脇脱毛って痛いの?

自分の脇に困ってる女性イメージ

脱毛は痛いのか、痛くないのか、どっちなのか本当のところを教えて!

と言われたら、「私は痛いと感じました」と答えます。

脱毛って、特殊な機器を使って毛根にダメージを与える仕組みになっています。

もちろん毛そのものを狙って照射するわけですが、毛と肌は切り離せない関係性。

肌がノーダメージというわけにはいかないんです。

ただし痛みの感じ方には個人差があります。

同じ施術を受けたとしても「すごく痛い」と言う人もいれば「ほとんど何も感じなかった」と言う人もいるでしょう。

また脱毛部位や肌の状態によっても、痛みは変わってきます。

脇脱毛は痛い?痛くない?

部位による違い

わたし達の体には色々な毛が生えていて、毛によって太さや濃さがまったく違っているのはご存知の通り。

顔からはうぶ毛に近いような薄い毛が生えますが、Vラインからはかなりしっかりとした太い毛が生えていますよね。

レーザー脱毛や光(フラッシュ)脱毛は黒い色素に反応する性質を持っているので、太く・濃い毛により強く反応します。

脱毛効果も出やすいですが、その半面で痛みを伴うケースが多いです。

脇の毛は太い部類に入りますから、比較的痛みを感じやすい部位だと言えるでしょう。

肌質、肌色による違い

レーザーの性質上、黒っぽい肌色に強く反応します。

もともと肌の色が黒っぽい場合や日焼けをしている場合は、通常よりも痛みを感じやすくなるんですね。

た乾燥肌や敏感肌といったデリケートな肌状態では、刺激を感じやすくなります。

お肌のうるおいが足りていない人は、入念に保湿を行うようにしましょう。

毛量による違い

「わたしは他の子より毛が多いから、激痛に耐えられそうもない……」

とあきらめかけたあなた、ちょっと待ってください!

たとえ一度目の脱毛が痛くても、その痛みがずっと続くわけではありません。

脱毛回数を重ねれば毛はどんどん少なく、薄くなっていきます。

それに伴って痛みもどんどん減っていくんです。

痛いのはほんの短い間だけ……と思えば、頑張れる気がしませんか?

脱毛の種類別痛み一覧表

脱毛の痛みについては、どこでどんな施術を受けたのか?がポイントになります。

なぜなら脱毛の種類によって痛みの度合いがまったく違うから!

これをよく知らずにプラン契約して、後悔している人も多いんですよ。

今回は代表的な三つの脱毛方法について見ていきます!

光(フラッシュ)脱毛の場合

痛みレベル★★

エステサロンが採用しているのが光(フラッシュ)脱毛と呼ばれるものです。

とてもポピュラーな手法なので、脇脱毛を検討したことのある方なら耳にしたことがあるでしょう。

基本的な仕組みは、クリニックで受けられるレーザー脱毛と同じ。

ただエステでは、医療レーザーほど強力な脱毛機器を使用することは認められていません。

フラッシュ脱毛は照射エネルギーがマイルドな分、肌に優しいという特長があります。

脱毛効果が表れるのもゆっくりですが、その分痛みが少なくて済むんですね。

光(フラッシュ)脱毛の場合は、まったく痛みを感じなかった!という口コミもあるくらいなんですよ。

通う期間が長くなっても構わない、とにかく痛みの少ない脱毛がしたい!という人には、光(フラッシュ)脱毛をおすすめします。

<併せて読みたい記事>

痛みが少ないVIOの光脱毛サロンならここ!

