというステロイドが含まれ、抗生物質は含まれません。ステロイドに抗生物質が含まれる理由は、ステロイドによる免疫低下で細菌の繁殖を防ぐためです。

非ステロイドによるアフターケアもあります

アフターケアには非ステロイドを使うクリニックもあります。

その際は、イブプロフェンピコノールと呼ばれる炎症を抑える成分の入ったクリームが使われることが多いです。

赤みがなく炎症していないのであれば、保湿を1番に考えて、アーユルヴェーダオイルを使用するところもあります。

脱毛を美容目的と意識しているクリニックと、従来の診断に加えて、脱毛もしますというクリニックでは、アフターケアも変わってきます。

脱毛することで毛穴は収縮するので、どこで脱毛をしても美肌効果は期待できます。

脱毛するクリニックを選ぶ際は、アフターケアについても納得できるところを選びましょう。

SNSでもご購読できます。