レーザー脱毛の場合

痛みレベル★★★

医療レーザー脱毛はクリニックでのみ受けられます。

フラッシュ脱毛に比べて照射パワーが強く、より効率的に脱毛が可能になるのが特長です。

ただしパワーが強い分、肌に与える刺激も大きくなるのがデメリット。

よく「輪ゴムをはじいたような痛み」と例えられますが、それを痛いと感じるかどうかは人それぞれですよね。

一撃なら耐えられても、ビシッビシッと何度も当てられればちょっとつらくなってくることも……。

ただ一度の脱毛でかなり脱毛効果が期待できるので、痛みの軽減が早く感じられるとも言えます。

ニードル(針)脱毛の場合

痛みレベル★★★★★

ニードル脱毛は肌に針を刺して、毛根に直接電気を流す手法です。

現代ではフラッシュ脱毛を使うサロンがほとんどですが、ひと昔前はニードル脱毛が一般的でした。

ニードル脱毛のメリットは、レーザーやフラッシュの当てにくい、狭い部位の脱毛にも対応できる点や、施術が終わった瞬間から毛が生えてこなくなる点ですね。

しかし毛を一本ずつ処理していくため、とんでもなく時間がかかります。

さらに本数や時間によって料金設定されていることがほとんどなので、脇を全部処理しようとするとなかなかのお値段に……。

そしてなんといってもニードル脱毛、すごく痛いんです!!

肌に針を刺して、そこから電気を流すわけですから、想像しただけで痛いですよね。

担当するスタッフの技量によっても、かなりバラつきが出るようです。

筆者は昔、一度だけニードル脱毛を体験したことがあります。

正直言って、あんなにもつらい15分間は生まれて初めてでした。

今はもう少し改善しているかもしれませんが、脇脱毛の場合はあえてニードルを選ぶ必要はないと思います。

脱毛時の痛みを軽減するには

脱毛方法によって、かなり痛みの度合いが変わってくるんですね。

できるだけ痛くない方法でと考えるなら、ニードル脱毛は真っ先に除外しましょう。

レーザーにしろフラッシュにしろ、技術の進歩により痛みを感じにくい機器がどんどん増えているので、それほど心配はいりません。

それでも「痛かったら?」と不安な方のために、脱毛時の痛みを軽減するための対策をご紹介しますので、参考にしてみてください!

出力を下げる

どうしても痛みが強く耐えられない場合は、照射出力を下げてもらうことができます。

パワーを落とすのでその分脱毛効果も落ちてしまいますが、痛い思いをし続けるよりはマシでしょう。

冷やす

脱毛直後の肌は軽いヤケドを起こしているのと同じ状態ですから、冷やすことで痛みの軽減に役立ちます。

エステサロンの場合はほとんどが冷却ジェルなどを使って肌を冷やしてくれますが、クリニックではそこまでのケアを望めないこともあります。

「痛い!」と感じたら無理をせず、声を上げましょう。

痛いことが伝われば、それなりの対応をしてもらえるはずですよ。

麻酔をする

クリニックのレーザー脱毛に限りますが、痛みが強い場合は追加料金を払って麻酔を使用できます。

リゼクリニックによると約4割の人が脱毛時に麻酔を使用するとのことですが、大半は顔脱毛の場合です。

脇脱毛のみで麻酔を使用する人は少ないのかもしれませんね。

日焼けをしない

レーザーやフラッシュは黒い色素に反応するので、日焼けによって肌が黒くなっていると強く反応し、痛みが増します。

過度の日焼けをすると脱毛自体を断られることもあるため、脱毛中は日焼けをしないようにしましょう。

生理前後や体調の悪い日は避ける

生理中やその前後は、自分が思っている以上に肌がデリケートな状態になっています。

普段なら感じない痛みを感じやすくなるため、できるだけ生理日前後の施術は避けましょう。

またその日の体調によっても痛みの感じ方は違ってくるので、体調と相談しながら無理のない範囲で進めましょう。

おわりに

脇脱毛は痛い!けれど、どこでどんな脱毛をするかによって、その痛み度合いは大きく変わってきます。

絶対に痛いのは無理!という方はエステサロンの光(フラッシュ)脱毛を。

多少の痛みなら我慢して、早く結果を出したい方は医療レーザー脱毛を、それぞれおすすめします。

できるだけ痛みを和らげる方法もご紹介しましたので、脱毛の痛みがつらい!と悩んでいる方はぜひ実践してみてくださいね。

SNSでもご購読できます。